サザン オールスター ズ wowow。 サザンオールスターズ、画面越しに届けた感謝と笑顔 無観客の横浜アリーナを彩った「Keep Smilin’」公演(CDジャーナル)

サザンオールスターズが50万人を魅了、無観客配信ライブで見せたバンドとエンタメの底力

サザン オールスター ズ wowow

2020年6月25日(木)にデビュー42周年を迎えたサザンオールスターズ。 42年目にして新たな試みに挑戦し、バンド史上初となるWEBでの無観客リモートライヴ〈サザンオールスターズ 特別ライヴ 2020「Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!! ~」〉を同日に開催しました。 30曲以上のミュージック・ビデオのWEB公開や、桑田佳祐のレギュラー番組での特別生歌企画、WOWOWでの12時間に及ぶライヴ特番無料放送など、様々な取り組みを続けています。 その流れの中で、急遽、桑田発案のもと大規模会場からの無観客配信ライヴ開催が決定。 日頃応援してくれているファンへの感謝はもちろんのこと、身近なライヴスタッフたちへの感謝の気持ちを表わしたものであり、実際、コロナ禍で困難を極めているライヴスタッフにとっては、今回の特別ライヴがこの上ない力になっているとのこと。 収益は一部、アミューズ募金を通じて、現在最前線で新型コロナウイルス感染症の治療や研究開発にあたっている医療機関のために役立てられます。 「いつも心に音楽を」、「音楽を通じて皆さんが笑顔でいられますように」というサザンの想いが、無観客での配信ライヴというかたちで実現し、まさにコロナ禍で大打撃を受けたエンタメの新たな形を提示、エンタメ界復興の狼煙をあげる格好となりました。 2時間の演奏時間で合計22曲を演奏、推定視聴者数は50万人超え。 配信チケット購入者18万人という本公演のライヴ映像は、ABEMAを除く7つの配信プラットフォームにて、6月28日(日)いっぱいまで、見逃し配信を視聴することが可能。 [ライヴ・レポート] 横浜アリーナ 無観客リモートライヴ(6月25日配信開始20:00) 時刻は午後8時。 通常であれば、鳴り止まない歓声が会場に響くが、今回は無観客で行われる配信ライヴということで、画面越し盛り上がってくれているファンへ想いを馳せながら、サザンオールスターズが登場。 『サザンオールスターズ 特別ライヴ 2020 「Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!! ~」』の幕開けを飾ったのは1990年にリリースされた9th Album『SOUTHERN ALL STARS』に収録の「YOU」。 キーボードの音色から始まるミディアムナンバーだ。 続けてライヴの定番曲「ミス・ブランニュー・デイ MISS BRAND-NEW DAY 」、「希望の轍」を披露。 熱のこもった演奏に、画面越しで日本中を熱狂させる。 「希望の轍」では、歌詞を「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう」と変えて歌い、コロナ禍で闘うすべての人に労いの言葉をかけた。 会場には、40台にもおよぶカメラが設置され、通常観客が入っていては配置することができない場所に位置するカメラの絵作りが、画面を見守る観客に、新鮮な興奮を与えたに違いない。 照明やミラーボールも客席内にも設置されるなど、今回ならではの演出が随所に施された。 MCをはさみ「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」「フリフリ '65」といったロックナンバーでライヴのボルテージを上げたと思いきや、「シャ・ラ・ラ」では原 由子とのデュエットを披露、この曲では「早くまたみなさんにお逢いできますように」というメッセージが映し出され、元通りのライヴができるようになることを願った。 「天井桟敷の怪人」を皮切りに、ステージにはダンサーも登場!そしてその後の「真夏の果実」からは、客席一つ一つに設置された、普段はライヴで観客に配布され腕に着けるリストバンド型ライトが美しく光りだし、無観客であることを忘れさせる空間を生み出した。 その光景はまるで、「いつの日かまた会場でお会いしましょう!」というサザンオールスターズからのメッセージのよう。 さらに「東京VICTORY」では客席の真ん中に煌々と灯がともる聖火台が登場するなど、無観客ならではの華やかな演出も。 なお、桑田の「ヅラ」には、このコロナ禍におけるメッセージとして、「疫病退散!! 」の文字も書かれていた。 そして本編ラストに披露したのは、42年前の6月25日にリリースしたデビュー曲「勝手にシンドバッド」。 無観客の客席にサンバダンサーが登場するなど、会場はお祭り状態!途中歌詞を「いつになればコロナが 終息するのかな!?お互いにそれまでは グッと我慢の暮らし 続けましょう!!」と替えて歌い改めてコロナ禍における結束を呼び掛ける一幕も。 サザンオールスターズだからこそできるエンターテインメントの粋とも言うべき、極上のショーが繰り広げられた。 アンコールで披露された「ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~」では、ステージ上のビジョンに、このライヴを開催するにあたり、細心の注意を払いながら成功に向け全力で自身の仕事に取り組むスタッフ一人一人の姿が映し出された。 そして感謝の気持ちを歌詞にしたOvertureを歌い上げると、いよいよ最後のナンバー「みんなのうた」に突入。 この一連の流れが、約400人のスタッフ、サポートミュージシャン、ファン、そしてサザンオールスターズの全員がワンチームとなり、今回のライヴを作り上げていることを表現し、このライヴがタイトル通り「特別」なものであることを印象付けた。 ライヴの最後に、サザンオールスターズメンバー5人がステージ前方に集まり、「こんな寂しい横浜アリーナも初めてですけども、1日も早い皆さんとの再会を、サザンのメンバー、そしてスタッフ一同願っております。 どうもありがとうございました!」と桑田が語り、無観客ながら熱狂と興奮と感謝に満ち溢れた特別なライヴは幕を閉じた。 Photo by 岸田哲平.

