宮本 佳代子。 小泉孝太郎の母親宮本佳代子の離婚理由が恐ろしい。末弟宮本佳長がきっかけで再会?

小泉孝太郎の母親宮本佳代子の離婚理由が恐ろしい。末弟宮本佳長がきっかけで再会?

宮本 佳代子

小泉純一郎の結婚、結婚生活、離婚について 小泉純一郎さんは1978年のころ、当時青山学院大学4年生であったエスエス製薬の元会長の孫、宮本佳代子さんと結婚しています。 お見合いで二人は結ばれましたが、その時点で小泉純一郎氏さんは政治家としてのキャリアをスタートしています。 お見合いと聞くと政略的なものがあるのでは?と思われる人もいるかもしれませんが、一概にそうとは言い切れません。 特に小泉純一郎さんは決断力が早く思い切りの良い事で知られていますからね。 小泉純一郎さんの決断力の早さを表すエピソードとして、小泉純一郎さんは、 お見合いの当日に宮本佳代子さんにプロポーズをしたと言われています。 凄い決断力ですよね。 あなた出来ますか? その日初めて出会った女性にプロポーズですよ? 僕にはできません・・・。 そしてエスエス製薬の元会長、佳代子さんの祖父である祖父の泰道照山さんはこの結婚に猛反対だったそうですが、それを押し切る形で結婚が決まりました。 結婚生活は順調で、佳代子さんは二人の息子を出産、子育てに奮闘しながら夫の政治活動を支え続けています。 ただ、この結婚生活は5年で幕を閉じました。 はっきりとした離婚理由は公開されていませんが、1982年に二人は離婚、孝太郎さんと進次郎さんの二人の息子は小泉純一郎さんが引き取ることになりました。 実はこの時、佳代子さんのお腹の中には3人目の子供がいて、離婚後の1983年に男の子を出産しています。 小泉純一郎さんはこの3男の親権も主張しましたが、調停の結果親権は佳代子さんが勝ち取りました。 なせ孝太郎さん、進次郎さんは小泉純一郎さんが親権を得ているのに、3人目の子供は佳代子さんが親権を持つことになったのでしょうか。 やはり生まれてくる子供には母親が必要だから、という配慮でしょうか。 謎です。 スポンサーリンク 小泉純一郎の離婚理由1.創価学会について 小泉純一郎さんの離婚理由には様々な情報が噂されていますが、その中には 宗教に関するものもあります。 元妻の宮本佳代子さんが創価学会員で、その考え方の違いで離婚に至ったのではないか?というものです。 小泉純一郎さんは結婚の際に「政治家の世界は何も知らなくていい」と佳代子さんに伝えています。 政治活動に関しては小泉さんの母親や姉が取り仕切ることが多く、佳代子さんにその必要性は求められていなかったわけです。 とは言え、政治家の妻として何かと夫を支える行動を起こした佳代子さん、創価学会出身ということも関係して親族からの反感を買った可能性も考れます。 もちろん、明確な離婚理由について小泉純一郎氏も元妻の佳代子さん側も何も話をしていないので実際のはどの情報が正しいのかはわかりません。 実際に、宮本佳代子さんが宗教にのめりこんでいたのかどうか分かりませんが、根強い噂の一つとして残っています。 確かに自民党議員の身内に創価学会員のものがいる、というは、悪いわけではありませんが、少し不自然な感じもしなくもないですよね。 