寒中見舞いいつからいつまで。 年賀状で寒中お見舞いはいつから?

年賀状で寒中お見舞いはいつから?

寒中見舞いいつからいつまで

寒中見舞いとは、寒さの厳しい時期に、相手を気遣う心を伝える挨拶のお便りのことです。 しかし、寒さが厳しい時期のいつでも出す挨拶の手紙というわけではありません。 では、具体的にいつからであれば、寒中見舞いを出してよいのでしょうか。 この項目では、いつから寒中見舞いを出すのか、どういう書き方をすればよいのかについて紹介していきましょう。 そもそも「寒中」とは何か そもそも、「寒中」とは、いつからいつまでのことで、どういう意味なのでしょうか。 寒中とは、月の満ち欠けを基準とした太陰暦から考え出された二十四節気で季節を表した言葉です。 天気予報などで「寒の入り」という言葉を耳にするでしょう。 いつから寒の入りかと言えば、二十四節気で「小寒」に当たる日が寒の入りになります。 同じように天気予報などで聞かれる「寒の明け」は、二十四節気の「立春」に当たります。 二十四節気でで定められている、この「小寒」から「立春」までの期間が「寒中」と定められています。 主文 寒中見舞いの主文は、相手の心身を気遣う挨拶の言葉となります。 寒さが厳しいことに触れ、相手の身を案じる気持ちを言葉にして伝えましょう。 自分の近況報告や、元気で過ごしていることも添えられると、先方も安心するでしょう。 また、年賀状の代わりとして送った場合は、新年の挨拶が遅れたことへのお詫びや、喪中で新年の挨拶ができなかったことを知らせるなども、主文の中で伝えます。 結びの文 厳しい寒さによる相手の身を案じていること、送る相手に自愛してもらい元気で過ごしてほしいと願っているという気持ちを伝えて文章を締めくくります。 自分自身の言葉で伝えることが喜ばれるのはもちろんですが、文章に自信がない場合は、「題字」の項目で紹介したリンク先の文例を参考にしてみるのもよいでしょう。 便箋で寒中見舞いを送るのもOK 寒中見舞いを便箋で送ることはNGではありません。 はがきで送るのが一般的ですが、便箋で送ることにより、丁寧で心のこもったお見舞いの手紙をくれた、と送られた相手は嬉しく感じるでしょう。 年賀状 喪中の挨拶をもらった相手や寒中見舞いを送ったり、自分が服喪中で年賀状を送れないときに、その知らせや挨拶の代わりとして寒中見舞いを送る場合があります。 服喪中の方への挨拶や、自分が服喪中の場合は、「賀」というおめでたいことを意味する言葉や、お年玉付き年賀はがきの利用も控えましょう。 時期 立春は日本全国同じですが、松の内は関東とそれ以外の地域とでは違います。 それによって、いつから寒中見舞いを送ればいいのかが違ってきます。 では、松の内とは、いつからいつまでを指すのでしょうか。 関東の松の内は元旦から1月7日まで、それ以外の地域では元旦から1月15日までです。 門松や注連飾りを外す日のことです。 松の内明けを考慮して寒中見舞いを送る場合いつから送ってよいのかと言えば、送り先が関東である場合は1月8日から、それ以外の地域が送り先の場合は1月16日から、ということになります。 小寒とは何日なのか 月の満ち欠けで決められる小寒は、毎年1月5日か1月6日で、1日程度のずれがあります。 二十四節気を考慮して寒中見舞いを送る場合、いつから送るのが適切かと言えば、小寒を確実に過ぎた1月6日からが無難で適切と言えるでしょう。 関東に住んでいる相手へ送る場合でも、カレンダーに二十四節気が記されているものもあるので、暦に準じてこの時期に送ってくれたのだろうと考えてくれるでしょう。 年始の挨拶代わりとして寒中見舞いを送りたい人は、厳密にいつから送るかということに強くこだわらず、二十四節気と松の内の間を取って、1月7日辺りから投函する人もいます。 カレンダーに二十四節気が記されていなくて分からないという場合は、「小寒」と今年の西暦で検索を掛ければ分かります。 参考サイトの1つとして国立天文台のサイトを紹介します。 寒中見舞いを意識して考えるのは、送る相手や自分が喪中の場合が多いのではないでしょうか。 そのとき初めて「いつから送ってもよいのだろう」と戸惑う人が多いでしょう。 喪中の場合の寒中見舞いも、一般的な寒中見舞いを出す時期に準じます。 相手が喪中の場合いつから寒中見舞いを出せるのか 喪に服している相手を元気づけたり、見舞いたいという気持ちから、少しでも早く寒中見舞いを送りたいものの、いつから送ってよいのか悩むこともあるでしょう。 相手が喪に服していると分かっている場合は、二十四節気の小寒を目安に、1月6日から寒中見舞いを送っても失礼にはなりません。 喪中だったことを知らずに年賀状を既に出してしまっていた場合や、あとから相手が喪中だと知った場合は、お悔やみの言葉などを添えて松の内を過ぎてから寒中見舞いを送りましょう。 自分が喪中の場合いつから寒中見舞いを出せるのか.

