ミディアム プードル。 【レアな存在?】ミディアムプードルの子犬の値段や毛色の価格相場から1ヶ月にかかるエサ代からトリミング&シャンプーの料金を教えます!

6種類に分かれるプードル!性格、身体の大きさ、それぞれの特徴は?

ミディアム プードル

Contents• 性格・魅力 ミディアムプードルは活発で明るい性格をしています。 運動能力がとても高く、遊んだり走ったりするのが大好きです。 学習能力も高く、一度訓練されたことはしっかり覚えている利口な犬種なのでしつけがしやすいでしょう。 運動が大好きですが、 穏やかで落ち着きのある性格をしています。 家族に対して深い愛情を持ち、一緒に遊ぶのが大好きですよ。 ミディアムプードルは優れた運動能力があるので、飼い犬と一緒に遊びたい人にはぴったりです。 外観がとても可愛く、ぬいぐるみのような巻き毛が特徴です。 献身的に尽くしてくれる家族思いの性格も魅力ですね。 明るい性格ですがはしゃぎすぎないので、一緒にいて落ち着くそんな犬種です。 室内犬として高い人気がありますよ。 歴史・起源 ミディアムプードルの起源ははっきり分かっていませんが、元々は古くからアジア大陸やロシアにプードルが住んでいたようです。 長い歴史の中で他の犬種との交配が繰り返され、フランスに渡ってきたと考えられています。 プードルは16世紀頃、使役犬や水猟犬として活躍していました。 その後目的に合わせてサイズが改良され、ミディアムプードルが誕生しました。 外観・お手入れ ミディアムプードルはフワフワとカールしている被毛が特徴です。 手足は細く引き締まっていて、スクエア型の体型をしています。 頭部は丸くて小さく、鼻筋が通った上品な顔立ちをしていますよ。 高い運動能力を持ち、細めの体が機敏に動く様はとても優雅です。 フランスの貴婦人たちから愛玩犬として愛されてきた犬種にふさわしく、外観は気品に溢れています。 ミディアムプードルは抜け毛が少ないのでお手入れは比較的簡単です。 それでも被毛は巻き毛で絡まりやすいので、 週に数回はブラッシングすると良いでしょう。 皮膚を引っ張らないよう気を付けながらブラッシングしてください。 どんなスタイルにするかでトリミング方法は異なります。 頭部と手足にボリュームをつけるには、その部分の被毛を伸ばすことが必要です。 運動・散歩 ミディアムプードルは水猟犬としても活躍してきたので、元々体力やスタミナがあります。 長時間の散歩は必要ではありませんが、それでも 毎日散歩や運動をさせると良いでしょう。 ボール投げや水泳、かけっこなど、いろいろなスポーツを楽しむことができますよ。 運動不足になるとストレスが溜まり、病気になるリスクが高まるので定期的に運動させましょう。 気質 ミディアムプードルは好奇心が強くて高い学習能力もある、非常に知能が高い犬種と言われています。 ゲームのような遊びもこなせるほど利口なので、一緒に遊ぶのも楽しいでしょう。 温厚でフレンドリーなので、他の犬種や家族以外の人とも仲良く遊ぶことができます。 忠誠心や愛情に富んでいて、家族をいつも喜ばせようとしてくれる愛らしい犬種です。 フレンドリーですが警戒心が強い面もあるので、 見知らぬ人に吠えてしまうことがあります。 無駄吠えをなくすには小さい時からのしつけが必要です。 賢いのでしっかり教えられれば吠えるのがいけないと理解しますが、甘やかされると吠え癖がついてしまうでしょう。 訓練されないと他の犬に向かってもすぐに吠えるかもしれません。 一緒に生活する中のしつけや注意事項 ミディアムプードルの甘やかさずにしつけることが大切ですが、それと同時に愛情もたっぷり注いであげましょう。 ミディアムプードルは家族が大好で、いつも一緒にいたいと願っています。 十分な愛情を示してあげるには時間が必要になるので、忙しい方が飼うには向かないかもしれません。 さらにトリミングなどのお手入れに費用がかかることも覚えておきましょう。 健康・気を付けたい病気 ミディアムプードルの症状や疾患についてご紹介しています。 クッシング症候群 副腎皮質ホルモンの過剰分泌により、高血糖やさまざまな症状が引き起こされる病気です。 症状 水を大量に飲み、尿の量や回数が増える。 左右対称の脱毛が生じる。 糖尿病を併発することもあります。 対策・予防 遺伝で発症する場合は予防が難しいでしょう。 副腎皮質の働きを抑える薬剤が治療で用いられることがあります。 アジソン病 副腎皮質ホルモンが正常に分泌されなくなる病気です。 症状 ぐったりして元気がなくなり、運動や散歩を嫌がるようになる。 水をたくさん飲み、尿の量や回数が増える。 嘔吐や食欲不振、体重が減少するなどの症状が現れます。 対策・予防 副腎皮質ホルモンを補う製剤が投与されることがありますが、その場合薬の投与は生涯続ける必要があります。 関節炎 関節に炎症が生じる病気です。 症状 痛みがあるので、足を引きずったり散歩や運動を嫌がるようになるかもしれません。 対策・予防 体重の増加により関節に負担がかかり発症することがあります。 適正な食事制限で体重をコントロールしましょう。 過剰な運動や高い場所からの着地を避け、関節に負担を与えないようにします。

