夫婦性ブログ。 熟年夫婦 人気ブログランキングとブログ検索

年の差夫婦生活ブログ 15歳下若妻との日常

夫婦性ブログ

夫婦の足並みそろわないと、到底達成できない目標 私が独身だったら、もう少し目標額が低くても躊躇なくFIREできると思うのですが、夫婦の生活を考えると、もう少し余裕が欲しいなと思ってしまいました。 ということで、当面の 50歳になる前に300万ドルでアーリーリタイア。 (1ドル100円と計算して大体3億円ほど) この金額は、配偶者の協力なしには到底到達できない金額です。 そんな2人で力を合わせることが必要だとわかったとき、私たちの場合はお金についてとことん話し合うことから始めました。 何よりも大切なのは足並みをそろえること。 夫婦でお金の話になると険悪なムードになるなどいろいろな話を聞きますが、お金に対する意識で、足並みがそろっていない場合は喧嘩になってしまうこともあるかと思います。 一方は1億円くらいでアーリーリタイア余裕!とか思っていても、もう一方は5億必要だ!となったり、一方は30代で、もう一方は50歳くらいでリタイアできればいいかなと思っている場合など、資産形成のペース配分も日々の生活への負担もだいぶ変わってくるからです。 私たちの場合も、最初こそ夫の方が本当に50歳前にアーリーリタイアできるか半信半疑だったのですが、我が家はエンジニア夫婦なので、とにかく理屈をこねくり回してお互いに話し合いました。 習慣化することで定期的な意思チェック さらに、せっかく最初に足並み揃えたのに、アーリーリタイアまでの過程で意識にずれが生じてしまっては残念なので、定期的な意識の確認は必須です。 もともと投資方針などに興味がなかった夫だったため、リタイア用口座含め、今でも私がほとんどの口座を管理しているのですが、数字で実際にどのペースで資産形成を進めていけば、どの程度の年齢でアーリーリタイアが可能になるのか示されると、進捗に少し興味がわいてきていたようでした。 なので、もともとドライブが大好きな私たちですが、夕食後、軽くドライブによく出かけるようにして、車内でいろいろと将来についての話をするのが習慣になっています。 そのなかで• アーリーリタイアしたらやりたいこと• アーリーリタイアしたら住みたい場所候補• 資産形成進捗 などなど、より具体的な話をたくさんしています。 このように、習慣化してしまえば、話の中でお互いのアーリーリタイアに対する意識についてもチェックできますし、いろいろと探りを入れることができます。 ただ、お子さんがいる場合は、このように2人の時間をゆっくり取るなんてことはなかなか難しいのかなとも思います。 大事ないのは夫婦の足並みがそろっていることなので、私たちのように毎日用に話さなくても大丈夫な場合もあるかもしれません。 2人とも同じ方向に向いていると意思決定もスムーズ さて、アーリーリタイアを目指しているからといって、全くお金を使わないでいられるわけではないですし、生活していれば、臨時出費なんて言うものはつきものですね。 そんな中、何にお金をかけて何を我慢するのかという選択に毎日迫られている私たちですが、アーリーリタイアへ向けた目標の共有がしっかりできていれば、これは必要経費なのか贅沢品なのか、贅沢品だとしても今ここでこれだけの金額をかける価値のある贅沢品なのか…など、アーリーリタイアを見据えて意思決定ができるかと思います。 意思決定の際に争わないために大切なことは、アーリーリタイアへむけての目標がちゃんと定まっていることと、その目標に対して進捗は順調なのか…ということを、共通認識として持てているかだと思います。 アーリーリタイアを目指してから…夫婦間の会話の変化 アーリーリタイアを目指してから、良かったことの一つに、夫婦間でのお金に関する話し合いの場が増えたということです。 お金の話って、あまりしたくない人もいるのかもしれませんが、とても重要なことで家族の将来にかかわることです。 なので、アーリーリタイアを目指す前は、私が一元管理していた家計にも、夫ももっと興味を持ってくれるようになったし、改善などの提案も出てくるようになりました。 現在も不自由なく暮らしつつ、将来の豊かな暮らしを確保するにはどうすればいいか、という問題は、早く取り組めば取り組むほど有利に解決できる問題です。 夫婦でこの課題について真剣に考えて、目標を掲げ、目標達成に向けて一手一手愚直に実行し、着実に目標に近づければいいなと思っています。 予めご了承くださいませ。 また、コメント非公開希望の方は、コメント欄最後に「非公開希望とお書きいただければ、表示されないよう、対応させていただきます。 (尚、非公開を希望される際は返信することができませんのでご了承くださいませ。 著作権はすべてこのサイト運営者所有です。 引用いただく場合は抜粋のみ、出典元の記載・リンクをお願いいたします。 その他なにかございましたらご連絡くださいませ。 予めご了承くださいませ。 また、ご指摘いただけますと、修正させていただきたいと思います。 何卒よろしくお願いいたします。