次の

寒中見舞いを出す時期はいつからいつまで?2月中旬は余寒見舞い!

寒中見舞いいつからいつまで

寒中見舞いはいつからいつまで? 「寒中見舞い」は寒の内の期間に行う! 寒中見舞いは二十四節気の 「小寒」から「立春」までの間の寒の内という期間に行います。 小寒は毎年1月6日頃、立春は2月4日頃です。 この頃が1年のうちで最も寒さの厳しい時期とされています。 基本的には小寒から立春までの間とされていますが、 正月の「松の内」があけてから寒中見舞いを送る習慣があります。 「松の内」が明けるのは関西など遅い地方では1月15日となるため、 寒中見舞いは 1月15日~1月下旬までとしておけば確実に失礼がないと思われます。 喪中の事情などから年始のご挨拶を兼ねて出す場合は、寒の入り後すぐに出しても構いません。 寒中見舞いの贈り物をする場合も、寒中見舞いを送る時期にあわせて行います。 寒中見舞いは何故行うの? 寒中見舞いとは、もともと年賀状を出していない方から届いた場合、松の内の期間内に返礼出来ていない場合や、 喪中の方でご挨拶が出来ていない方に年賀状の代わりに送るものとされています。 本来は寒い時期に相手を気遣い、お見舞いのご挨拶を出す季節の挨拶の習慣になります。 寒中見舞いの時期を過ぎた場合はどうするのか? 余寒見舞いを出すのが一般的! 一般的に立春を過ぎてしまった場合は、寒中見舞いの時期が終わりとなります。 暦的にも立春が過ぎると春という扱いになるので、「寒中見舞い」は出しません! もし、立春を過ぎてしまった場合は、「余寒見舞い」を出します。 余寒見舞いも2月下旬くらいまでに出すのが一般的ですが、寒い地方へ出す時は3月下旬くらいまででも大丈夫です。 寒中見舞いの書き方・文例は? 寒中見舞いのマナーは? 寒中見舞いは、挨拶の言葉として、「寒中お見舞い申し上げます。 」を使います。 そのため、 拝啓や敬具といった言葉は基本的には使いません。 そして、 「寒中お見舞い申し上げます」は本文より大きめに書きます。 また、最後には日付を記入します。 最後に注意ですが、 寒中見舞いには余った年賀状は使用してはいけません! 寒中見舞いの文例は? 状況別のはがきの例文はこちらになります。 一般的なビジネスの場合 寒中お見舞い申し上げます 寒さ厳しき折、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 日ごろより格別のご高配を賜り、心よりお礼申し上げます。 今年はことのほか寒くなりましたが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。 厳しい寒さが続く時節柄、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 まずは寒中お伺いまで。 一月二十日 年賀状の返信として送る場合 寒中お見舞い申し上げます 寒さ厳しき折、皆様にはますますご健勝の由、何よりと存じます。 新春のお祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、まことに申し訳ございません。 本年も皆様のご要望にお応えできるよう業務に精励いたしますので、変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。 時節柄、皆様のご健康をお祈り申し上げます。 寒中のお見舞いかたがたお詫びとご挨拶まで。 一月二十日 寒中お見舞い申し上げます お年賀のご挨拶ありがとうございました。 新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、 まことに申しわけございません。 皆様には佳き年をお迎えなされましたご様子 心からお喜び申し上げます。 一月二十日 喪中の人にご挨拶をする場合 寒中見舞い申し上げます 貴家ご服喪中のことと存じ、年始のご挨拶はさしひかえさせていただきました。 さぞおさびしくご越年のことと拝察いたしますが、どうぞお体を大切にとお祈りいたしております。 寒さがゆるむまでもうしばらく、どうぞご自愛くださいませ。 一月二十日 喪中の時に年賀状を頂いた場合 寒中お見舞い申し上げます 寒に入りましてから、いっそう寒さも厳しくなりましたが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか。 昨年〇月に〇が永眠いたしましたため、年始のご挨拶を控えさせていただきました。 ご通知が行き届かず、まことに申し訳ございません。 遅ればせながら、本年もよろしくお願い申し上げます。 寒さの折、お健やかにお過ごしくださいますようお祈り申し上げます。 まずはお礼とお詫びをかねまして寒中のお見舞いまで 一月二十日 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は寒中見舞い二関してまとめました。 もう一度まとめてみます!.

