お 店屋 さん ごっこ アイス クリーム 作り方。 お店屋さんごっこの手作りアイデアー品物の作り方と遊び方ー

【DIY】子供が大好きなごっこ遊びにオススメ! 「手づくりふわふわコーンアイス」の作り方

お 店屋 さん ごっこ アイス クリーム 作り方

今日は、皆が楽しみにしていたお店屋さんごっこの日でした。 11月に入り・・・各部屋で相談から始まりました!! 自分達でお店を選び、こんなものを作りたいとお店に並べる品物を皆で出し合いました。 皆の買い物袋の中は今日の楽しかった時間がぎゅーっと詰まっています。 うさぎ、もも、きくの好きな部屋に行って食べましたよ。 その時も、楽しかったお店屋さんごっこの話でもちきり・・・・。 「私、指輪買ったんや~!」「え~いいなぁ!私行った時、もう売り切れやったんや~」「レストランでたくさん食べてきた!おなかいっぱい!」「ぜーんぶ作ったもの売れて嬉しかった!」 と学年を超えて盛り上がっていました。 品物を作る中で困ったり分からないと言っている子には「こうするんだよ!」と寄り添ってあげる姿が見られました。 買い物中には、戸惑っている年下の子に「どれ買う?、これにする?」と優しく尋ねる姿が見られました。 今回、異年齢児での関わりの中で、子ども達の友達を思いやる優しい気持ちがたくさん伝わってきました。 こんな関わりをこれからも大事にしていきたいと思います。

次の

お店屋さんごっこをカラーボックスでDIY(手作り)!意外に簡単な作り方や材料も紹介します

お 店屋 さん ごっこ アイス クリーム 作り方

塗る、切る、貼るなど、簡単な工程にすると、いろいろな商品をつくることもできて楽しいですよ。 商品を作るときは、 子どもたちが作りたいものを作ることで、期待も高まります。 どんなお店屋さんにするかを事前に話し合う時間を作ることで、想像力を働かせたり、子ども同士のコミュニケーションにもつながりますね。 また、 導入に絵本をもってきて、 絵本の中に出てくる食べ物を作ってお店屋さんごっこをしよう!という流れも、イメージが膨らんで楽しいですよ。 お店屋さんごっこの雰囲気づくり お店屋さんごっこをするときは、 雰囲気づくりが大切です。 看板や レジ、 お財布や お金などを用意すると、より本物のお店屋さんに近づきます。 いすやテーブルをうまく使って、いろいろなお店を回れるような同線をつくると危険も少なく楽しめますよ。 お客さん役にはお買い物袋を用意してあげたり、お家から袋を持ってきてもらえるよう声をかけても良いですね。 お財布とお金を用意しよう お店屋さんごっこをする上で必要になるお金。 お財布を事前に自分たちで作り、名前も書いておくと失くす心配もありませんね。 作るときのポイントは、 作り方が簡単でお金の出し入れがしやすいこと、首から下げられるサイズのものがおすすめです。 新聞紙を使ってコップを作る、折り紙や画用紙を3つ折りにするなど、いろいろな作り方があるので試してみてください。 できたお財布には 絵を描いたり色を塗ったり、シールを貼ったりと、子どもたちが好きなように作れると個性もでて楽しいですね。 お金は保育士が準備をしても良いですし、子どもたちに作ってもらうのも良いでしょう。 低年齢クラスの場合は引換券を用意しておくと、やりとりもスムーズです。 おにぎり屋さん 材料• 新聞紙• キッチンペーパーや白いコーヒーフィルター、白い紙など 白米用• 黒い画用紙 海苔用• セロハンテープ• 丸シールやペンなど 具材用 キッチンペーパー 作り方 1、新聞紙を中に入れて白い紙で包む 2、中身がでてこないようにセロハンテープで貼る 3、丸シールやペンなどで具材を付ける 4、黒い画用紙で海苔 のり を貼って完成! 遊び方アドバイス• フードパックにおにぎりやバランを入れて並べると雰囲気がでます。 おにぎりも何種類(うめぼし、おかか、鮭など)か用意すると楽しいですよ。 また、おにぎりの横におかず(たくわんなど)をそえてあげても良いですね。 焼きそば屋さん 材料• 毛糸 茶色• 具材用の画用紙• お皿やフードパック 作り方 1、茶色の毛糸をハサミで適当な長さに切る 2、にんじんや紅ショウガ、きゃべつなどの具材を画用紙や折り紙で切る 3、フードパックやお皿に盛りつけて完成! 遊び方アドバイス 段ボールで鉄板を作ったら、もうそこは屋台の焼きそば屋さん! 鉄板に焼きそばを置いて、トングで取りながらフードパックに入れたり、割りばしも添えてあげたらお客さんも喜ぶこと間違いなしですね。 スポンサーリンク ピザ屋さん 材料• 画用紙 ピザ生地用• 画用紙や折り紙、シール トッピング用 作り方 1、画用紙を丸く切ってピザの生地、チーズを作る 2、好きな具材をいろいろな形に切る 3、切った具材を土台に貼って完成! 遊び方アドバイス• ピザの注文が入ったら、段ボールで作ったかまどに一度入れて焼いてから渡すのも楽しいですね。 本物のピザ屋さんのような箱に入れて売るのも雰囲気が出ます。 ピザ屋さんにあるサイドメニュー(ポテトやナゲットなど)も置いてもおもしろそうですね。 いかがでしたか?保育園のちょっとしたイベントとなるお店屋さんごっこには、商品作りから雰囲気作りまで、事前の準備が大切ですね。 お店の商品を最初から作ることで、子どもたちの期待もより高まりますよ。 作ったものが売れたときは、きっと子どもたちも大喜びですね。 ぜひお店屋さんごっこを通して、たくさんのことを学んだり、楽しむことができるような環境を作ってみてくださいね。 カテゴリー•

