ピアニシモ。 ‎Apple Podcast内の癒しのピアニシモ

【2018年10月更新】ピアニッシモタバコ銘柄一覧!全12種類のパッケージ画像と現在の値段・詳細

ピアニシモ

癒しのピアニスト「渡辺かづき」と、現実的スピリチュアル・セラピスト「菊山ひじり」がお贈りする、音楽やセラピーを通して癒しを感じていただく番組です。 「本当のご自身を見失ってしまった時、ひそやかな魂の声をひろっていけるように…。 」そんな願いをこめて、お話・セラピー・誘導瞑想・音楽で癒しのひとときをお届けします。 ゆったりとした気分でお楽しみください。 番組では、皆さまからのお悩みの相談や、ちょっと聞いてみたいスピリチュアルな質問などを受付けています。 また番組へのご感想やリクエストなどもお気軽にお送りください。 24年超の瞑想体験を、即興演奏や作曲に生かしている。 これまでに自身のレーベル・ブリスフルミュージックより13作のCDをリリース。 com 【菊山ひじり】2005年より5000人以上へのセラピー実績を持つセラピスト。 各種セラピー施術、瞑想や丹田・中心軸の指導等幅広く活躍。 それで今回はチャクラの回転について 質問です。 回転の方向が分からなくなる時が あります。 時計回り、反時計回り、と やってみるのですが、 古い時計のネジを回すように ギシギシしている時があったり、 チャクラ毎に回転する方向が違ったり。 最初は時計回り?と 思っていても 回していると 急に反時計回りでスッと明るくなったり。

次の

『ピアニシモ (集英社文庫)』(辻仁成)の感想(144レビュー)

ピアニシモ

癒しのピアニスト「渡辺かづき」と、現実的スピリチュアル・セラピスト「菊山ひじり」がお贈りする、音楽やセラピーを通して癒しを感じていただく番組です。 「本当のご自身を見失ってしまった時、ひそやかな魂の声をひろっていけるように…。 」そんな願いをこめて、お話・セラピー・誘導瞑想・音楽で癒しのひとときをお届けします。 ゆったりとした気分でお楽しみください。 番組では、皆さまからのお悩みの相談や、ちょっと聞いてみたいスピリチュアルな質問などを受付けています。 また番組へのご感想やリクエストなどもお気軽にお送りください。 24年超の瞑想体験を、即興演奏や作曲に生かしている。 これまでに自身のレーベル・ブリスフルミュージックより13作のCDをリリース。 com 【菊山ひじり】2005年より5000人以上へのセラピー実績を持つセラピスト。 各種セラピー施術、瞑想や丹田・中心軸の指導等幅広く活躍。 それで今回はチャクラの回転について 質問です。 回転の方向が分からなくなる時が あります。 時計回り、反時計回り、と やってみるのですが、 古い時計のネジを回すように ギシギシしている時があったり、 チャクラ毎に回転する方向が違ったり。 最初は時計回り?と 思っていても 回していると 急に反時計回りでスッと明るくなったり。