創価学会といえば、やはり 「公明党」と頭に浮かぶ人の方が多いでしょうから。 政教分離を考えるうえでも、小泉純一郎の今後のキャリアとしても、身内に創価学会員はちょっとまずかったのではないでしょうか。 スポンサーリンク 小泉純一郎の離婚理由2.姉との確執について 小泉純一郎さんの 離婚理由にはもう一つ、小泉純一郎さんの姉との確執が噂されています。 先にも挙げたように、小泉純一郎さんの政治家活動は女系家族で発言力の強かった母親と姉・信子さんとが取り仕切っていました。 政治家・小泉純一郎さんの周りを身内で固めて、不要な心配事は遠ざけるようにしていたようです。 姉の信子さんは小泉純一郎さんの秘書としても活動し、夫を支える嫁としての立場がなかったのでは?と予想されます。 元妻である宮本佳代子さんは、元青山学院大生のお嬢様、政治家を支えるための常識など知らないも当然です。 とは言え、妻として夫を支えないわけにもいかず、佳代子さんなりに家事や子育て、政治活動のサポートなどに奮闘していた時期があったのは確かです。 逆にその事が、小泉信子さんを始めとする小泉家の姉達との確執が生まれてしまったのではないでしょうか。 他人に小泉家の事を触れられたくない小泉家と、その中に入ろうとする宮本佳代子さん。 そんな構図が浮かびます。 結局、離婚に至るほど宮本佳代子さんと小泉信子さんとの関係は、相当ぎくしゃくしていたのではないでしょうか。 どこの家庭でも小姑と嫁との確執は多少なりともありますよね。 ただ、小泉家は代々政治家の家系で、一般家庭に比べて取り決めやルールが厳しい部分はあったかもしれません。 その厳しさに外部の人間ながら、小泉純一郎さんの元妻となった宮本佳代子さんが入っていけなかったのか、あるいは小泉信子さんがよそ者として「小泉家」に入れなかったのか、今となっては分かりません。 もし小泉信子さんと宮本佳代子が仲良く協力できる関係だったなら、小泉純一郎さんは一体どうなっていたんでしょうか。 想像してみるのも面白いですね。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「小泉純一郎の離婚理由がヤバい!妻は創価学会で姉との確執だった!」について紹介しました。 小泉純一郎さんの離婚の原因には様々な噂が流れています。 中でも有力候補として挙げられるのが今回紹介したこの二つ。 「宮本佳代子さんの創価学会説」• 「宮本佳代子さんと小泉純一郎の姉たちとの確執」 でしょうね。 もちろん、この二つの理由が絶対に正しいとは言いきれません。 本当の理由を当人が発言しないので公にはなっていません。 ただ、これだけ世間で噂になっているという事は、それなりの信憑性があるのでは?と考えられますよね。 火のない所に煙は立たぬ、つまりはここで挙げた理由に近い事実が過去に合ったということだと思います。 あなたはどう思いますか? 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 小泉純一郎さんについてはこちら• をご覧くださいね。 小泉家長男である小泉孝太郎さんについてはこちら• をご覧ください。 小泉家次男の小泉進次郎さんについては• もご覧下さいね。

