数字 で 見る ドッカン バトル。 【ドッカンバトル】2020年『天に輝け!七夕キャンペーン』情報まとめ

【ドッカンバトル】ドッカンバトル攻略

数字 で 見る ドッカン バトル

『宇宙サバイバル編』カテゴリのキャラ・デッキ考察です。 【カテゴリとしての特徴】 【リーダーキャラクター】主要カード 【LRキャラクター】主要カード 【フェス限定キャラクター】主要カード 【通常ガシャ産の特記戦力キャラ】主要カード 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 【イベント産キャラクター】主要カード 【バトルロード難易度】 【熱闘悟空伝難易度】 【最適編成一例】 という項目で書いています。 【カテゴリとしての特徴】 ・カテゴリの定義 アニメ『ドラゴンボール超』で2017年2月~2018年3月頃に放映された『宇宙サバイバル編』に登場したキャラクター達のカテゴリです。 『』『』などのように、一部映画キャラが入ったり定義作品が飛び飛びのような分かりづらい面はほとんどなく、カテゴリの定義はかなり明瞭です。 ・超系メインの小規模カテゴリ 2020年4月現在、このカテゴリの所属カード枚数は87枚で小規模な部類で、超系キャラの比重が大きいです。 フェス限定キャラクターは7体、LRキャラクターは2体所属でハイエンドカードは規模の割にはそこそこ多めですが、全体的にそこまで目立つほどではないでしょう。 また、そもそもアニメのサバイバル編自体が『2017年2月』からの放映、『ドッカンバトル2周年』以前のキャラは絶対に含まれないので、この影響で小規模かつ新しめのキャラが多い、ということにもなっています。 ・『』『』を内包 『』カテゴリ、『』カテゴリに所属するキャラの大半が、このカテゴリにも属しています。 一部例外は存在しますが、基本的にはこの2つのカテゴリを内包するカテゴリと思って良いでしょう。 例えば『』に対しては『』や『』で染めて挑んだり、ということも可能です。 ・フェス限リーダー多め 2020年4月現在、このカテゴリには3体のフェス限リーダーが存在し、これはリーダー『4体』の『フュージョン』に次ぐ数です。 『リーダーを用意しやすい』というのはあるでしょう。 非常に効果が高いため、気力に困るということがまずなくなり、安定感は極めて高いです。 特にLRキャラクター達にとってこの補正は大きく、今後LRが増えれば更に働きやすくもなるでしょう。 ・特攻イベント 物語イベント『』で特攻 画像をクリックで攻略ページへ飛びます。 『宇宙サバイバル編』3部作物語イベントの全て、それから『愛をお届け!魔女っ娘戦士』の計4つのイベントのドロップ特攻に指定されています。 数自体も多く、秘宝集めのイベントもあるので復刻の度に割とお世話になる特攻です。 【リーダーキャラクター】主要カード 3体のフェス限カテゴリリーダーが存在します。 しかし、悟空やヒットはかなりクセが強く、ジレンは2年も前のキャラクターということで、数の割には超優秀なリーダー、というのもあまり存在せず…。 別に弱いとまでは言いませんが、リーダーが目立たないせいでカテゴリとしてもちょっと微妙な立ち位置になっている所はあります。 【LRキャラクター】主要カード 2体のガシャ産LRが所属しています。 目立つのはやはりカリフラ&ケールで、こちらは今尚超広範囲特攻で抜群の強さを誇り、専用バトロでも悟空伝専用ミッションでも鬼人の如き活躍を見せてくれます。 