次の

夫婦ライダー 人気ブログランキングとブログ検索

夫婦性ブログ

カテゴリ: 夫婦間コラム 公開日:2017年07月12日(水) 今、世間を賑わせている 「船越・松居の離婚騒動」 松居さんは毎日のように 船越さんを誹謗中傷する 容赦のないブログや 動画を上げ続け 世間を驚愕させています。 おしどり夫婦で 名を馳せていた二人が 何故墜ちてしまったのかと マスコミは連日 この話題で持ち切りですね。 ・通常では理解出来ない言動の数々 注目されているのは 夫婦の動向ですが 中でも妻である 松居さんの動向に 注目が集まっています。 決定的な証拠も提示せず 真偽も定かでない 夫の船越さんの言動を あたかもあったことのように 世間に公表していること。 公にするのであれば 出所明らかな証拠を きちんと提示するべきです。 裁判等での戦略を考えて 証拠を提示出来ないのであれば 世間に公表など するべきではないのです。 しかも全てが 誹謗中傷の類いであり それがあたかも正義であるように 自分だけが被害者であるかのように 振る舞っているところ。 ここが皆さんが観ていて 一番おかしいと 引っかかるところではないでしょうか。 一連のブログや動画を見ていて ふと頭をよぎる 一つの結論があります。 「人格障害」 もちろん特定は出来ませんが 精神医療に携わってきた立場から TVで松居さんをみるにつけ このキーワードが頭から離れません。 今回はこの「人格障害」 攻撃型の人格障害者により 周囲や本人が実害を被っている場合 身近な人間にこのタイプがいる場合 このような際に どうしたら良いのか 傾向と対策について 論じてみたいと思います。 ・人格障害者の特徴 人格障害とは 特定の性格に偏ってしまい 社会生活を送る上で 困難を来してしまう 精神疾患のことを指します。 具体的に挙げますと 下記のような 大きな特徴がみられます。 大きく分けて 「A群」「B群」「C群」の3つに グループ分けされています。 孤独を好み、感情の起伏が乏しい。 このうち「反社会性タイプ」は 良心の呵責が全く無く 反社会的な行為を平気で行うため 人に迷惑を掛けることに 罪悪感を感じない 危険なタイプであり 一般的に「サイコパス」と 呼ばれるのもこのタイプです。 ・身近にこのような人物がいて、実害を受けて困っている場合 人格障害と人格の個性は 似て非なるものでありますが ここで挙げるものは あくまで人格により 本人及び周囲に 実害を与えている場合を指します。 以下は人格障害を持つ夫婦への 離婚へ向けた対策を解説しています。 まず第一段階として 「依存」を解くことを目標とします。 別居をするなどの 関係性の明確な線引きをします。 家計分離はもちろんのこと 夫婦名義の物の整理や 特有財産の仕分けなど 明確な線引きをすることを きちんと意識することです。 第二段階では 連絡方法や 婚姻費用等の 明確なルールを取り決めます。 そして自ら定めたルールは 厳守することです。 定めておきながら 自らルールに背いてしまうと 本人に曖昧な余裕を 持たせることとなりかねません。 ルールが厳守され 覆ることがないと悟ると 相手は次第に 落ち着きを取り戻してきます。 第三段階は 離婚に向けての本格的な説得に入ります。 当事者が直接話すことより 弁護士や仲介者 進んだところで調停などの 第三者の協力の下 行うことを強くお勧めします。 これは人格障害の程度などにより 離婚への進め方の程度は異なります。 ・一度決意したことは決して覆さず、不退転の覚悟を持つ 共通していえることは 「言葉と態度の矛盾をさせない」ことです。 言葉では離婚と言いながら 態度は傍を離れず 優しくするなどの矛盾は 永遠に相手を苦しめるだけです。 本人はそれにより どちらを信じて良いのか酷く混乱し 優しい態度が本心と信じようとして そこに依存し始めます。 悪戯に報われない努力を いつまでも長引かせるのは 本人にとってはより残酷であり リスタートが遅れるだけなのです。 離婚を決意した側も 心中苦しいとは思いますが 決意した以上は 二度と後戻りは出来ないと 不退転の覚悟を決めて 強くやり抜いて下さい。 ・人格障害者に罪悪感を感じてはならない 人格障害のパートナーとの 別れを決意した人間に共通することは パートナーを見捨てることへの とてつもない罪悪感です。 しかしこれを克服することが 今後の二人にとって非常に重要であり 無用な罪悪感は お互いのリスタートに 多大な影響を及ぼすのです。 パートナーに対する 執着や依存は 強く断ち切る形を 明確に作っていくことが大切です。 一般的に精神疾患の方は エネルギーが少ないからか 不安な状態のまま 待つことが困難なため それを故意に意識させて パートナー自ら 離婚を望むような流れを 作っていくことがポイントです。 ・毎度人格障害者に苦しめられているような気がする 人格障害の被害に 遭い易いタイプの方がいます。 総じて皆さん 優しくて思いやりがあり 自分よりまず相手のために 誠意を尽くそうという方達です。 人格障害者は ある部分繊細なセンサーを持っているため 依存出来そうな人をかぎ分けて 近付いてくるのです。 人格障害について見識はなくとも この人は何か怪しいと気付いて 最初から距離を置いていた人達は 被害に遭わないのです。 いつも寛容で許容が広く 性善説でしか人を見ないような人は 人格障害者に巻き込まれて被害に遭います。 人格障害者への 同情、寛容、受容 これは持ち合わせてはいけません。 安易に関わってしまうと その矛先が自分に向くことになるという 恐ろしさと認識を持って下さい。 そういう無用な優しさを持ったがために 巻き込まれて人生に被害を被るのです。

