バラッド 名 も なき 恋 の うた。 BALLAD 名もなき恋のうたのレビュー・感想・評価

BALLAD 名もなき恋のうた

バラッド 名 も なき 恋 の うた

2002年の 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の実写版である本作は、同時に大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの 山崎貴監督最新作でもある。 さらには、芸能界きってのナチュリストぶりを発揮した 草なぎ剛主演ということで、話題性には事欠かない。 完璧すぎる布陣といってよいだろう。 おとなしく、いじめられがちな少年・川上真一(武井証)は、ひょんな事から天正2年にタイムスリップ。 春日の国とよばれるそこで、「鬼の井尻」と恐れられる武将、井尻又兵衛(草なぎ剛)の命を偶然救った真一は、彼が幼馴染の廉姫(新垣結衣)と、身分を越えて惹かれあっていることに気づく。 だが美しい彼女を狙う大名、大倉井高虎(大沢たかお)が、権力と軍事力をかさに強引に結婚を申し込んでくるのだった。 アニメ版と同じオープニングで始まる実写版は、さすがにしんちゃんがお尻を出すような内容にはならず、ストーリーの骨格を借りたSF時代劇として仕上がっている。 そのほかクレしんの名残は、少年の名前(真一)などにも残っている。 最近では実写ドラマ版「こち亀」の熱烈大好評を例に挙げるまでもなく、 「絶対やめとけ」的なマンガ実写化は日本のお家芸。 どうせなら、お尻ブリブリ全開で実写化してくれれば、伝統あるC級実写日本映画の殿堂入りを果たせただろうに、つくづく残念でならない。 山崎監督らしい、VFXや壮大なセットによるスケール感あふれる映像は健在で、合戦の場面などは大きな見所。 ここで監督は、 実際の戦国時代の戦法(槍で相手をたたくなど)に忠実に演出したというが、正直なところ、その必要性と効果については疑問が残る。 ようは、同様のコンセプトを持つアニメ版を踏襲したわけだが、実写は実写なりに、普通の時代劇として古典的な演出でやったほうが良かったように思える。 もっとも、そういう時代劇をこの監督が撮れるかどうかはまた別の話だが。 いずれにしても、本作は こども向け時代劇の範疇を出ない。 そういうジャンルはあまりないから、これはこれで存在価値はあると思う。 ただ、クレしん劇場版に泣いた大人はあまり期待しないほうが良いだろう。 年齢とわず楽しめる、傑作の誉れ高いオリジナルのアニメ版とは、ここがもっとも違う。 なにしろ、SF設定のみならず、主要な役者の演技力、セリフまわし(言葉遣い)も含めてあまりにマンガ的すぎる。 槍で人をたたいた所で、リアリティなど出るはずもない。 脚本上における改善要望点としては、未来人と過去人が互いに影響を与え合うテーマがあまり機能していない部分。 原因は、 未来側のキャラクターが過去人の確固たる価値観を揺るがすにはあまりに軽すぎる事。 やはり、クレヨンしんちゃんのあの強烈な押しがあってこそ、うまく成立していたのだなと感じさせる。 なかなかユニークな企画ではあったが、そんなわけで小学生のお子様以外にすすめる理由は思い当たらない。

