ポンタール カプセル。 ポンタールカプセル・ポンタール錠(メフェナム酸)の効果と副作用

インフルエンザの解熱にポンタールは危険!飲んでしまった場合の対処法は?

ポンタール カプセル

作用 【働き】 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。 熱を下げる作用もあります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 【薬理】 炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン PG という物質の生合成を抑制します。 プロスタグランジン PG の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによります。 この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ、いろいろな痛みに広く用いられています。 熱やノドの痛みをともなうカゼにも使います。• 化学構造的には、フェナム酸系に分類されます。 胃腸障害などの副作用は少ないほうです。• とくに、解熱効果が高いです。 注意 【診察で】• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 喘息やアレルギーのある人も医師に報告しておいてください。• 市販薬をふくめ使用中の薬を医師に教えてください。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人)。 子供のインフルエンザには原則的に用いません。 胃潰瘍など消化性潰瘍のある人も避けます(特別な胃薬と併用して用いることがあります)。 また、血小板減少などで出血が心配な場合も控えるようにします。 そのほか、肝臓病、腎臓病、心臓病、喘息、大腸炎、クローン病などの人も病状により使用できない場合があります。 副作用のでやすい高齢の人も慎重に用います。 適さないケース..アスピリン喘息、子供のインフルエンザ(インフルエンザ脳症との関連性が示唆される)、消化性潰瘍のある人、血小板減少症など重い血液の病気、重い肝臓病、重い腎臓病、重い心臓病(心不全)、重い高血圧症の人、妊娠末期の人など。• 注意が必要なケース..喘息、消化性潰瘍の既往歴のある人、血小板減少など血液に異常のある人、肝臓病、腎臓病、高血圧症、心臓病などのある人またはそれらの既往歴のある人、潰瘍性大腸炎やクローン病のある人、インフルエンザやデング熱などウイルス性感染症にかかっている人、妊娠中、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• ワルファリン(ワーファリン)をはじめとする抗凝固薬といっしょに飲むと、その作用が強まり出血が起きやすくなるかもしれません。 また、気分安定薬のリチウム(リーマス)の血中濃度を上昇させリチウム中毒を起こすおそれがあります。 併用するのなら、それらの減量を考慮する必要があります。• ある種の降圧薬(ACE阻害薬、ARB)や利尿薬(チアジド系薬)の作用を減弱させる性質があります。 併用のさいは、血圧のコントロールに留意するとともに、腎機能の悪化に注意が必要です。• 飲酒は控えめにしてください。 多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 食後すぐに多めの水(コップ1杯)でお飲みください。 頓服の場合も、できるだけ食後にあわせて飲んだほうがよいでしょう。 もし、空腹時に飲む場合は、軽食をとるか牛乳で飲めば、胃の負担が軽くてすみます。• カゼでは頓服が原則です。 頓服の指示がある場合は、症状のひどいときだけ使用してください。 よくなってきたら、早めに中止したほがよいでしょう。• 肩こりや腰痛、外傷などで使用している場合、漫然と続けず、痛みの程度により、減量や中止を考慮する必要があります。 症状がよくなったら、継続の可否についても医師とよく相談してみてください。 リウマチなど慢性的な炎症疾患は別として、鎮痛薬の安易な長期服用は好ましくありません。• 関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2〜4週間くらいかかることがあります。 指示された期間続けるようにしてください。 【妊娠授乳】 妊娠中はできるだけ控えます。 どうしても必要な場合は、必要最小限の範囲で用います。 妊娠末期の長期連用は避けなければなりません。 【その他】• 胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。• 他の人、とくに子供には代用しないでください。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 この薬とインフルエンザ脳症との関連性も指摘されています。 効能 【一般】• 1.手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解。• 2.次の疾患の消炎、鎮痛、解熱//変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛(他剤が無効な場合)、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛。• 3.次の疾患の解熱・鎮痛//急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)。 【シロップ】 次の疾患の解熱・鎮痛//急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む) 用法 【一般】• [効能1、2]メフェナム酸として、通常、成人1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。• [効能3]通常、成人はメフェナム酸として、1回500mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とすること。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。 【シロップ】 通常小児1回0. なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとする。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは胃痛や下痢などの胃腸症状です。 重症化することはまれですが、胃潰瘍や大腸炎などにも念のため注意が必要です。 とくに高齢の人、あるいは服用が長期になるときは気をつけてください。 人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがあります。 アレルギー体質の人や、もともと喘息のある人は注意してください。 そのほか、腎臓や肝臓の働きが悪くなったり、血液に異常があらわれることがあります。 リウマチなどで長期に服用する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよいでしょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 消化管潰瘍・大腸炎..胃痛、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下痢、下血(血液便、黒いタール状の便)、吐血(コーヒー色のものを吐く)。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔のむくみ・腫れ、のどが腫れゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。 【その他】• 下痢、胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎。• 発疹、じんま疹。• むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。• 体温の下がり過ぎ(とくに乳児)。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ポンタール錠・散(メフェム酸)の効果と特徴

