タラ ジェーン ラング ストン。 【注意喚起】コロナに感染した39歳女性、病床の自分の姿を撮影し重症症状の苦しみを語る

サム・ウォーターストンの映画作品

タラ ジェーン ラング ストン

人間とは格付けし合う生き物だ。 貧富、地位、美醜、そして、男女の間にもバトルは起こる……欲望渦巻く高級マンションを舞台に描いた傑作ミステリー『ハイ・ライズ』が8月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開となります。 ヒドルストンをはじめ、英国俳優が誇るいぶし銀ジェレミー・アイアンズ、『ホビット』シリーズなどのルーク・エヴァンスといったイケメン俳優への注目が先行し、女子向きのキャストムービーと思ってしまっている男子諸君もいるかもしれませんが、本作の魅力はそれだけではありません。 本作の舞台は1975年、ロンドン郊外に新たに建設された40階建てタワーマンション(=ハイ・ライズ)。 ラグジュアリーな内装や抜群の眺望のみならず、ジムやスーパーマーケット等ありとあらゆる設備が整い、人々の生活の夢を具現化したかのような理想の住居空間で、住人達は一見パーティ三昧の贅沢な毎日を過ごしているセレブ揃い。 カオスな階級闘争が次第に過激になる中で、厳しい立場に立たされるのは腕力で劣る女性。 しかし、主人公のラング(トム・ヒドルストン)のことを「このタワーマンションで最高の備品」と見なすパーティ狂の美女シャーロット(シエナ・ミラー)、 情緒不安定で酒とタバコに浸る環境主義者の妊婦ヘレン(エリザベス・モス)、衝撃的に不愛想なスーパーのレジ嬢フェイ(ステイシー・マーティン)、 自分を知らないと分かると途端に機嫌が悪くなる撮られたがるTV女優ジェーン(シエナ・ギルロイ)など、マウンティング戦争に励む男性陣に負けじと女性陣もクセモノ揃いだ。 そして、階級闘争の果てに待つ結末には、女性達の存在が大きく関わってくるので彼女たちの言動にもぜひ注目を。 シエナ・ミラーは本作について 「ハイ・ライズが象徴しているのは秩序が崩壊した時に変化する人々の様子。 表向きだけは完ぺきでも、社会が壊れた時に人間は本性を現してイカれていくのよ」とコメント。 監督は、75年に発表された原作を 「映画化するには今が絶好の時期だと思った。 小説というより新聞を読むように毎日のように何かが起きる物語だ。 バラードはかなり正確に未来の状況を予測していたんだ」と分析しており、この映画で描かれるのは、40年以上が舞台でありながら、人間の排他性や理性の崩壊、ひとつの概念の終わりなど、ブラックユーモアとも取れるまさに現代社会への痛烈な皮肉となっているのです。 本作、筆者も一足お先に観ておりますが、音楽や映像がゾクっとするほどミステリアスでクール。 名優達の演技合戦に酔いしれて。

次の

「過信している人がいたら私を見て…」新型コロナの危険を集中治療室からの動画で訴え

タラ ジェーン ラング ストン

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 火山の麓、岩窟の奥の研究室。 鈴木博士(中村哲)は美しい女助手タラ(T・ジマーン)を相手に、宇宙線が生物に与える作用を人工的に行う実験をしていた。 研究に熱心のあまり、博士は人体実験に手をのばし、妻のえみ子を得体の知れぬ怪物に、弟の健次を獣人にしてしまった。 ある日、ワールド・プレスの特派員ラリー(ピーター・ダインリー)が研究所に訪ねて来た。 彼は近く妻のリンダ(ジェーン・ヒルトン)の待つアメリカに帰ることになっていた。 博士は彼をみて、絶好の実験台とばかり、彼に麻薬と魔の薬液を右肩に注射した。 それからのラリーは、東京支局マシューズが驚くばかり人が変わった。 彼は博士の命令でタラと情痴の日々を送っていた。 タラはいつしか彼に愛情を感じはじめた。 リンダは急拠東京に向かった。 しかし、ラリーは彼女をみむきもしなかった。 ラリーの体に変化が起こった。 野獣のような毛が生え、右肩に目が生えた。 彼は女を殺したい衝動にかられた。 苦悩から逃れようとラリーは、寺を訪ねた。 そこで発作が起こり老僧を絞め殺してしまった。 帰途、タラを訪ねた彼は、正気にもどり、持っていた数珠をいぶかしがった。 謎の事件が東京を恐怖に包んだ。 心配したマシューズはラリーに有名な精神医ジエンセン博士を紹介した。 医者を訪ねたラリーの顔が、みるみる殺人鬼に変化し、右肩から野獣の首が生えた。 双頭鬼となったラリーは博士を惨殺した。 警視庁は会田警視の指揮のもとに、怪物捜査に努力したが、行方がわからなかった。 鈴木博士は自分の実験を後悔した。 タラはラリーをもとの体に戻してくれと頼んだ。 しかし、だめだった。 研究所に双頭の怪物が現れ、博士は殺され、タラは失神した。 怪物はタラをかかえて噴火口に登った。 捜査隊が後を追った。 怪物が溶岩の間を通ったとき、不思議な分裂が起こった。 身2つとなったラリーと野獣は格闘を始めた。 ラリーはタラを助けようとした。 が、2人は噴火口に落ちた。 ラリーは正気にもどった。 鈴木博士とタラの死で、謎の事件は永遠に葬られた。

