自縛少年花子くんキャラクター紹介。 地縛少年花子くんのアニメ化希望の声!あらすじや登場人物が面白い?

地縛少年花子くん 司 漫画

自縛少年花子くんキャラクター紹介

明日は月刊Gファンタジー6月号の発売日。 今月の花子くんには手がいっぱい! 遊びもいっぱい! もっけは2匹。 そんな感じでお送りします。 地縛少年花子くんのあらすじ さて、地縛少年花子くんの大まかなあらすじについて見ていきます。 以下、Gファンタジーの公式サイトの引用です。 かもめ学園に伝わる一つの奇妙な噂。 旧校舎3階女子トイレの3番目には「花子さん」がいて、呼び出した者の願いをなんでも叶えてくれるという。 おまじない大好き・オカルト少女の八尋寧々は自分の願いを叶えるため、学校の怪談に身を委ねる…。 新鋭作家・あいだいろが描くハートフル便所コメディ! Gファンタジー公式サイトより こういった紹介がされています。 地縛少年花子くんは、学校の怪異たちと人間たちのハートフルコメディといった位置づけなんですね。 声優業の他、女優や歌手としても活躍されている緒方さんですが、1度聞いたらなかなか忘れられない魅力のある声の持ち主です。 中性的でありながらどこか影を感じる声質は、女性だからこそ出せる味ではないでしょうか。 鬼頭さんとは「ようこそ実力至上主義の教室へ」で共演されていました。 千葉さんは主人公の綾小路清隆を演じていましたね。 その他にも「月がきれい」の安曇小太郎、「ALL OUT!! 」の祗園健次(祗の左はネ)役などを演じており、実力の高さがうかがえます。 素朴ながら魅力の詰まった声の持ち主ですが、源くんのキャラの魅力との掛け算がどのようになるのか、楽しみです!.

次の

【地縛少年花子くん】七不思議のメンバーの1番~7番までの一覧!目的や活躍をネタバレ!

