浜名 湖 カップ 2019。 伊勢湾カップ

伊勢湾カップ

浜名 湖 カップ 2019

皆様ご存知の通り台風5号が29日と30日に浜名湖沖を通過します。 浜松ビルフィッシュトーナメント大会事務局と新居漁協も交えて協議し、 苦渋の決断ではございますが、 本日、第8回浜松ビルフィッシュトーナメントの開催中止を決定しました。 エントリーいただきましたチームには大変残念なことと存じます。 現在の風波予報では、土曜日の外海は 風もなく、大ウネリでトローリングができそうな海況ですが、 浜名湖に入ってくるときが最大級の危険が待ち受けています。 浜名湖は今切口という、最大の難所を抱えています。 台風雨のウネリが大きくなると、浅瀬に向かい波高が上がります。 特に下潮と重なると、大変危険な場所に変貌します。 特に大会では、遠方からの外来艇もあり そのチームの帰りも考慮しなければなりません。 最悪の決定になってしまいましたが、 次年度以降の開催のためには、絶対に海難事故を起こさないことが重要です。 どうぞ参加キャプテン諸兄にはご理解のほど、よろしくお願いいたします。 昼のビルフィッシュトーナメントは中止になりましたが、 ウエルカムパーティーは予定通り開催いたします。 すべてのチームのご参加をお待ちしています。 第8回浜松ビルフィッシュトーナメントのエントリーが43チーム。 今年もまた熱い夏がやってくる! 昨年は合計8本の釣果を上げた浜松ビルフィッシュトーナメント。 今年もこれから潮が入ってきそうな状況になってきました。 熱い戦いを期待しています。 エントリーしたチームは以下の通りです。 30日開催 2017年からは静岡県主催の浜名湖ミナトリング2017のイベントの一つとして開催されます。 浜松ビルフィッシュトーナントと遠州灘ジギングトーナメント そして夏休み親子釣り体験教室のほか、 物産展や舟運、トークライブ、サイクルジムカーナ、 うなぎ解体、アマモ観察会などなど ミナトリング2017のイベントが盛りだくさん 賑やかな2日間になります。 浜松ビルフィッシュトーナントは細かなルールを採用しないノービス大会です。 夏の浜名湖沖は、岸から5マイルでカジキの回遊がある 極めてポイントが近い好ロケーションです。 これまでの最小のボートサイズは17フィートでのエントリーがあり、 カジキとファイトした記録も残っています。 船外機艇の参加、大歓迎の大会です。 おまけにボートサイズでハンディキャップを設けた大会です。 23フィート以下のボートでカジキを釣ると1. 3倍 27フィート以下で1. 2倍のハンディキャップが付きます。 浜名湖にボートを陸送して、参加をご検討してください。 ビッグゲームルアーズの大会ホームページの右側のメニューに 大会要項・申込書からダウンロードいただけます。 キープキャストに行ってきました。 といっても今回出かけた目的は、出展されている釣り具メーカー様・出版者様に遠州灘キャスティングトーナメントの紹介と協賛のお願いというガチ仕事モードのものです。 お忙しい中突然の訪問を受け入れていただきありがとうございます。 運営させていただく上でのやる気とヒントをいただくことができました。 詳細な内容は決まり次第このブログにアップさせていただきます。 7月30日は新居港でお待ちしています。 今年の浜松ビルフィッシュトーナメントのエントリーを締め切りました。 参加43チームの大きな大会となりました。 参加チームは以下の通りです。 おまけに梅雨明けも早そうで、楽しい夏になるといいですね。 参加艇募集中です。 この浜松ビルフィッシュトーナメントは、ルールなしのノービス大会です。 初心者でも参加できる大会をめぜして、企画しています。 この大会から巣立って、JIBTで優勝できるチームが育つといいなと思っています。 浜名湖は日本の船外機メーカーYAMAHA, SUZUKI, HONDAの実験や工場を抱えています。 船外機の小型艇でも、参加できる日本では数少ない大会です。 おまけに、JGFAの大会と違い、ライクラスハンディの代わりに、 ボートサイズでハンディキャップを設けています。 2倍のハンディキャップです。 3年前には横須賀からボート陸送してきてくれたA艇はボストンホエラー17で、見事カジキとファイトしました。 真夏の浜名湖沖は、カジキが接近し、陸から10マイル以内でカジキが釣れます。 最高はV艇が陸から3マイルでカジキをヒットさせたこともあります。 浜松ビルフィシュトーナメントのほか。 遠州灘キャスティングトーナメント。 夏休み親子つり体験教室 上記の3つのイベントを核に浜名湖スポーツフィッシングフェスタと称して 浜名湖新居港の7月末のイベントに定着しています。 ことしも多くのみなさんのご参加を期待しています。 ビッグゲームルアーズのホームページから、参加申込書をダウンロードできます。

