ダンまち ヘルメス 正体。 【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

ダンまちの恋愛・相関図まとめ!ベルは誰と結ばれる?アイズやリュー・春姫などヒロインたちとの関係・かわいいシーンまとめ!

ダンまち ヘルメス 正体

概要 種族:神 身長:177cm 好きな物:旅、無駄話 CV: 【】の主神。 橙黄色の髪をもつ飄々とした旅人風の優男。 敵を作らず中立を保ち常にヘラヘラと戯けた態度をとっている。 に強い興味を持ち、何やら画策している……。 神物像 飄々とした態度で誰に対しても愛想よく振る舞い、敵を作らず他の神の仲介などもこなすオラリオのマルチタレント的存在。 美神に出会うと直ぐに鼻の下を伸ばすなど、軟派な印象も受ける。 しかし、それらの振る舞いは殆どがポーズであり、実際は本心を他人に明かさない上に目的の為に自分一柱で騒動を引き起こしたりと、容易に信用する事が憚られる食えない性格の神である。 自身が率いる【】も『台頭を好まず、中立を気取る』スタンスをとっており、また噂によると眷属達は本来のレベルを隠しているとされている。 主神の性格が反映されている為なのか、曰く「オラリオでも群を抜いて胡散臭い」とのこと。 普段はオラリオの外を情報収集の為に旅しているが、その行動の裏には、オラリオの破壊を目論んでいる過激勢力である『』の残党追跡もある。 ただし、一度旅立つと最低ひと月は帰って来ない為に、結果ファミリアの運営はほったらかしな状態で、団長のが尻拭いをしなければならず、彼女のストレスをため込む要因となっている。 当然、そういった無責任さから、眷属達からは今一つ信用されていない様子を見せる事も少なくなく、特に団長のアスフィからは容赦無く殴り飛ばされる展開も。 都市の内外を自由に行き来するフットワークの軽さから、運び屋として依頼を請け負うことも。 一方、オラリオにおける裏事情等に関しても詳しく、ギルドの主神であるが、と共に知性を持った魔物であるをダンジョン内に匿っている事実についても以前から知っており、協力関係にあった。 この為、ウラノスとの協力関係を知っているからは、かなりの嫌悪感を抱かれている。 ベルに「英雄」としての器を見出した事で、彼を英雄に上り詰めさせようと画策しているのだが、自分から騒動の種を蒔いて様々な人間や神を巻き込もうとする等、ある意味でフレイヤ以上に冷酷で手段を一切選ばない面があり、ベル本人や【】の団員達の意志などお構いなしな上に、自他の被害や犠牲すら厭わない等、傍から見ればその行動は常軌を逸している。 ヘルメスがベルに臨んでいる「英雄」とは、あくまでも大多数の一般大衆や神々が受け入れる「 神工の英雄」であり、「異端児との共存」を始めとする人々や神々の期待を裏切る様な「 異端の英雄」になる事は認めておらず、自分の思い通りの結果に事が運ばないのであれば、眷属達に汚れ役をやらせてでも思い通りの結果に持ち込もうとする為、振り回される側や巻き込まれる側からしてみればたまったものではない、と言える。 フレイヤと同様、ベルが「英雄」になる事を求めているものの、互いが求める英雄の「概念」に関しては、彼女と全く相容れないものとなっている(自身が「神工の英雄」を求めるのに対し、彼女は「異端の英雄」になる事を求めている)。 ドラマCDでは借金をしてアトラクションを作るなどヘスティアほどではないにせよ浪費家の一面も。 劇中の様相 元々はある神物(ベルの育ての祖父であるゼウス)の使いっ走りをしており、その過程でヘルメス自身も彼に育てられたベルに対して強い興味を抱いていた。 ベルが『』を受ける形で消息不明になった際は、に同行する形でアスフィと共にベルの救出作戦に参加している。 