自縛少年花子くんキャラクター紹介

地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・7番:トイレの花子さん(花子くん) (C)あいだいろ から登場。 ご存知花子くんです。 七不思議の7番目、「トイレの花子さん」。 いわく、光の祖母がやっとの思いで封印した、凶悪な悪霊。 「旧校舎3階、女子トイレの3番目には花子さんが居て、呼び出した人の願いごとを叶えてくれる。 ヤシロが「源先輩と両想いになりたい」と彼を呼び出し、二人は出会います。 (C)あいだいろ そんな感じで、可愛い顔をしていますが、本性は ドS。 花子くんと縁を結んだヤシロは、労働力としてこき使われることに。 花子くんの目的は、 七不思議として、学園にいる怪異とヒトとの関係を正しく保つこと。 (C)あいだいろ ただ、怪異である花子くんには、噂を正しく変えることも、七不思議の依代を破壊することもできないので、 人間であるヤシロと縁を結び手伝ってもらうことにしたのです。 基本的にはヤシロには思わせぶりなことを言ったり、いじわるしたりと、彼女を振り回してばかり。 (C)あいだいろ ですが、なんだかんだ彼女が怪異に襲われると、毎回助けてくれたり…… (C)あいだいろ 怪異であるはずの自分にも、トモダチとして接してくれる彼女に純粋な笑みを向けたりと、だんだんと距離が縮まっていきます。 (C)あいだいろ 生前の名前は、 柚木普(ゆぎ あまね)。 (C)あいだいろ 宇宙のことが好きな、普通の少年でした。 そして、彼が持っている包丁は、生前誰かを殺した凶器。 (C)あいだいろ 何故殺してしまったのかは不明ですが、彼自身はそれを悔いている様子を見せています。 (C)あいだいろ といった感じで、花子くんは学園の怪異と人間の関係を正しく保とうとしています。 ドSでヤシロのことをイジメたりしますが、だんだんと距離が縮まっていく……。 トモダチが少なかったせいか、 不器用に距離を詰めていく感じがたまらなく可愛いです。 そして、 弟のつかさのことを怖がっていて、普段は見せないようビクビクした表情を見せる……。 そこもまた可愛い。 花子くんのことをもっと知りたければ、こちらで詳しく紹介しているのでどうぞ。 (C)あいだいろ 「学園にある一つの階段。 その階段の四段目だけは、絶対に踏んではいけない。 決まりを破れば死者の世界へと引き込まれ、その身を千に万に引き裂かれてしまうでしょう」 という噂が流れていた七不思議。 葵がその階段の異界へと連れ去られてしまい、ヤシロや花子くんたちはその異界へと向かいます。 迷い込んだ人間は 「ミサキ」という存在に「身体を探してほしい」と頼まれる。 しかし実は、「ミサキ」は彼女のことではなく、遠い昔にいた一人の教師。 (C)あいだいろ 彼のことが大好きだった女性。 しかし、ミサキは死んでしまった。 また、ミサキに叱られたい……。 (C)あいだいろ しかし、それはヤシロたちによって阻まれた。 ミサキに髪を切ってもらった、大切なハサミ。 (C)あいだいろ 彼女は、ミサキと出会った稲荷像の ヤコ。 本当の姿は狐だったのです。 (C)あいだいろ 乙女すぎて可愛いし、真相を知ると切ない……。 ちなみに、新たな噂としてミサキ階段は恋愛パワースポットに変わるのでした……w (C)あいだいろ 地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・5番:16時の書庫(土籠) (C)あいだいろ から登場。 「16時にだけ入れる特別な書庫。 人の名前のついた本があって、その人の過去と未来、その全てが書かれている」 という七不思議。 そこを管理しているのは、 土籠という怪異。 読んではいけない赤い本(未来の記述)を読んでしまったヤシロたちの前に姿を現します。 (C)あいだいろ 口が悪くぶっきらぼうな蜘蛛の怪異。 人の秘密を暴くのが大好き。 普段は学校の先生として、人間に紛れ込んでいます。 (C)あいだいろ 人間として生活しているときは気弱な性格を演じています。 ギャップがたまらん。 これはかつて教え子だった 普、つまり花子くんからもらったものです。 (C)あいだいろ あまねが教師になるという未来を、その頃から七不思議だった彼は知っていた。 そのことについて、悔やんでいるのでした。 (C)あいだいろ 他にも、花子くんやヤシロたちのことを見守り、導くなど 実はかなり面倒見がいい人です。 かっこいい。 (C)あいだいろ 地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・1番:三人の時計守(蒼井茜、ミライ、カコ) (C)あいだいろ から登場。 学園の時間を操る古時計。 それを守る三人の時計守がいる、という七不思議。 現在、過去、未来をそれぞれ司る3人がいるのでご紹介していきます。 (C)あいだいろ 特殊な時計によって、1日3回、5分間だけ学園の中の時を止める力を持ちます。 茜は正真正銘の人間。 入学式の日に、葵が落ちてくるガラスにぶつかりそうになってしまう。 