次の

「BALLAD 名もなき恋のうた」の映画の感想・評価・レビュー

バラッド 名 も なき 恋 の うた

春日部駅西口南公園に所在する草彅剛が植樹したドングリの木 アニメ映画『』を原案とした作品で、主演のが演じる武士とが演じる姫のラブストーリーを実写化した。 タイムスリップしてきた一家中心だった原案に対し本作は戦国時代を中心に描いている。 チラシやポストカードには原案の主人公であるの絵柄がプリントされているものもあった。 系列では『』をはじめさまざまな番組で宣伝が行われ、系列24局のアナウンサーが「廉姫アナウンサー」としてPRを行った。 原案である『クレヨンしんちゃん』ではが放映された。 本作製作のきっかけは監督のが『』のロケ現場を見学した際にその出来の高さに感心し、「日本でも合戦を中心とした時代劇が作れるんじゃないか? 」と思ったのが始まりであり 、原案を『アッパレ! 戦国大合戦』にした理由として「ラスト・サムライに対抗するためにジャンルを問わず自分が知っているストーリーの中で一番いい物を使いたかったから」と語っている。 撮影には『』と同様にワンシーンワンカットやが活用され、山崎は「ALWAYSの経験が生かされた」と語っている。 また、本作では合戦時に出血する場面が無いが、これは山崎の「子供にも見てほしい」という思いからである。 山崎は脚本も担当しており「オリジナルのストーリーがよく出来ていたのでどういう風に変えていくのかを考えるのが難しかった。 オリジナルの良さを崩さないようにしつつ又兵衛と廉姫の恋愛の部分を中心にする様にしたいと思ったので脚本はかなり試行錯誤した」と語っている。 脚本協力には監督の山崎の妻であると、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦』の絵コンテをとともに担当したが起用されている。 は山崎が高校時代に自主映画を撮っていたころの1学年下の後輩という縁がある。 風景も山崎の「可能な限り既存の物には左右されず、自分たちだからこそ出来る物にしたい。 本当に戦国時代に行ったらこんな感じだったという風景を見せたかった」という方針の下 、砦としての山城や戦のムードを追求している。 本作の題名をBALLADと命名したのも山崎であり、その理由として「昔の吟遊詩人が弾いている音楽のような映画にしたかった。 映画を観た人に吟遊詩人の歌を聴いた人と同じような気持ちになってもらいたかったから」と語っている。 本作について山崎は「観客の皆さんの心の中に深く入り、愛される作品になってほしい」と 、原案監督のは「初めに実写化の話を聞いた時は冗談だと思った。 自分にとっても初めての経験であり、とても嬉しかった。 オリジナル製作時にあきらめたシーンが描かれていて悔しかった。 この作品をきっかけにしてこのようなお話に興味を持ってくれる人がいたらいい」とそれぞれ語っている。 キャッチコピーは、「 守ることが,愛することだった。 祈ることが,愛することだった。 」である。 あらすじ [ ] 戦国時代の二年()、命を懸けて春日の国の姫君「廉」を守り続け、その強さから「鬼の井尻」の異名を取る「井尻又兵衛」という一人の侍がいた。 ある戦の日、一人の不思議な少年の出現により、又兵衛は命を救われる。 未来から来たという命の恩人「川上真一」と又兵衛は一緒に過ごす中、徐々に絆を深めていく。 一方、春日の国では大きな難題が持ち上がっていた。 廉姫の美しさに目をとめた強国の主、大倉井高虎が婚儀を申し入れてきたのだ。 そんな中、行方知らずとなった息子を探していた真一の両親である美佐子と暁も、大きなクヌギの木の下で見付けた真一の手紙をきっかけに又兵衛のいる時代へとタイムスリップしてくる。 すれ違ってばかりだった又兵衛と廉姫は、川上一家の存在に影響されて自分の気持ちに素直になり始めたものの、時の流れは春日の国の存亡の懸った戦いへと向かっていくのであった。 登場人物 [ ] 井尻又兵衛 本作の主人公。 幼名は「次郎丸」で、廉姫からは今も尚その名で呼ばれている。 槍の名手で戦場では「鬼の井尻」の異名で呼ばれる程の強者だが女性には弱い。 廉姫に慕情を抱いているが身分の違いから口に出せないでいる。 しかし真一達未来の人間との出会いでその気持ちが変わっていく。 廉姫 本作のヒロイン。 春日の国の姫で又兵衛とは幼馴染である。 強気な性格で思った事ははっきりと発言するが、又兵衛への思いだけは口に出せないでいる。 大倉井高虎に求婚される。 川上真一 臆病な小学生だが、小生意気なところもある。 しかし迷い込んだ戦国時代で又兵衛や廉姫と触れ合う事で徐々に勇気のある少年へと変わっていく。 川上美佐子 真一の母親。 姉さん女房らしく、夫の暁は彼女を「さん」付けで呼び頭が上がらない。 気が強くかなり行動的かつ親馬鹿。 川上暁 真一の父親。 性格はやや消極的。 妻には主導権を奪われている。 写真家。 大倉井高虎 最近勢力を拡大しつつある戦国大名。 冷酷だが同時に誇り高い性格でもある。 かつて自身の狩りを邪魔した廉姫に婚儀を申し込むが、断られたことに激怒し春日に攻め入る。 又兵衛と互角に戦えるほどの強者。 キャスト [ ]• 井尻又兵衛:()• 廉姫:• 川上真一:• 川上美佐子:• 川上暁:• 仁右衛門:• お里:()• 文四郎:• 彦蔵:• 儀助:• 吉乃:• 安長:• 康綱:• 大倉井高虎:• 真一のガールフレンド:• 、、、、、、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 監督・脚本・:• 原案:映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 音楽:• 脚本協力:、• 撮影:• 照明:水野研一• 録音:• 美術:• 装飾:龍田哲児、中澤正英• 編集:• 衣装デザイン:• 音響効果:• 助監督:• 殺陣:• 操演:宇田川幸夫• VFX works:、Fude、PAGODA、MOZOO、SPICE• ロケ協力:千葉県フィルムコミッション、、 ほか• デジタル・インターミディエイト:• エグゼクティブプロデューサー:、• プロデューサー:、松井俊之• アソシエイトプロデューサー:小出真佐樹、• 配給:東宝• 企画・制作プロダクション:• 製作幹事(共同):、ROBOT• 製作:『BALLAD 名もなき恋のうた』製作委員会(テレビ朝日、ROBOT、東宝、、、、、、、、白組、、)• 製作協力:、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、(以上、21社) 主題歌 [ ]• 「」 作詞: 作曲: 編曲: 歌: 漫画版 [ ] 津寺里可子による描き下ろしでより刊行。 脚注 [ ] []• 2009年度興収10億円以上番組 日本映画製作者連盟 2010年1月発表)• - 春日部市• 映画パンフレットの原恵一インタビューより パッケージソフト [ ]• DVD, Blu-ray 『BALLAD 名もなき恋のうた』• 2010年4月7日 ジェネオン・ユニバーサル・エンタテインメント GNBD-1558, GNXD-1006• SoundTrack CD 『BALLAD 名もなき恋のうた オリジナル・サウンドトラック』• 2009年9月2日 avex trax AVCD-23942 外部リンク [ ]• - (英語).

次の

BALLAD〜名もなき恋のうた〜 (alanの曲)

バラッド 名 も なき 恋 の うた

解説 [ ]• によりリリースされた。 付き版あり。 表題曲はの主題歌で、前作から2作連続で映画主題歌を担当している。 カップリングには、以前にインターネット配信された「」の2009年バージョンが収録されている。 楽譜はヤマハ「ぷりんと楽譜」から出ている。 alanのシングルでは現在『』『』に次ぎ3番目の売り上げである。 収録曲 [ ] CD [ ]• BALLAD 〜名もなき恋のうた〜 作詞: 作曲: 編曲:• 2009 ver. 作詞: 作曲:菊池一仁 編曲:• BALLAD 〜名もなき恋のうた〜 Instrumental• 幸せの鐘 2009 ver. Instrumental DVD [ ]• BALLAD 〜名もなき恋のうた〜 Music Clip• BALLAD 〜名もなき恋のうた〜 Making Clip 外部リンク [ ] 動画配信は avex による公式配信のみ。

次の