しかし、18階層のリヴィアの街にて合流して早々、ベルにヘスティアや【】の女性陣達の水浴びの覗きへと誘い騒動を起こしており、その結果、自身は半殺しにされた上で拘束され、ベルはと共に遭難してしまう事態となっている。 その後、彼がリヴィラの街にて多くの冒険者達の力を借りて階層主であるを撃破したのを切っ掛けに英雄としての器を見出すようになり、以降は彼を「英雄」に上り詰めさせる為の暗躍を行うようになる。 一方、やとは、闇派閥の討伐を目的に同盟を組んでいるが、水面下でウラノスに協力している為に、彼を激しく嫌悪しているからは内心不信感を抱かれている。 ベルがやの件から【】の歓楽街に関わった際は、にベルがフレイヤのお気に入りである入れ知恵をする事で、ベルを狙うよう仕向けており、更にその情報を【】側に流す事で、が眷属達と共に【イシュタル・ファミリア】を潰すよう仕向けている。 達に加担した事でベルがオラリオ内での信頼を失った際は、ウラノスやフェルズとの協力関係を破って、彼の名誉を回復させて「英雄」へと回帰させる方を優先し、フレイヤのいるバベルに向かい、ベルの身に起きた事の詳細を説明した後、一切の不介入と人造迷宮であるクノッソスの扉を開く『鍵』である「ダイダロス・オーブ」の提供を求めて、それを手に入れる(自身がフレイヤの元から退出した後、彼女からは「全部わかったつもりで、足元掬われないようにね?」と皮肉めいた言葉をぶつけられており、後にこれは現実となる)。 その後、予めフェルズに偽の「ダイダロスの手記」を渡しておき、そこに記された偽りの情報に従ってダンジョン内へ逃げ込んだフェルズや異端児達の前に現れる。 最初からウラノスやフェルズが望んでいた「人間とモンスターの共存」をと決めて掛かってていたヘルメスは、今回の騒動にてベルは彼等の事情やウラノスの神意に巻き込まれただけで、更に彼等の起こした騒動が原因となってベルの「英雄」としての名誉が失墜した事実を持ち出す事で、彼等に罪悪感を植え付け、ベルを英雄として回帰させる為の「犠牲」を強要。 それに石竜のグロスを始めとする何体の異端児達が応じる事になる。 しかもヘルメスはこの時、ベルが異端児達と共存を諦めて戦う道を選ぶよう、彼にとって大切な存在の一人であるを「生贄」にしようというな計画を立てており、あらかじめエイナに渡していた宝石に反応して襲うよう仕向ける特殊な宝石をグロスに渡し、理性を失ったグロスは避難誘導していたエイナに襲い掛かる事になり、それを守る為に戦うベルを見て笑っているヘルメスの姿に、団長であるアスフィも本気で軽蔑し、悪態を吐かれている。 しかし、異端児達を信じようとしたベルは自ら戦いを放棄する道を選び、それによってグロスもまた自ら攻撃を止めてしまう。 それをよしとしなかったヘルメスは、今度は強制的にグロスを暴走させるようアスフィに「紅針(クリゼア)」を打ち込むよう命令するが、そこにかつてベルに倒された「隻角のミノタウロス」の生まれ変わりであるが出現。 ベルとアステリオスによる壮絶な一騎打ちというヘルメスにとっても予想外の事態となり、結果的にグロスたちの犠牲は防がれる事になった。 独断で異端児達の一部を犠牲にしようとした件に関しては、ウラノスやフェルズからも相当な反感を買っており、ヘスティアからはそれ以上の怒りを買った様で、「ケジメ」としてドロップキック等を食らわされる形でボコボコにされている。 その後、ベル達への負い目もあってなのか、彼等に大きな負担をかけた異端児達を巡る事件から間もないのを理由に、大きな危険の伴うクノッソスの進攻作戦に【ヘスティア・ファミリア】のメンバーを参加させない事を要求しており、ウラノス達もそれに応じている。 関連タグ …中の人及び元ネタ繋がり。 アプリ「メモリア・フレーゼ」でコラボした際にはヘルメスを乗せるほどに意気投合していた。 ちなみにヘルメスの方は キノと同じ服装をしていた。 関連記事 親記事.