次の

2019年4月の浜名湖釣り情報。チヌ・シーバス事情

浜名 湖 カップ 2019

規則 1. 1 2017-2020ウィンドサーフィン競技規則(以下WCR)、フォーミュラウインドサーフィンクラスルールを適応する。 2 帆走指示書と各規則が矛盾する場合、帆走指示書を優先する。 広告 各艇は主催団体により提供された広告の表示要求をされる場合がある。 1 プロクラス(男女) JWAプロツアー規定のアップウインドコース 3. 2 オープンクラス(男女)プロクラスと同じルールと同海面・レースコース(1周) 3. 3 フォイルアビームクラス(男女)フォイルによるアビームからダウンウインドコース 4. 参加資格および参加方法 4. 1 2019年度JWAプロ会員とランキング会員、及びJWA一般、ユース・ジュニア、学連会員。 但し、年間ランキング取得希望者は技術検定一級保持者のみとする。 また、コンディションが激しくなった場合は1級、2級保持者のみの出艇制限を設ける場合がある。 2 フォイルアビームクラスはJWA会員登録の必要ありません。 3 プロクラスとフォイルアビームクラスのダブルエントリー可能。 プロクラスの参加費に追加分は必要ありません。 4 未成年者が参加する場合は、保護者が責任を持つことに同意していること。 5 自己及び、第3者への賠償を補償できる保険に入っている選手。 6 PCや携帯からデジエントリーより申し込むこと。 締め切りは8月31日(土)とする。 asp 参照) レイトエントリーは9月2日(月)までとし、参加費¥3,000が加算される。 参加費 プロクラス ¥15,000(施設使用料含む) オープンクラス ¥10,000(施設使用料含む) フォイルアビームクラス ¥5,000(施設使用料含む) 6. 日程 9月7日(土) 受付、インスペクション 09:00 開会式、スキッパーズミーティング 10:00 最初の予告信号予定時刻 10:55 引き続きレース 9月8日(日) 最初の予告信号予定時刻 09:55 引き続きレース 表彰式 閉会式 16:00 7. エキップメント 7. フォーミュラはFWクラス規定に定められた範囲。 風速規定は7knot〜25knotとする。 2 フォイルアビームクラス:フォイルを使用するほかは、ボード・セールの制限は設けない。 風速規定は7knot〜20knotとする。 帆走指示書 当日のスキッパーズミーティングまでに公式掲示板に掲示する。 レースエリア 添付はおよそのレースエリアを示す。 レースコース 10. 1 帆走すべきコースの詳細は当日のスキッパーズミーティングまでに公式掲示板に掲示する。 2 フォイル・フォーミュラウインドサーフィン プロクラスはJWAプロツアー規定のアップウインドコースで行う。 オープンクラスはプロクラスと同じルールと同海面、同時スタートのレースコース1周を行う。 3 フォイルアビームクラス アビームスタート後、ワンマークジャイブコース。 フォイル初心者でも安全に帆走できるコースを予定する。 得点 11. 1 最大レース数は7レースとして、1レースの完了により本大会は成立となる。 2 4レース以上成立の場合、最も悪い得点を除外した得点の合計で順位を決定する。 賞 12. 1 各クラスの表彰(参加者数により表彰数の変更をする場合があります)。 プロクラス プロクラスメンズ 1位〜3位 プロクラスウイメンズ1位〜3位 アマチュアメンズ 1位〜3位 アマチュアウイメンズ1位〜3位 (プロクラスの総合順位からアマチュア選手をピックアップして表彰する) オープンクラス 1位〜3位 オープンウイメンズクラス 1位〜3位 フォイルアビームクラス 1位〜3位 12. 2 JWAプロツアー規定に定められた方法にてJWAプロ会員に賞金を授与する。 責任 各選手は自己の責任において大会に参加するものとする。 主催団体、実行委員会、またはこの大会に関わる全ての関係者は、競技者の大会前大会中、大会後の死亡、怪我、病気またはその他の物質的な損害についての責任を負わない。 大会連絡先 wind jpwa. info まで.

次の

レース日程・結果

浜名 湖 カップ 2019

開会式で選手宣誓する湖西高の石川和輝主将=11日午前、湖西市の浜名湖電装吉美サッカーグラウンド 全国の高校サッカーの強豪校などが出場する第24回浜名湖カップサッカー大会が11日、湖西市の浜名湖電装吉美サッカーグラウンドで開幕した。 小、中、高の年代に分かれ、各12チームが16日まで、市内3会場で熱戦を繰り広げる。 高校の部には県内の伝統校の藤枝東、清水桜が丘高のほか、青森山田、前橋育英、国見(長崎)、滝川二高(兵庫)など全国トップレベルのチームが顔をそろえた。 予選リーグの後、順位決定戦を行う。 開会式では大会会長の影山剛士市長が「日本を代表する長谷部誠選手や岡崎慎司選手も参加した大会。 ここから日本、世界で活躍する選手が出ることを願っている」とあいさつ。 地元の湖西高3年の石川和輝主将が選手宣誓した。 同校は清水桜が丘高と開幕戦で対戦した。 高校の部は13日まで。 中学の部は15、16日、小学生の部は14、15日に行われる。 学生スポーツの記事一覧•

次の