マイクラ コマンド ブロック 使い方。 【マイクラ】ストラクチャーブロックの使い方を解説【統合版】

【マイクラ統合版】コマンドブロックの入手方法と基本的な使い方!【PE/スイッチ】

マイクラ コマンド ブロック 使い方

ページ目次• まずコマンドって何? 「そんなの流石にわかるってw」という方もいると思いますが、しばしお付き合い下さい笑 簡単に言うと、見えない力ですべてを操る魔法の呪文ですかね!? 「我を家までまでワープさせよ!」「我にダイヤモンド1000個を!」 こんな事もマイクラでは呪文ひとつで実現出来ちゃいます...。 うらやまs...。 なんとなく分かってきましたか? もちろんこんな事をサバイバルでやってしまったらゲームがつまらなくなってしまいます。 あくまでクリエイティブ、アスレチック、アドベンチャーマップの作成など...。 用途は限られてくるのですが、これにハマってしまうサバイバルで遊ぶよりもコマンドで遊ぶ方が楽しくなってしまう...! 個人的な意見です 最後の方は完全に僕の実体験を話しただけですが、いよいよ本題!次は実際に魔法の呪文を唱えてみましょう! コマンドを使ってみよう! 新しくクリエイティブなどの新規ワールドを作っておきます。 これはテレポートコマンドです。 二番目にある「 p」はテレポートする対象を表しています。 コマンドをチャットで実行した場合は「 p」全部自分が対象となります。 すべて上の条件と見事に一致していますね。 これがコマンドというものです。 指定した命令通りに事が運ぶ、まさにプログラミングと似たようなもんです。 正直コマンドの方が単調で理解しやすいが。 次、もう一種類コマンドを使ってみましょう。 スポンサーリンク giveコマンドを使ってみよう 今度はこれを実行してみましょう。 こちらはgiveコマンドになります。 名前の通り、与えるコマンドです。 コマンドひとつでダイヤだろうが何だろうがいくつでも手に入っちゃいます。 みたらある程度は分かりますね。 アイテムID一覧は。 引数 は基本的に0でオッケーです。 引数というのは、原木の様にオークやシラカバなど、同IDに多種類あるときに区別をつけるための数字です。 オークは0。 白樺は2。 役立つサイトをブックマークしておく 先ほども「アイテムID」というものを扱いましたが、すべて覚えるのには無理があると思います。 そこで、これからブックマークしておくと役立つサイトを一部紹介します。 ・ アイテムのIDやアイテム引数などがずらーっと並んでいます。 見やすいのでオススメ。 ・ こちらは全てのコマンドの文法が載っています。 ・ こちらの「Savegame ID」の欄がコマンドで扱うモンスターID エンティティID となっています。 英語版ですが、直感的に分かると思います。 ・ こちらはコマンド生成ツールです。 詳しくはで解説しています。 スポンサーリンク まとめ どうですか?ある程度は御理解いただけましたでしょうか? 今回はgiveとtpを扱いましたが、分からないうちはこの二つでも精一杯かもれません。 ですがこんなのは序の口です。 これらコマンドを駆使すれば、無限の可能性を秘めています。 ハマったら楽しいですよ! 好評でしたらコマンドブロックの使い方や別のコマンドに関しての事も書こうと思います。 コメントまってます!それでは~。

次の

【マイクラ】超便利!コマンドで出せる特別なアイテム・ブロック5選!