ポンタール カプセル

本項には頻度が算出できない副作用報告を含む。 総症例12,070例 散剤を含む 中、795例 6. 重大な副作用 頻度不明• ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー 胸内苦悶、冷汗、喉頭浮腫、呼吸困難、四肢しびれ感、低血圧、結膜充血等 を起こすことがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 溶血性貧血、無顆粒球症:自己免疫性溶血性貧血、無顆粒球症、顆粒球減少が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 また、高齢者では長期投与した場合、自己免疫性溶血性貧血が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 骨髄形成不全:骨髄形成不全が現れることがあるので、血液検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 :中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎:急性腎障害、ネフローゼ症候群、間質性腎炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症等の検査所見が現れた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 消化性潰瘍、大腸炎:消化性潰瘍、大腸炎、吐血、下血、血便等の消化管出血が現れることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 その他の副作用• 血液: 頻度不明 血小板減少性紫斑病、血小板機能低下 出血時間延長 、血小板減少、好酸球増多[投与を中止する]。 過敏症: 0. 1~1. 感覚器: 頻度不明 霧視。 肝臓: 頻度不明 黄疸、AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 、Al-P上昇、肝障害。 消化器: 0. 1~1. 精神神経系: 0. 1~1. その他: 0. 1~1. 使用上の注意 禁忌• 消化性潰瘍のある患者[本剤の直接作用及びプロスタグランジン生合成抑制により、胃の血流量が減少し、消化性潰瘍を悪化させることがある]。 重篤な血液異常のある患者[プロスタグランジン生合成抑制による血小板機能障害等の血液異常を悪化させることがある]。 重篤な肝障害のある患者[重篤な肝障害患者は、肝機能が著しく低下しているため、本剤の代謝が十分に行われず、異常な体内分布を起こす恐れがあり、また、肝の代謝機能が過重となり、肝障害を悪化させることがある]。 重篤な腎障害のある患者[重篤な腎障害患者は、薬物排泄機能が著しく低下しているため、本剤の排泄が十分に行われず、異常な体内分布を起こす恐れがあり、また、プロスタグランジン生合成抑制により腎機能が低下するため腎障害を悪化させることがある]。 重篤な心機能不全のある患者[腎のプロスタグランジン生合成抑制により、浮腫、循環体液量の増加が起こり、心臓の仕事量が増加するため症状を悪化させる恐れがある]。 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 アスピリン喘息 非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発 又はその既往歴のある患者[気管支拡張作用を低下させ喘息発作を誘発することがある]。 重篤な高血圧症の患者[腎のプロスタグランジン生合成抑制により、水、ナトリウムの貯留が起こり、浮腫、血圧上昇を起こす恐れがある]。 過去に本剤により下痢を起こした患者[本剤に対し耐薬性を失い、下痢を再発することが多い]。 妊娠末期の婦人。 慎重投与• 消化性潰瘍の既往歴のある患者[潰瘍を再発させることがある]。 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある患者で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている患者[ミソプロストールは非ステロイド性消炎鎮痛剤により生じた消化性潰瘍を効能・効果としているが、ミソプロストールによる治療に抵抗性を示す消化性潰瘍もあるので、本剤を継続投与する場合には、十分経過を観察し、慎重に投与する]。 血液異常又はその既往歴のある患者[自己免疫性溶血性貧血、顆粒球減少等の副作用が起こりやすい]。 出血傾向のある患者[血小板機能異常が起こり、出血時間延長することがある]。 肝障害又はその既往歴のある患者[肝障害を悪化又は再発させることがある]。 腎障害又はその既往歴のある患者[腎血流量が減少し、非乏尿性急性腎障害が起こることがある]。 心機能異常のある患者。 過敏症の既往歴のある患者[過敏症 発疹等の皮膚症状 を再発させることがある]。 気管支喘息のある患者[病態を悪化させることがある]。 高齢者。 SLE 全身性エリテマトーデス の患者[病態を悪化させることがある]。 高血圧症の患者[病態を悪化させる恐れがある]。 潰瘍性大腸炎の患者[病態を悪化させることがある]。 クローン氏病の患者[病態を悪化させる恐れがある]。 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児[代謝・排泄機能が未熟である]。 