あくび ダイマックス。 キョダイスイマ

【ポケモン剣盾】とくしゅ受け「ニンフィア」の「あくび」と「ねがいごと」で「キョダイラプラス」対策!!

あくび ダイマックス

ダイマックス技はランクバトルでどう使えばいいのか。 前回の記事では、ダイマックスとメガシンカ・Zワザの違いを考察していった。 そこで、多種多様な「ダイマックスわざ」の 追加効果が、ダイマックスの鍵であることが分かった。 今回は、その基本ダイマックス技の追加効果の種類と、ランクバトルにおける主な使われ方について説明しよう。 まず基本的なダイマックス技は、その追加効果は4種類に分けられる。 能力アップ系• 能力ダウン系• 天候系• フィールド系 今回は、ダイマックス技をこの4つに区分して、それぞれの主な使い方を紹介しよう。 前回の記事• 能力アップ系ダイマックス技 飛行・ダイジェット:味方全員の素早さが1段階上がる 格闘・ダイナックル:味方全員の攻撃が1段階上がる 毒・ダイアシッド:味方全員の特攻が1段階上がる 鋼・ダイスチル:味方全員の防御が1段階上がる 地面・ダイアース:味方全員の特防が1段階上がる 能力アップ系ダイマックス技は、ダイマックスしながら積みエースとして活躍できる。 特に素早さを上げられる飛行の 「ダイジェット」は非常に強力だ。 最大威力150の飛行版「ニトロチャージ」なのだから、強いに決まってるだろ! ダブルだったら、少し弱い「おいかぜ」に高威力の攻撃効果が乗っているようなものだから、恐ろしい。 「ダイナックル」と「ダイアシッド」は効果だけ見ると強そうだ。 しかし、他のダイマックス技よりも威力が低くバランス調整されているし、無効にされるゴーストや鋼タイプが多い環境なので、シングルでは使いづらい。 能力アップ系ダイマックス技と相性がいいポケモンの例 「ダイジェット」のおかげで、 ギャラドスは 威力130の一致技で殴りながら素早さを上げてくる、厄介なポケモンになった。 Zワザと同じで「とびはねる」のデメリットも無視できるからね。 特性「じしんかじょう」と組み合わせれば、1体倒しながら素早さと攻撃が1段階上がり、「りゅうのまい」要らずとなった。 アーマーガアや スピンロトムなど、他の飛行タイプのポケモンでも、この戦法は有効なようだ。 アイアントは 「ダイナックル」で火力を上げ、さらにダイマックス中は特性「はりきり」の命中ダウン効果を無効にして殴ってくるため、非常に強力なポケモンになった。 「ダイアシッド」はシングルではイマイチだが、ダブルバトルでは味方の攻撃をあげることもでき、これは特性「クリアボディ」で攻撃が下げられない ドラパルトなどとも相性が良いであろう。 「ダイスチル」はトップメタの一角である ドリュウズや アイアントがメインウェポンを撃ちながら物理耐久を補完するために、よく使われている。 「ダイアース」も、やはり ドリュウズがよく使う。 能力ダウン系ダイマックス技 ノーマル・ダイアタック:相手全体の素早さを一段階下げる ゴースト・ダイホロウ:相手全体の防御を1段階下げる 悪・ダイアーク:相手全体の特防を1段階下げる ドラゴン・ダイドラグーン:相手全体の攻撃を1段階下げる 虫・ダイワーム:相手全体の特攻を1段階下げる 能力ダウン系ダイマックス技の主な使い方 トップメタである ミミッキュや ドラパルトのタイプ一致「ダイホロウ」は非常に厄介である。 なんせ 受けづらいゴースト技による、物理受け潰しだ。 これの連打を浴びたら、物理耐久に特化した ドヒドイデですら受け切れない。 こんな時ポリゴン2がいてくれたら……。 サザンドラなどの「ダイアーク」も特殊受け潰しとして驚異である。 なお アーマーガアは 特性「ミラーアーマー」で、この能力ダウン効果も相手に返すことができる。 すばらしい。 ノーマルの ダイアタックは、「がんせきふうじ」や「こごえるかぜ」のような使い方ができる、ダブルだと相手2体とも素早さを下げられる。 ズルい。 ドリュウズの「つのドリル」も威力130の「ダイアタック」に変化するため、ダイマックス時は高威力「がんせきふうじ」のような使い方ができ、非ダイマックス時は、ゴースト以外の耐久ポケモンを強引に突破する手段として使いわけられる。 