次の

【ダンまち】ベルのおじいさんの正体は?どこで何をしているのかについても

ダンまち ヘルメス 正体

この記事では 映画『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』についてのあらすじネタバレについて徹底的に解説していきます。 原作は大森藤ノさんによるライトノベル。 通称ダンまち。 私はTVアニメも動画配信サービスで見ていますし、無料漫画アプリでマンガの方も見ています。 そしてスマホアプリでもダンまちをするぐらい、 ダンまちをかなり愛しています。 そんな私がこの 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』を無料で視聴できたのは、動画配信サービスのU-NEXTのおかげ。 2019年6月からプラン内の見放題作品として独占配信中。 さらにTVアニメの1期、2期も見放題に入っています。 U-NEXTなら最初に31日間無料トライアル体験ができるので、まだ登録していなくて『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』を無料で視聴したいなら、 独占配信が終わってしまう前に今すぐ登録してみましょう。 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』予告動画 ではここから、『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』についてあらすじネタバレを含めて解説していきます。 STAFF 製作:劇場版ダンまち製作委員会 配給:ワーナー・ブラザース映画 『劇場版 ダンまち -オリオンの矢-』の主要キャスト・声優 ベル・クラネル:松岡禎丞 ヘスティア:水瀬いのり アルテミス:坂本真綾 リリルカ・アーデ:内田真礼 ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正 ヘルメス:斉藤壮馬 リュー・リオン:早見沙織 アスフィ・アル・アンドロメダ:茅野愛衣 アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織 レフィーヤ・ウィリディス:木村珠莉 シル・フローヴァ:石上静香 エイナ・チュール:戸松 遥 ロキ:久保ユリカ フレイヤ:日笠陽子 『劇場版 ダンまち -オリオンの矢-』の予告 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』予告動画 ベルが装備をととのえているとヘスティアが起きた。 そして「がんばってくるんだよ」と声をかけて、ベルも「いってきます」とこたえる。 リトル・ルーキーの二つ名をもつベルはまちの人に愛されている。 リリとヴェルフと一緒にダンジョンへ。 抜群のコンビネーションでモンスターを倒していく3人。 その日の夜はみんなで一緒に神月祭りへ。 神月祭は神様が降臨される前から行われている祝祭の日。 月を神に見立ててモンスターの魔の手から無事を祈る。 冒険者が集まるオラリオらしい祭り。 いつも通り、リリとヘスティアはベルのことでいがみ合い。 そのとき、ヘルメスが伝説の槍を引き抜く人を探していた。 怪しげな催しだと思いつつも、参加してみるベルたち。 数々の挑戦者が引き抜こうとするが、なかなか抜けない。 アイズ・ヴァレンシュタインも挑戦。 でも駄目だった。 そしてベルの挑戦。 ベルが槍を手にすると、ふと聞こえてくる声 「見つけた」 言葉と同時に槍に文様が浮かび上がる。 そしてベルが槍を引き抜いた。 「そうか、運命は君を選ぶのか」 ヘルメスの言葉には含みがあった。 そこにあらわれたのはアルテミス。 ヘスティアのマブダチでもあるらしい。 「見つけた。 私のオリオン」 その言葉と同時にアルテミスはベルに抱きつく。 天界の処女神の人柱。 恋愛アンチ。 アルテミスが依頼したモンスター討伐を受けることに。 ベルのことを「オリオン」と呼ぶアルテミス。 穢れを知らない純血の魂を持つ者だけが持てる槍。 その槍にベルは選ばれた。 ヘスティアもアルテミスの願いにこたえることを決めた。 伝説の槍をたずさえて向かうはエルソスの遺跡 ヘルメスはベルたちに特別な装備を与えてくれた。 そこにあらわれたのはガネーシャ。 空を飛べる龍。 二人乗りでいくことになったが、ヘスティアはベルとは乗れなかった。 アルテミスとベルが二人乗りすることに。 目指すは大陸の果てにあるエルソスの遺跡。 