次の

サザンオールスターズ Official Site

サザン オールスター ズ wowow

サザンオールスターズ初の無観客配信ライブ『サザンオールスターズ 特別ライブ2020「Keep Smilin~皆さん、ありがとうございます!! 〜」』が42回目となるデビュー記念日、6月25日に横浜アリーナにて開催された。 今回のライブ、開催告知がされたのは約半月前の6月9日。 急きょ決定したライブであることがこのことからもよくわかる。 ライブ当日、取材陣は横浜アリーナではなく、所属レコード会社の会議室に集まり、長机1台につき1人というソーシャルディスタンスを保った状態で着席し、前方に設置されたスクリーンを見つめながら配信がスタートするのを待った。 こういう形でライブレポートを書くのはもちろん異例。 若干の戸惑いはあったものの、それ以上にセットリストや演出が気になって仕方がない。 特に演出に関してはどこまで派手なものになるのか、通常よりも控えめなものになるのか非常に気になっていた。 これはファンだけでなく、音楽業界関係者も固唾を呑んで注目していたはず。 このライブが今後の日本のエンタメの新しい形を築いていく上で大きな手本のひとつになるからだ。 配信は定刻を10分過ぎたあたりからスタート。 客席にはスタッフ以外誰もいないという異様な光景が映し出され、視聴にあたっての注意が影アナによって告げられたあとに暗転。 あからさまにSEだとわかる歓声(これはライブ中も曲の前後やMC中に挿入されることになるのだけど、意外にもかなり効果的だった)が大所帯のバンドメンバーを出迎える。 桑田佳祐は首の左にキスマークのメイクつき。 1曲目に鳴らされたのは「YOU」。 そこから「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」「希望の轍」と日本が誇る名曲が立て続けに放たれていく。 とてつもなく豪華なセットリストに早くも膝から崩れ落ちそうになった。 「希望の轍」のCメロでは歌詞を「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう」と変えて披露するという特別仕様。 MCでは、デビュー42周年にあたっての感謝の言葉をファンやスタッフへ伝え、今回のライブの意義を改めて語る。 そして、「姿は見えないけど皆さんの魂がここにはあります」と締めくくったあと、桑田が「それでは、最後の曲です」と冗談を飛ばすとしっかりとSEでブーイングが飛んでくる。 こういう芸の細かさがいい。 ああ、そう言えば、目の前に観客はいずとも「スタンドー! アリーナー!」は健在。 呼びかけられるエリアごとに空席が映し出されるのがシュールで笑えた。 セカンドブロックは「Big Star Blues (ビッグスターの悲劇)」「フリフリ65」とロックンロールをかき鳴らした後、歌謡ナンバー「朝方ムーンライト」につなぐというサザンらしい振り幅で飽きさせない。 原由子のコーラスも耳に心地いい。 「シャ・ラ・ラ」で聴かせた複雑なコーラスワークも見事だった。 自粛期間が長く続き、思うようなリハもできなかっただろう。 しかし、蓋を開けてみればこの安定感。 演奏も含めてまったく危なげがない。 未曾有の異常事態においてもなお、42周年を迎えたバンドの底力を見せつけるという結果になったのだ。 というより、サザンオールスターズというバンドはこの42年間、ずっとすごかった。 このライブはファンやスタッフ、エッセンシャルワーカーといった様々な人たちへ感謝を示すことや、エンタメの新たな形を提示することが大きな趣旨ではあるが、世の中がどんな状況になっても自分たちは全力でカマし続けるという宣言でもあったのだろう。 「天井桟敷の怪人」からはダンサーも登場。 さらに、ステージにシャンデリアが現れ、スクリーンに映し出される映像の前で女性ダンサーがタンゴを舞う。 続く「愛と欲望の日々」ではダンサーの数が一気に増え、ステージ前方では炎が揺らめく。 演出にもまったく抜かりがないどころから、曲を重ねるごとにド派手になっていく。 映像面では無観客ならではの工夫が見られた。 通常のライブでは配置されないような位置にカメラがあるのだ。 まず、センター席最前列に鎮座する大型クレーン。 こんなカメラ配置は通常のライブで見ることはまずない。 