げっぷ が 多い。 げっぷが多い原因はコレだった!【胃の病気の可能性あり!】

こどもの病気について|こどものげっぷ|兵庫県尼崎市の小児科(低身長、肥満、糖尿病、小児内分泌など)【徳田こどもクリニック】 尼崎・豊中地域でこども達のサポートをしています。

げっぷ が 多い

げっぷがよく出る3つの原因 食事 最も一般的でよく起こる原因は食事によるものです。 食べ物は胃腸で消化されるときにガスを発生します。 このガスを口から排泄すべきだと体が判断したときに、そのガスがげっぷとして出てしまうのです。 なので、このガスは飲食物の消化により発生したものなので臭いがあります。 後述する呑気症のげっぷは空気なので、臭いは生じません。 消化活動の過程で発生したガスがげっぷとして口から出される原因は以下のことがあげられます。 ガスが多く発生した• 胃と食道の筋肉が緩んだ このような条件下ではガスがげっぷとして排泄されやすくなるのです。 特に脂っこい食事は多くのガスを発生させるのでげっぷが出やすくなります。 呑気症(空気嚥下症) 呑気症とは、空気を正常時より多く飲み込んでしまうことで胃に空気が溜まってしまう病気です。 呑気症(どんきしょう)は空気嚥下症ともいわれています。 これにより、お腹が張ってしまったり、げっぷやおならが多く出るようになります。 基本的に呑気症で出るげっぷは飲み込んでしまった空気が排泄されることで起こるので、ガスのように臭いはありません。 呑気症になってしまう一番の原因はストレスです。 日常の人間関係や仕事、育児、家事でのストレスあるいは将来に対する不安などが呑気症の原因となるのです。 このストレスによる呑み込む空気の量が多くなっていき、げっぷが多くなってしまいます。 また、お腹がぐるぐる鳴ることも呑気症のよくある症状のひとつです。 参考: 噛み締め症候群 噛み締め症候群は正確には呑気症になってしまう原因のひとつとして位置づけられています。 歯を噛み締めてしまうことにより、空気を呑み込みやすくなり呑気症につながってしまうのです。 なぜかというと、歯を噛み締めると舌が上顎につき、唾液が奥の方へ流れやすくなります。 この唾液と一緒に空気も呑み込んでしまうのです。 噛み締め症候群も日常の不安や緊張により起こります。 私たちはストレスを感じているときに、無意識に歯を噛み締めています。 この歯の噛み締めが習慣化することにより噛み締め症候群が生じ、結果として呑気症によりげっぷが出やすくなってしまうということです。 げっぷが多いときに注意すべき胃の病気 「げっぷが止まらない」と感じるほどよく出るときは、胃腸の病気である可能性も考えられます。 胃腸の病気の場合、腹痛や吐き気など特徴的な症状があらわれるケースもありますので、確認していきましょう。 胃酸過多症 胃酸過多症とは、胃で胃酸が必要以上に分泌されてしまう病気です。 食べ物を消化するために胃酸は必要なのですが、それ以上に分泌してしまうことでげっぷが出やすくなってしまうのです。 胃酸過多症ではげっぷ以外にも以下のような症状があらわれます。 胃もたれ• 胸焼け• 口臭 特にげっぷ、みぞおちの痛み、胸焼けといった症状があらわれたら胃酸過多症を疑いましょう。 胃酸過多症になってしまう原因は以下の3つがあげられます。 刺激的な食べ物• ストレス• ガストリンの過剰分泌 揚げ物は消化に時間がかかるため胃酸が多く分泌されます。 他にも、香辛料やアルコール、コーヒーなどは胃酸の分泌を促進させてしまいますので注意しなければなりません。 非びらん性胃食道逆流症 非びらん性胃食道逆流症とは、胃酸が食道を逆流してしまうことによりゲップ、胸やけ、胸の痛みなどの症状があらわれる病気です。 胃と食道の間にある弁が緩んでしまうことにより、胃酸が食道へ逆流し発症してしまうのです。 胃酸の逆流といえば、逆流性食道炎が有名です。 逆流性食道炎の場合は、逆流した胃酸が食道にとどまってしまうので、食道で炎症が起きてしまいます。 一方で、非びらん性胃食道逆流症の場合は食道に長くはとどまらないので食道炎は起こらないのです。 このため、非びらん性胃食道逆流症だと内視鏡検査で炎症を確かめることができないので、自覚症状で病気を発見することが大切です。 非びらん性胃食道逆流症は以下のようなことが原因で発症するとされています。 脂肪分の多い食生活• アルコールやカフェインの過剰摂取• ストレス• 姿勢の悪さ このような原因に心当たりがあり、ゲップや胸やけを感じる場合は非びらん性胃食道逆流症を疑ってみましょう。 急性胃腸炎 急性胃腸炎でもげっぷがよく出る場合があります。 急性胃腸炎だと、腹痛や下痢、吐き気などの自覚症状が分かりやすいですが、これらの症状の前兆としてゲップが多くでることがあるのです。 げっぷを止める方法 食事に気をつける 呑気症などを除いて、ゲップは消化の過程で発生するガスであるケースが多いです。 脂っこい食べ物、唐辛子などの香辛料、アルコール、スナック菓子、イモ類などは胃酸の分泌が多くなり、ゲップの原因となってしまいます。 また、寝る直前の食事は避けるようにしましょう。 睡眠時は胃腸も休まる時間です。 眠る前に食事をしてしまうと、寝ているときも胃腸が活動せざるおえなくなり、胃腸に負担がかかってしまいます。 その結果、非びらん性胃食道逆流症などの病気につながりゲップが止まらなくなってしまうのです。 さらに、早食いにも注意しましょう。 早く食事を取りすぎてしまうと、空気を多く胃の中に溜め込んでしまいゲップが出やすくなってしまいます。 ストレスを解消する ストレスは胃に大きな負担を与えるだけでなく、呑気症の根本的な原因にもなります。 ゲップの原因となるストレスは1日で溜まるものではなく、日常生活の中で徐々に溜まっていくことが多いです。 なので、上手いストレスの解消法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにする工夫が大切です。 朝早く起きてランニングをしたり、自分の趣味に熱中できる時間を作ったり、自分なりのストレス解消法を実践していきましょう。 ツボを押す 胃腸やストレスに効果的なツボを押すこともおすすめです。 天枢(てんすう):おへそから指3本分外側にあるツボ• 太淵(たいえん):親指の付け根にある骨の出っ張りの下にあるツボ• 足三里(あしさんり):ひざの皿の外側にある骨の出っ張りから指3本分上のくぼみにあるツボ これらのツボはゲップを抑えるのに効果があるツボです。 自身で簡単に押すことができるのでぜひ試してみてください。 ゲップが止まらないときはしっかり対処しよう! ゲップがよく出る原因や病気の可能性についてお伝えしました。 ゲップが多く出るときはまずは臭いがあるかどうかを確かめるといいでしょう。 臭いがない場合は空気であるので呑気症の可能性が、臭いがある場合は消化ガスであることが考えられるので胃酸過多症などの病気が考えられます。 また、ゲップ以外の胸やけや吐き気などの自覚症状もしっかりとチェックして症状によっては病院へ行くようにしましょう。