次の

イギリスの39歳コロナ重症患者が人々へ警告…「本当に悲惨」「肺にガラスを吸い込むような感じ」

タラ ジェーン ラング ストン

トム・ヒドルストン (ドクター・ロバート・ラング) 1981年、ロンドンに生まれる。 母方の曾曾祖父がサーの称号を持つ男爵で、貴族の血を引く。 イートン校を卒業し、ケンブリッジ大学を主席で卒業。 さらに、2005年にはアンソニー・ホプキンスやケネス・ブラナーら数多くの名優が輩出した王立演劇学校を卒業する。 在学中からいくつかのTVシリーズに出演し、『Unrelated』(06)でスクリーンデビューを飾る。 2008年には、舞台「シンベリン」と「オセロ」の二作品でローレンス・オリヴィエ賞最優秀新人部門にノミネートされ、「シンベリン」で受賞を果たす。 2011年、スティーヴン・スピルバーグ監督作『戦火の馬』で心優しいイギリス軍大尉を、ウディ・アレン監督作『ミッドナイト・イン・パリ』で作家のF・スコット・フィッツジェラルドを演じる。 そして同年、マーベル・コミック原作の『マイティ・ソー』でソーの弟、ロキを演じ一躍世界の注目を集める。 また、継続して精力的に舞台やTVドラマ、インディペンデント系映画にも出演。 同年、ジャガーのイメージモデルに採用され、2015年には英国映画協会(BFI)の初代大使に任命されるなど、英国を代表するスターの座を駆け上がっていく。 英国ユニセフ協会の支援者でもあり、慈善活動にも熱心に参加している。 最新の出演作に、伝説のカントリー歌手、ハンク・ウィリアムズを演じた主演作『アイ・ソー・ザ・ライト』、ジョン・ル・カレ原作のTVシリーズ「The Night Manager」、キング・コング誕生の謎に迫る『Kong:Skull Island』、『Thor: Ragnarok』がある。 本作で英国インディペンデント映画賞主演男優賞にノミネートされた。 ジェレミー・アイアンズ (アンソニー・ロイヤル) 1948年、イングランドのワイト島で生まれる。 ブリストルのオールド・ヴィック・シアターで演技を学んだ後、1969年より舞台に立ち始める。 「冬物語」「マクベス」「リチャード二世」などウエスト・エンドのシェイクスピア劇で経験を積み、1984年、トム・ストッパード脚本による「リアル・シング」でブロードウェイデビュー。 トニー賞演劇主演男優賞を受賞する。 『ニジンスキー』(80)の端役で映画初出演を果たし、『フランス軍中尉の女』(81)で英国アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる。 デヴィッド・クローネンバーグ監督作『戦慄の絆』(88)ではニューヨーク映画批評家協会賞、シカゴ映画批評家協会賞の主演男優賞を受賞し、『運命の逆転』(90)でアカデミー賞主演男優賞に輝いた。 『ライオン・キング』(94)では声優にも挑戦し、悪役スカーを演じた。 『ダイ・ハード3』(95)、『魅せられて』(96)、『ロリータ』(97)、『マージン・コール』(11)、『リスボンに誘われて』(13)など数多くの映画に出演。 『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(16)では執事のアフルレッド役を演じる。 2006年に18年ぶりに舞台に復帰し、以降も活動を続けている。 また、これにより史上14人目のトニー賞、アカデミー賞、エミー賞の三冠受賞者となった。 2012年にはドキュメンタリー『TRASHED-ゴミ地球の代償-』に出演。 製作総指揮も務めた。 慈善活動にも意欲的に取り組んでおり、2011年には国際連合食糧農業機関の親善大使に任命された。 ルーク・エヴァンス (リチャード・ワイルダー) 1979年、南ウェールズに生まれる。 17歳でウェールズの首都カーディフに移り、1997年、奨学金を得てロンドンの演劇学校The London Studio Centreに入学。 卒業した2000年から2008年にかけて、「レント」、「ミス・サイゴン」、「アベニューQ」など数々のミュージカルに出演する。 2010年、『タイタンの戦い』でアポロン役に抜擢され、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズらと共演。 華々しいスクリーンデビューを飾る。 そして、『ホビット 竜に奪われた王国』(13)、『ホビット 決戦のゆくえ』(14)の、弓の達人バルド役で世界的に知名度を上げる。 2014年、『ドラキュラZERO』では主役を務め、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(15)では犯罪組織の冷酷なボスを好演した。 今後は、ベン・ウィートリー監督の次回作『Free Fire』(16)にも出演予定で、エマ・ワトソン主演で実写化される『美女と野獣』(17)ではベルを狙うガストンを演じる。 