ハマグリ 潮汁。 はまぐりの砂抜き基本のやり方と砂出しを短時間でする裏技 保存方法は?

『九十九里浜名物の焼きハマグリ食べ放題に行く。』by BEAT MR : 密漁船

ハマグリ 潮汁

アサリの旬は2〜4月と9〜10月。 ハマグリは2〜4月。 シジミは1年中出回っていますが、冬のものは「寒シジミ」、真夏のものは「土用シジミ」として知られています。 貝は砂をしっかり抜き、表面の汚れを取り除いてから調理することが大切です。 貝の砂抜き アサリ・ハマグリ C SYOKUNO STUDIO アサリやハマグリは、海水と同程度の約3%の塩水(水500mLあたり塩大さじ1)につけます。 塩水の量はひたひたくらい。 ちょっと手間ですが、バットに貝が重ならないように並べると、吐いた砂を他の貝が吸うことを防げます。 準備ができたら薄暗い場所へ(新聞紙などをかけて暗くするのでもOK)。 スーパーなどで購入したものなら2〜3時間(最低30分以上)、潮干狩りで採ってきたものは半日〜1晩おきましょう。 夏は冷蔵庫に入れてください。 C SYOKUNO STUDIO 砂抜きが終わったら、真水で貝同士の殻をこすり合わせてよく洗いましょう。 シジミ シジミは淡水と海水が入り混じった汽水域(品種によっては淡水域)で育ちます。 ですから、シジミは塩水ではなく真水で砂抜きをします。 ひたひたの真水につけ、新聞紙をかけるなどして薄暗くし、3〜4時間(最低30分以上)おきましょう。 夏は冷蔵庫に入れてください。 砂抜きしたら、真水で貝同士の殻をこすり合わせてよく洗いましょう。 貝の冷凍方法 貝は冷蔵庫では日持ちしませんが、冷凍すると2週間程度の保存が可能です。 しかも貝は冷凍すると、旨味をより強く感じやすくなります。 「味噌汁に3個入れる」といった少量使いもできるのでおすすめですよ。 貝は上記の方法で砂抜きをして、表面をよく洗い、ペーパータオルで水分を拭き取ります。 冷凍用密閉袋に平らに並べ、できるだけ空気を抜いて真空状態にして、冷凍しましょう。 使うときは冷凍のまま沸騰した湯に加えて、汁物や鍋にしましょう。 酒蒸しやボンゴレなどにも使えます。 監修:食のスタジオ() レシピ開発だけでなく、コーディネートや撮影、編集、コピーまで手がける食のプロ集団。 健康・美容・介護食・離乳食などの専門レシピまであらゆるカテゴリーに対応。 監修や編集を手がけた書籍は約100冊にも及ぶ。

次の

はまぐりの砂抜き基本のやり方と砂出しを短時間でする裏技 保存方法は?