マイクラ コマンド ブロック 使い方

コマンド入力するんだったら普通に打ち込めばいいじゃん?なんでわざわざブロックに打ち込む必要があるの? って考える人がいると思うんだけど… コマンドブロックを使うとどんなことができるの? ブロックにコマンドを入力することでコマンド入力する利点がある。 それは レッドストーン回路でコマンドを起動できるって言うこと。 これが最大にして唯一の利点。 よく他の人が作ったワールドをダウンロードして遊んだことがある人もいると思うんだけど、ボタンやレバーを押すと文字が出たり、雨が降ったり、音楽が流れたりいろんな現象が起こることがある。 これは基本的にコマンドブロックを使ってるから起こる現象。 あらかじめ用意していたコマンドブロックに入力されていたコマンドを、他のプレイヤーが刺激することによって起こすことができるっちゅうわけやね。 コマンドブロックの入手方法 入手方法は一つだけ。 「 コマンドで入手する」。 s(自分に)の部分は、• a(全てのプレイヤー)• e(全てのエンティティ)• p(一番近いプレイヤー)• r(ランダムなプレイヤー) などに変更できます。 プレイヤー名を入力すれば、ピンポイントでその人に渡すことも出来ます。 10(10個)の部分は自分の好きな数に変更してください。 コマンドブロックの種類は大きく分けると3つ コマンドにより手に入れるコマンドブロックは一つだけですが、設定の画面でコマンドブロックの種類を変える事が出来ます。 コマンドブロックの種類は大まかに分けると3つ。 コマンドブロック「衝撃」 コマンドブロックを手に入れた時の一番最初のブロック。 ブロックを叩くと、コマンド入力画面へ。 右上の欄にコマンドを入力できます。 ブロックの種類では「衝撃」「チェーン」「反復」の三つを選ぶことが出来ます。 初期は「衝撃」になってます。 他の項目はあまりいじることがないので、基本そのままでいいです。 今回はコマンドブロックに「コマンドブロック10個手に入れる」コマンドを入力してみます。 (ややこしくてすいませんw) スニーク(しゃがんで)でコマンドブロックに直接ボタンを取り付けます。 そしてボタンをポチっと… コマンドブロックを10個受け取ったテロップが流れます。 このように、レッドストーン系の信号で「衝撃」を与えることにより、コマンドを実行することが出来るブロックです。 コマンドブロック「チェーン」 「衝撃」ブロックに連動してコマンドを発動するブロックです。 色は水色です。 「衝撃」ブロックには表面に矢印のマークが書いてあるので、矢印を「チェーン」ブロックの方向へ向けて設置します。 「チェーン」ブロックにコマンドを入れてみましょう。 今回は「クリーパーを召喚する」コマンドですw 「衝撃」ブロックに付いているボタンをポチっとすると… 「コマンドブロックを10個手に入れる」と「クリーパーを召喚する」コマンドが同時に実行されているのが分かります。 このように「衝撃」ブロックとつなげて使うブロックです。 (レッドストーンの信号では動きません) コマンドブロック「反復」 色は紫です。 コイツは使い方によっては恐ろしいブロック。 先ほどと同じコマンド「クリーパーを召喚する」を入力して、ボタンを取り付けます。 そしてポチっとすると… ?!?!?! クリーパーが連続で召喚されますw こんなのが罠で設置されたらひとたまりもないでしょうw このように、入力されたコマンドをレッドストーン信号が続いている間、ひたすらくり返すブロックが「反復」です。 コマンドブロックで出来ること。 使い方例。 感圧版を踏んだ「衝撃」でMOBをテレポートで移動させる。 感圧板を踏んで、遠い場所に一瞬で移動。 トラップワイヤーフックを切った「衝撃」でモンスターが大量発生。 感圧板を踏んだり、ボタンを押すとテロップが流れる。 宝箱を空ける(ボタンを押す)とアイテムが手に入る。 …ちょっと自分の想像力が足りませんが、要するに ボタン、レバー、感圧板、トラップワイヤーフック、などの「触るとレッドストーン信号を発する」ものと、各種コマンドブロックを組み合わせることで、 「 自分が動かなくても他人に影響することが出来る」んですよね。 たとえば、感圧版を踏んだ「衝撃」で高い所にテレポート、同時にテロップに「罠にかかったな!」と流れる。 プレイヤーは落下死w…とかね。 これにより、マイクラで冒険RPGが作れたり、アスレチック、自分のワールドに他の人が遊びに来た時のギミック、いろいろできるわけです。 思いつく限り、無限の遊び方が出来ますねw コマンドブロックのについて まとめ• コマンドブロックは「クリエイティブモード」のコマンド入力で手に入れることが出来るブロック。 コマンドブロックはブロックに「コマンド」を記憶させることができ、レッドストーン信号でコマンドを起動させることが出来る。 コマンドブロックは3つの種類がある。 コマンドブロック「衝撃」はレッドストーン信号によりコマンドを起動する。 コマンドブロック「チェーン」は「衝撃」ブロックと連動してコマンドを起動する。 コマンドブロック「反復」はレッドストーン信号を受けている時間、入力されたコマンドを繰り返す。 コマンドブロックのは使う人の想像力により、無限の遊び方が出来る。 いかがでしたでしょうか? 自分のワールドをクリエイティブモードで作ったり、RPGゲームのようなワールドを作ったりするのに、コマンドブロックを使うのはとても面白くなると思いました。 …建築にはいちいちコマンド入力なければならないのでちょっと使いずらいねw トロッコに乗ったコマンドブロックなんてのもあり、そちらは建築で使えそうなので、また記事を書いてみたいと思います。 それではまた!.