次の

寒中見舞・年賀状いつまで?いつから?

寒中見舞いいつからいつまで

「寒」は、1月5日前後の小寒から1月20日頃の大寒を経て、2月4日の立春前日までの期間を指します。 年賀状を出していない人から年賀状をいただいた場合の返信は、松の内(1月1日~7日)の間に届くようなら、年賀状の返信で大丈夫です。 1月7日を過ぎてしまったら、寒中見舞いにしてください。 注意点として、 寒中見舞いは、普通のはがきで出しましょう。 余ったからといって、年賀はがきは使用しないでくださいね。 寒中見舞いを出せる時期が過ぎたらどうする? 2月4日の立春を過ぎてしまったら、寒中見舞いとしては出せなくなります。 2月4日以降は、余寒見舞い(よかんみまい)を出しましょう。 余寒見舞いが相手に届くといい期間 立春(2月4日)を過ぎてから、2月末頃まで 立春を過ぎると暦上は春となりますが、実際には春になってもまだ寒さが残っているということで「余寒見舞い」となります。 年賀状も寒中見舞いも送っていない相手から寒中見舞いが届いた場合、立春を過ぎてしまったら、返事は余寒見舞いとして出してください。 ただ、余寒見舞いはあまり一般的ではないので、目上の方や年配の方へ送るのでなければ、季節のあいさつを入れたハガキや手紙に代えてもいいでしょう。 寒中見舞いの例文と作成例 寒中見舞いの作成例 寒中見舞いは、あまり派手になりすぎないようにまとめるといいでしょう。 日の出や門松・干支など、正月を連想させるようなものはイラストで使わないようにしてください。 冬や早春にふさわしい季節の花や雪模様・風景などが無難です。 また縦書きにこだわる必要はなく、横書きでも問題ありません。 郵便局の寒中・余寒見舞いページにあるはがきデザインを参考にすると分かりやすいです。 公式サイト: 季節のあいさつとしての寒中見舞いであれば、それほど堅苦しくデザインを考えなくてもいいでしょう。 寒中見舞いの例文 寒中見舞い(寒中見舞いをいただいた場合の返信) 寒中お見舞い申し上げます 先日はご丁寧な寒中見舞いをいただきありがとうございました 厳しい寒さが続く毎日ですがご家族の皆様がお元気なご様子 なによりとお喜び申し上げます 本年もどうぞよろしくお願いいたします 相手の健康を喜んだり気遣ったあとに、自分の近況を一言入れるのがポイントです。 寒中見舞いを出す相手との関係によって、文章を堅苦しくないものに変えてもいいでしょう。 関連記事: まとめ 寒中見舞いにもさまざまなルールがあります。 しかしどれも難しいものではないので、年賀状を出さなかった時など、機会があれば寒中見舞いを送ってみてくださいね。 現在は年賀状をメールで済ませてしまうことも多いのですが、今後、寒中見舞いをハガキで出す際の参考になれば幸いです。

次の