間違いなくこのカテゴリ最強の戦力でしょう。 悟空&フリーザはかなり攻撃寄りですが、ATK低下が効く相手なら十分な守りと信じられないくらいの超絶火力も発揮してくれ、バトロなんかでは十分に活躍してくれます。 悟空伝は流石に厳しい所もありますが…。 このカテゴリだとリンクが通りやすいので超必殺技もかなり撃ちやすいし、やはり頼りになる戦力です。 【フェス限定キャラクター】主要カード この2人はそれぞれ2020年、2019年に登場した最新フェス限で、両者共に『海外版から4ヵ月遅れで輸入された』キャラクターでもあります。 しかしながら、どちらも最新のキャラの割に非常にクセが強い性能で、ヒットは2019年フェス限としては最弱、悟空もこの調子だと2020年フェス限最弱になりそうで何とも言えない感じ…。 『ハマれば強い』というのは間違いなく、特に悟空は唯一長期戦適正のあるリーダーなので重宝はしますが、編成縛りにHP条件に守りの手薄さがありますし、ヒットもデバフ無効の相手には手も足も出ず、デバフが効いても運次第だし敵の数が多いと対処し切れなかったりで、このカテゴリでは最新のフェス限なのに粗も目立つ感じです。 この4体は2018年に登場したフェス限達です。 いずれも『超属性』フェス限で、中々に特徴的な性能を持っています。 特に17号はこのカテゴリのフェス限としては最強格、いるかいないかでデッキの安定度は一段階変化するでしょう。 DEF&気力サポートはLRキャラとも相性抜群で、面子が揃う程に重要な存在になります。 ジレン・ベジータの2人はシンプルに攻撃・防御が優秀で、その上でジレンは気絶、ベジータは変身による会心なんかを持っているので、見所は十分あります。 ジレンはバトロ、ベジータは悟空伝で重宝するでしょう。 身勝手は流石に変身前の基礎性能、変身後の回避頼みな部分が痛く、他の面子よりは明らかに劣る感じですが、やはり並みのキャラよりはずっと強力です。 ジレン以外は全員『』カテゴリでもあるので、この辺と悟空&フリーザが揃っているなら素直に『』で…というのはありますが。 このフリーザのみ2017年の登場です。 敵にもデバフが通るのでそういうイベントなら…というのはありますが、優先度は低めです。 【通常ガシャ産の特記戦力キャラ】主要カード 最も目立つのはこの6人でしょう。 いずれもがかなり特徴的な尖った性質を持っています。 属性ガシャのキャベはサポートが割とハマる上に自身の実力も十分、バランスという意味ではこのカテゴリで最も優れた存在かもしれません。 カリフラは特攻相手に誇張無しの無敵モードで、悟空伝も最終戦以外は全部無敵、バトルロードに至ってはずっと無敵、居るか居ないかでバトロの難易度は完全に変わって来ます。 ブリアンもカリフラ・ケール関連のカードと併用するとすさまじい強さで、こちらもバトロで大活躍させた人は多いでしょう。 ベルガモ・ケール・属性ガシャのヒットの3人は長期戦適正が抜群で、悟空伝専用ミッションでは大活躍の3人です。 ここ最近だとリーダーの悟空と含めて長期戦適正のキャラが増え、悟空伝が一気に楽になった感じです。 この3人は上の3人程尖っている訳ではありませんが、しっかり実力のある面々です。 特にボタマゲッタと18号は守りもかなり厚く、バトロや悟空伝にも十分連れて行ける実力はあるでしょう。 ケフラは守りが流石に弱くなって来ましたが、通用するだけの力は持っています。 この3人は運次第な所もありますが、バトロなんかでもそれなりに使える程度の性能はあるでしょう。 