次の

【マイクラPEも】コマンドってなに?コマンド初心者の第一歩!#1

マイクラ コマンド ブロック 使い方

この記事ではマイクラのコマンド入力方法と、よく使うコマンドの機能・入力例を解説しています。 コマンドが上手に利用できれば、建築や検証の効率がかなり向上するはず。 コピペで使えるものもあるので、ぜひ利用してください。 コマンドの使い方 コマンドは、文字の入力によってマイクラ内の様々な要素を操作する機能のことです。 クリエイティブモードで生成されたワールドなどチートが許可されている環境でのみ使用することができるもので、マイクラのワールドに非常に大きな影響を与えてしまうため通常のサバイバルモードでは使用できなくなっています。 ただし、サバイバルでワールドを作る場合でも「チートの許可」をオンにした状態でワールドを生成すれば使用可能です。 入力方法 コマンドはチャットウィンドウを開き、キーボードを使って入力していきます。 JE版のチャットウィンドウ。 BE版のチャットウィンドウ。 コマンドは、基本的に英単語を入力することになります。 例えば、以下のように入力します。 この例のようにコマンドによっては英数字をたくさん入力しなければいけないこともありますが、現在のバージョンではコマンドの「入力補完」の機能があるので、表示される候補から選んでいくだけでコマンドを入力することができます。 入力補完 Java Edition、Bedrock Editionいずれも、途中までコマンドを入力するとそれ以降の候補が表示されるようになっています。 その候補をTabキーで選択すれば、いちいち手打ちすること無くコマンドを入力することが可能です。 JE版で表示されるコマンドの候補。 BE版で表示されるコマンドの候補。 覚えているコマンドならキーボードで直接入力してもいいのですが、基本的には候補をTabキーで選択したほうが入力間違いなどもなくていいと思います。 同じコマンドや数値だけを変えた似たようなコマンドを入力する場合は、この履歴を利用するのが便利です。 サバイバルモードでコマンドを使う方法 サバイバルモードで作成したワールドでは、通常コマンドを使用することはできません。 しかしJava Editionでは、ワールドを「LANに公開」することでサバイバルモードのワールドでも一時的にコマンドが使えるようになります。 手順は以下のとおりです。 Escキーを押してゲームメニューを開き、LANに公開ボタンをクリック。 「LANに公開」とは、同じLANに接続している別PCとマルチプレイするための機能です。 LANにワールドを公開すると、家にある別のPCから現在遊んでいるワールドにログインすることができるようになります。 (ワールドが外部に公開されるわけではありません) 他のプレイヤーのための設定の画面で「チートの許可」を「オン」にしてから、下の「LANワールドを公開」をクリック。 これで、セーブしてワールドを閉じるまではサバイバルのワールドでコマンドが使えるようになります。 覚えておきたいよく使うコマンド7選 覚えておきたいよく使うコマンドとして、以下の7つのコマンドを紹介します。 初心者でも使用しやすいと思うので、これらを使うところからコマンドに慣れていってください。 モンスターが湧くのが嫌ですぐに昼間にしたいときや、逆にモンスターをスポーンさせたくて夜にしたいときなどに使います。 時間の指定、追加、確認が可能です。 時間の指定 時刻を指定した時間に変更するには、以下のようなコマンドを実行します。 マインクラフト内での時間は「ティック」という単位で管理されており、0(24000)ティックから1日が始まって1000ティックで朝、6000ティックで昼、13000ティックで夜と時間が進んでいきます。 day、nightといった単語とティックの値を対応させると、下の表のようになります。 day 1000 noon 6000 sunset 12000 night 13000 midnight 18000 sunrise 23000 入力候補として出てくるのはday、nightなどの単語なので基本的にはそちらを使っておけばいいと思いますが、もっと時間を細かく指定したいときなどは数値による指定をおこなうことになります。 BE版(Windows10)では限界値が4096で、JE版なら10000や100000といった数値も指定できます。 数値を指定しない場合は、現在のランダムティックスピードが表示されます。 畑に植えられた作物だけでなく、海の中に生えているコンブなども成長します。 あまりに大きな数値を指定するとかなり重くなってしまうので注意が必要です。 いつも分かりやすい解説をありがとうございます。 マイクラを始めて以来、とても助かりながら拝見させていただいています。 コマンドは便利ですが、サバイバルの場合ゲームとして楽しい範囲のさじ加減が難しい印象がありますね……。 使用ワールド:JE1. 2 ・F3キーでデバッグモードを表示すると、画面右側、「Targeted Block」の欄に現在視線を合わせているブロックの内部名称 minecraft:stoneなど が表示される。

次の