あさり 冷凍保存。 あさりの冷凍保存、方法や期間は?解凍や砂抜きは必要?旨味アップでおいしく保存!

あさりの保存方法と賞味期限は?

あさり 冷凍保存

プリっと身が引き締まったあさりは、どんな料理でも大活躍ですね! 味噌汁によし、お吸い物によし、酒蒸しによし、パスタによし、バター炒めによし、炊き込みご飯によーし!! 笑 あさりの旬の時期は2~4月の春と、9~10月の秋ごろの2回あるんですよ。 あさりは春先と秋に産卵するので、産卵期に入ったあさりは身がふっくらして肉厚で、とってもジューシー!思わずヨダレが・・・。 でも、あさりを買っても、すぐに食べない時、調理できない時、日持ちや保存方法ってどうなんだろう?って気になりますよね?そうなると、購入するのをためらちゃうかも。 せっかくなので、美味しい旬の時に味わえるように、あさりの保存方法をお伝えしますね! もくじ• あさりの日持ちは常温でどれぐらい? あさりの日持ちは 寒い時期の12月~3月くらいの間は、約2日間と言われています。 ただし、5日くらい持つ!と言っている人もいます。 まぁ、でも早く食べるに越したことはありません。 暖房を使わない部屋で、室内温度が20度以下であれば良いですね。 一方、 夏場はあさりの常温保存は難しいです。 今の日本の夏は猛暑の日が多いですから、 常温保存は大変危険です。 あさりが死んじゃいますね。 キーンと、冬場くらいの温度にずーっと保っている部屋だったら話は別ですが・・・。 というのも、 あさりは水温が20度を超えると弱りはじめ、25度を超えたあたりから死にはじめ、そしていよいよ水温が40度になると1時間程度で死んでしまいます。 そりゃそうですよね。 人間だって熱中症になりますもん。 あさりだって弱ります。 正しい保存方法で、新鮮なうちにあさりを食べることがベストですね! 以下、あさりの保存方法について詳しくご紹介します。 心配な方は1~2時間、砂抜きすると完璧ですね。 塩水に浸したままで販売されているあさりは、包装から出して、 塩水の入った容器に移して保管します。 密閉してあるものは、あさりが酸欠を起こす心配があるからです。 また、砂抜きが必要なあさりの砂抜き手順については、次の章で詳しく説明しますね! あさりを冷蔵庫で保存する手順 1.砂抜きした後に保管する。 2.ボールやタッパー等、水がこぼれにくい容器に入れる。 3.塩水に漬けこむ。 塩水はカップ1杯(200ml)に対し、小さじ1杯の塩で海水と同じくらいの3%~4%の塩水にする。 (水1リットルに対して塩30~35g程度) あさりがひたひたにひたるくらいの水の量です! 4.新聞紙、キッチンペーパー等をかぶせて覆いをする。 5.密閉しないこと。 6.その他、塩水に浸さずに、新聞やキッチンペーパーを濡らして、あさりをすっぽりと包んで乾燥しない様にして保存する方法があります。 7.冷蔵保存した場合は、1~2日で食べること。 あさりを冷凍保存する手順 1.砂抜きした後、真水で殻をこすり合わせるようによく洗って汚れをとる。 スポンサーリンク 2.キッチンペーパーなどで水気をよく拭き取り、フリーザパックに入れて、しっかりと空気を抜き、冷凍庫に入れる。 3.あさりを使用する場合は、解凍せずに直接調理する。 (酒蒸しなどの煮る系の料理には沸騰させた状態であさりを入れるようにする) 4.保存期間は1ヶ月を目安にする。 出来るだけ早く食べる。 あさりは砂抜き後放置すると腐る? 砂抜き後は放置しないようにしましょう! 笑 夏場だと確実に死んでしまいます。 やはり生きものですからね・・・。 砂抜きした後は、すぐに調理するか冷蔵庫・冷凍庫に保存するようにしましょう! それでは最後になりましたが、 あさりの砂抜きの方法をご紹介しますね。 1)あさりをバットかタッパーに入れ、あさりの頭が少し出るくらい、ひたひたに塩水を入れます。 あさりが重ならずに広げられる大きさのバットがベストですよ。 2)塩水は水1リットルに塩30~35gの濃度です。 塩水は多すぎない方が、あさりが砂をよく吐き出しますよ。 スーパーで買ってきたあさりも、1~2時間浸すと、残りの砂を吐き出します。 潮干狩りでとってきたあさりであれば、一緒に海水の水も持ち帰って砂抜きすると、3~4時間で砂抜きできます。 5~6時間あれば十分です! ただし、潮干狩りでとってきたあさりを、家庭で作った塩水で砂抜きする場合は、一晩ほどおかないと砂は抜けません。 真夏の一晩の砂抜きは水温が上がり危険なので、 冷蔵庫の野菜室で砂抜きすると良いですよ! 野菜室の7~10度の温度が、あさりの最適保管温度に近い温度になっています。 あるいは、エアコンの効いた涼しい場所で砂抜きすると、水温が上がらずに済みますね。 死んだあさり、腐ったあさりの特徴の見分け方ですが、 1.砂抜きの時点で、水管を出さずに殻を閉じたままのあさり 2.殻を大きく開いているあさり 3.強い磯のニオイや、ツンとした硫黄臭がするあさり 4.身がとろとろ溶けているようになっているあさり 5.砂抜き中の水が白く濁ってしまう (該当するあさりを捨てて水を交換してください) 6.加熱しても口が開かないあさり(加熱して口が開けば問題なし) このようなあさりは捨てて下さいね! まわりのあさりも、巻き添え食って死んでしまいますから。 くわばらくわばら・・・。 【裏ワザ】あさりの砂抜きは50度のぬるま湯なら15分で出来る! これまたなんと! 50度のぬるま湯の中にあさりを投入し、殻をこすりつけるようにして、その後5分放置すると、だんだんお湯が濁ってきて砂抜きできちゃうんです。 余裕のある時は15分ほど放置すると、なお効果的! あさりがヒートショックを受けて身を守ろうとして、水分を最大限に吸収し、身を殻から押し出してくるそうな。 その状態で、殻と殻をこすると、汚れや砂を一気に出してくるとか・・・。 あさりには何とも気の毒な話ですが・・・ハイパー時短で済みます! この場合は すぐに調理することが大前提となります。 旬のあさりを色々とアレンジして、美味しくいただきましょう! ただし、 2日以内で食べることが一番良いと言えます。 もしも、2日で食べきれない場合には、砂抜きの後に冷凍保存するのが良いですね。 冷凍だと1ヶ月くらいは保存できそうですので、ちびちび使うもよし、一気に使うもよしです。

