筋肉 痛 が 治ら ない。 なぜ、老いてくると筋肉痛になるのか?

股関節の筋肉痛はなぜ治らない?その原因と治し方|足から健康に!「あしカラ」

筋肉 痛 が 治ら ない

(症状編) 筋肉の痛み (症状編) 筋肉の痛み 過度の運動やウイルス感染に伴う筋肉痛はだれもが経験する一般的な症状です。 しかし、緊急の対応を必要とする筋肉痛の原因として横紋筋融解症があります。 急激に筋肉細胞が壊れ、腎不全に至ることもあります。 薬剤(スタチン系やフィブラート系などのコレステロール値を下げる薬やコカインなどの咳止め薬など)、カリウム欠乏、熱中症、脱水、外傷などで発症します。 運動に関連して起こる筋肉痛の中にも病的なものがあります。 グリコーゲンの代謝異常症(糖原病)では運動開始直後に筋肉痛が起こり運動を続けているうちに痛みが軽減することが特徴です。 一方、長距離走など筋肉の持久運動で痛みがでてくる場合は脂肪酸代謝異常症が疑われ、横紋筋融解症を起こすことがあります。 いわゆる"こむら返り"といわれる有痛性筋痙攣は、運動の後や高齢者では就寝中によくみられる症状です。 筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの病気では、"こむら返り"を起こしやすいことがあります。 運動とは無関係に筋肉痛が起こる病気もあります。 リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く、関節を包んでいる滑膜に炎症がおこる病気ですが、肩~上腕、臀部~大腿に筋肉痛を訴えます。 血液検査で炎症反応が著明ですが、少量のステロイド薬が著効します。

次の

筋肉痛が治らない!2日目に襲ってくるのは歳のせい?原因や摂るべき栄養や治し方は?

筋肉 痛 が 治ら ない

大きすぎるダメージを受けた筋繊維は、筋サテライト細胞による修復ができずに壊死してしまいます。 壊死した筋繊維は、タンパク質分解酵素によってアミノ酸に分解されてしまうことになります。 分解されてから再生されることになりますので、通常の修復(筋サテライト細胞が張り付くことによる修復)に比べると回復までに時間がかかります。 通常の修復:2~3日間• 分解されてから再生される修復:10~14日間 修復に要する期間は、遺伝的要因や食事内容が深く関わってきます。 必ずしも「通常の修復には2~3日間」「分解してから再生するには10~14日間」というわけではなく、ひとつの目安にすぎません。 qolfit. 無理をしてしまうと、筋肉の質を落としてしまいます。 補修できないほどのダメージを受けた筋繊維は、新たな刺激によって繊維化(ファイブローシス)してしまう可能性があります。 柔軟性に乏しい、質の低い筋肉になってしまうのです。 疲労回復しないうちに筋肉が壊れるトレーニングを続けていると、繊維化(ファイブローシス)と言って、筋肉の中に結合組織の繊維が多くなってきます。 すると、俗に言う「固い筋肉」、力を入れてもゆるめても、あまり硬さの変わらないというタイプの筋肉になってしまうのです。 引用元:石井直方[著]『石井直方の筋肉まるわかり大事典』P22より しかし、すべての筋肉痛が「分解してから再生されるほどの損傷」を受けているわけではありません。 明らかなパワーダウンを感じていないのであれば、スケジュール通りにトレーニングを継続しても問題にはなりません。 また、筋肉には「トレーニングを継続していると筋肉痛が起こりにくくなる」「筋繊維の修復にかかる時間が短縮されていく」という特徴があります。 筋肉痛が起こりにくくなる。 筋繊維の回復が早くなる。 これらのことからも、治らない筋肉痛というのは「筋トレ初心者」「新しく取り入れるトレーニング」「エキセントリック局面(伸張性収縮)を重視したトレーニング」などにおいて考慮すべき問題だと言うことができます。 特に注目して欲しいのが、栄養(食事)です。 栄養バランスの整った食事や特定の栄養素には、「筋繊維の回復を早める」「筋肉痛の痛みを和らげる」などの効果があります。 PFC(三大栄養素)• 抗酸化物質 栄養が足りていなければ、スムーズな回復は望めません。 PFC(タンパク質、脂質、糖質)を、バランスよく、不足することなく摂取することがポイントになります。 また、抗酸化物質も重要です。 抗酸化物質(ポリフェノール、ビタミンC、ビタミンEなど)を摂取していると、「筋肉の炎症が和らぐ」「筋肉痛が早く治る」などのメリットが得られます。 筋トレをしている人には、「アボカド、ブドウ、ブロッコリー、柑橘類など」をよく食べているイメージがありますよね? ・・・抗酸化物質を積極的に摂取しているのは理由があってのことなのです。 ちなみに、アルコールは控えておくのが賢明です。 qolfit. 通常の修復であれば、なにも気にする必要はありません。 しかし、時間のかかる修復の場合は、積極的なディトレーニング(計画的な休養)を取り入れていく必要があります。 筋トレは、「無理をすればするほどに、良い結果が得られる」・・・というような単純なものではありません。 筋肉痛の症状(筋繊維の状態)を正確に把握して、「トレーニングをするべきなのか?」「休むべきなのか?」を正しく選択していく必要があります。

次の

筋トレ後の筋肉痛が治らない!!時の最終手段【プロ実践】

筋肉 痛 が 治ら ない

(症状編) 筋肉の痛み (症状編) 筋肉の痛み 過度の運動やウイルス感染に伴う筋肉痛はだれもが経験する一般的な症状です。 しかし、緊急の対応を必要とする筋肉痛の原因として横紋筋融解症があります。 急激に筋肉細胞が壊れ、腎不全に至ることもあります。 薬剤(スタチン系やフィブラート系などのコレステロール値を下げる薬やコカインなどの咳止め薬など)、カリウム欠乏、熱中症、脱水、外傷などで発症します。 運動に関連して起こる筋肉痛の中にも病的なものがあります。 グリコーゲンの代謝異常症(糖原病)では運動開始直後に筋肉痛が起こり運動を続けているうちに痛みが軽減することが特徴です。 一方、長距離走など筋肉の持久運動で痛みがでてくる場合は脂肪酸代謝異常症が疑われ、横紋筋融解症を起こすことがあります。 いわゆる"こむら返り"といわれる有痛性筋痙攣は、運動の後や高齢者では就寝中によくみられる症状です。 筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症などの病気では、"こむら返り"を起こしやすいことがあります。 運動とは無関係に筋肉痛が起こる病気もあります。 リウマチ性多発筋痛症は50歳以上の中高年者に多く、関節を包んでいる滑膜に炎症がおこる病気ですが、肩~上腕、臀部~大腿に筋肉痛を訴えます。 血液検査で炎症反応が著明ですが、少量のステロイド薬が著効します。

次の