次の

ゲップが止まらない…考えられる原因や病気とは?4つの方法で改善を

げっぷ が 多い

そもそも、なぜゲップは出る? ゲップとは、食道・胃・腸などにたまったガスや空気が、口や鼻から抜けていく際に起きる生理現象です。 胃の中には、常にある程度の空気が溜まっていて、胃の大きさを保つ役割や胃液をかきまわして食べ物を消化しやすくする役割を担っています。 食道と胃の間には弁があり空気が逆流しないよう塞いでいますが、胃の中の空気が増えると弁が緩み、空気が逆流することによりゲップが出ます。 空気は食事の時に食べ物と一緒に体内に侵入したり、食べた物を消化する際に発生したガスによって胃の中に溜まり、通常は食後付近に1、2回程ゲップが出ます。 食後数回のゲップは健康な証拠と言えますが、常日頃からゲップが多発する場合は明らかに異常です。 もしかすると、消化器や呼吸器が何かしらの病気を患っているかもしれません。 病気以外でゲップが多くなる原因は? ゲップが多くなるのは、胃に許容量を超えた空気が溜まることが原因です。 まず、病気以外で胃にたくさんの空気が溜まる原因をお伝えします。 食事、日常生活• 早食いの人• 鼻づまりで口呼吸をしている人• 早口で喋る人 このような人は、口から空気をたくさん吸い込むので、胃に空気が溜まりやすくなります。 ストレス 無意識のうちに大量の空気を吸い込んでしまう症状を空気嚥下症(呑気症)と言いますが、 呑気症になると消化器内に空気が溜まります。 そのため、ゲップ以外におならの回数も増えます。 歯を食いしばることで唾液の分泌量が増え、口に溜まった唾液を飲み込むときに空気も一緒に体内に侵入します。 上記2つの症状は、どちらもストレスが原因となり、精神的に不安定なときになりやすいと言われています。 胃の働きが鈍っている 多くの空気を飲み込んでいなくても、胃の働きが鈍っているとゲップが増えることもあります。 胃の働きが鈍くなる要因としては、• ストレス• 睡眠不足• 胃に過度な負担をかける食生活(刺激の多い食事・アルコール・カフェイン等)• 喫煙 などがあります。 胃の働きが鈍くなると、胃の中で発生するガスの量が増えたり、胃に取り込まれた空気をうまく吸収して処理できなくなります。 そのため、よりたくさんの空気やガスを体外に排出することになるので、ゲップが多くなります。 ちなみに、胃の周辺には食道への逆流を防ぐ弁がありますが、弁を開閉する筋力が低下した場合も空気が漏れるためゲップが多くなります。 スポンサーリンク ゲップが多くなるのは病気の兆候かも… 暴飲暴食やストレスなど、一時的な要因でゲップが増えるのはよくあることです。 ただ、慢性的にゲップが多い状態が続く場合、病気の可能性があります。 もしゲップが多くなる原因が病気だった場合、ゲップ以外によく現れる症状も併せてお伝えしていきます。 逆流性食道炎 食べたものが完全に消化されないまま、胃酸とともに食道の入り口付近まで逆流し、そこにとどまることで食道に炎症を起こす病気です。 主な原因は暴飲暴食やストレス・喫煙・飲酒で、胃酸が食道まで戻ってくるため、 酸味のあるゲップが出るほか、吐き気や胸やけが起こります。 逆流性食道炎は、現在20代30代の若い世代を中心に急増している病気です。 放っておくと食道がんのリスクが高くなるので、ゲップ以外に胸やけや吐き気など胃の不快感がある時は一度病院で診てもらいましょう。 慢性胃炎 慢性的に胃酸の分泌量が増え、胃粘膜を傷つけてしまう病気です。 