食道通過障害のある患者[食道潰瘍が起こることがある]。 重要な基本的注意• 小児のインフルエンザに伴う発熱に対しては、原則として本剤を投与しない。 消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。 慢性疾患 変形性関節症 に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 慢性疾患 変形性関節症 に対し本剤を長期投与する場合には定期的に臨床検査 尿検査、血液検査及び肝機能検査等 を行い、また、異常が認められた場合には減量、休薬等の適切な措置を講ずる。 慢性疾患 変形性関節症 に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、次の事項を考慮する。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、急性炎症、疼痛、発熱の程度を考慮し投与する。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原則として同一薬剤の長期投与を避ける。 急性疾患に対し本剤を用いる場合には、原因療法があればこれを行う。 患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する。 過度の体温下降、虚脱、四肢冷却等が現れることがあるので、特に高熱を伴う幼小児及び高熱を伴う高齢者又は消耗性疾患の患者においては、投与後の患者の状態に十分注意する。 感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染による炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤を併用し、観察を十分に行い慎重に投与する。 他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。 高齢者及び小児には副作用の発現に特に注意し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に投与する。 眩暈、眠気が現れることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に注意させる。 相互作用 併用注意:• クマリン系抗凝血剤 ワルファリン [その抗凝血作用を増強することがあるので注意し、必要があれば減量する 次のような機序が考えられる:1 in vitroにおいて、本剤がワルファリンをアルブミン結合部位から遊離置換させ、遊離の活性ワルファリンが増加するとの報告がある、2 本剤のプロスタグランジン生合成抑制作用により血小板凝集が抑制され、血液凝固能が低下する、3 本剤のプロスタグランジン生合成抑制作用により消化管粘膜障害が起こり、出血が起こりやすくなる ]。 第10a因子阻害剤[出血の危険性を増大させる恐れがある 抗血栓作用を増強するためと考えられる ]。 リチウム製剤 炭酸リチウム [血中リチウム濃度を上昇させリチウム中毒を起こすことがあるので血中のリチウム濃度に注意し、必要があれば減量する 本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成抑制作用により、炭酸リチウムの腎排泄が減少し血中濃度が上昇するためと考えられる ]。 チアジド系利尿剤 ヒドロクロロチアジド等 [その利尿・降圧作用を減弱する恐れがある 本剤の腎におけるプロスタグランジン生合成抑制作用により、水、ナトリウムの排泄を減少させるためと考えられる ]。 降圧剤:• 降圧剤 ACE阻害剤、アンジオテンシン2受容体拮抗剤等 [その降圧作用を減弱する恐れがある 本剤のプロスタグランジンの生合成抑制作用により、これらの薬剤の降圧作用を減弱させる可能性がある ]。 降圧剤 ACE阻害剤、アンジオテンシン2受容体拮抗剤等 [腎機能を悪化させる恐れがある 本剤のプロスタグランジンの生合成抑制作用により、腎血流量が低下するためと考えられる ]。 高齢者への投与 少量から投与を開始するなど、患者の状態を観察しながら慎重に投与する[高齢者では、副作用が現れやすい]。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 他の消炎鎮痛剤を妊娠末期に投与したところ、胎児循環持続症 PFC が起きたとの報告がある。 妊娠末期のラットに投与した実験で、胎仔動脈管収縮が報告されている。 授乳中の婦人には授乳を中止させる[母乳中へ移行することが報告されている]。 小児等への投与 小児のインフルエンザに伴う発熱に対しては、原則として本剤を投与しない。 臨床検査結果に及ぼす影響 イクトテストによる尿ビリルビン検査では偽陽性を呈するので、他の検査法を行う。 過量投与 本剤の過量投与により、痙攣、急性腎障害などが報告されているので、過量投与が判明した場合は、胃洗浄、活性炭の投与を施すなど、症状に応じて適切な処置を行う。 適用上の注意• 服用時:食道に停留し崩壊すると、食道潰瘍を起こすことがあるので、多めの水で服用させ、特に就寝直前の服用等には注意させる。 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 その他の注意 非ステロイド性消炎鎮痛剤を長期間投与されている女性において、一時的不妊が認められたとの報告がある。