次の

宮本佳代子の経歴や学歴がエグい!三井不動産での高成績やエスエス製薬との知られざる関係

宮本 佳代子

【目次】• 家族同士の繋がりが強く、純一郎氏の政治活動時も、実姉が秘書として働いていた。 秘書を務めてきたのが、純一郎氏の実姉である小泉信子さん。 信子さんは、純一郎氏が政界へ進出する10年も前から父親である小泉純也氏の秘書をつとめてきた。 69年に純也氏は在任中病没をしたが、その経験を活かし72年に純一郎氏が衆議院議員となってすぐに秘書として純一郎氏をサポートした。 公私ともども繋がりが強い小泉家であるが、宮本佳代子さんが純一郎氏と見合いの上、婚姻関係を結んだのが78年、純一郎氏は36歳、政治家としても脂がのってくる頃だ。 当時佳代子さんは21歳、青山学院大学の4年生だった。 sp2. fujitv. php? 製薬会社会長の祖父を持つ、名家のお嬢様であった佳代子さん、純一郎氏とは見合の席で出会ったが、結果として政治家と結婚することに、祖父は首を縦に振らなかったという。 様々な葛藤があったと思うが、結果的には、純一郎氏からの、身ひとつで来ていいという言葉の後押しもあり、佳代子さんは小泉家へ嫁ぐことになる。 小泉家には当時沢山の家族が同居していた。 純一郎氏の母である小泉芳江さん、私設秘書である姉の信子さんや、道子さん、隆子さん、同じく純一郎氏の私設秘書をつとめた弟の小泉正也氏、兄弟の子供たち。 後に、佳代子さんは小泉家での暮らしは「勉強になった」と語っているが、絆の強い家族の中に、21歳の女性一人で飛び込んでいくのは勇気を振り絞る必要があっただろう、まして、純一郎氏は政治活動で家を空けることも多く、心細い思いも沢山したのではないだろうか。 婚家の生活は不明であるが、夫婦の関係は良好であったようで、78年に長男孝太郎を出産、81年には次男進次郎を出産した。 しかし、次男出産後の翌82年三男佳長氏を妊娠中に突然離婚し婚家を出ている。 離婚の真相は明らかにされていないが「佳代子さんの信仰している宗教上の原因」や「佳代子さんが政治活動を行ったから」など言われているが、どれも噂の域を出ない。 佳代子さんは、一方的に婚家から叩き出されたと言われているが、身重の女性を一人で出て行かせるのだろうか、それをせざるを得ないほど、佳代子さんに譲れないことがあったのか、婚家側に何かしらの事情があったのだろう。 nikkan-gendai. どうしてこのような噂が出てしまったのかと言うと、前途した小泉家の複雑な家庭環境が原因だろう。 佳代子さんと離婚した後、小泉孝太郎、進次郎兄弟の親権は小泉家に渡った。 小泉家は三男の親権も主張したそうだが、調停の末、佳代子さんが持つことになる。 離婚後は、佳代子さん、三男の佳長さん共、小泉家との関わりを一切絶たれた、一切の接触が許されなくなった。 小泉家に残された当時4歳だった孝太郎、2歳だった進次郎兄弟は、突然母親が居なくなってしまったことになる。 母親が不在で心細くないように、小泉家の家族全体で協力し、特に二人の母親役を買って出たのが純一郎氏の実姉である道子さんである。 道子さんは、純一郎氏より10歳ほど上になるので、佳代子さんとは、ふたまわり以上離れていることになる。 孝太郎、進次郎兄弟二人にとって、道子さんは年齢的にはお祖母ちゃんほど離れているのだが、純一郎氏も家族も、道子さんを「ママ」と呼ばせた。 「ママ」は二人に懇親的に愛情を注いだ、日々の見送り、出迎え、夜の添い寝「家に帰ればママがいる」という環境が、二人の心の安定に繋がったのではないか。 進次郎氏は、幼かったこともあり、道子さんを実の母親だと思っていたそうで、中学の時に父親である純一郎氏から真実を告げられた時に少なからずショックを受けたそうだが「ママ」が自分にとっての「実の母親」であることに変わりないという発言をしたという。 既に、孝太郎、進次郎二人にとって「ママ」はかけがえのない存在だったのだ。 そんな、二人の「ママ」が2016年に84歳で亡くなられた。 二人の成長が何より生きがいで、晩年は、テレビや政界で活躍する孝太郎、進次郎兄弟を見るのを、何よりも楽しみにしていたそうだ。 そして、純一郎氏をはじめ、孝太郎、進次郎兄弟とも、道子さんが居る実家に帰ることを楽しみにしていたそうだ。 恐らく「ママ」であった道子さんが亡くなった事を受けて、実母である宮本佳代子さんが死去したという噂が立ったのだろう。 dailyshincho. 佳代子さんと、小泉家の確執で会うのを断ったというより、2001年当時、小泉政権は非常に影響力があり、純一郎氏の注目度は凄まじかったことを考えると「離婚した妻に親権がある三男が総理に会いに来た」という、マスコミの恰好の餌食になるのを防いだのかも知れないな。 実は純一郎氏は、政界を引退するまで「三男には会わない」と決めていると周囲に話していたと聞くが、恐らく、三男を世間の好機の目に晒したくないという思いがあってだろう。 純一郎氏の政界引退後、三男の佳長さんと、兄二人の再会は実現する。 三兄弟での会食を重ね、兄弟そろって父親である純一郎氏との再会も行われた。 和やかな雰囲気で食事をしていたというから、離れていたとは言え、やはり会いたかったのだろう、兄弟同士も憎みあっていたわけではない、佳長さんは父親と会うことをずっと望んでいたのだから、望んでいた結果になり何よりだ。 j-cast. html? 結婚式の何年も前に、佳長さんと兄二人は再会を果たしているが、母である佳代子さんと会う機会は無かった。 ついに、前途の通り2013年佳長さんの結婚式を機に、息子二人と再会を果たした。 佳長さんの結婚に際し、進次郎が「家族として守っていく」という旨の発言をしたとされているが、本当であれば兄弟間の関係が完全に修復していると捉えることができるし、大変に喜ばしいことだな。 生き別れのまま、30年連絡を取っていない息子と母が、弟の結婚という喜ばしい席で、関係を修復できていることを願いたい。 カテゴリー•

次の

宮本佳代子は三井不動産!現在の画像や離婚理由は?嫁姑問題?