この2人は天下一武道会のキャラですが、長期戦適正は高く、悟空伝なんかでも活躍してくれます。 【攻撃性能主体キャラ アタッカー 】主要カード 【防御性能主体キャラ】主要カード 【サポート・その他特殊な性能のキャラ】主要カード 通常ガシャ産キャラクターが少ないので、まとめて紹介しておきます。 この5人は攻撃性能・防御性能そこそこという感じです。 まあ今となってはいずれもそこまで…という感じですが、ディスポなんかは中々特色のある性能ではあります。 強いかどうかはともかく…。 この2人はそれぞれ火力特化、サポート特化という感じです。 守りが厳しいのでこちらも今となっては…という感じですが、トッポはまあ取り敢えずの運用には悪くないでしょう。 この辺はそこからは更に一歩劣る面々で、今の環境だと中々出番も無いでしょう。 ただ、ブウはドッカン覚醒が未実装ですから、今後の覚醒で化ける可能性はあります。 【イベント産キャラクター】主要カード 取り敢えずで使って行けそうなのはこの3人辺りでしょうか。 まあどうしてもメンツが足りなければ…という所でしょう。 この辺はデバフ要員なので、相手次第といった所です。 その他の面々は、今の環境だと厳しい面子です。 そうそう出番も無いでしょう。 イベント産で使えるキャラなんかはほとんど居ないのでかなり手持ちを問われるところもありますが、その分適正の高いキャラも多いし、まあカテゴリバトロの中ではそこまで難しい部類という訳でもないでしょう。 バトロ同様、イベントで手に入るキャラなどで面子を補うことが難しいので手持ちは選びますが、随分手を出しやすくなったでしょう。 【最適編成一例】 1 リーダー ・ 2・ 3・ 4・ 5・ 6・ 7 フレンド ・ かつてと比べて面子も随分変わり、特に長期戦適正のあるキャラが増え、リーダーも長期戦向きのキャラが現れたので、かつてよりも悟空伝ミッションが随分楽になりました。 この編成でも長期戦意識の編成としています。 バトロなら面子もまるっきり変わってくるでしょうが…。 取り敢えずこの編成だとベルガモと・キャベ・カリフラ&ケールは盤石の受けが出来るのでそこを主軸に、後はひたすらガシガシ攻撃していけばOKでしょう。 後半戦では元気玉の削りも出来ますし、悟空伝も楽勝でしょう。 かつては鬼門の1つに数えられたものですが、時代の流れも感じます。 バトロならリーダーからして変わるし、サブもブリアンやカリフラや悟空&フリーザなど、採用価値が高いキャラも非常に多いのでまた別の話になってきます。 何はともあれ、昔よりは自由度も上がったでしょうか。 以上です。 2018年頃は『最新フェス限多数』『アニメで活躍してたばかりのキャラ』という感じで、性能的にもビジュアル的にも魅力の強いカテゴリでしたが、『ドラゴンボール超』が放送終了してから既に2年以上が経ち、流石に見劣りしてきた所もあります。 特に安定したリーダーが居ない所がネックで、中々『強カテゴリ』という印象も薄めなカテゴリではあるでしょうか。 ただ、アニメの材料もかなり吐き出してはしまいましたが、身勝手・ジレン・進化ブルーのベジータ・ゴルフリなどはフェス限2枚目もいつか登場するでしょうし、敵専用のフルパワージレン、アニラーザ、悟飯などのカードも見受けられたり、まだまだ弾を残してもいます。 他のカテゴリと比べて将来性が特別見込めるとまでは言えませんが、今後の展開もまだまだ期待は出来るでしょう。 188.