遺跡に向かう途中の森の中で、サソリのモンスターの群れに襲われている親子を発見したアルテミスとベル。 すぐに助けに向かう。 ベルはファイアボルトで敵を薙ぎ払うが敵が多すぎた。 アルテミスが地上でナイフを手に戦うも、数が多すぎて倒された。 そんなアルテミスの窮地を救おうとベルが伝説の槍を投げつけたところ、すさまじい破壊力でモンスターの群れをなぎ倒した。 その威力に驚く一同。 モンスターから助けた親子にお礼を言われるベルたち。 ヘルメスからはあまり槍を使わないようにさとされる。 サソリ型のモンスターの異様さについて焚き火をしながら話し合う一同。 ヘルメスは話し出す。 異常なモンスターの増殖の原因がエルソスの遺跡にある。 封印されたアンタレスの復活が影響している。 アルテミスは伝説の槍でしか、アンタレスは倒せないことを話す。 寝床で話すアルテミスとヘスティア。 アルテミスのファミリアは、アルテミスが帰るのを待っていると伝えた。 そしてそっと抱きしめるヘスティア。 エルソスの遺跡への侵入を阻むモンスターたち 翌朝、龍で空を飛んでいると森が死んでいた。 そしてエルソスの遺跡を見つけた。 アルテミスは敵の襲来を察知。 光の束が降り注いだ。 地上に落とされる一同。 そこに、以前出会ったものよりも大型のモンスターたちが囲い始める。 そのピンチに現れた緑のフードの女性。 それはリューだった。 そして一緒にいたのはヘルメスファミリア。 状況報告を聞く一同。 エルソスの遺跡に入りたいが、門にはばまれているらしい。 そのころ、アルテミスとヘスティアは二人で話していた。 「君はアルテミスだ。 でもアルテミスじゃない」 ヘスティアのその言葉の真意はなんなのか。 ヘスティアは槍を持って一人歩いていた。 その後ろからやってきたのはヘルメス。 そして話された秘密。 アルテミスとベルの心が通じ合うほど、槍の力は強まる。 でも、ヘスティアはこの槍を使わない方法を模索したいと話す。 それはなぜなのか。 ベルとアルテミスは色々なことを話していた。 ヘスティアのこと、アルテミス自身のことなど。 そして二人は手を取り合い、踊りながらさらに語らう。 その中の印象的な言葉。 「神は下界に降りたあと、一万年分の恋をするんだ」 翌朝、アルテミスはみんなの前で士気を上げる言葉を投げかける。 これから待つ困難な戦いに、なんとしても打ち勝つために。 早速モンスターたちの奇襲があったが、陽動役のヘルメスファミリアが頑張ってくれた。 ベルやアルテミスたちは遺跡に急ぐ。 アルテミスの秘密とボスモンスター・アンタレスの正体 目の前にあらわれる封印の門。 アルテミスが前に立ち、その力を持って門を開けた。 あらわれたのは、神殿に寄生したモンスターと卵の群れ。 卵からはどんどんとモンスターがあらわれる。 それを突破しようと戦うベルたち。 だがモンスターたちは異常なスピードで進化を続け、ベルたちを阻む。 このままでは、ダンジョンのモンスターを超える力を持つようになる。 その頃、オラリオでも異変が起きていた。 ダンジョン中のモンスターが暴走していた。 遺跡の中でアンタレスの元へ向かうベルたち。 ベルたちの疲労も激しくなってきていた。 アルテミスの疲れた様子を見て、ヘスティアは以前二人で話していたときのことを思い返す。 ヘスティアは言う。 「もう帰ろう。 あとは僕たちがなんとかするよ」 アルテミスは返す。 「ありがとう、ヘスティア」 そして見つけたアンタレス。 異様なかたちをしたモンスターだった。 アルテミスは言う。 「伝説の槍で打ってくれ」 そこには信じられない光景が。 アンタレスのコアの中にはアルテミスがいた。 空から降り注ぐ光はアルカナム。 天界最強の矢。 月に向かって光の筋が伸びたと思ったら、月から光の束が降ってきた。 それは以前にも襲われたものだった。 神の力アルカナム。 その力をモンスターが持っているのは、アルテミスが喰われたからだ、というヘルメス。 地上に倒れていたのはアルテミスの子どもたち。 いまここにいるアルテミスは残りカス。 槍に宿る思念体。 アルテミスであって、アルテミスではない。 神の力をその身に宿したアンタレスは、世界の理をあやつるまでになった。 空の上に見えた月のようなものは、アルカナム。 アルテミスの矢。 天界最強の矢である。 オラリオのダンジョンでは、アイズたち第一級冒険者たちがモンスターの暴走を止めるべく戦っていた。 アンタレスを倒す方法は一つだけ。 槍は元々はアルテミスの矢。 神々をも殺す武器、その名はオリオン。 射抜く者を意味する。 葬るには、この矢で貫くしかない。 