次の

【犬種】ミディアム・プードルとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

ミディアム プードル

プードルの種類 今現在、プードルは体の大きさによって4種類に分けられています。 【スタンダード・プードル】 体重15~25kg、体高45~60cm、大型犬 カモ猟などの水猟犬の他、軍用犬や救助犬などにも使用されていました。 【ミディアム・プードル】 体重8~15kg、体高35~45cm、中型犬 JKC(日本の愛犬家団体)に認定を受けたのが2004年で、比較的まだ新しい犬種であるため、まだまだ知られていない部分が多いと言われています。 また、未だこの犬種を認めていない国も多いようです。 【ミニチュア・プードル】 体重5~8kg、体高28~35cm、小型犬 スタンダード・プードルを小さく改良して作出されました。 嗅覚が優れていたので、トリュフ狩りとして使用されたり、また、スタンダード・プードルよりも体が小さく扱いやすかったことと、多芸多才であったため、旅芸人の一座に加わり、サーカスなどで芸を披露をすることが多かったと言われています。 【トイ・プードル】 体重3~5kg、体高26~28cm、小型犬 ミニチュア・プードルを小さく改良して作られた犬種です。 トイ・プードルもミニチュア・プードル同様、体が小さく扱いやすかったことと、多芸多才であったため、旅芸人の一座に加わり、サーカスなどで芸を披露をすることが多かったと言われています。 また、この他にも、体重2kgくらい、体高23cm以下のサイズの小さい「ティーカップ・プードル」がいますが、この犬種が作出されてからまだ間もないということと、先天性の疾患などの可能性などが危ぶまれていることもあり、JKCを含めた他の主要畜犬団体から公認されていません。 ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルの被毛 プードルの被毛は、「シングルコート」といい、下毛がないのが特徴です。 保温の役割をする下毛がないので、一見モコモコしていて暖かいように見えますが、寒さには弱い被毛の持ち主になります。 また、プードルの被毛は、換毛期がなく、毛は抜けづらいのですが、毛玉になりやすいため、こまめにブラッシングをする必要があります。 この犬種のブラッシングに関しては、毎日欠かさないことが必要となります。 プードルの被毛のカラーは、「ブラック」「ホワイト」「レッド」「アプリコット」「シルバー」「ブラウン」「クリーム」「ブルー」などの単色のみが認められています。 スポンサードリンク ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルのルーツ ミディアム・プードルとミニチュア・プードルは、本来プードルの中で一番体が大きいスタンダード・プードルを徐々に小さく改良して作出されたもので、ミディアム・プードルとミニチュア・プードルの歴史にスタンダード・プードルの存在は欠かせないものとなっています。 プードルのルーツに関しては、あまり定かではありませんが、ヨーロッパ各地に存在していた、全身の被毛がカールされた「バーベット」というドイツ原産の水猟犬が、プードルの祖先ではないかと考えられています。 ドイツからフランスに持ち込まれたプードルは、泳ぎが得意であったことから、カモ猟の水中回収犬として使用されていました。 この頃から、毛が水に濡れると体が重くなって泳ぎにくくなるという理由から、顔や体の毛をカットし、体温の低下を防ぐために、心臓や腕や足の毛を残すというような独特なカット方法の「コンチネンタル・クリップ」が作られたと言われています。 16世紀頃、プードルはフランスの上流階級の婦人たちから人気を博し、「ミニチュア・プードル」が作出され、18世紀のルイ16世の時代には、更に小型化した「トイ・プードル」が作られ、フランスだけでなくあらゆる国々に知られるようになりました。 先述の通り、「ミディアム・プードル」は、2004年になってからJKCに登録されています。 「プードル」という名前の由来は、ドイツ語で「pfudel(プーデル:水中でパチャパチャ音をたてる)」から由来していると言われています。 このことからも、プードルは昔から水中での仕事を得意としていたということが分かりますよね。 ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルと暮らすために ミディアム・プードルやミニチュア・プードルは、犬の中で最も体臭が少なく、毛も抜けづらいので、アレルギーを持つ飼い主さんでも室内で飼育できることが多いようです。 しかし、臭くないからと手入れを怠っていると、アッという間にフェルトのような毛玉を作りますので、定期的なトリミングや毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。 あまりマメに手入れができないという方は、トリミングであらかじめ毛を短くカットしておくと、毛の手入れがとても楽になりますよ。 また、ブラッシングに慣れさせるためにも、幼少期から体のどこでも触らせるようにしておくことが大切です。 また、ミディアム・プードルもミニチュア・プードルの両犬種とも、これだけ「人に付く」犬種なので、家族内でも人との関わりを大切にします。 そのため、仕事や家事が忙しくて、構って貰えなかったり、留守番の時間が長いと、ストレスから、吠える、噛む、物を壊すなど、犬特有の問題行動を引き起こすことがあります。 どうしても構ってもらいたくて、イタズラをして叱られたことすら、構って貰えたと喜んでしまうのです。 この場合は、愛犬との時間を作ってあげることで解決できるでしょう。 そして、ミディアム・プードルとミニチュア・プードルは、そこそこの運動量が必要になりますので、1日1~2回、30~1時間くらい散歩したり、日頃のトレーニングに頭を使うようなゲームを取り入れて、体と頭を刺激させるような運動を取り入れても良いでしょう。 しかし、基本的にプードルは関節があまり強くないため、関節に負担をかけないよう、無理のない運動を心掛けましょう。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の