ハマグリ 潮汁

おひな祭りとは おひな祭りは、 女の子の健康を願いお祝いする行事ですね。 ひな人形を飾り、菱餅や雛あられをお供えし、ちらしずしや白酒、ハマグリの潮汁などのごちそうを食べてお祝いします。 ひな祭りには、将来娘が 良い伴侶に巡り合い、幸せな結婚ができますようにとの願いも込められています。 ハマグリを食べる理由はこれらの願いとつながりがあります。 ハマグリの特徴 ハマグリは 二枚貝です。 この貝殻を一枚ずつにはがし、他のものと対にしようとしても、ぴったり合いません。 もともとの対のもの以外は合わないんです。 平安時代にはハマグリの貝殻を使った 「貝合わせ」と呼ばれる対の貝殼を見つけるゲームがありました。 今でいう、 神経衰弱みたいな遊びですね。 そういったことから、ハマグリには 一生1人の人に添い遂げる という意味にたとえられました。 将来 ステキな伴侶に巡り合いますようにとの親の願いが込められていたのですね。 今でも結婚式の披露宴ではハマグリの潮汁がでることがあります。 ハマグリは 縁起の良い食べ物として食べられているんですね。 潮汁ってなぁに? ひな祭りのときはお吸い物ではなくて 潮汁が定番ですよね。 潮汁というのは、魚介のおだしに 塩のみまたはそれにお酒を加えただけの味付けの汁ものです。 2 「ちょっとしょっぱいかな」くらいの塩水を作り、貝が隠れるくらいまで注ぎます。 3 蓋を少しずらしてかぶせ(通気口をつくる)、冷蔵庫にいれます。 貝は暗い所が好きです。 冷蔵庫の開け閉めが多いとそのたびに明るくなってストレスになるので、その場合は透明のタッパーより、光を通さないお鍋がお勧めです。 4完全に砂抜きができるのは6時間。 少なくても3~4時間待ちましょう。 簡単!5分でできるハマグリの砂抜き 砂抜きに6時間かかるんじゃ、困るーという方の為に、5分でできる砂抜き方法をご紹介します。 point料理用温度計がない場合 沸騰したお湯に同量の水を加えると50~55度になります。 これに様子を見ながら少しずつ水を加えて45~50度のお湯が作れます。 2 ハマグリを水道水でもみ洗いし、鍋にハマグリを重ならないように並べます。 3 2の鍋に 1のお湯を貝がすべて隠れるくらいになるまで注ぎ、暗くするために新聞紙をかぶせるか蓋をします。 通気口を忘れずに。 息ができなくなってしまうので、くれぐれも密閉はしないように。 そうすると30秒くらいですぐに砂を吐き出す様子が確認できるはずです。 こんな簡単に砂抜きができるなんて驚きでしたね。 ただ、やはりぬるま湯だと貝にストレスがかかることが考えられますので、味の良さで言ったら、6時間かけて砂抜きをしたハマグリには勝てないかもしれません。 どうしても時間がなくて・・・という時にはおすすめの方法なのでぜひやってみてくださいね。 ハマグリの潮汁の調理法 《材料(2名分)》 ハマグリ 4個 昆布(だし用)5㎝ 酒 大さじ1 塩 ひとつまみ 水 500ml 1 鍋に砂抜きをしたハマグリ・水・昆布を入れ中火にかけます。 2 沸騰したら昆布を取り出しあくをとります。 3 ハマグリの貝が開いたら取り出しお椀に盛ります。 point ハマグリは長く火にかけると硬くなるので注意! 4 塩とお酒で味を整えます。 まとめ ハマグリって縁起物だったんですね。 知りませんでした。 ただ高いからと敬遠していたことを反省します・・・ いつもあさりのお吸い物とかでごまかしていたけど、今年からは「ハマグリの潮汁」を作り、娘の幸せを願いたいと思います。 伝統的な年中行事にはキチンと意味や由来があるんですよね。 それらを理解したうえで、お祝いをおこなえば、何倍も楽しくなりますね。

次の

ハマグリ

ハマグリ 潮汁

ひな祭りの由来と歴史 平安時代、紙で作った人形で体を撫でけがれを移し、川へ流すことで厄払いをしていた「流し雛」という行事がありました。 その後、徐々にひな人形は「 厄除け」や「 身代わり」の意味で 節句の儀式として飾られるようになりました。 江戸時代、女の子が紙の人形を使って遊んでいた「ひいな遊び」と節句の儀式が合わさって、「 ひな祭り」になったと言われています。 「ひな祭り」の節句が全国に広まったのは、安土桃山時代の天正年間以降のことだと言われています。 ひな祭りって何をする日? 女の子の健康を願いお祝いする行事です。 ひな人形(男雛と女雛など)や季節の花である、桜や橘、桃の花を飾り、雛あられや菱餅などをお供えします。 そして、ごちそうや白酒などをいただきます。 ちなみに、お供えしていた雛あられと菱餅は3月3日まではお供えして、その日にお祝いとして食べるか、または3月3日には下げて翌日以降にいただきましょう。 なんで「桃の節句」と呼ぶの? 江戸時代までは、旧暦の3月3日(現在の4月頃)にひな祭りが行われていました。 旧暦の3月3日は、桃の花が咲く時期であるため「桃の節句」と呼ばれていました。 そのため、現在では桃の花を飾ることが多いですよね。 ひな祭りの料理は、なぜハマグリの潮汁なの? お祝いのお食事には、白酒やちらし寿司、ハマグリの潮汁などのを用意して楽しみます。 ちなみに、 潮汁(うしおじる)とは魚介のだしに塩のみまたはお酒を加えただけの味付けの汁ものです。 ひな祭りになんでハマグリの潮汁を食べるんだろう?と疑問に思ったことありませんか? 実はこんな意味があったんです。 昔、二枚貝は、 女性をあらわしていると言われていました。 そんな貝の中でも、ハマグリは貝を1枚ずつに外すと、 他のはまぐりとは、ぴったり合うことはありません。 はまぐりには 一生1人の人に添い遂げる という意味があったんですね。 つまり、ハマグリの潮汁には、「 将来良い伴侶に巡り合いますように」という親の願いが込められていたんですね。 まとめ ひな祭りは娘の健康と将来の幸せを願ってお祝いする日なんですね。 そして、ひな人形は厄を身代わりになり引き受けてくれるものなので、毎年面倒くさがらずに飾って、お供え物もちゃんと用意しようと改めて思いました。

次の