「どうして僕を選んだんですか!」叫ぶベル。 どうして僕にあなたを殺させるのか。 そこにやってきたアンタレス。 槍を捨ててダガーで立ち向かうベル。 アンタレスの攻撃に吹っ飛ばされる。 ベルは言う。 「僕は言ったんだ。 約束したんだ。 守るって!』 そしてまた立ち向かう。 傷を負ってもすぐに再生するアンタレス。 そしてベルに向かって光の矢を放つアンタレス。 それを食い止めたのは、アルテミス。 そしてアルテミスは光の粒となって消えていった。 ベルは失意に倒れこむ。 そのベルをかばって立ち向かったのはヴェルフやリューたち。 でも、彼らの力では倒せない。 「そう。 これは女神を殺す物語じゃない。 これは、君が泣いてる女の子を救ってあげる物語だ」 ヘスティアがベルの前にやってきた。 槍をたずさえて。 そしてベルを説得する。 アルテミスのために、仲間のために、戦ってほしいと。 アルテミスを救ってほしいと。 ベルは槍を手に取った。 槍に力が宿る。 アンタレスはベルを見る。 好きをつくるためにリリとヴェルフは魔剣を使う。 ベルの身体全体に光が宿る。 そして歩き出す。 アンタレスに向かって。 「英雄にあこがれていた。 どんな怪物もやっつけて。 たくさんの人たちを笑顔にして。 悲劇のヒロインなんてどこにもいない。 みんなを救ってみせる。 そんな英雄になりたかった!」 ヘスティアの手の平からアルテミスの力が解き放たれ、ベルに降り注いだ。 ヘルメスが語る。 「そう。 これは女神を殺す物語じゃない。 これは、君が泣いてる女の子を救ってあげる物語だ」 アンタレスが放った光の矢と、ベルが手に持った金色に輝く伝説の槍がぶつかった。 そして槍がアンタレスを貫いた。 トドメを刺すためにベルはダガーを手に持つ。 ダガーがアルテミスが閉じ込められたクリスタルに触れる。 そして、クリスタルを砕き、アルテミスの胸に刺さった。 アルテミスは言う。 「ありがとう。 オリオン」 そして続ける。 「神も死ねばまた生まれ変わる。 だから泣かないで」 「だから、次に出会ったときは一万年分の恋をしよう、ベル」 「救えませんでした。 守るって約束したのに」 「君は救ったよ、アルテミスを」 「なぜわかるんですか?」 おだやかな景色を取り戻した世界を二人で見る。 「アルテミスが言ってる。 ありがとうって」 「君は、アルテミスの英雄になれたんだよ」 「神様、僕、強くなりたいです」 『劇場版 ダンまち -オリオンの矢-』を見てみた私の感想評価 私はもともとダンまち作品が好きでマンガ・TVアニメ・スマホアプリを体験していたので、今回の映画はダンまちの面白さや楽しさをめいっぱい感じることができた作品だと感じました。 アルテミスの役所が物語のキーになっていましたが、オリオンの矢(アルテミス)がベルを選んだこと、そしてアルテミスを本当の意味で救うために自分を殺してほしいと願ったところは本当に胸が苦しかったです。 でもそれをヘルメスの言葉で「そう。 これは女神を殺す物語じゃない。 これは、君が泣いてる女の子を救ってあげる物語だ」と決してネガティブではなく、ポジティブな意味で解釈してくれたおかげで、アルテミスを殺すことが救済になると感じることができました。 そして、この作品は何度も見たい作品になりました。 最後に|『劇場版 ダンまち -オリオンの矢-』を無料で見たいならU-NEXTを今すぐ登録しよう 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』予告動画 『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』はまだ見ていないなら、ぜひ一度見てほしい映画です。 そして私がこの『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』を無料で視聴できたのは、動画配信サービスのU-NEXTのおかげ。 2019年6月からプラン内の見放題作品として独占配信中。 さらにTVアニメの1期、2期も見放題に入っています。 U-NEXTなら最初に31日間無料トライアル体験ができるので、まだ登録していなくて『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』を無料で視聴したいなら、 独占配信が終わってしまう前に今すぐ登録してみましょう。

次の

【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

ダンまち ヘルメス 正体

