時候 の 挨拶 6 月 中旬。 時候のあいさつ文6月・季節の挨拶文6月・夏の季語(上旬・中旬・下旬)

時候の挨拶6月の上旬・中旬・下旬の書き出しと結びの例文集!

時候 の 挨拶 6 月 中旬

Contents• 6月の時候の挨拶文の書き出しは? まず、6月の季語として有名なのが 「梅雨」です。 春は桜前線が北上しますが、 6月には 梅雨前線の影響により長雨が続く 場合が多くあります。 そのため、 「梅雨、 長雨」 などのまず、雨に関連する季語があります。 また、6月でも 梅雨入りするまでは初夏の日差しを感じる時期でもあります。 そのため、 「初夏、 向夏、 青葉、 薄暑」 といった初夏を連想させる季語もあります。 そしてこの時期特有の季語もあります。 それが 「麦秋」です。 漢字のイメージからすると 秋を感じさせるような季語ですが、 これは 「麦の収穫時期である 5月末から6月4日までの時期」を示しています。 そのため 6月上旬に使える季語です。 これらの季語に 「~の候」、 「~の折」、 「~のみぎり」 を続けて、 健康を確認する文章を書くことで 時候の挨拶文の書き出しとなります。

次の

6月の時候の挨拶!上旬・中旬・下旬ごとの例文と結び文100選!

時候 の 挨拶 6 月 中旬

梅雨入りが近いようですが、お変わりなくお過ごしのことと思います。 梅雨空が続く毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか。 衣替えの季節となりました。 いかがお過ごしですか。 梅雨寒の日が続いていますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。 梅雨明けが待ち遠しい毎日ですが、お変わりありませんでしょうか。 ひと雨ごとに山々の緑も濃くなってまいりました。 お元気でお過ごしでしょうか。 紫陽花の花が美しく咲く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 ようやく梅雨が明け夏が感じられる季節となりましたが、お元気ですか。 吹く風も次第に夏めいてまいりました。 皆さんお元気で過ごしのことと思います。 鬱陶しい梅雨の季節が過ぎていよいよ夏本番、お元気でいらっしゃいますか。 梅雨の侯、貴社におかれましては益々ご繁栄のことと心よりお慶び申し上げます。 入梅のみぎり、天候に負けずますますご活躍のことと存じます。 長雨の折、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 向暑のみぎり、お引き立てをいただきありがとうございます。 初夏の侯、すっかりご無沙汰しておりますがいかがお過ごしでしょうか。 蒸し暑い日が続きますが、お元気でご活躍のことと存じます。 暑さが日増しに厳しきなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 青葉若葉の季節となりました。 平素よりご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 梅雨明けが待たれる今日この頃、平素はお力添えをいただきありがとうございます。 日ごとに暑さが増す折、毎々特段のご高配を賜り、深く感謝申し上げます。 6月の時候の挨拶の作成ポイント 6月は季節の変わり目で天候も変わりやすいため、時候の挨拶も上旬と下旬で言葉を使い分けましょう。 寒かったり暑かったり、雨が多い鬱陶しい季節だからこそ、相手に共感してもらえる挨拶文のバリエーションも増やしたいものですね。 私たちの日本語には、同じ雨でも「長雨」だったり「空梅雨」だったりと、いろんな表現の仕方があります。 その年の梅雨の傾向を取り入れるなどして、時候の挨拶では次のような工夫をしてみましょう。 6月というと梅雨のイメージがありますが、暦の季節としては夏。 なので、上旬と下旬で時候の挨拶を変えるのがオススメです。 また、長雨が続いて肌寒かったり空梅雨だったり、6月の天候は気まぐれ。 天気予報などを見てその年の梅雨の傾向をうまく取り入れると、より一層、気持ちの伝わる書き出し文になりますよ。 時候のあいさつでは、まず季節を感じる文を書き、その次に、相手の体調を気遣う言葉を続けるのが基本ルールです。 季節を感じる文は、親しい相手なら「梅雨入りが近いようですが……」と柔らかい文体の時候の挨拶でOKです。 目上の人やかしこまった相手への手紙なら、「~の折」「~の侯」「~のみぎり」といった書き出しがよいでしょう。 「みぎり」とは時節のことで、意味としては「候」と同じ。 昔は女性が使っていた言葉で、固くなり過ぎず柔らかい雰囲気の書き出しになります。 せっかく季節を感じる言葉で書き始めた手紙ですので「用件を書いて終わり」ではなく、末尾にも相手の体調を思いやる言葉を添えると全体のバランスがよくなりますよ。

次の

時候の挨拶6月!書き出しの言葉(上旬・中旬・下旬)

