ファブリーズ w 除 菌 アルコール。 ファブリーズw除菌アルコール成分+の使い心地はどんな感じ?

ファブリーズw除菌アルコール成分+の使い心地はどんな感じ?

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

ファブリーズの主な利用用途 ファブリーズという商品は、消臭・芳香剤の商品で、逆に知らない人を探すほうが難しいぐらい有名な商品です。 ファブリーズは空間に応じて、使い分けることができるほど、幅広く対応できるよう開発がされており、トイレ用や玄関用、リビング用などそれぞれの空間に適応した開発しており、多くの消費者に愛用されています。 ファブリーズはキャッチコピーにもあるように、消臭と除菌の効果があります。 幅広い年代から人気がある理由は、シュッとファブリーズを吹きかけるだけで、洗濯のしづらかったソファーやベッドが、消臭・除菌(洗濯)できてしまうという点があるからでしょう。 とても簡単にできてしまいますから、筆者もよく使っています。 ファブリーズは、消臭・除菌をしながら芳香剤としての機能を果たしているので、気になるニオイを香りでごまかすということをしていません。 さらに、99. 9%も除菌、消臭をしてくれるとのことですので、幅広く利用されている理由の1つとなっています。 しかし、そうすると「除菌99. 9%だと、風邪菌やウイルスにも効果があるのではないのか?」という疑問が生まれる方もいることでしょう。 こちらの疑問を、なるべく分かりやすくご紹介していきます。 ファブリーズの除菌・消臭・ウイルス除去 まず、ファブリーズの除菌・消臭の効果についてご説明します。 ファブリーズは、下記のような効果があると言われています。 、 ・新ファブリーズは洗濯をしているような、99. この効果に関しては、公式ホームページで検証動画を公開しているので、気になる方は見てみてください。 また、稀にではありますが、汚れが付着した食器などに吹きかけることで、ピカピカになるという勘違いをしてしまう方もいます。 しかし、それは間違っているので注意してください。 除菌・消臭効果はあるものの、洗浄効果があるわけではありません。 あくまでも、除菌と消臭機能が備わっている芳香剤だという認識は持っておきましょう。 液体洗剤などで、【除菌効果が高い】というワードがよく利用されるので、勘違いをしてしまう人がいらっしゃるようですね。 ファブリーズにも除菌できない菌があるの? 実際にファブリーズで除菌ができると謳われていますが、全てのバイ菌に有効なのでしょう。 逆に除菌できないバイ菌はいないでしょうか。 こちらに関して、結論「除菌できないバイ菌は存在する」ということになります。 】 99. 9%除菌なのに、対象外の菌があるんだったら、99. 9%じゃないのではと、思うかもしれませんね。 ちなみに、この記載がないと商品として販売ができなくなる可能性が出てきてしまうので、大人の事情(薬事法)でこのような掲載をしていると可能性もあります。 しかし、ファブリーズはニオイ菌を、除菌対象としていて、ニオイの原因となるバイ菌を99. 9%も除菌できるとしています。 このことから、間違えた表記はしていないとも言えます。 また、生活において発生する主なニオイの原因は、汗やタバコ、加齢臭などが上げられますが、これらの原因となるニオイ菌を除菌するというコンセプトとなっています。 ですから、ニオイ菌以外のバイ菌はもしかすると、除菌できないかもしれないということになりますね。 9%であったとしても、完璧に除菌(殺菌)ができるとは限らないという認識は持っておきましょう。 ニオイ菌の除菌に関しては効果があるということがわかったところで、次は「ウイルスに効果があるのか」に触れていきます。 