次の

【DIY】子供が大好きなごっこ遊びにオススメ! 「手づくりふわふわコーンアイス」の作り方

お 店屋 さん ごっこ アイス クリーム 作り方

塗る、切る、貼るなど、簡単な工程にすると、いろいろな商品をつくることもできて楽しいですよ。 商品を作るときは、 子どもたちが作りたいものを作ることで、期待も高まります。 どんなお店屋さんにするかを事前に話し合う時間を作ることで、想像力を働かせたり、子ども同士のコミュニケーションにもつながりますね。 また、 導入に絵本をもってきて、 絵本の中に出てくる食べ物を作ってお店屋さんごっこをしよう!という流れも、イメージが膨らんで楽しいですよ。 お店屋さんごっこの雰囲気づくり お店屋さんごっこをするときは、 雰囲気づくりが大切です。 看板や レジ、 お財布や お金などを用意すると、より本物のお店屋さんに近づきます。 いすやテーブルをうまく使って、いろいろなお店を回れるような同線をつくると危険も少なく楽しめますよ。 お客さん役にはお買い物袋を用意してあげたり、お家から袋を持ってきてもらえるよう声をかけても良いですね。 お財布とお金を用意しよう お店屋さんごっこをする上で必要になるお金。 お財布を事前に自分たちで作り、名前も書いておくと失くす心配もありませんね。 作るときのポイントは、 作り方が簡単でお金の出し入れがしやすいこと、首から下げられるサイズのものがおすすめです。 新聞紙を使ってコップを作る、折り紙や画用紙を3つ折りにするなど、いろいろな作り方があるので試してみてください。 できたお財布には 絵を描いたり色を塗ったり、シールを貼ったりと、子どもたちが好きなように作れると個性もでて楽しいですね。 お金は保育士が準備をしても良いですし、子どもたちに作ってもらうのも良いでしょう。 低年齢クラスの場合は引換券を用意しておくと、やりとりもスムーズです。 おにぎり屋さん 材料• 新聞紙• キッチンペーパーや白いコーヒーフィルター、白い紙など 白米用• 黒い画用紙 海苔用• セロハンテープ• 丸シールやペンなど 具材用 キッチンペーパー 作り方 1、新聞紙を中に入れて白い紙で包む 2、中身がでてこないようにセロハンテープで貼る 3、丸シールやペンなどで具材を付ける 4、黒い画用紙で海苔 のり を貼って完成! 遊び方アドバイス• フードパックにおにぎりやバランを入れて並べると雰囲気がでます。 おにぎりも何種類(うめぼし、おかか、鮭など)か用意すると楽しいですよ。 また、おにぎりの横におかず(たくわんなど)をそえてあげても良いですね。 焼きそば屋さん 材料• 毛糸 茶色• 具材用の画用紙• お皿やフードパック 作り方 1、茶色の毛糸をハサミで適当な長さに切る 2、にんじんや紅ショウガ、きゃべつなどの具材を画用紙や折り紙で切る 3、フードパックやお皿に盛りつけて完成! 遊び方アドバイス 段ボールで鉄板を作ったら、もうそこは屋台の焼きそば屋さん! 鉄板に焼きそばを置いて、トングで取りながらフードパックに入れたり、割りばしも添えてあげたらお客さんも喜ぶこと間違いなしですね。 スポンサーリンク ピザ屋さん 材料• 画用紙 ピザ生地用• 画用紙や折り紙、シール トッピング用 作り方 1、画用紙を丸く切ってピザの生地、チーズを作る 2、好きな具材をいろいろな形に切る 3、切った具材を土台に貼って完成! 遊び方アドバイス• ピザの注文が入ったら、段ボールで作ったかまどに一度入れて焼いてから渡すのも楽しいですね。 本物のピザ屋さんのような箱に入れて売るのも雰囲気が出ます。 ピザ屋さんにあるサイドメニュー(ポテトやナゲットなど)も置いてもおもしろそうですね。 いかがでしたか?保育園のちょっとしたイベントとなるお店屋さんごっこには、商品作りから雰囲気作りまで、事前の準備が大切ですね。 お店の商品を最初から作ることで、子どもたちの期待もより高まりますよ。 作ったものが売れたときは、きっと子どもたちも大喜びですね。 ぜひお店屋さんごっこを通して、たくさんのことを学んだり、楽しむことができるような環境を作ってみてくださいね。 カテゴリー•

次の