そのときから、時計守と縁を結び時を止める力を手に入れるのでした。 それからは、 葵が怪異に巻き込まれないように、彼女を守るためにと力を使い続けてきました。 一途すぎてかっこいい……! ちなみに、これはカコとミライによる勧誘で、完全な仕込み。 (C)あいだいろ 騙されて怪異と縁を結ばされたという、かなり不憫な境遇……w 未来を司る時計守:ミライ (C)あいだいろ 手で触ったものの時間をすすめることができる幼女。 勝手に逃げ出して、好き勝手にものの時間をすすめるいたずら好き。 過去を司る時計守:カコ (C)あいだいろ 時計守のリーダー。 学園の時を戻すことが出来ます。 地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・3番:カガミジゴク(ミツバ) (C)あいだいろ から登場。 鏡の向こう側の世界の怪異。 人の心を映し出す世界へと、人間を引きずり込みます。 その人が怖がるものやコンプレックスを刺激し、生者との入れ替わろうとするという七不思議です。 ヤシロはその中へ誘い込まれ、コンプレックスである 大根足をひたすらいじられるのでした。 そしてつかさは、記憶が一切ないミツバを「このまま消えちゃうか、七不思議になるか」と誘惑し、彼を新たな七不思議の3番に据えるのでした。 (C)あいだいろ 生きていた頃の記憶が一切ないミツバ。 光と死後築いた友情さえも、つかさによって消されてしまった。 ……そんな彼が、新たに七不思議として生きたいと望むのが泣けるし、何も覚えていない彼と、また友だちになろうとする光が超かっこいい。 ミツバが七不思議になるは超おすすめです。 地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・4番:美術室のシジマさん(シジマメイ) (C)あいだいろ から登場。 とっても絵が上手だったシジマさん。 しかし、絵の道を家族から反対されてしまいます。 絵が描けるのは彼女が卒業するまで。 だから、 彼女は自殺してしまった。 そんな七不思議です。 人の望みを叶える世界を描き、その中へ取り込むことができる怪異。 花子くんが柚木普として暮らし、ミツバも受け入れられる世界。 (C)あいだいろ そんな世界を描いて、ヤシロと光をその中へと閉じ込めます。 元の世界へ戻ろうとする二人に、彼女は言う。 「柚木普と三葉惣助。 生前の彼女を殺すことでした。 (C)あいだいろ 生前の彼女は病弱だった。 だから、彼女は病床に伏しながらも絵を描いた。 (C)あいだいろ この絵を描いた女の子は、自殺してしまった。 怨念が今も美術室に残っている……。 そんなウソの噂が広まり、彼女は七不思議になってしまったのだ。 (C)あいだいろ シジマメイは彼女に謝る。 「ワタシはずっとアナタに謝りたかった。 ごめんなさい。 四島メイ。 ……ワタシは役割を果たせなかった。 アナタを守るために生まれてきたのに」 病弱だった四島メイは、虚構の世界に 「元気に絵を描き続ける自分」を生み出した。 元気になるまで、自分の代わりに絵を描いてほしい。 四島メイは、そう望んだのです。 現実の四島メイを救うこともできず、歪んだ噂の種になってしまったのだ……。 だから、そんな自分が許せない。 シジマメイが生まれる前に、七不思議となる前に、四島メイを殺さなければ。 それこそが、シジマメイの望みだったのです。 主を害するだけならば、いる意味がない。 消えてしまいたい。 そう叫ぶ彼女に、四島メイは言う。 「虚構(あなた)は無意味なんかじゃないですよぉ。 現実は時々とてもつらいから……目を閉じて夢を見る。 明日を生きていくために。 あなたはわたしの絵。 わたしの夢。 シジマメイと四島メイの関係が尊いし、もしあまねが生きていて、ヤシロと一緒に暮らせてたら……という幻想、そして光とミツバの距離が縮んだりと、見どころ盛りだくさんでどれも最高です。 ~で読めるのでぜひ。 地縛少年花子くんの七不思議のメンバー・6番 (C)あいだいろ ラストから。 本格登場は、から。 不思議な笛を持っていて、その音色で人を捕まえる。 その音が聞こえてしまったら、その人は死神のもとへ誘われ死んでしまう……。 そんな怪異です。 葵が連れ去られ、彼女を探していたヤシロと茜を異界へ誘います。 (C)あいだいろ 仮面を被っていて、関西弁で喋るのが特徴。 地縛少年花子くんを楽しむなら ちなみに、地縛少年花子くんをお得に楽しむ方法がいくつかあるのでご紹介します。 【公式】無料アプリ、マンガUPで原作が配信中! まず地縛少年花子くんの原作はで配信されています。 無料で配布されるポイントでかなり読み進めていけるので、 とりあえずダウンロードがおすすめです。 しかも、今なら一冊半額クーポンが貰えるので、好きな巻を50%オフで読むことが出来ます。 買えば買うほどポイントが付くので、単行本を全巻揃えるならここが安く済むのでぜひどうぞ。 今なら2週間無料で試すことができるので、お金をかけずに地縛少年花子くんのアニメが見直せます。

