ロイズ 韓国。 日本のチョコブランド「ロイズ」 3月末までに韓国の全店閉鎖へ

チョコの「ロイズ」 3月で韓国全店閉鎖=日本製品不買運動が影響?│韓国経済│wowKora(ワウコリア)

ロイズ 韓国

19日、韓国のインターネット上でこのほど、韓国の大手お菓子メーカー「オリオン」が発売した「MarketO 生チョコレート」について、「日本の有名チョコレート『ロイズ』を模倣したもの」と主張する声が上がり、物議を醸している。 資料写真。 2018年1月19日、のインターネット上でこのほど、韓国の大手お菓子メーカー「オリオン」が発売した「MarketO 生チョコレート」について、「日本の有名チョコレート『ロイズ』をしたもの」と主張する声が上がり、物議を醸している。 韓国・インサイトが伝えた。 オリオンは16日、「国内の生チョコレートが初期市場として成長潜在力が高いと判断し、約1年の準備の末に『MarketO 生チョコレート』を発売することになった」と発表し、「海外旅行をした消費者たちからの需要が増えている点も考慮した」と説明した。 また、同商品については「カカオバターで作った本物のチョコレートに英国産の生クリームを25%入れ、オリジナルのレシピを完成させた」とし、「バレンタインデーやホワイトデーなど特別な日の家族や友達へのプレゼントとして人気が出るだろう」と語った。 しかし、同商品の形態とパッケージは日本の有名チョコレート「ロイズ」を彷彿とさせる。 商品購入時にもらえるという保冷バックもロイズのものと酷似。 そのため、韓国のネット上では「どう見てもロイズのまね」「良心というものはないの?」「超有名商品を堂々とパクるなんて」「オリオンが創意を凝らして自社開発した商品を見たことがない」などオリオンに対する非難の声が上がっている。 その他、「どうせ硬化油が入った偽物のチョコレートだろう」「いくらかな?まねした上にロイズより高いなんてことはないよね?」など厳しい指摘の声も見られる。 オリオンの「盗作疑惑」は今回が初めてではない。 昨年発売した「コブクチップ」についても日本の「エアリアル」や「サクサクコーン」を盗作したとの疑惑が浮上していた。

次の

ロイズ保険組合の話

ロイズ 韓国

19日、韓国のインターネット上でこのほど、韓国の大手お菓子メーカー「オリオン」が発売した「MarketO 生チョコレート」について、「日本の有名チョコレート『ロイズ』を模倣したもの」と主張する声が上がり、物議を醸している。 資料写真。 2018年1月19日、のインターネット上でこのほど、韓国の大手お菓子メーカー「オリオン」が発売した「MarketO 生チョコレート」について、「日本の有名チョコレート『ロイズ』をしたもの」と主張する声が上がり、物議を醸している。 韓国・インサイトが伝えた。 オリオンは16日、「国内の生チョコレートが初期市場として成長潜在力が高いと判断し、約1年の準備の末に『MarketO 生チョコレート』を発売することになった」と発表し、「海外旅行をした消費者たちからの需要が増えている点も考慮した」と説明した。 また、同商品については「カカオバターで作った本物のチョコレートに英国産の生クリームを25%入れ、オリジナルのレシピを完成させた」とし、「バレンタインデーやホワイトデーなど特別な日の家族や友達へのプレゼントとして人気が出るだろう」と語った。 しかし、同商品の形態とパッケージは日本の有名チョコレート「ロイズ」を彷彿とさせる。 商品購入時にもらえるという保冷バックもロイズのものと酷似。 そのため、韓国のネット上では「どう見てもロイズのまね」「良心というものはないの?」「超有名商品を堂々とパクるなんて」「オリオンが創意を凝らして自社開発した商品を見たことがない」などオリオンに対する非難の声が上がっている。 その他、「どうせ硬化油が入った偽物のチョコレートだろう」「いくらかな?まねした上にロイズより高いなんてことはないよね?」など厳しい指摘の声も見られる。 オリオンの「盗作疑惑」は今回が初めてではない。 昨年発売した「コブクチップ」についても日本の「エアリアル」や「サクサクコーン」を盗作したとの疑惑が浮上していた。

次の

今度はロイズのチョコレート!韓国大手お菓子メーカーにまた日本の盗作疑惑=韓国ネット「良心はないの?」「有名商品を堂々とパクるとは」(2018年1月20日)|BIGLOBEニュース

ロイズ 韓国

日本のチョコレートブランド「ロイズ」が3月末までに韓国の全店舗を閉鎖することが29日、分かった。 事実上、韓国事業から撤退する。 ロイズコンフェクトは北海道のチョコレートメーカー。 韓国食品業界の関係者によると、ロイズコンフェクトコリアはこのほどホームページで、営業終了を告知した。 インターネット通販は2月18日、ソウルの狎鴎亭店と京畿道の板橋店は同月15日に閉店する。 そのほかの実店舗も3月中にすべて営業を終了する予定。 営業終了の理由は説明していない。 (引用ここまで) お、生チョコレートで知られているロイズが韓国から撤退。 ロイズコリアのサイトを見ると、現在9店舗ほど展開しています。 デパートの新世界を中心に出店している模様。 工場がなければ身軽に撤退できるか。 日本では700~1000円ていどの生チョコの詰め合わせが韓国だと18000ウォンになっている感じ。 まあ、撤退そのものは不買運動の影響でしょうね。 韓国人の大勝利じゃないでしょうか。 もちろん、撤退によってなくなるのは韓国人の雇用に他なりませんが。 再参入はないだろうなぁ……。 いつなんどき、こうして日本叩きがはじまるか分からない国に参入するのはリスクが高すぎる。 こうした「コリアリスク」をどう評価するか、でしょうね。 が、「そのような事実はない」として韓国での営業を継続してはいます。 ただ、多くの日本企業が撤退を含めて検討しているのは間違いないでしょう。 現在の日韓関係の象徴、といえるでしょうね。

次の