次の

あさりの賞味期限・消費期限・日持ちについて

あさり 冷凍保存

海水と同じくらいの、塩分濃度3〜3. 底が平らなバットや鍋、洗い桶などの容器に、洗ったあさりをできるだけ重ならないように並べる。 あさりの殻の表面が少し出るくらいの高さまで塩水を注ぐ。 容器の上を新聞紙等で覆って暗くし、砂を吐かせる。 また強い光や振動に驚くとそのたびに貝を閉ざして砂抜きが不十分になるので、できるだけ静かな場所に放置を。 塩水を捨て、流水であさり同士を擦り合わせながらよく洗い、表面のぬめりを取る。 洗ったあさりを再びバットに並べ、乾燥を防ぐために濡れたキッチンペーパーや布巾をかけて3時間ほど放置する。 潮干狩りで獲ったものはこの作業が「塩抜き(獲れたてで強すぎる塩分を抜き、料理が塩辛くなるのを防ぐ)」にあたるのでやった方がいいが、そうでないものの場合、この作業は省いてもよい。 ボウルのお湯にあさりを投入。 あさりが少し口を開けたらお湯の中で殻どうしをゴリゴリと擦り合わせる。 この段階で砂や汚れが吐き出されお湯が濁るので、汚れがひどい場合は一度お湯を取り替えるとよい。 ただしこうして「熱めのお湯で貝を驚かせ、強制的に砂を吐かせる」と日持ちはしなくなるので、このやり方で砂抜きした貝は、必ずその日のうちに調理し、食べること。