あったとしたらクレームの嵐だ。 だが今回は無観客。 このカメラのおかげでどのアーティストのライブ映像でもお目にかかることのないカメラワークを楽しむことができた。 特に、引き画から桑田の正面にグッと迫っていく流れはライブ映像としては非常に新鮮だ。 もうひとつは頭上に吊るされ、縦横無尽に動き回っていたフライングカム。 普段は観客の安全面を考慮して、この会場で使われることはないそうだが、今回はこのカメラが大活躍。 客席からステージ上へとすごいスピードで画が動いていく様子はちょっとしたアトラクションだ。 Photo by 岸田哲平 Photo by 岸田哲平 「真夏の果実」では、センター席も含めた全座席に2つずつ設置された、遠隔操作によって光を自在にコントロールするリストバンド型ライトが光ったり、「東京VICTORY」では火がともされた聖火台がセンター席のど真ん中に現れるという驚きの演出も。 「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」ではリストバンド型ライトが再びド派手に場内を照らし、本編最後の「勝手にシンドバッド」では特効の銀テープとともにセンター席に現れた大量のダンサーがめちゃくちゃに踊りだし、さらにステージには防護服を来たカメラマンまで現れる始末。 これには声を出して笑ってしまった。 こんなふうにして会場に観客がいないことを逆手に取ったアイデアの数々で、サザンはこの配信ライブをより特別なものにしたのだった。 今回のライブの開催を聞いたとき、観客がいないのにアリーナのような大会場でやる必要があるのかと疑問に思っていた。 横アリへの思い入れだけで強行するのは無茶なんじゃないかと。 しかし、今回のライブはステージの上だけで行うものではなかった。 会場全体を演出装置にしてしまったのだ。 結果として、横浜アリーナという会場は彼らのスケール感を表現するにはうってつけの場所だったのである。 Photo by 岸田哲平 このライブに込められた想いは計り知れないものがあったのだろう。 「ロックンロール・スーパーマン~Rockn Roll Superman~」やアンコール終了後のエンディング映像で本公演の制作の模様を追った映像が映し出されていたことから、スタッフへの思いが相当強いことも十分に伝わった。 しかし、サザンはこの120分強をそういった想いで完結させることはなく、これまでにお目にかかったことのない極上のエンターテイメントへと昇華させたのだ。 日本ロック界の巨人は、42年前に「勝手にシンドバッド」でお茶の間を騒がせ、この2020年にも再びいい意味での「なんじゃこりゃ!? 」の嵐を巻き起こしたのである。 ちなみに、本公演のチケット購入者は18万人、想定視聴者は50万人。 通常では考えられないほど多くの人がこのエポックメイキングなライブを目撃した。 さあ、ここからエンタメの逆襲が始まる。 配信が終わり、PCを閉じ、レコード会社の会議室を出るとき、2時間前よりも少しだけ強くなったような気分の自分がいた。 Photo by 岸田哲平 〈セットリスト〉 01. YOU 02. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY) 03. 希望の轍 04. Big Star Blues(ビッグスターの悲劇) 05. フリフリ 65 06. 朝方ムーンライト 07. タバコ・ロードにセクシーばあちゃん 08. 海 09. 夕陽に別れを告げて 10. シャ・ラ・ラ 11. 天井棧敷の怪人 12. 愛と欲望の日々 13. Bye Bye My Love(U are the one) 14. 真夏の果実 15. 東京VICTORY 16. 匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB 17. エロティカ・セブン EROTICA SEVEN 18. 勝手にシンドバッド アンコール 20. 太陽は罪な奴 21. ロックンロール・スーパーマン ~Rockn Roll Superman~ 22. みんなのうた オフィシャルプレイリスト: 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