ミディアムプードルの性格・魅力・しつけ・健康や病気まとめ

ミディアム プードル

プードルの種類 今現在、プードルは体の大きさによって4種類に分けられています。 【スタンダード・プードル】 体重15~25kg、体高45~60cm、大型犬 カモ猟などの水猟犬の他、軍用犬や救助犬などにも使用されていました。 【ミディアム・プードル】 体重8~15kg、体高35~45cm、中型犬 JKC(日本の愛犬家団体)に認定を受けたのが2004年で、比較的まだ新しい犬種であるため、まだまだ知られていない部分が多いと言われています。 また、未だこの犬種を認めていない国も多いようです。 【ミニチュア・プードル】 体重5~8kg、体高28~35cm、小型犬 スタンダード・プードルを小さく改良して作出されました。 嗅覚が優れていたので、トリュフ狩りとして使用されたり、また、スタンダード・プードルよりも体が小さく扱いやすかったことと、多芸多才であったため、旅芸人の一座に加わり、サーカスなどで芸を披露をすることが多かったと言われています。 【トイ・プードル】 体重3~5kg、体高26~28cm、小型犬 ミニチュア・プードルを小さく改良して作られた犬種です。 トイ・プードルもミニチュア・プードル同様、体が小さく扱いやすかったことと、多芸多才であったため、旅芸人の一座に加わり、サーカスなどで芸を披露をすることが多かったと言われています。 また、この他にも、体重2kgくらい、体高23cm以下のサイズの小さい「ティーカップ・プードル」がいますが、この犬種が作出されてからまだ間もないということと、先天性の疾患などの可能性などが危ぶまれていることもあり、JKCを含めた他の主要畜犬団体から公認されていません。 ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルの被毛 プードルの被毛は、「シングルコート」といい、下毛がないのが特徴です。 保温の役割をする下毛がないので、一見モコモコしていて暖かいように見えますが、寒さには弱い被毛の持ち主になります。 また、プードルの被毛は、換毛期がなく、毛は抜けづらいのですが、毛玉になりやすいため、こまめにブラッシングをする必要があります。 この犬種のブラッシングに関しては、毎日欠かさないことが必要となります。 プードルの被毛のカラーは、「ブラック」「ホワイト」「レッド」「アプリコット」「シルバー」「ブラウン」「クリーム」「ブルー」などの単色のみが認められています。 スポンサードリンク ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルのルーツ ミディアム・プードルとミニチュア・プードルは、本来プードルの中で一番体が大きいスタンダード・プードルを徐々に小さく改良して作出されたもので、ミディアム・プードルとミニチュア・プードルの歴史にスタンダード・プードルの存在は欠かせないものとなっています。 