ファブリーズの除菌効果はウイルスにも効果があるのか? 冒頭から例として上げていた、ウイルス対策にもなるのかについてですが、それについて回答していきます。 結論から申し上げますと、「ウイルス対策の効果がある」が回答となります。 このファブリーズのウイルス除去効果に関しては、実験が行われております。 実験対象は、エンベロープウイルスの1種であるインフルエンザウイルスで行われたとされています、 実験の仕方は、綿布にウイルスを染み込ませたものにファブリーズを所定回数スプレーして、所定時間置いてTCID50法という方法で測定したそうです。 その結果、ウイルス除去99%以上の効果があると、実験をして得た数値のようです。 であるため、消臭・除菌効果にプラスのウイルス除去効果まであるということになります。 しかし、インフルエンザに効果があったものの、ノロウイルスやロタウイルスのような非エンベロープウイルスなどに関しては、除去の対象外になり、他にもあるとされています。 このことから、ファブリーズが全てのウイルスに効くというわけではないことがわかります。 また、インフルエンザに効くからと、飲んだりすることは絶対にしないでください。 ウイルス除去効果があるからといって間違った使い方をしてはダメ! 全てのウイルスに対して除去効果があるということではありませんが、インフルエンザ対策にもなる商品ということが分かってもらえたと思います。 消臭・除菌・ウイルス除去効果まであると、消費者にとっては無くてはならないアイテムになってしまいますね。 ですが、この魅力的な3つな要素を知ってしまったがゆえに、危険な使い方をしてしまう方も中にはいらっしゃいます。 念のため、間違った(危険)使い方を過去にしてしまった例をご紹介しますので、絶対にしないでください。 【インフルエンザに感染した人に向けてファブリーズを吹きかける】 この方法は、メーカーも推奨していない危険な使用例です。 ファブリーズを使用する際に、目に入ったりすると危険な可能性があるために、顔や人体に吹きかける行為をしないでくださいと注意喚起しています。 そういったこともあるので、必ず使用上の注意を読んだ上で、使用するように心がけましょう。 ファブリーズの安全性について ここまで、除菌や消臭、ウイルス除去についてご紹介してきました。 ですが、これだけ除菌作用があると、体に悪い成分があるのではないかと思ってしまいますよね。 念のため、ファブリーズの安全性について確認をしていきましょう。 【人体への影響】 まず、直接肌に吹きかけてしまった場合ですが、安全性上の問題はないとしています。 そのため、ファブリーズを吹きかけた布を、誤って赤ちゃんが口にしても悪影響はないと言えます。 成分上、人体への影響はなく、安全性が保たれた高品質な芳香剤です。 【衣類への影響】 水に弱いとされる、絹やレーヨンなどの繊維にも仕様ができるとされています。 ただ、製品によってはシミなどの汚れになる可能性もあるので注意して使用しましょう。 【ペットへの影響】 赤ちゃんが口にしても問題ないことから、ペットの周りに使用しても問題ありません。 ですが、直接吹きかける行為は控えるようにしましょう。 ファブリーズがとても優れた商品と再認識! ファブリーズの消臭・除菌・ウイルス除去についてご紹介してきましたが、どの角度から見ても素晴らしい商品だと再認識してしまいますね。 実際の実験で効果を実証していることからも、信憑性があると言えます。 また、ファブリーズは安全性にも優れていることから、安心して使用することができるでしょう。 しかし、間違えた使い方をしてしまうと危険を伴います。 必ず使用上の注意を守った上で、スマートに活用するように心がけてください。