ダンまちの恋愛関係!ベルは誰と結ばれる?ヒロインとベルの関係・かわいいシーンまとめ! それでは、ダンまちの恋愛事情、各ヒロインの可愛いシーンについてまとめていきます。 最初に、各ヒロインのベルへの好感度を解説します。 ベルにベタ惚れ:ヘスティア、リリルカ、シル、カサンドラ、春姫、ウィーネ、アイシャ、カサンドラ 2. 恋愛感情よりも親愛、あるいは独占欲など:アイズ、ティオナ、フレイヤ こんな感じ。 これをふまえたうえで、可愛いシーンやベルとの関係をご紹介します。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ1:ヘスティア まずはメインヒロインであるヘスティア様! ベルの所属するヘスティア・ファミリアの主神です。 ヘファイストスのところに居候していましたが、ぐーたらと過ごしていたら追い出されてしまいます。 そこで路頭に迷っていたベルと出会い、 彼を初めての眷属にします。 初めて「家族」となったベルに強い好意をもっていて、神と人という垣根を越えてでも、相思相愛になりたいとアプローチします。 ただその分、ベルくんに想いを寄せる女の子を警戒したり、牽制したりと苦労が耐えません。 ベルへの愛情は本物で、「強くなりたい」というベルの望みを叶えるため、ヘファイストスに武器の制作を依頼します。 作ってもらったヘスティア・ナイフの総額は2億ヴァリス。 商業系のファミリアでも相当の負担となる価格を、ローンを組んで買うことを決意します。 また、では、ベルへの想いを語ります。 とある出来事で、ベルはいつか神様と別れるときがくることを恐れるようになります。 ですが、ヘスティアはベルに言います。 「ずっと一緒にいる。 生まれ変わっても必ず会いに行く。 だから、自分たちとの愛を怖がらないでくれ」と。 ベルはそれに「神様とずっと一緒にいたい」と応えるのでした。 ミノタウロスに襲われていたベルを助け、彼に一目惚れされます。 同時にその時、アイズは自分が駆け出しの頃の 「白い思い」を思い出します。 それは、アイズが冒険者として成長していく度に、忘れていった心。 それを持ち続けているベルに興味を惹かれます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト アイズはかなりの強さで「剣姫」と呼ばれていますが、成長に壁を感じていました。 そんなとき、ダンジョンで気絶したベルを膝枕したときに、無茶をするアイズの「黒い炎」が消えていくのを感じます。 そして、ベルの成長速度の速さに目を付け、何かヒントを得られるかもしれないと彼のコーチ役を引き受けます。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト 毎朝訓練をする際も、気絶したベルを膝枕します。 これをするとベルの白さ・純粋さが伝わって、自分の心が浄化されて落ち着くから。 現時点では恋愛感情こそないものの、好意的な感情をもっているのは間違いありません。 ベルがミノタウロスと対峙し、再び戦おうとしたその時、アイズは彼の姿から「黒い炎」を感じ取ります。 立ち上がった彼の瞳はどこまでも白い、純粋な決意が表れていました。 そしてミノタウロスとベルの戦いから目を離せなくなるアイズ。 実力差がありながらも、ミノタウロスを撃破したベルの姿は、アイズの記憶に強く刻まれるのでした。 (C)大森藤ノ・矢樹貴・はいむらきよたか・ヤスダスズヒト また、アポロン主催のパーティで、ヘルメスの計らいにより一緒にダンスを踊ります。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 子供の頃から憧れていたから嬉しい、とベルに笑顔を見せるのでした。 2期では、アポロン・ファミリアとヘスティア・ファミリアの戦争遊戯が決まると、ベルのコーチを再び引き受けます。 寝食をともにしながら、一週間みっちりと一緒に訓練をすることになります。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ3:リリルカ・アーデ ソーマ・ファミリア所属のサポーター、リリルカは冒険者に虐げられ、彼らを憎んでいました。 更に、ソーマ・ファミリアのメンバーからひどい扱いを受けていたことから、一切人を信用していませんでした。 ファミリアから脱退する金を稼ぐために、冒険者からの窃盗などにも手を染めます。 そこで駆け出し冒険者で、なおかつ甘そうなベルに目を付けます。 