プードルのルーツに関しては、あまり定かではありませんが、ヨーロッパ各地に存在していた、全身の被毛がカールされた「バーベット」というドイツ原産の水猟犬が、プードルの祖先ではないかと考えられています。 ドイツからフランスに持ち込まれたプードルは、泳ぎが得意であったことから、カモ猟の水中回収犬として使用されていました。 この頃から、毛が水に濡れると体が重くなって泳ぎにくくなるという理由から、顔や体の毛をカットし、体温の低下を防ぐために、心臓や腕や足の毛を残すというような独特なカット方法の「コンチネンタル・クリップ」が作られたと言われています。 16世紀頃、プードルはフランスの上流階級の婦人たちから人気を博し、「ミニチュア・プードル」が作出され、18世紀のルイ16世の時代には、更に小型化した「トイ・プードル」が作られ、フランスだけでなくあらゆる国々に知られるようになりました。 先述の通り、「ミディアム・プードル」は、2004年になってからJKCに登録されています。 「プードル」という名前の由来は、ドイツ語で「pfudel(プーデル:水中でパチャパチャ音をたてる)」から由来していると言われています。 このことからも、プードルは昔から水中での仕事を得意としていたということが分かりますよね。 ミディアム・プードル/ミニチュア・プードルと暮らすために ミディアム・プードルやミニチュア・プードルは、犬の中で最も体臭が少なく、毛も抜けづらいので、アレルギーを持つ飼い主さんでも室内で飼育できることが多いようです。 しかし、臭くないからと手入れを怠っていると、アッという間にフェルトのような毛玉を作りますので、定期的なトリミングや毎日のブラッシングは欠かさず行いましょう。 あまりマメに手入れができないという方は、トリミングであらかじめ毛を短くカットしておくと、毛の手入れがとても楽になりますよ。 また、ブラッシングに慣れさせるためにも、幼少期から体のどこでも触らせるようにしておくことが大切です。 また、ミディアム・プードルもミニチュア・プードルの両犬種とも、これだけ「人に付く」犬種なので、家族内でも人との関わりを大切にします。 そのため、仕事や家事が忙しくて、構って貰えなかったり、留守番の時間が長いと、ストレスから、吠える、噛む、物を壊すなど、犬特有の問題行動を引き起こすことがあります。 どうしても構ってもらいたくて、イタズラをして叱られたことすら、構って貰えたと喜んでしまうのです。 この場合は、愛犬との時間を作ってあげることで解決できるでしょう。 そして、ミディアム・プードルとミニチュア・プードルは、そこそこの運動量が必要になりますので、1日1~2回、30~1時間くらい散歩したり、日頃のトレーニングに頭を使うようなゲームを取り入れて、体と頭を刺激させるような運動を取り入れても良いでしょう。 しかし、基本的にプードルは関節があまり強くないため、関節に負担をかけないよう、無理のない運動を心掛けましょう。 スポンサーリンク• 投稿ナビゲーション.

次の