次の

【ドッカンバトル】『願いの短冊2』のオススメの使い方・キャラクターまとめ ※極限キャラ追加

数字 で 見る ドッカン バトル

2020年の七夕キャンペーンの情報をまとめておきます。 内部的には今の所は『14時開催』となっているようです。 も初再録! ブルーコンビとクリリンは『七夕フェスでも排出』ということで、これもいつも通りです。 いつも通り、セールも併設です。 『LRが4体』ということなので、も入るっぽい? 去年と同じでピックアップ20体だったとしても、フェス限LRが4体なら『フェス限LR率1. 一昨年は1、去年は2、今年は3という具合です。 ・ ・ 交換ラインナップは毎年結構変わるので現時点では何とも言えませんが、最近は多数の古いキャラクターもドッカン覚醒・極限Z覚醒で大幅なパワーアップを遂げているので、今年は取る価値のあるキャラクターがかなりラインナップされて来そうな予感です。 基本、古めのキャラがぞろっと揃う感じなので、『初出は古いけど極限で化けたキャラ』が結構並んできそうな気はします。 ドラゴンボールを集めて3つの願いを叶えてもらえるキャンペーンで、去年のお願いは以下の7個でした。 今年もおそらくは似たような形になるでしょう。 願いの短冊でのキャラ入手や育成リソースの大量獲得、集めづらい秘宝の大量入手など、非常に美味しいキャンペーンとなっています。 何を貰うか考えておきましょう。 詳しい性能は上記事参照ですが、かなりの強さになっています。 そのトップバッターを務めるのは、フェス限の面汚し、クソバナナ、ペラリーなどなど、数々の異名を持つあのです。 これまで散々叩かれたキャラクターですし、極限いよる超絶パワーアップによる熱い手の平返しが待っていそうです。 カテゴリから目を背けつつ 特攻カテゴリは『』です。 適正キャラが居るか、自分のBOXをチェックしておきましょう。 どちらも今では力不足なキャラクターですし、これは思いがけぬサプライズでしょう。 中々に楽しみです。 用があるイベントはこなして行きましょう。 以上です。 概ね予想通りの展開ですが、遂に始まったコスト58極限やディスポにトッポの極限など、初出情報も非常に楽しみなものが多いです。 特にコスト58の面子はリーダースキルをどうするか、という所も非常に気になるし、個人的にはここが一番楽しみかも…。 本日からもフェス開催、大乱戦いろいろとあるので、まずはそちらを楽しみに待ちましょう。 ガシャは多分14時…。 お前たちにも教えよう。 ドッカンバトルのガシャへの執着の理由を。 ドッカンバトルはあるソシャゲに1位を取られたんだ。 そして1位となる荒野行動に助けられ2位を取り留めた。 それからドッカンバトルは荒野行動の下でさらなるガシャさと正しいテーブル道を極めようとした。 1人、2人、3人…ドッカンバトルの周りには課金者ができた。 そこに再び奴がやって来た。 課金者とともに戦った。 ドッカンバトルには LRブルーコンビで勝てる自信があったんだ。 だが、奴は強すぎた。 ドッカンバトルの課金者は次々と財布を落とした。 ドッカンバトルの師匠までも奴との戦いでセルランを落とした。 ドッカンバトルは再び立ち上がろうとしたが生き残った課金者に立ち上がる者はいなかった。 金なき者は借金に従うしかなかったのだ。 ドッカンバトルは独りになった。 信頼していた連中に裏切られたドッカンバトルの悲しみは計り知れない。 そのとき痛感したんだ。 冒険ストーリーなど無価値だと。 それと同時に理解したのさ。 ガシャさこそ正義。 ガシャさこそ絶対なのだと。 ガシャだけ開催すれば周りがついてくる。 ガシャさえすればすべてが手に入る。 そこにコンテンツなど不要。 オレはそんなドッカンバトルのとてつもないガシャへの渇望とその孤独心に呆れたんだ。 by 125. by 1. トランクスの強さへの執着の理由を。 トランクスはある人造人間に父親を殺されたんだ。 そして師匠となる男に助けられ一命を取り留めた。 それからトランクスは師匠の下でさらなる強さと正しい道を極めようとした。 地球の他のZ戦士達は既に全員殺されていて、二人で強くなろうとしていた そこに再び奴等がやって来た。 師匠とともに戦った。 トランクスには勝てる自信があったんだ。 だが、奴等は強すぎた。 トランクスの師匠までも奴等との戦いで命を落とした。 トランクスは再び立ち上がろうとしたが生き残った人類に立ち上がる者はいなかった。 力なき者は強者に従うしかなかったのだ。 トランクスは独りになった。 信頼していた連中に裏切られたトランクスの悲しみは計り知れない 面倒なので以下略 by 106. 130. 131.