その他にも、主演を務めたアクション『SAS:Red Notice』(16)やエミリー・ブラント主演のミステリー『The Girl on the Train』(16)など多くの出演作が控えている。 本作で英国インディペンデント映画賞助演男優賞にノミネートされた。 シエナ・ミラー (シャーロット・メルヴィル) 1981年、ニューヨークに生まれ、幼い頃に英国、ロンドンに移住。 2000年、ニューヨークの演劇学校であるリー・ストラスバーグ・インスティチュートで1年間学ぶ。 モデルとしてキャリアをスタートし、コカ・コーラやイタリア版「ヴォーグ」などのモデルを務める。 映画デビューは『South Kensington』(01)。 以降、『レイヤー・ケーキ』(04)、『アルフィー』(04)、『カサノバ』(05)などに出演し、『ファクトリー・ガール』(06)では主演に抜擢され、アンディ・ウォーホルのミューズ、イーディ・セジウィックを演じた。 同年、姉のサヴァンナとファッションブランド「TWENTY8TWELVE」を設立し、デザイナー活動を開始。 2009年には「After Miss Julie」でブロードウェイデビューも果たし、2015年には「キャバレー」で主演を務めた。 2009年、『G. ジョー』に出演。 2012年にはティッピ・ヘドレンを演じたTV映画『ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女』の演技が高く評価され、サテライト賞とゴールデングローブ賞のミニシリーズ・テレビ映画部門主演女優賞にノミネートされた。 その後、『フォックスキャッチャー』(14)、『アメリカン・スナイパー』(14)と話題作に立て続けに出演。 最新の出演作である『二ツ星の料理人』(15)、ジェームズ・グレイ監督作『The Lost City of Z』(16)、デニス・ルヘインの小説「夜に生きる」をベン・アフレック監督で映画化した『Live by Night』(17)ではいずれもメインキャストを務め、実力派女優としてのキャリアを積んでいる。 本作で英国インディペンデント映画賞助演女優賞にノミネートされた。 エリザベス・モス (ヘレン・ワイルダー) 1982年、ロサンゼルスに生まれる。 90年代からTVコマーシャルやTVドラマに子役として出演する。 「ザ・ホワイトハウス」(99-06)では米大統領の末娘ゾーイを演じた。 以降、『17歳のカルテ』(99)、『ミッシング』(03)などに出演。 2007年、大人気TVシリーズ「マッドメン」でコピーライターのペギー・オルセンを演じ、脚光を浴びる。 ゴールデングローブ賞、エミー賞を始め数多くの賞にノミネートされ、全米映画俳優組合賞テレビドラマ部門アンサンブル演技賞を受賞した。 その他の出演作に『噂のモーガン夫妻』(09)、『オン・ザ・ロード』(12)、「トップ・オブ・ザ・レイク」(13)などがあり、近年は舞台にも活動の幅を広げ、ブロードウェイの出演も果たしている。 ステイシー・マーティン (フェイ) 1991年、パリに生まれる。 両親の仕事の都合により7歳から13歳にかけて日本で暮らす。 フランスで高校を卒業後、ロンドンに移り、モデルをして生計を立てながらロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーションに通い、また、女優になる夢を追うため演技の勉強を始める。 2013年、『ニンフォマニアック』でシャルロット・ゲンズブール演じる色情狂の女性ジョーの少女時代に抜擢され、鮮烈なスクリーンデビューを果たす。 一躍注目を集め、デンマーク映画批評家協会賞の主演女優賞にノミネートされた。 その後もサルマ・ハエック、ヴァンサン・カッセルら出演のファンタジー大作『Tale of Tales』(15)などに出演。 モデルの仕事も継続しており、ミュウミュウの2014-15秋冬コレクション、及び同ブランド初のフレグランスのイメージモデルにも起用されている。 ジェームズ・ピュアフォイ (パングボーン) 1964年、イングランド南西部のサマセットに生まれる。 少年時代に寄宿学校を中退し、ヨーロッパ中を周る放浪の旅に出る。 帰郷後はロンドンに移り、セントラル演劇学校に入学。 病院で清掃夫として働きながら学費を工面する。 卒業後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーに3年間所属。 そこで「マクベス」「ロミオとジュリエット」「リア王」などの舞台に立った。 TVシリーズ「ROME[ローマ]」(05-07)のマルクス・アントニウス役で知名度を上げる。 主な映画の出演作に『バイオハザード』(02)、『アイアンクラッド』(11)、『ジョン・カーター』(12)、などがある。 『ソロモン・ケーン』(09)で主演を務めた。 ケヴィン・ベーコン主演のTVシリーズ「ザ・フォロイング」(13-)では、連続殺人犯の死刑囚、ジョー・キャロルを演じている。

次の