サザンオールスターズ

サザン オールスター ズ wowow

2020年6月25日(木)にデビュー42周年を迎えたサザンオールスターズ。 42年目にして新たな試みに挑戦し、バンド史上初となるWEBでの無観客リモートライヴ〈サザンオールスターズ 特別ライヴ 2020「Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!! ~」〉を同日に開催しました。 30曲以上のミュージック・ビデオのWEB公開や、桑田佳祐のレギュラー番組での特別生歌企画、WOWOWでの12時間に及ぶライヴ特番無料放送など、様々な取り組みを続けています。 その流れの中で、急遽、桑田発案のもと大規模会場からの無観客配信ライヴ開催が決定。 日頃応援してくれているファンへの感謝はもちろんのこと、身近なライヴスタッフたちへの感謝の気持ちを表わしたものであり、実際、コロナ禍で困難を極めているライヴスタッフにとっては、今回の特別ライヴがこの上ない力になっているとのこと。 収益は一部、アミューズ募金を通じて、現在最前線で新型コロナウイルス感染症の治療や研究開発にあたっている医療機関のために役立てられます。 「いつも心に音楽を」、「音楽を通じて皆さんが笑顔でいられますように」というサザンの想いが、無観客での配信ライヴというかたちで実現し、まさにコロナ禍で大打撃を受けたエンタメの新たな形を提示、エンタメ界復興の狼煙をあげる格好となりました。 2時間の演奏時間で合計22曲を演奏、推定視聴者数は50万人超え。 配信チケット購入者18万人という本公演のライヴ映像は、ABEMAを除く7つの配信プラットフォームにて、6月28日(日)いっぱいまで、見逃し配信を視聴することが可能。 [ライヴ・レポート] 横浜アリーナ 無観客リモートライヴ(6月25日配信開始20:00) 時刻は午後8時。 通常であれば、鳴り止まない歓声が会場に響くが、今回は無観客で行われる配信ライヴということで、画面越し盛り上がってくれているファンへ想いを馳せながら、サザンオールスターズが登場。 『サザンオールスターズ 特別ライヴ 2020 「Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!! ~」』の幕開けを飾ったのは1990年にリリースされた9th Album『SOUTHERN ALL STARS』に収録の「YOU」。 キーボードの音色から始まるミディアムナンバーだ。 続けてライヴの定番曲「ミス・ブランニュー・デイ MISS BRAND-NEW DAY 」、「希望の轍」を披露。 熱のこもった演奏に、画面越しで日本中を熱狂させる。 「希望の轍」では、歌詞を「大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう」と変えて歌い、コロナ禍で闘うすべての人に労いの言葉をかけた。 会場には、40台にもおよぶカメラが設置され、通常観客が入っていては配置することができない場所に位置するカメラの絵作りが、画面を見守る観客に、新鮮な興奮を与えたに違いない。 照明やミラーボールも客席内にも設置されるなど、今回ならではの演出が随所に施された。 MCをはさみ「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」「フリフリ '65」といったロックナンバーでライヴのボルテージを上げたと思いきや、「シャ・ラ・ラ」では原 由子とのデュエットを披露、この曲では「早くまたみなさんにお逢いできますように」というメッセージが映し出され、元通りのライヴができるようになることを願った。 「天井桟敷の怪人」を皮切りに、ステージにはダンサーも登場!そしてその後の「真夏の果実」からは、客席一つ一つに設置された、普段はライヴで観客に配布され腕に着けるリストバンド型ライトが美しく光りだし、無観客であることを忘れさせる空間を生み出した。 その光景はまるで、「いつの日かまた会場でお会いしましょう!」というサザンオールスターズからのメッセージのよう。 さらに「東京VICTORY」では客席の真ん中に煌々と灯がともる聖火台が登場するなど、無観客ならではの華やかな演出も。 なお、桑田の「ヅラ」には、このコロナ禍におけるメッセージとして、「疫病退散!! 」の文字も書かれていた。 そして本編ラストに披露したのは、42年前の6月25日にリリースしたデビュー曲「勝手にシンドバッド」。 無観客の客席にサンバダンサーが登場するなど、会場はお祭り状態!途中歌詞を「いつになればコロナが 終息するのかな!?お互いにそれまでは グッと我慢の暮らし 続けましょう!!」と替えて歌い改めてコロナ禍における結束を呼び掛ける一幕も。 サザンオールスターズだからこそできるエンターテインメントの粋とも言うべき、極上のショーが繰り広げられた。 アンコールで披露された「ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~」では、ステージ上のビジョンに、このライヴを開催するにあたり、細心の注意を払いながら成功に向け全力で自身の仕事に取り組むスタッフ一人一人の姿が映し出された。 そして感謝の気持ちを歌詞にしたOvertureを歌い上げると、いよいよ最後のナンバー「みんなのうた」に突入。 この一連の流れが、約400人のスタッフ、サポートミュージシャン、ファン、そしてサザンオールスターズの全員がワンチームとなり、今回のライヴを作り上げていることを表現し、このライヴがタイトル通り「特別」なものであることを印象付けた。 ライヴの最後に、サザンオールスターズメンバー5人がステージ前方に集まり、「こんな寂しい横浜アリーナも初めてですけども、1日も早い皆さんとの再会を、サザンのメンバー、そしてスタッフ一同願っております。 どうもありがとうございました!」と桑田が語り、無観客ながら熱狂と興奮と感謝に満ち溢れた特別なライヴは幕を閉じた。 Photo by 岸田哲平.

次の