ズルい。 5倍で超火力を叩き込むこともできる。 (最大威力225、一致で337. 5) 訂正:ノーマルジュエルは1. 3倍でした。 よって最大威力195、一致で292. 5. 「ダイドラグーン」は、ちょっと威力の高い「ワイドブレイカー」という感じだが、ギャラドスなど物理との撃ち合いに強くなれる。 まあ追加効果よりも、 Zワザのように「げきりん」や「りゅうせいぐん」のマイナス効果を打ち消すために使われることが多いようだ。 天候系ダイマックス技 炎・ダイバーン:天気をひざしがつよい状態(はれ)にする 水・ダイストリーム:天気をあめ状態にする 岩・ダイロック:フィールドをすなあらし状態にする 氷・ダイアイス:フィールドをあられ状態にする 天候系のもっともポピュラーな使い方は、 天気で素早さが上がる特性と組み合わせることだ。 また、「ダイバーン」や「ダイストリーム」は2回目から火力が1. 5倍になるので、受けるのが難しくなる。 ひでりにして炎技の火力をあげつつ、水技を半減にして受けやすくするという物もある。 天候系のダイマックス技と相性が良いポケモンの例 例えばトップメタの一角になった ドリュウズは、 「ダイロック」で自ら、 すなあらしを展開させ、特性「すなかき」で素早さを2倍にできる。 ただ、残念ながらドリュウズは岩タイプを持っていないために、「ダイロック」の火力がイマイチという欠点も持つ。 すなあらしのダメージで、多少は相手を削るのに役立つとはいえ、である。 新ポケモンの カマスジョーは 「ダイストリーム」で雨を降らせて、特性「すいすい」で素早さを2倍にして、さらに雨で水ダメージを1. 5倍にする、といった動きも可能である。 ただ、カマスジョー自体の耐久が貧弱なため、コイツがダイマックスを使うのは少々もったいない。 また新ポケモンの コオリッポは、「アイスフェイス」という面白い特性を持っている。 これは初期状態のアイスフェイスの状態なら、 1度だけ物理攻撃を無効にするという特性である。 そしてアイスフェイスがはがされて"ナイスフェイス"になったら、フィールドがあられ状態ならアイスフェイスを再生できるというものだ。 賢明な読者のみなさんはもうお分かりだと思うが、コオリッポが「ダイアイス」を使えば自らアイスフェイスを再生できて、物理アタッカーに対してダイマックス中はダメージを通させないという動きもできるのだ。 と書くといかにも強そうだが、実際は特殊攻撃が得意な氷に強いポケモンに交代すればいいため、そこまで脅威ではない。 また、コオリッポ自体の火力が低く、なおかつ氷技以外はロクに覚えないため、しっかり受けられるポケモンを出されると、決定的な仕事ができないままダイマックスを終えるだろう。 フィールド系ダイマックス技 電気・ダイサンダー:場をエレキフィールドにする エスパー・ダイサイコ:場をサイコフィールドにする 草・ダイソウゲン:場をグラスフィールドにする フェアリー・ダイフェアリー:場をミストフィールドにする フィールド系ダイマックス技の使い方 ミミッキュは 「ダイフェアリー」でミストフィールドを展開することにより、高火力一致技を撃ちながら、やけど・マヒ・ねむりといったあらゆる特殊状態を防ぐことができる。 つまり、「おにび」や「でんじは」や「あくび」などで止めづらくなった。 前述の「ダイホロウ」とも相性がいいし、ミミッキュはダイマックスとの相性の良さにより、さらに驚異的な存在となっている。 残りの技は、単純に火力アップに使われることが多い。 そうなるとサブウェポンでも、メインと同じ火力が出るから厄介だ。 ギャラドスは 「パワーウィップ」を習得したので、サブウェポンとして「ダイソウゲン」を撃つことも多くなった。 他にも、まだ未開拓だが、これらの技はダブルでも有用になるだろう。 例えば高火力草技「ダイソウゲン」で殴りつつ、グラスフィールドによる次ターンからの草技威力アップ、少量回復、味方への「じしん」を半減にすると、4つの使い方もできる。