時候 の 挨拶 6 月 中旬

6月の時候の挨拶:書き出し例文集 6月の上旬 初旬 、中旬、下旬に使える、 時候の挨拶 時候のあいさつ 、 季節の挨拶文 季節のあいさつ文 、 季語を用いた季節の言葉の例文です。 6月の上旬 初旬 向け時候の挨拶• 近くの池では、養殖のほたるが見られる頃になりました。 初夏のさわやかな風が木々の緑とたわむれる頃となりました。 梅雨の前触れでしょうか、昨日今日と湿っぽい風が吹いています。 半袖のシャツの軽やかさが、なんともうれしい季節になりました。 清流に若鮎のおどる頃となり、釣りに出かけるのが今から楽しみです。 田になみなみと水が張られ、いよいよ田植えの季節となりました。 今年もはや衣替えの季節となりましたが、つつがなくお過ごしのことと存じます。 梅雨の季節を迎え、ぐずついたお天気が続いております。 梅雨入り宣言が出され、しばらくはうっとうしいお天気とのお付き合いです。 暑い日があるかと思えば、また寒くなり、着る服にも困ってしまう昨今です。 入梅の頃となり、うっとうしい雨の日が続いております。 街では半袖姿の人々を見かけることが多くなってまいりました。 今年も大好物のさくらんぼが店頭に並ぶ季節となり、うれしくてなりません。 入梅を控えて不安定な空模様が続いております。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となりました。 梅雨入りを間近に今から憂うつな気分になっております。 連日の雨ですっかり気が滅入っているこのごろです。 6月の中旬向け時候の挨拶• 久しぶりの青空に初夏の気配が感じられます。 お変わりございませんか。 ことしもまた梅雨の季節がやってまいりました。 いかがお過ごしでしょうか。 雨雲におおわれる毎日で自然と気もふさいでしまいます。 今年はから梅雨のようです。 海、山のにぎわうのも、もう間近です。 どんよりした梅雨空にうんざりする昨今ですが、ご機嫌のほどはいかがでしょうか。 梅雨の晴れ間には太陽のありがたみがしみじみ感じられます。 雨に濡れたあじさいの花が、ひときわあざやかに咲き競っております。 ツバメが飛び交い、夏の近いことを告げているかのようです。 梅雨の晴れ間にのぞく青空が目にまぶしく、夏らしさを感じる今日この頃です。 梅雨も中休みらしく、朝から気持ちのよい青空が広がった一日でした。 雨に濡れたあじさいの風情ある姿が楽しめる季節となりました。 入梅というものの雨が少なく、どうやら今年は空梅雨のようです。 重くのしかかってくるような曇天の日々が続いております。 思いのほか梅雨寒で、一度しまったストーブをまた出してまいりました。 長雨のみぎり、お変わりはございませんでしょうか。 から梅雨を思わせる天候が続いておりますが、体調をくずされてはおりませんか。 梅雨に濡れた木々の緑がいっそう深みを増しています。 梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる強い日ざしとなりました。 6月の下旬向け時候の挨拶• 長雨にとざされ、出不精になりがちな毎日ですが、お元気でいらっしゃいますか。 水の張られた田んぼに若苗が整然と並ぶ季節となりました。 鮎も解禁、いよいよ本格的な夏のおとずれですね。 雨、雨のうっとうしい日が続き、心もしめりがちですが、お元気でしょうか。 今年も、もう半分過ぎますね。 時の流れの速さに少々あせりを感じます。 遠い山々の緑も雨に打たれ、ひときわ色を深めてまいりました。 五月雨の風情にもはや飽き、からりと晴れた夏空が待たれる今日この頃です。 吹く風にもいよいよな夏めいた気配を感じるころとなりました。 まだ六月の末とはいえ、例年にない厳しい暑さにおそわれています。 降り続いた雨も、今朝はからりと晴れわたり、夏を思わせる太陽が照りつけています。 雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日この頃です。 そろそろ海や山が恋しくてならず、梅雨明けを待ちわびる昨今です。 いつ晴れるとも知らぬ梅雨空を、窓越しにうらめしく仰ぐばかりの毎日です。 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、ご壮健にてお過ごしのことと存じます。 雨上がりの木々の緑がすがすがしい昨今ですが、いかがお過ごしでしょうか。 梅雨明けも間近となり、ますますお元気でご活躍のことと存じます。 鮎の解禁でさっそく渓流釣りに出かけ、まずまずの成果をあげました。 青葉を渡ってくる風が、もう初夏を思わせるような、今日この頃です。 五月雨に家近くの川の水かさもずいぶん増えたような気がいたします。 >>すべての月の例文集.

次の