ヘスティア・ナイフを奪うためにパーティを組んで一緒に冒険をします。 ですが、報酬をしっかり等分してくれたり、ナイフを盗んでも「なくした」と一切疑う様子がなかったりと、ベルの純粋さや優しさに触れて罪悪感に悩まされるようになります。 それでも、ダンジョン内でヘスティア・ナイフを再び盗みます。 ベルを置き去りにして逃げ出しますが、途中でリリの財産を狙うソーマ・ファミリアの団員の罠に嵌ります。 騙されたにもかかわらずリリを助け出すベルに困惑します。 「リリだから」。 そんな理由で助けてくれたことを知り、自分のことを必要としてくれたベルに心から惚れ込むことになります。 ここから正式にパーティメンバーとなりますが、ソーマ・ファミリアからの改宗は未だできず。 ですが、アポロン・ファミリアから戦争遊戯を仕掛けられた際に、ソーマに再び退団を願い出ます。 ソーマの出した条件は、人を魅了する「神酒」を飲んでも、同じことが言えるのなら改宗を認めるということ。 リリの両親が、神酒のために振り回されて死んだ。 神酒を求めるファミリアの団員に、散々虐げられてきた。 それを飲んで、リリルカは酒に溺れかけます。 しかし、 ベルへの強い想いでそれを断ち切り、改宗を望みます! ソーマに認められ、正式にヘスティア・ファミリアの団員になるのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ4:サンジョウノ・春姫 イシュタル・ファミリアに娼婦として囚えられていた狐人。 ですが、男の裸を見るだけで泡を吹いて倒れてしまうので処女です。 イシュタルがフレイヤ・ファミリアを打倒するために利用されていました。 ですが、歓楽街で出会ったベルたちによって助けられます。 イシュタル・ファミリアのアイシャたちが春姫を救い出そうとするベルを妨害します。 一度ベルは諦めかけてしまい、春姫は連れ去られてしまいます。 しかしそのとき、ベルはどうしようもない悔しさを味わいます。 彼に強い好意を持つようになるのでした。 春姫についてはこちらで詳しく説明しています。 ベルが落とした魔石を拾ったことで出会います。 彼に弁当を渡したりするなど、好意を見せています。 明確に好意を持ったのはいつかは分かりませんが、ある神と同様に「魂の色」を見分けていると言われています。 彼のナイフを盗んだリリに対して威嚇しています。 (C)大森藤ノ・ヤスダスズヒト・九二枝 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ6:リュー・リオン リューさんは基本的に、ベルとシルの仲を応援しています。 ですが、ベルと交流を深めていくうちに徐々に好意を抱くようになっていきます。 ベルがダンジョン内で行方不明になったときには、ヘスティアたちがダンジョンに潜入することに力を貸します。 また、戦争遊戯の際にも助っ人としてベルに協力することになるなど、かなりベルに対して好意的。 それでもしばらくの間恋愛感情はありませんでした。 呼び方も「クラネルさん」。 で事件は起きました。 冒険中トラブルによって深層・37層まで落ちてしまったベルとリュー。 仲間たちとははぐれ、アイテムもなく直前の戦闘で瀕死の2人。 まさにサバイバルが始まります。 いつもは冷静沈着なリューですが、このときばかりは彼女も恐怖に怯えるほど過酷な状況。 そして、瀕死になっていく2人。 リューですら心が折れ、普通の女の子のような振る舞いを見せます。 そんな中、リューを庇って戦っていたベル。 彼だけは助けなくては。 様々な感情がリューの中を駆け巡ります。 血を流しすぎて消耗している2人。 服を脱いで、リューを後ろから抱きしめて温めるベル。 恥ずかしいけど、ベルの顔を見たい。 そんなとき、リューは自らの過去を打ち明けます。 アストレア・ファミリアの仲間を失ったという、壮絶な過去。 「自分に正義はない」とこぼすリューを、ベルは癒やします。 そして、襲ってくるモンスター。 ベルはリューを寝かせ立ち向かいます。 リューはアストレア・ファミリアの夢を見て、まだ向こうにはいけないと決意。 覚醒しベルを助けます。 というわけで、ストーリーが進むとリューさんは堕ちます。 リューさん好きは読んでください。 より詳しくリューさんについて知りたければ、こちらをどうぞ。 彼のことは弟のように面倒を見ていました。 浮いた話はないものの、よく冒険者に言い寄られています。 彼女の好みは、ベルのような 「少し頼りないくらいの男性」。 とはいえ、しばらくはやはり弟のような存在として見ていました。 