次の

ポケモン剣盾|初心者向けダイマックス技の使い方、種類と追加効果一覧。

あくび ダイマックス

技 あくび 分類 へんか タイプ ノーマル PP 10 命中 ー 対象 相手1体 効果 相手をねむけ状態にする。 ねむけ状態のポケモンは、 次のターン終了時にねむり状態になる。 1ターン後の ターン終了時に、相手をねむりにする技です。 相手がすでにねむけ状態だったり、他の状態異常になっている場合は、失敗します。 ねむけ状態は、交代することで解除されます。 ねむり状態についてはこちらで詳しく解説しています。 ダイマックスした場合 あくびをダイマックスして使う場合、 ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。 逆に、攻撃側のあくびに対して防御側がダイウォールを使えば、あくびを防ぐことができます。 あくびを覚えるポケモン 2020年4月に解禁されている最終進化ポケモンだけでも30匹近くいます。 キョダイスイマ キョダイマックス オーロンゲが、あくタイプの攻撃技を使うと キョダイスイマになります。 他のダイマックス技は相手全体に追加効果がありますが、この技は 使用した対象にしか発動しません。 使い方• 苦手な対面になったとき、 次ターンに確実にねむりになるという圧力をかけることで、相手に交代を促すことができます。 ダイマックスに対しても効果があるため、次のターン、相手がねむりになるにしても交代するにしても、こちらに有利な状況を作ることができます。 ステルスロックを撒いてからあくびを使って相手に交代をさせることで、ダメージを蓄積させる戦術が有名です。 ステルスロックについてはこちらの記事で紹介しています。 みがわり 自分が みがわりを使っていると、あくびを防ぐことができます。 ただし、あくびを受けた後にみがわりをしても、ねむりになるのを防ぐことはできません。 とんぼがえり、ボルトチェンジ これらの技なら、相手にダメージを与えつつ、交代することができます。 バトンタッチ 能力を引き継いで交代する バトンタッチは、 ねむけ状態は引き継がれません。 エレキフィールド、ミストフィールド 場がエレキフィールドのとき、地面にいるポケモンはねむりやねむけ状態になりません。 ミストフィールドの場合は、地面にいるポケモンは状態異常になりません。 ただし、ねむけ状態にはなるため、 次のターンにフィールドが解除されると、ねむり状態になります。 ダイサンダーや ダイフェアリーの追加効果でも、これらのフィールドが発生します。 特性による対策 マジックミラー 相手から受ける 変化技を跳ね返す特性で、あくびを跳ね返すことができます。 この特性を持つポケモン: ネイティオ、 エーフィ、 ブリムオンなど リーフガード 天気が晴れの時、状態異常にならない特性です。 この特性を持つポケモン: リーフィア、 アマージョ スイートベール 自分と味方が、ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: ペロリーム、 アマージョ、 アブリボン、 マホイップ やるき、ふみん ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。 この特性を持つポケモン: バリヤード ガラル 、 デリバード、 ヨルノズク、 パンプジン.

次の

【ポケモン剣盾】カビゴンの対策【キョダイサイセイ・あくび・はらだいこ】

あくび ダイマックス

ダイマックスは全てのポケモンが使用可能で、専用アイテムなども必要ない。 従来のメガシンカやZ技と違い、持ち物に縛られないので戦略の幅が広い。 こだわり系の効果が無効になる ダイマックス中はこだわりスカーフ、メガネ、ハチマキの効果が無効になる。 メリットである特定のステータスが上がる効果を受けられないが、デメリットの1つの技しか選べない効果も解除され、4つの技から自由に選べる。 特定のフィールドでのみ使える ダイマックスは、スタジアムなどの大きなフィールドでのみ使える。 ストーリー中ではジムやトーナメントなどが該当し、野生のポケモンや一般トレーナー戦では使用できない。 ダイマックスができる場所 場所 概要 ジム ジムリーダー戦はダイマックス可能。 トーナメント 過去作の四天王とチャンピオンにあたる。 クリア後の施設。 BPを稼いでアイテムゲット。 ワイルドエリアでダイマックスポケモンと戦う。 世界中のプレイヤーと対戦できる。 1バトルにつき1回かつ3ターンのみ ダイマックスは強力だが、1バトルにつき1回しか使用できない。 3ターン持続し、効果が切れると元の姿に戻る。 ねむり状態などで動けないターンもカウントされる点に注意。 交代すると強制解除 ダイマックス中に交代すると、ターンが残っていても強制解除される。 その後再び交代しても、ダイマックスした状態では出てこない。 技がダイマックスわざに変わる ダイマックス中は、技が全て特殊な効果を持つ「ダイマックスわざ」に変わる。 ダイマックスしたポケモンが元から覚えている 技の種類やタイプによって、ダイマックスわざが決まる。 また、ダイマックス技は必中となる。 「まもる」を使う場合はもちろん、使われる場合もダイマックスわざのことは念頭に入れること。 物理と特殊の分類は変わらず ダイマックス技の分類は、ダイマックスする前に覚えていた技の分類と同じになる。 例えば、元に覚えていた技が特殊技ならダイマックス技も特殊となる。 技の威力は元の威力に依存 ダイマックスわざの威力は、元のわざの威力に依存している。 元の威力が高いほど強力になる。 HPの最大値が増加する 技の種類 技名 重さを参照する技 ・ ・ ・ ・ 強制交代技 ・ ・ ・ ・ 一撃必殺技 ・ ・ ・ ・ その他 ・ ・ ・ ダイマックス時のみがわりの効果 ダイマックス技に対してもみがわりは有効。 ただし、こちらがみがわりをおいた状態でダイマックスすると、みがわりが消えてしまう。 せっかく置いた身代わりが無駄になってしまうので注意しよう。 状態異常にはかかる ダイマックス中でも、ねむりやまひ等の状態異常にはかかる。 特にねむりでの時間稼ぎが危険なので注意しよう。 定数ダメージは元のHPが参照される 最大HPに対してダメージ量が変化する技は、ダイマックス中であっても元のHPの最大値が参照される。 また、どくややけどといった 定数ダメージは元のポケモンのHPで計算される。 ダイマックスできないポケモン一覧 ソードシールドで登場した伝説のポケモン3体はダイマックスできない。

次の