次の

quiz.interreg4c.eu: ファブリーズ 除菌消臭スプレー 布用 無香料 アルコール成分入り 詰め替え 320mL: ドラッグストア

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

トウモロコシ由来消臭成分、除菌成分(有機系)、香料 とあります。 ここで注目したいのが、除菌成分(有機系)の中に含まれる Quat(クウォット)という物質です。 ではこれはは、体にどのような影響をもたらすのでしょうか。 様々な研究がされているようですが、過去には以下のような影響が報告されています。 吐き気• 目の痛み• アレルギーアトピー等 第四級アンモニウム化合物は、シャンプーや消毒薬、洗剤などにも使われることのある物質です。 ファブリーズは空気中に散布されることで体内に吸い込みやすい環境にあり、それによりこうした健康被害が出ることがあるとされています。 使い方には十分注意が必要ですね。 スポンサーリンク 湿気でカビの温床に? 頻繁に洗えない布団やソファなどには、スプレーを吹きかけるだけで除菌ができるファブリーズは便利ですよね。 でも、湿ったままの状態では逆に不衛生になることも。 せっかく除菌目的で使ったのに、カビが発生してしまっては意味がないですよね。 除菌消臭効果のあるファブリーズですが、使い方次第では逆効果にもなりかねません。 合成香料でストレスが増える? 爽やかな香りがするファブリーズですが、この香りは当然ながら人工的に作られたもの。 実はこの合成香料は、鼻では良い香りと感じていても、脳にとってはストレスとなっていることがあります。 例えば良い香りの香水をつけている人がいても、その匂いが強すぎると不快感や頭痛を起こすことがありますよね。 これと同じように、ファブリーズの合成香料にも頭痛やめまい、吐き気などを引き起こす可能性があります。 両性界面活性剤は、シャンプーやベビーソープなどに多く使われる成分で、万が一口にした場合にも毒性を持たないという特徴があります。 これは、安心できる要素の一つですね。 ただし、その他に含まれる除菌剤や香料といった成分はファブリーズと似たようなものですので、使い方によっては健康被害が出ないとは言い切れません。 成分から考えられる個人的な感想としては、ファブリーズの方が強力な除菌消臭効果があるものの、リセッシュの方が比較的安全性が高そうな印象を受けました。 正しい使い方をしながら、シーンに合うものを選ぶようにしてみてくださいね。

次の

【楽天市場】P&G ファブリーズ W除菌 無香料 アルコール成分入り つめかえ用 320ml(アルコール除菌 詰替)(4902430910279):姫路流通センター

ファブリーズ w 除 菌 アルコール

今年もまたインフルエンザが猛威を振るう季節がやってきました。 きちんと予防接種を受けていても、インフルエンザに感染するリスクはゼロではありません。 とくに赤ちゃんや小さなお子さまがいるおうちは心配ですよね。 インフルエンザ対策の一つとして挙げられるのが除菌スプレー。 除菌スプレーはどの程度インフルエンザ予防に効果があるのでしょうか。 今回は人気の除菌スプレー「ファブリーズ」にスポットを当てて、本当にインフルエンザに効果があるのか調べてみました。 インフルエンザはどんな病気? インフルエンザはインフルエンザウィルスによって引き起こされる急性ウィルス性疾患です。 インフルエンザの特徴といえば急激な発熱です。 抗インフルエンザ薬を早い時期に服用することで症状が軽くなったり、早めの回復が期待できます。 乳幼児の場合は脳症などの重篤な病気を引き起こす恐れがあるので早めの受診が大事です。 飛沫感染ではくしゃみや咳、接触感染では感染者が使用したタオルや触れたドアノブなどから感染します。 うがい手洗いはもちろん、マスクの着用も感染予防になります。 ファブリーズでインフルエンザを予防できる? ファブリーズにはウィルスや細菌を除去または減少させる除菌効果がありますが、本当にインフルエンザ予防にも効果があるのか気になります。 今回注目したのは、ファブリーズの中でも除菌効果が最も期待できるのが「ファブリーズダブル除菌」です。 ファブリーズのウイルス除去効果は、エンベロープウイルスの1種であるインフルエンザウイルスを使用して第三者機関 北里環境科学センター によって確認されています。 ただしノロウイルスやロタウイルスのような非エンベロープウイルスなど、除去の対象外のウィルスも相当数あります。 商品説明をチェックすると、ファブリーズにはインフルエンザウィルスに対して予防効果があるということがわかりました。 小さなお子さまのいるおうちはファブリーズで、お子さまの衣服やおもちゃ、普段座るソファや食事をするテーブルなどを除菌しましょう。 ファブリーズ&その他除菌スプレーのご紹介.

次の