慢性胃炎になると胃の働きが鈍るのでゲップが多くなるとともに、 胃痛や胸やけ、食欲不振などの症状も現れます。 進行すると、胃潰瘍、胃ろう(胃に穴が開いている状態)、胃がんリスクが高くなります。 ゲップや胃痛・胸やけ以外に、強い吐き気や貧血・血便などの症状があれば胃潰瘍や胃がんが進行している可能性があります。 一刻を争うので、早急に病院で検査してください。 呼吸器の疾患 ポリープや悪性腫瘍が気道にできている場合、気道が狭くなるので吸った息が全て肺まで到達しづらくなります。 そうなると、逆流してゲップとなるか、いったん食道へ落ちて胃にたまったガスと一緒にゲップとして排出されるようになります。 呼吸器系の疾患でゲップが多くなる場合、呼吸しづらくなったり息切れがひどくなるなどの症状が出ます。 胃の不快感より呼吸の際の違和感が強い場合、呼吸器内科など呼吸器の専門機関を受診した方がいいでしょう。 ゲップの回数を減らす方法 普段よりゲップの回数が増えたと感じている人は、まず食生活と生活習慣を改善していきましょう。 そうすることで、胃の働きが正常に戻りゲップの回数を正常値に戻すことができます。 食生活の改善については、• カフェイン、アルコールなどが含まれる飲み物は控える• 脂っこい食事は控える• 食事の際は良く噛み、ゆっくり食べることを意識する 生活習慣の改善については、• たばこを控える(一気にやめるのが難しい時は本数を減らす)• 最低6時間以上の睡眠時間を毎日確保し、起きる時間を毎日同じにする 病気が原因でなければ、上記のように胃に負担をかける行動をなくすことでゲップの回数は減っていくはずです。 ちなみに、 ゲップが増える大きな原因の一つがストレスです。 普段の生活でストレスを減らすことはなかなか難しいと思うので、• リラックスする時間を設ける• 適度な運動をする といった方法で、溜まったストレスを解消する術を身につけてください。 一時的にゲップを減らすには胃薬が有効 ちなみに、一時的に胃の調子を整えてゲップを解消する方法として、胃薬の服用も効果的です。 早急にゲップを抑えたい場合、以下の市販薬も試してみましょう。 ガスター10 胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカー(胃酸分泌抑制剤)です。 胃粘膜の修復を早めて胃の働きを改善し、胃痛や胸やけを改善します。 ガストール錠 胃酸の分泌を抑制し、出過ぎた胃酸を中和する胃腸薬です。 胃痛や吐き気など、胃の不快感を緩和するM1ブロッカー配合薬です。 スクラート胃腸薬 胃酸過多で荒れた胃粘膜の傷んだ部分を選んで修復してくれる胃腸薬。 様々なタイプの胃痛に効きます。 胃薬を飲んでゲップを解消する場合、効果は一時的なので根本的な治療にはなりません。 また、 胃薬は依存性があるため常用は危険ですし、思わぬ副作用が起きることもあるので用法容量は必ず守ってください。 出来る限り胃薬を使用せず、生活習慣や食生活の改善で胃の調子を整えるようにしましょう。 まとめ ゲップは食後1、2回程であれば生理現象で健康な証ですが、回数が異常に多い場合は病気のサインかもしれません。 ゲップと併せて胃痛や吐き気などを伴っていると、さらに病気の可能性が高くなります。 逆流性食道炎や慢性胃炎は多くの人がかかる病気なので、重篤な病気まで進行する前にちゃんと治療しましょう。 どんな病気でも早期発見が一番肝心です! スポンサーリンク.