次の

夫婦ライダー 人気ブログランキングとブログ検索

夫婦性ブログ

多くの熟年世代が性愛を謳歌し、人生をより豊かにしている一方、40代、50代の中高年夫婦のセックスレスは、ここ10年余りで約2倍に増加しています。 その原因は?セックスレスじゃ、ダメなの? 今回、田園調布学園大学名誉教授で日本性科学会・セクシュアリティ研究会代表の荒木乳根子先生に中高年夫婦の性のリアルな実態についてお話を伺いました。 今回は2012年の有配偶者のデータを中心に見ていきましょう。 有効回答1162人(有配偶者……男性404人・女性459人 合計863人。 単身者……男性92人、女性207人 合計299人) まずセックスレスの定義をおさらいすると、「カップルの性交が月一回未満の場合」とあります。 つまり、あくまでもカップル間の話で、個人の状態を指しているわけではありません。 有配偶者のセックスレスは、2000年と2012年のデータを比較すると、男女ともに増加しています。 特に40代~50代では男性2. 5倍、女性1. なぜ、こんなにまで変わってきたのでしょうか。 「要因はいろいろありますが、ひとつは50代前後で閉経を迎えた女性が、女性ホルモン低下による性欲減退や性交痛といった身体的な問題に加え、精神的にもしたくなくなっちゃったから。 二つめは、夫婦間における性の位置づけと性規範の変化です。 性生活が夫婦を結ぶ大切な絆と考えない人が増えています。 三つめは、妻側のノーが性生活に反映するようになったこと。 働く女性が増えて、家庭内で妻の力が強くなり『疲れちゃって』『性欲がない』と、妻の拒絶で夫のしたい思いは叶えられなくなっています。 『妻は夫の求めを受け入れるべし』といった縛りは、もはや存在しません」 「配偶者以外の親しい関係を持っている人は、男女ともに増えていて、特に男性は顕著です。 親密な関係とは、愛撫や性交を伴う関係だけではなく、精神的な愛情関係も含まれます。 そして、男女共に家庭に迷惑をかけなければ配偶者以外との親密な関係も問題ないという回答が増えていて、これも性規範がゆるんできている証拠です」 セックスレスとの関連を見ると、妻と1年間セックスレスだった夫は、月1回以上妻とのセックスがある夫の約1. 7倍、妻以外の異性との付き合いがありました。 女性の場合は、夫との性交の有無との関連性はありませんでした。 結婚=セックスは遠い過去。 子どもをつくり、育てるときには、パートナーと協力するけれど、それをずっと先の先まで続けていくのは困難になっていると、データは示唆しています。

次の