太田 和彦。 【11/25放送】太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選「石川県・七尾 編」

関西で飲もう 京都、大阪、そして神戸の通販/太田和彦 小学館文庫

太田 和彦

居酒屋というのは酒を飲みに行く場所というのが本来の意味なんだろうけど、下戸でも居酒屋には行く。 今や居酒屋ってのは食堂で、食事をする場所。 コーヒーショップのほうがまだ「コーヒー専門店」の割合が高い気がする。 居酒屋に入って、酒以外ないということはない。 酒にはつまみというものがあるのだ。 このつまみというものは、酒を飲めない人間でも美味しく食べられる。 二つの居酒屋紹介番組 居酒屋紹介番組というものがある。 吉田類さんと太田和彦さんだ。 吉田さんは『吉田類の酒場放浪記』 BS-TBS。 太田さんは『太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選』 BS11 であります。 とてもよく似た番組だ。 オジサンが居酒屋を訪ね、呑んで食べる。 カウンターで、大将とトツトツと語り合う。 呑み終わって、夜の町に去る。 居酒屋の照明の、琥珀系の白熱光が番組全体をほんわかと照らすような、居心地のいい空気が流れる。 吉田類さんと太田和彦さん、見た目はぜんぜん違うのだが、番組があまりにも似ているので、私はいつしか両番組が溶けあったような感じになってしまっている。 「あー今日は吉田類は帽子かぶってないな」って、それは太田さんだ。 顔なんか見ちゃいない。 「ふらふらと居酒屋で酒呑んでうれしそうにしてる番組」としか認識していない。

次の

紀行・教養・ドキュメンタリー 太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選 | BS11(イレブン)

太田 和彦

居酒屋というのは酒を飲みに行く場所というのが本来の意味なんだろうけど、下戸でも居酒屋には行く。 今や居酒屋ってのは食堂で、食事をする場所。 コーヒーショップのほうがまだ「コーヒー専門店」の割合が高い気がする。 居酒屋に入って、酒以外ないということはない。 酒にはつまみというものがあるのだ。 このつまみというものは、酒を飲めない人間でも美味しく食べられる。 二つの居酒屋紹介番組 居酒屋紹介番組というものがある。 吉田類さんと太田和彦さんだ。 吉田さんは『吉田類の酒場放浪記』 BS-TBS。 太田さんは『太田和彦のふらり旅 新・居酒屋百選』 BS11 であります。 とてもよく似た番組だ。 オジサンが居酒屋を訪ね、呑んで食べる。 カウンターで、大将とトツトツと語り合う。 呑み終わって、夜の町に去る。 居酒屋の照明の、琥珀系の白熱光が番組全体をほんわかと照らすような、居心地のいい空気が流れる。 吉田類さんと太田和彦さん、見た目はぜんぜん違うのだが、番組があまりにも似ているので、私はいつしか両番組が溶けあったような感じになってしまっている。 「あー今日は吉田類は帽子かぶってないな」って、それは太田さんだ。 顔なんか見ちゃいない。 「ふらふらと居酒屋で酒呑んでうれしそうにしてる番組」としか認識していない。

次の

関西で飲もう 京都、大阪、そして神戸の通販/太田和彦 小学館文庫

太田 和彦

BS11太田和彦 ふらり旅 いい酒いい肴 ふらりと旅にでる。 古寺名刹や歴史ゆかりの地を、おもむくままに訪ねる。 景色を眺め、遠い昔に思いをはせ、満ち足りた時を過ごす。 夕闇がせまると地元の居酒屋ののれんをくぐる。 銘酒と肴をゆっくり愉しみ、主人やおかみ、常連客と二言三言。 歴史ある古いたたずまいの居酒屋にはそれぞれの品格があり、 盃を重ねるにつれ、その町の歴史と輪郭がうっすらと浮き上がる。 あゝ至福のひとときだ。 おそるおそる入った地元の料理屋が旅一番の思い出となる。 あゝそんな旅に行きたい・・・ と思う方には必見の番組です。 引用 - 太田和彦ふらり旅いい酒いい肴BS11 北海道旭川市の名居酒屋 独酌三四郎 大阪福島 ABC朝日放送のすぐ近くにある人気おでん店 16:30の開店前から長蛇の列ができるほど。 人気の秘密は、出汁にある 人気おでんのお店ならではの 「出汁」 関西風味の出汁のいい香りが店内を包む 花くじら人気メニューは? 定番の大根や揚げなどどれを頂いても美味しい 花くじらのおでん。 それだけでも雰囲気抜群。 テイクアウト出来るのが嬉しいサービス 行列に並んで待ちきれない方は、 嬉しいテイクアウトサービスもございます。 お任せセットで500円 気になる「花くじら」の場所は、こちら 「花くじら」へ訪れる場所は、こちらです。 JR環状線福島駅から歩いて5分位。

次の