宮本 佳代子

宮本佳代子さんの経歴と小泉純一郎との結婚生活 2018年現在、小泉純一郎さんは原発の即時停止を求める活動を積極的に展開しています。 しかし、かつては自由民主党の中枢にいて、厚生大臣や郵政大臣、自由民主党総裁や農林水産大臣等を歴任してきた人物で、郵政民営化を実現したことでも広く知られています。 そんな小泉純一郎氏と宮本佳代子さんは 1977年にお見合いで知り合い、翌年結婚しました。 当時、東証一部上場企業だったエスエス製薬の創始者・泰道照山氏の孫が宮本佳代子さん。 ところが、祖父である泰道照山氏はこの結婚に反対の立場を取っていました。 そして「出ていくなら、その身体一つでいけ」という態度だったとも伝わっています。 エスエス製薬は市販向けの医薬品を製造販売する医薬品メーカーで、2015年に創業250周年を迎えた老舗企業でエスカップやエスタック、ハイチオールC等の人気商品を展開しているので、知ってる方も多いでしょう。 ただし、 エスエス製薬は2010年7月に上場廃止となっています。 宮本佳代子さんは小泉純一郎氏との間に3人の男の子を授かりますが、結婚生活は長くは続きませんでした。 3人目を妊娠中の 1981年に小泉純一郎さんと離婚します。 翌年の1982年に三男・佳長さんを出産しています。 その後、すぐに宮本佳代子さんは宅地建物取引士の資格を取得し、 三井住友不動産系の会社に就職しています。 その後は再婚することなく、女手一つで宮本佳長さんを育て上げ、 現在も同社に勤務して富裕層ビジネス担当として活躍しています。 なんとも活動的で仕事の出来る女性ですね。 スポンサーリンク 宮本佳代子と小泉純一郎の実姉との関係 宮本佳代子さんの経歴を語る上で、忘れてはならないのが小泉純一郎さんの姉たちについてです。 小泉純一郎さんは5人兄弟の4番目にあたる長男で、上に 3人の姉がいます。 長女・道子 特に長女の道子さんは、宮本佳代子さんが家を出てから孝太郎・進次郎両氏の母親代わりとなって二人を育ててきました。 自分を「ママ」と呼ばせていたという逸話は有名です。 孝太郎さんは道子さんが実の母ではないことに気づいていたようですが、進次郎さんは中学生まで実の母親だと思っていたようです。 道子さんは2016年8月に84歳で亡くなっています。 三女・信子 三女の信子さんは 政治に精通する人物で、純一郎氏の身の回りのお世話も担当していました。 進次郎さんに永田町のイロハを叩き込んだ人物としても知られています。 小泉家の内部が血族親族で固められていたため、宮本佳代子さんにとっては家の中に身の置きどころがなく、不仲だったのではないかと噂されています。 SNSなどでは、宮本佳長さんと他の兄弟との仲の良い様子を目にする機会も増えていますが、これについて、宮本佳代子さんは子どもたちと「毎日会っているようだ」と語っています。 これまで、宮本佳代子さんが小泉家の内情について外部に公にすることはありませんでした。 しかし、雑誌のインタビューに応じるなどの変化も見られ、今後はその心情を知るチャンスも出てきそうです。 一体今後はどんな風にメディアに登場してくるのでしょうか。 楽しみです。 スポンサーリンク まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「宮本佳代子は現在何してる?経歴やエスエス製薬との関係を調査!」についてしょうかいしました。 宮本佳代子さんは小泉純一郎氏の元妻で、孝太郎・進次郎両氏の実の母親でもあります。 そして、エスエス製薬の創始者・泰道照山氏の孫に当たります。 小泉純一郎氏と離婚したときに、佳代子さんは三男・佳長さんを身ごもっていました。 2018年現在、3兄弟の交流は復活したものの、小泉家と宮本佳代子さんとの関係は途絶えたまま。 しかし、SNSやメディアへの露出が増えていることもあり、今後の動向から目が話せません。 本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 小泉純一郎さんについてはこちら• をご覧くださいね。 小泉家長男である小泉孝太郎さんについてはこちら• をご覧ください。 小泉家次男の小泉進次郎さんについては• もご覧下さいね。

次の