次の

地縛少年花子くん の一覧

自縛少年花子くんキャラクター紹介

物語を読み進めたり、これから知っていくにあたって一番の欲しい情報はなんといっても、キャラクターの人物像や他のキャラクターとの関係性ですよね! ここでは、主要キャラクターだけでなくその他のキャラクターとの関係性などを紹介します。 その正体は、七不思議の七番目「トイレの花子さん」。 噂は「この世の人間の大切なものを代償にその人物の願いを叶える」というもの。 学園七不思議のリーダーであり、人間と怪異の関係を正しく保つという使命を背負っている。 武器として包丁を使う。 黒い学ランに学生帽を被っており、左頬に「封」という札が貼られている。 性格は、無神経で予想外の理由で態度が変わるなどどこか掴めない性格をしている。 最近では、怪異の噂が乱れていることについて原因を追究している。 「柚木 普」という名前は、花子くんが人間だったときの名前である。 1970年ごろ、かもめ学園中等部に在籍していた。 星が好きで、幼い頃の夢は宇宙飛行士になることだった。 友達はおらず、授業もサボりがちだった。 怪我が絶えず、当時担任だった土籠にいつも手当てしてもらっていた。 4歳のとき空から落ちてきた石を月の石と呼んで大事にしていたが、その後なぜか土籠に譲っている。 また、双子の弟であるつかさを殺害している。 将来は、かもめ学園の理科の教師になる予定だった。 夢見がちだが優しい性格。 ロマンチックな恋愛に憧れており、先輩である源輝に恋心を寄せている。 得意なことは土いじりで自身の大根足がコンプレックスで黒いタイツをいつも着用している。 花子くんと八尋寧々の関係 寧々が源先輩と両想いになりたいという願いを叶えるために花子くんを呼び出した。 両想いになるべく、寧々は人魚の鱗を使って願いを叶えようとするが、呪いを一身に受け、魚に姿を変えてしまう。 花子くんに「人間に戻りたい」と願い、その願いを叶える代償として花子くんと縁を結ぶことになる。 花子くんのおかげで呪いを分散させることに成功したが、完全には呪いを消すことができず、水に濡れるとその部分に鱗が現れてしまう。 全身に水をかぶると魚になる。 その後、呪いを抑えてやる代わりに花子くんの助手として雇われ、毎日女子トイレを掃除させるなどこき使っている。 掃除をさせられている本人は、嫌がっている様子ではあるが花子くんと一緒にいることで、自分の間違いに気づいたりするなど良い効果を生んでいるようである。 その昔、日本三大妖怪の一角である酒呑童子を祓った「源頼光」の子孫であり、怪異を視ることができる。 持ち主の霊力を雷として放出する「雷霆杖」を武器として使っているが、花子くんとの交戦時に封印されてしまう。 性格は、情に厚く、熱血的である。 源家の料理をすべて作っているなど、料理が得意である。 また、片耳に「交通」と書かれたピアスを付けている。 花子くんと行動を共にしている寧々を気にかけており、危険な目に遭いそうになったときなどに助けに入るなどしている。 花子くんを祓うことを目的としていているが、いつの間にか行動を共にしている。 花子くんと源光の関係 かもめ学園の七不思議の七番目として知られている花子くん。 そんな花子くんを祓うためにやってきたのが中等部の源光。 光の祖母が命を懸けて封印した怪異が花子くんなのだと言う。 その花子くんの封印が解かれ、学園内で悪さをしていると聞きつけた光はいち早く祓うため現れた。 しかし、花子くんと対戦するもあっけなく敗れ、おまけに源家に代々受け継がれる武器を封印されてしまう。 悔しがる光をあざ笑うかのように接する花子くん。 その後、何とかして花子くんを祓おうと奮闘する光だったが祓うまでには、まだ時間がかかりそうである。 また、花子くんは光のことを「少年」と呼び、いろいろとこき使っている。 光の兄で、優秀な祓い手。 爽やかな容姿で、男女問わず人気がある。 穏やかで公正な性格だが、七不思議には強い嫌悪感を抱いており、見つけると容赦なく祓おうとする。 持ち主の霊力を雷として放出する刀「雷刀」を武器として使っている。 左手首には、怪異捕獲用の数珠を身に着けている。 源光と源輝の関係 光と輝は兄弟で、二人とも源家の血を引く祓い手である。 光は、優秀な祓い手である輝に憧れており、いつか自分も兄のように優秀な祓い手になることを目標としている。 兄の輝は、怪異や七不思議に対して強い嫌悪感を抱いているが、弟の光は怪異や七不思議を良しとはしていないもののそこまで嫌っている様子はないようである。 