でストーカー被害を受けた時、ベルが護衛として付いたときにはご機嫌でした。 冒険者に結婚を申し込まれた際には、「ベルと付き合っている」という嘘で乗り切ったり、満更でもないところが見受けられました。 そして、で本格的に恋愛感情を自覚します。 ベルがアステリオスというモンスターと戦い、敗北。 悔し涙を流す姿を見て、自らがベルに恋していることを自覚するのでした。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ8:ティオナ・ヒリュテ ティオナはかなりベルに好意的な目を向けています。 きっかけは、ベルとミノタウロスの戦いを目撃したこと。 ベルが戦う姿を、幼少期に好きだった英雄譚、「アルゴノゥト」の主人公と重ねています。 そのことから、ベルのことを「アルゴノゥト君」と呼ぶように。 アポロン・ファミリアとの戦争遊戯の際、ベルとアイズの特訓にくっついてきます。 とはいえ、今のところ恋愛感情のようなものは見受けられません。 まだ興味がある、というレベルでしょう。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ9:カサンドラ・イリオン アポロン・ファミリア所属の女性。 予知夢を見ることができますが、周囲からは妄言扱いされていました。 しかし、戦争遊戯に敗北し、アポロン・ファミリアが解散した後、ヘスティア・ファミリアのホームへやってきます。 そこで ベルが自分の予知夢を信じてくれたことに感動。 このときから彼のことを意識し始めます。 そして、では、ベル達とパーティを組んでダンジョンへ。 自分とベル以外が全滅してしまうという予知夢を回避するために尽力します。 そしてベルと別れて戦う際、 「一緒に地上に戻ったら……もっと、いろんなことを……たくさん、話したいです」と告白のような発言を。 間違いなくこの巻のメインヒロインです。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ10:フレイヤ ベルは、美の神・フレイヤにも目を付けられています。 彼女は魂の色を見ることができますが、そんな彼女でも見たことがない、ベルの「透明」な魂を気に入ります。 自分にふさわしい英雄に仕立て上げるため、様々な試練を裏で用意しています。 ベルのことを奪おうとしたイシュタルに対しては、ファミリア総出で攻撃。 イシュタル・ファミリアを壊滅まで追い込みます。 恋愛というよりかは、独占欲のようなものが強いですね。 ダンまちの恋愛・ヒロインとベルとの関係まとめ11:アイシャ・ベルカ 歓楽街で春姫を探していたベルを見かけ、彼のことを気に入ります。 春姫の騒動のあとも、ベルのことを諦めずに狙っています。 「お気に入りの雄」として強さや容姿、人格も含め気に入っていて、性的な意味で狙っている模様。 モンスターである自分のことを治療し、連れ出してくれたベルに心を開きます。 そして、冒険者に狙われ続けることになったウィーネをかばうベルに好意を伝えます。 「・・・夢を、みるの」 「だれも、わたしをたすけてくれない・・・こわい夢」 「でも、ね?」 「こんどは・・・たすけにきてくれたひとが、いたんだよ」 「うれしい・・・」 「ベル・・・大好き」と。 ダンまちを楽しむなら ちなみに、いくつかダンまちをお得に楽しむ方法があるのでご紹介しますね。 【公式アプリ】マンガUP! でダンまちとソード・オラトリアの原作&漫画を無料で読む まず、マンガUP! 無料なのでとりあえずダウンロードがおすすめです。 U-NEXTへアクセス まずはこちらから、U-NEXTへアクセスします。 まずは31日間無料お試し をタップ 目立つ所にある、 「まずは31日間無料体験」 というボタンをタップします。 個人情報・アカウント情報を入力 「姓名(カナ)」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」「都道府県」 などを入力します。 プラン確認・決済方法を入力 お支払い方法などを設定する必要がありますが、 これは無料期間を過ぎたときのためです。 クレカ払いか、ケータイ払いかを選びます。 登録完了! これで登録完了となります。 ダンまちの原作を揃える ダンまちの原作を揃えて、いろんなキャラとのやり取りを楽しみたいなら、ebookjapanというサイトがオススメ。 会員登録で半額クーポンがもらえるので、好きな巻を1冊50%オフで買うことが出来ます。 いつまでキャンペーンやってるかわからないので、お早めに。

次の