次の

【ドッカンバトル】3.5億DLキャンペーン情報まとめ

数字 で 見る ドッカン バトル

2020年の七夕キャンペーンの情報をまとめておきます。 内部的には今の所は『14時開催』となっているようです。 も初再録! ブルーコンビとクリリンは『七夕フェスでも排出』ということで、これもいつも通りです。 いつも通り、セールも併設です。 『LRが4体』ということなので、も入るっぽい? 去年と同じでピックアップ20体だったとしても、フェス限LRが4体なら『フェス限LR率1. 一昨年は1、去年は2、今年は3という具合です。 ・ ・ 交換ラインナップは毎年結構変わるので現時点では何とも言えませんが、最近は多数の古いキャラクターもドッカン覚醒・極限Z覚醒で大幅なパワーアップを遂げているので、今年は取る価値のあるキャラクターがかなりラインナップされて来そうな予感です。 基本、古めのキャラがぞろっと揃う感じなので、『初出は古いけど極限で化けたキャラ』が結構並んできそうな気はします。 ドラゴンボールを集めて3つの願いを叶えてもらえるキャンペーンで、去年のお願いは以下の7個でした。 今年もおそらくは似たような形になるでしょう。 願いの短冊でのキャラ入手や育成リソースの大量獲得、集めづらい秘宝の大量入手など、非常に美味しいキャンペーンとなっています。 何を貰うか考えておきましょう。 詳しい性能は上記事参照ですが、かなりの強さになっています。 そのトップバッターを務めるのは、フェス限の面汚し、クソバナナ、ペラリーなどなど、数々の異名を持つあのです。 これまで散々叩かれたキャラクターですし、極限いよる超絶パワーアップによる熱い手の平返しが待っていそうです。 カテゴリから目を背けつつ 特攻カテゴリは『』です。 適正キャラが居るか、自分のBOXをチェックしておきましょう。 どちらも今では力不足なキャラクターですし、これは思いがけぬサプライズでしょう。 中々に楽しみです。 用があるイベントはこなして行きましょう。 以上です。 概ね予想通りの展開ですが、遂に始まったコスト58極限やディスポにトッポの極限など、初出情報も非常に楽しみなものが多いです。 特にコスト58の面子はリーダースキルをどうするか、という所も非常に気になるし、個人的にはここが一番楽しみかも…。 本日からもフェス開催、大乱戦いろいろとあるので、まずはそちらを楽しみに待ちましょう。 ガシャは多分14時…。 お前たちにも教えよう。 ドッカンバトルのガシャへの執着の理由を。 ドッカンバトルはあるソシャゲに1位を取られたんだ。 そして1位となる荒野行動に助けられ2位を取り留めた。 それからドッカンバトルは荒野行動の下でさらなるガシャさと正しいテーブル道を極めようとした。 1人、2人、3人…ドッカンバトルの周りには課金者ができた。 そこに再び奴がやって来た。 課金者とともに戦った。 ドッカンバトルには LRブルーコンビで勝てる自信があったんだ。 だが、奴は強すぎた。 ドッカンバトルの課金者は次々と財布を落とした。 ドッカンバトルの師匠までも奴との戦いでセルランを落とした。 ドッカンバトルは再び立ち上がろうとしたが生き残った課金者に立ち上がる者はいなかった。 金なき者は借金に従うしかなかったのだ。 ドッカンバトルは独りになった。 信頼していた連中に裏切られたドッカンバトルの悲しみは計り知れない。 そのとき痛感したんだ。 冒険ストーリーなど無価値だと。 それと同時に理解したのさ。 ガシャさこそ正義。 ガシャさこそ絶対なのだと。 ガシャだけ開催すれば周りがついてくる。 ガシャさえすればすべてが手に入る。 そこにコンテンツなど不要。 オレはそんなドッカンバトルのとてつもないガシャへの渇望とその孤独心に呆れたんだ。 by 125. by 1. トランクスの強さへの執着の理由を。 トランクスはある人造人間に父親を殺されたんだ。 そして師匠となる男に助けられ一命を取り留めた。 それからトランクスは師匠の下でさらなる強さと正しい道を極めようとした。 地球の他のZ戦士達は既に全員殺されていて、二人で強くなろうとしていた そこに再び奴等がやって来た。 師匠とともに戦った。 トランクスには勝てる自信があったんだ。 だが、奴等は強すぎた。 トランクスの師匠までも奴等との戦いで命を落とした。 トランクスは再び立ち上がろうとしたが生き残った人類に立ち上がる者はいなかった。 力なき者は強者に従うしかなかったのだ。 トランクスは独りになった。 信頼していた連中に裏切られたトランクスの悲しみは計り知れない 面倒なので以下略 by 106. 130. 131.

次の