つかさには逆らえないらしく、生きているかは不明である。 カラオケと釣りが趣味で、彼女はいつでも募集中。 出会った女の子と連絡先をすぐに交換するなど軽薄な男である。 ナルシストでつかさと桜と行動を共にしている。 桜からは空気と呼ばれ、邪魔者扱いされている。 七峰桜と日向夏彦の関係 桜も夏彦も共につかさと行動を共にしているが、二人の関係性はあまり良いとは言えないようで。 夏彦は、桜のことをなぜか「お嬢」と呼んでおり、その真意は不明である。 一方、桜は夏彦のことを厄介者だと思っており、空気と同じ扱いをしている。 しかし、寧々たちの行動を探るために利用するなどして、側に置いていると思われる。 日向夏彦とつかさの関係 夏彦はつかさのことを「チビ」と呼んでいる。 詳しいことは不明だが、つかさの命令で動いているのか学園の七不思議の噂を桜と共に乱している。 つかさには、何かとうるさく言われている様子。 つかさ自身の真意は不明だが、夏彦のことを噂を乱すのに最適な人間だと思っているのではないだろうか。 兄である花子くんが大好き。 無邪気で好奇心旺盛な性格。 願いを叶えるためなら手段を選ばない。 花子くんとは対照的であの世の人間の願いを叶えることができるが、何か一つ代償を貰う。 花子くんのことは、普と呼んでいる。 花子くんとつかさの関係 双子の兄弟で、性格は正反対で普は優しく我慢強い性格。 つかさは、好奇心旺盛で無邪気な性格。 しかし、つかさには一つ欠点があった。 それは、生き物を躊躇なく殺すことができるということだった。 その行動が普の目にどう見えていたかは不明だが、生前は我慢強い性格からかつかさの行動に目を瞑っていたのではと考える。 生前は、兄弟ともに仲が良かったようである。 七峰桜とつかさの関係 桜は、つかさの助手であり主人でもある。 つかさに逆らえないところを見るに桜は、つかさに寄って生み出された存在ではないかと思われる。 また、主人には逆らえないが怪異や七不思議を乱すことはしたくないと思っている様子。 つかさは、桜の事を助手としてしっかりと利用しており、花子くんに対しての恨みなのかは分からないが、桜を通して噂を乱している。 噂が好きで、様々な七不思議の噂を広めている。 おしとやかな性格で男子に人気があり、学園の中で一番のモテクイーンである。 教室の植物のお世話をすることが好き。 毎日のように男子から告白されている。 八尋寧々と赤根葵の関係 二人は親友であり、葵はいつも寧々に様々な噂を教えている。 葵から教わった七不思議が全て現実になっていることから、寧々は少し怖いと思っている。 葵自身、寧々の思いを知らない。 キャラ紹介: 蒼井 茜(あおい あかね) かもめ学園高等部一年A組に在籍している男子生徒。 赤根葵とは幼馴染である。 真面目でおとなしい性格、誰にでも分け隔てなく接することができるためクラスでは頼りにされている。 副生徒会長を務めている。 赤根葵と蒼井茜の関係 二人は幼馴染の関係だが、茜は葵に小さい頃から恋心を寄せており、葵に認められるように日々努力している。 葵には、これまでに3624回告白しているが全て断られている。 茜の告白に対して葵は、結婚したら「蒼井葵」になってしまうという理由からすべて断っているのだという。 茜は、葵のことになるとネジが緩み、葵が好きになった人や告白してくる人がいれば、釘バッドで殺そうとするなど、情緒が不安定になるところがある。 キャラ紹介: 山吹 檸檬(やまぶき れもん) かもめ学園高等部一年。 蒼井茜の親友で頭に黒いバンダナのようなものを付けている。 最近はスマホ依存症になりかけている。 蒼井茜と山吹檸檬の関係 学園内では、いつも行動を共にしているようである。 詳しいことはまだ分かっていない。 キャラ紹介: 佐藤(さとう) かもめ学園中等部三年。 お菓子が好き。 髪色は黒色で前髪が特徴的である。 源光と佐藤の関係 光とはクラスの友達という関係であり、光の正体を知っているのかは謎である。 キャラ紹介: 横尾(よこお) かもめ学園中等部三年。 お菓子作りが得意。 髪色は薄茶色に近い色をしている。 源光と横尾の関係 佐藤と同じで、光とはクラスの友達という関係である。 光の行動を見て、変な奴というイメージがあるようではあるが、正体に気付いているのかは謎である。 まとめ ここまで、主要キャラクターからその他のキャラクターまでのことを紹介してきました。

次の