次の

ぴあにしも

ピアニシモ

辻仁成さんの処女作。 設定や表現力、ストーリーなどは彼の他の作品のほうがより洗練されているが、 この作品には処女作ならではの鮮烈さ、フレッシュさがあると思う。 この荒削りな感じが 中学生のいびつな心理とぴったり合っている。 大人になってから俯瞰して読んでしまうと 何でもない話のように思えてしまうかもしれないが、 まさに中二病真っ只中の人間が読むと この主人公の心理に共感出来ると思う。 辛い現実から逃避したい、 自分は特別だと思いたい、 自分はこの世界での評価より、もっとすごくて偉いはずだという妄想。 しかし、誰しもいつかはそういったものと決別し 成長しなければならない。 私は中学生の頃に辻仁成さんの本を何冊か読んでいたが、 その中でこの作品が一番印象に残っている。 ロック・ミュージシャンの辻仁成が、すばる文学賞を受賞したと知り、最初はほんの興味本位で読み始めた。 半分は冷やかしだ。 こういうものは片手間に出来ることじゃないのだと、批判めいた気持ちも持っていたかもしれない。 ミュージシャンと作家を両立してやっていくつもりなのかと動向を見守っていたのだが、最近の辻仁成を見ると、どうやら作家一本に的を絞ったようだ。 『ピアニシモ』は、2013年の現在再読してみると、1990年に初めて読んだ時とは全く違う感想を持つ、私にとっては珍しい作品だ。 当時はまだケータイもパソコンも今ほど普及していないから、秘密の交信の場として花形だったのは、伝言ダイヤルというシステムだ。 これはもうほとんどが売春などに関するメッセージばかりで、小さな社会問題となっていた。 『ピアニシモ』では、十代の主人公トオルが、伝言ダイヤルで知り合ったサキとの電話のやりとりにすっかりハマってしまうというものだ。 匿名性の強い分、単なる電話だけのやりとりだと割り切ってしまえば、あるいはゲーム感覚でそのバーチャルな世界を堪能することが出来たであろう。 だが主人公のトオルは、そうではなかった。 裕福な家庭に生まれ育ち、小遣いには事欠かないが、氷のように冷え切った親子関係に心の休まることはなく、学校でも凍るような視線を向けられ、友だちが誰一人としていない教室に針のむしろ状態だった。 そんな中、トオルの孤独を癒すのはヒカルだけ。 だがヒカルという存在は、トオルが自分の中で作り上げた、いわば幻でしかなく、実在しないものなのだ。 以前読んだ時は、なんという孤独な小説なのだろう、行き場のない若者をさらに荒廃の闇へと追い討ちをかけるものなのだろうかと、ずいぶん暗い気持ちになった。 青春とは、決してバラ色でないことぐらい知っていたはずだが、それでもこれほどまで狂信的な孤独を強要させる小説というものは、耐え難かった。 ところがどういうことか、今読むと、全く違う感想だ。 これはあくまで少年期における、度の過ぎた反抗期を描いたものなのでは?と思うわけだ。 皆少なからず若い時には苛められたり、親子喧嘩したり、友人に騙されたり、それこそありとあらゆる苦い体験をするのだ。 そういうものを文学という名を借りた青春小説にまとめると、このような作品に生まれ変わるのだろう。 少年から大人に成長する時、誰もが自己否定と自己消失と自己憐憫に戸惑う。 どんな形であっても、人は大人になってゆく。 気づかなかったことも、気づき始め、やがては孤独にも慣れてゆく。 人は一人で生まれ、一人で去ってゆくのだから。 『ピアニシモ』は、大人になってから読んでも、さして衝撃は受けない。 思春期の心情を、痛いくらいリアルに描いた作品 転校生ということで、イジメの対象となってしまう主人公:トオル そして唯一、歯向かえる人物が母親であり そんな母親に"ちゃん付け"されて呼ばれることに、激しい憎悪を抱く 裏返せば、己の未熟さに気付いているからこそ、の憎悪である 友達がいない、という現実を紛らわすために ヒカルという架空人物を、妄想で創り出す また、このヒカルの反抗的な性格が、トオルとは真逆であるため トオルは、ヒカルに羨望を抱き、投影しているものと思われる そんな主人公:トオルが、ラストシーン手前で サキに言われた『私はなりきってただけよ』という発言に 同志の裏切りを感じたと共に、現実を突き付けられ "そんな残酷な現実にも、立ち向かっていかなければ" と決心したところで、この小説の幕は閉じる 辻仁成の小説を読むのは、初めてだったが、十分に衝撃を受けた また、これは著者の意図的なのか天然なのか 自意識過剰な比喩表現が、思春期の心情とマッチしていた ぜひ、多くの人に読んでもらいたい小説ではあるが 思春期最中の子 イジメられっ子とか にオススメするとなると 僕は、どうもためらってしまう というのも、あまりにリアルに描きすぎていて 読者が、残酷な現実を受け入れきれるのかどうか、が心配だから 読んだのは実に中学以来です。 当時を越える衝撃を受けたと言っても言い過ぎではありません。 主人公トオルは、孤独な少年です。 トオルにとって、父は「あの人」母は「あんた」でしかなく、新しく転入した学校でもクラスの生徒、教師たちは運命を受け入れて無表情。 なぜこんなにも人間社会は住みにくいのか?なぜみんな自分を殺して無表情に生きているのだ?誰でも子供の頃に抱いた感情でしょう。 そんな社会をトオル(ひと時の私たち)は冷ややかに見つめています。 ヒカルという子供じみた偶像と同居し、押し隠した本音(社会に対するアンチテーゼ)を彼に語らせることで「人と分かり合えない自分(なんで自分はこんなに自信がないのか)と「好き勝手やりたい自分(社会に従順でありたくない)」が乖離してしまう恐れを昇華したのではないでしょうか。 最終的に(ネタばれでもあるのですが)「現実」にイヤでも向き合わざるを得ないことに気づき、徐々に、そして一気に大人へと成長するトオル(いささか当たり前すぎる感じですか?)を目の当たりにして、何か思い出すものがあるはずですよ。 ああ、こんなに正義感に、違和感に溢れてた時があったんだよなぁ…と。 他には、とても印象的で鮮明な情景描写も個性的です。 文章の美麗さが物語を引き立てている、珍しい作品ですね。 少なくとも情景描写がくど過ぎず、目に付かない。 星5つ。 涙はしませんが、星5つ。 特1にヒカルを消し去る瞬間は、圧巻(であってほしい…)ですよ。

次の