次の

猫がげっぷをする理由と病気の兆候

げっぷ が 多い

お腹の張りもげっぷやおならもその原因はお腹にたまったガスです。 ではなぜお腹にガスが溜まるのでしょうか? お腹に溜まるガスの種類にはまず大きく分けて2種類あります。 まず飲食の際、口にするものと一緒に取り込まれた空気。 もう一つは食べたものから発生するガス。 食事中に取りこまれる空気 飲食の際に空気を取り込むのは誰にでもあることなのですが、空気を取り込みやすい食べ方があるのでそこを気をつけましょう。 空気を取り込みやすい食べ方として、「早食い」や「よく噛まずに飲み込む」があります。 これらは無意識に行っている習慣ですから簡単には矯正できませんが、意識して食べ物は良く噛んで食べるようにしましょう。 また、よく噛まずに飲み込むと消化不良を起こしやすく、消化し切れなかった食べ物は腸内で吸収されず食べかすとして残り、腐敗してメタンなどのガスを発生させます。 そうしてさらに腸内にガスが溜まり、お腹の張りやげっぷ、おならが出やすい原因となります。 当然ながら炭酸を含んだ飲み物もガスの発生源になり、げっぷが出ます。 消化しにくい食事 他にも、もともと消化しにくい食べ物を多く食べていると同様に食べかすが腸内に溜まり、腐敗ガスを発生させます。 特に脂っこいものは消化しにくい上に、腐敗したときのガスの臭さが強烈です。 ガスの臭いは植物性の食べ物より動物性の食べ物のほうが圧倒的に臭います。 動物性の脂が含まれていればなおさらです。 脂はうまみそのものでもあるので、好きな人はどうしてもこってりとした脂っこいものを食べてしまいがちですが、げっぷやおならが気になる人は出来るだけ食べるのを控えたほうがいいでしょう。 消化を妨げる食べ物 次に消化そのものを妨げる要因となる食べ物です。 これは胃腸の働きを妨げるものと考えると良いでしょう。 とりわけ刺激の強い食べ物が挙げられます。 辛いもの、酸っぱいもの。 熱いもの、冷たいもの。 カフェインやアルコール、チョコレートなどです。 ただし、これらを食べてはいけないというわけではありません。 食べ過ぎないように気をつけることが大事です。 ストレス 最後にストレスです。 胃腸はストレスに非常に敏感で、ストレスを溜め続けるとすぐに調子を崩してしまいます。 極端に、ガスが溜まるから、消化に悪いからといってそれらをまったく食べないようにすると、好きな食べ物を食べられないストレスで逆に胃腸の状態が悪くなってしまいます。 好きな食べ物を食べることでストレスが解消されるなら食べたほうが良いです。 くれぐれも食べ過ぎないようにだけ気をつけましょう。 ガスを溜めない対処法.

次の