次の

あさりの砂抜き後の保存方法と保存期間 保管のコツをご紹介

あさり 冷凍保存

あさりの保存方法、保存期間は? あさりの保存の仕方はあさりが手元にやってきた時に どのような状態であったかにより少し異なります。 あさりの常温保存は? 出回り始める 2月頃ならばともかく、春先や夏場になってのあさりの 常温保存はあまり向きません。 砂抜きをする 2~3時間程度ならば常温においても大丈夫ですが、砂抜きを終えたものは冷暗所で保管するのが良いでしょう。 あさりは海にいる時、大抵は砂の中に潜っています。 ですので保存環境もできればそれに 近い環境を作ってあげることが望ましいといえます。 冷蔵庫のチルドルームやパーシャル室ではなく、比較的ゆるやかに冷やす 野菜室が適しています。 保存の仕方は、あさりがなるべく長生きできるように配慮する必要があり、あさりが酸欠になってしまう恐れのある 密閉はご法度です。 まず、ボウルに 3%程の塩水を用意し、あさりを入れます。 水の量はあさりが ひたひたになるくらいで良いでしょう。 ラップをふんわりとかけるか新聞紙をかぶせて冷蔵庫へ。 この際も ラップに穴を開けたりして酸素が行き届くようにします。 保存中は毎日 塩水を取り替えるようにしてください。 またはもう一つ保存の方法があります。 濡らした新聞紙かキッチンペーパーに あさりを包んで冷蔵するという方法です。 こちらも新聞紙が 乾燥してしまわないように定期的にチェックして 湿らせてやる必要があります。 保存期間はどちらも 1~2日ほどです。 長く保管すればするほどあさりの身が 痩せていくのでなるべく早く食べたほうが美味しく頂けます。 またこの保存期間についてはあさりのコンディションにも左右されるので、もし加熱してみて 口の開かなかったものや 濁った水が出ている、 異臭がするなど腐っている様子であれば食べずに処分しましょう。 パックに入ったあさりは? スーパーなどで売られている砂抜き済みのあさり。 こちらは砂抜きが済んであるのであればそのパックのまま 冷蔵することができます。 保存期間はパックに記載されている消費期限を守るようにしましょう。 あさりを殻付き冷凍する場合は? 冷凍保存するには まず砂抜きをします。 あさりを 1%の食塩を入れた水に入れて暗い場所に 2~3時間おいて砂抜きをします。 砂抜きが終わったら真水で殻同士をこすり合わせてしっかりと洗います。 キッチンペーパーで水気をしっかりと拭き取り、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて口を閉め冷凍保存をします。 金属製トレーがあれば、トレーにあさりが重ならないようにして並べ、冷凍庫に数時間入れて、あさりが凍ったらフリーザーバックに入れて保存すると急速冷凍できてよりおいしくいただけます。 調理の際には凍ったまま鍋やフライパンなどで加熱して使います。 解凍してしまうと 貝の口が開かなくなるので解凍はしないでおきましょう。 あさりをむき身で冷凍保存! あさりは むき身でも冷凍保存をすることができます。 殻からだすのがちょっと手間ですが、お料理するには便利ですね。 むき身にする方法は、砂抜きをしたあさりを軍手をした手でしっかりと持ち、ナイフを貝の横から差込んで開き、身を取り出します。 むき身はフリーザーバッグに入れて、空気をしっかり抜いて冷凍をします。 こちらも 解凍せずそのまま調理をします。 保存期間はどちらの方法でも 1ヶ月ほど可能です。 あさりの砂抜きの方法はご存知ですか?短時間でもできる砂抜きの方法はこちらをご覧ください。 凍ったままでも殻は開きますので、万が一 開かずに残ったものは食べようとせず処分をするようにして下さいね。 むき身で保存をしたあさりは 炊き込みご飯や佃煮にそのまま鍋や炊飯器に入れてしまえるので使いやすくておすすめですよ。 あさりは 冷凍することで 旨味のもとである グルタミン酸が増加するという研究結果も出ています。 旨味が増したあさりでしっかりと出汁を味わえるお料理にすると良いですね。 あさりの保存食レシピ あさりの保存食と言えば、 あさりのしぐれ煮ですね。 こちらはむき身にせず、貝のままあさりを先に蒸してから作るので簡単ですよ。 あさりのしぐれ煮 甘辛く炊いたあさりのしぐれ煮はご飯のおかずにぴったりです。 おにぎりやお弁当にもおすすめです。 酒大さじ1を振り入れ弱めの中火で蒸し煮にします。 口が開いたら貝と煮汁を分けます。 煮汁は更に煮詰め、煮汁にとろみが付いたら貝を戻し、ひと煮立ちさせます。 貝をまた取り出して煮汁を更に煮詰めます。 煮詰まったら、煮汁をあさりにかけて保存します。 保存は、保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 保存期間は約1週間です。 しかも美味しさもアップしているなんて保存もできた上に良いことづくしではありませんか? 大量に貰ったりとれたあさりはその日のうちに食べきれないと思ったら、なるべく早めに砂抜きをし、冷凍庫へ入れてしまうのが得策かもしれませんね。 食べきれないあさりは冷凍庫へ、または保存食を作って活用してみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の