次の

(無効20190430) ポンタールカプセル250mg ポンタール錠250mg

ポンタール カプセル

ポンタールの頭痛や歯の痛みなどへの効果|何錠使うかも ポンタールは 頭痛や 歯の痛み、 生理痛や 解熱などに使われる解熱鎮痛剤です(ただし、頭痛に関しては他剤が無効の場合)。 様々な痛みに使うことができる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の一つであり、ロキソニンやボルタレンなどと同じグループの解熱鎮痛剤です。 またポンタール錠250mgとポンタールカプセル250mgは痛みに対しては初回の使用では500mg(2錠もしくは2カプセル)を使用し、その後は6時間ごとに250mg(1錠もしくは1カプセル)という使い方が一般的です。 風邪などに対して使う場合は500mg(2錠もしくは2カプセル)を症状がある時に使用するケースが多い薬です。 ポンタールの効能効果と用法用量の詳細は以下の通りです。 手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解 メフェナム酸として、通常、成人1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 下記疾患の消炎、鎮痛、解熱 変形性関節症、腰痛症、症候性神経痛、頭痛 他剤が無効な場合 、副鼻腔炎、月経痛、分娩後疼痛、歯痛 メフェナム酸として、通常、成人1回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 下記疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む 通常、成人にはメフェナム酸として、1回500mgを頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とすること。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 1 ポンタールカプセル250mg/ポンタール錠250mg 添付文書 ポンタールの副作用|眠気の有無は? ポンタールの主な 副作用は 下痢や 嘔吐、 発疹とされていますがこれらの副作用の頻度も0. その他にも頭痛や眠気、めまいなどの副作用も報告されていますが、頻度は不明とされており、頻発するような副作用ではないと考えられます。 ただし、眠気やめまいに関しては、重要な基本的注意として、自動車運転などは注意する旨の内容が注意喚起されていることもあり、特に初めて使用する場合は注意するよう心がけましょう。 めまい、眠気があらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械の操作に注意させること。 ポンタールカプセル250mg/ポンタール錠250mg 添付文書 その他注意することとして、 インフルエンザの解熱ではポンタールは推奨されません。 特に小児のインフルエンザにおいては原則ポンタールを使用しないことになっています。 インフルエンザの可能性がある場合は、自己判断でポンタールを使用することは絶対にやめましょう。 このため、日本小児科学会ではインフルエンザに伴う発熱に対して使用するのであればアセトアミノフェン(製品名:カロナール、アンヒバなど)を推奨しています。 インフルエンザの場合はポンタールの使用に関して十分な注意が必要ということを理解しておきましょう。 ポンタールの授乳中の使用 ポンタールの授乳中の使用は製薬会社からは推奨されておらず、 授乳中に使用する場合は授乳を中止するように注意喚起しています。 授乳中の婦人には授乳を中止させること。 [母乳中へ移行することが報告されている] ポンタールカプセル250mg/ポンタール錠250mg 添付文書 しかし、ポンタールの外国のデータでは、授乳中の母親に初回 500mg、その後、250mg 1 日 3 回 4 日間連続投与しても、乳汁中の薬物濃度は対照の乳汁と近い数値を示し、乳汁中への移行は極少量であると推定されるとしており 2 、実際には授乳中でもほとんど影響ないことが予想されます。 また、ポンタールには錠剤とカプセルのほか、シロップ、粉薬の散剤と細粒もあり、乳幼児でも使う薬であるため、仮に授乳で乳児が成分を摂取しても大きな影響はないと考えられます。 医師が授乳中であることを知った上で処方された場合はあまり心配せず使用するようにしましょう。 なお、授乳中であっても基本的に何錠使用するかなどの用法用量は通常のものと変わりありません。 2 ポンタールカプセル250mg/ポンタール錠250mg インタビューフォーム ポンタールを市販で買える? ポンタールの成分であるメフェナム酸を含んだ市販薬は現在は販売されていません。 従ってポンタールは基本的には 市販で買うことはできません。 ただし、ポンタールは医療用医薬品(基本的には処方箋により調剤される医薬品)の中でも「処方箋医薬品以外の医薬品」に分類され、厳密に言えば処方箋がなくても調剤薬局などで例外的に購入することが可能な場合があります。 中には他の解熱鎮痛剤では効きが悪く、ポンタールが使いたい、クリニックの診療時間でない、クリニックにいく時間がない、などのケースでは、かかりつけの調剤薬局がある場合はポンタールを販売してもらえるか相談するのも一つの手と言えます。 ただし、調剤薬局側では処方箋なしの場合は必ずしも応需義務がないため、購入できないケースも多々あることを知っておきましょう。 その他に個人輸入(通販)で入手するという方法もありますが、こちらは品質が粗悪の可能性や、値段が適正でない可能性、万が一重い副作用が出た時に国からの救済制度を利用できない可能性などもあるため、利用する場合は自己責任の部分が大きいことを予め理解しておきましょう。 ポンタールとロキソニンの違いや併用 ポンタールは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に該当する薬であり、同じNSAIDsでは ロキソニンなどが有名です。 ポンタールとロキソニンの一番の 違いは効果が出るまでの速さと言えます。 ロキソニンは速ければ15分から30分で効果が出るとされており、非常に即効性に優れている薬と言えます。 ただし、ロキソニンは効果がなくなる時間も比較的早いと言われています。 突発的な痛みに対してはロキソニン、比較的持続的に続いている痛みに対してはポンタールなどが使い分けの一例と言えそうです。 また、特別なケースを除き、ポンタールとロキソニンを 併用することはあまりありません。 同じNSAIDsであるため、併用しても相乗効果はあまり期待できません。 医師からの指示がある場合を除き、自己判断でポンタールとロキソニンを併用するようなことは避けましょう。 ポンタールとボルタレン、ロキソニンとの違いや併用 同じNSAIDsでは ボルタレンも比較的よく使われる薬の一つです。 ボルタレンもポンタールと同じような効果を期待して使用する薬であり、大きな 違いはないと言えますが、一般的に作用が強いのはボルタレンと言われています。 ただし、これらには個人差も大きく、人によってはポンタールが一番よく効果を実感できるというケースもあり得るため、自分に合っている薬を使用するのが一番といえるでしょう。 ボルタレンに関してもポンタールと併用することはあまりありません。 こちらも医師からの指示がある場合を除き、自己判断でポンタールとボルタレンを 併用するようなことは避けましょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の