蓄膿症 抗生 物質。 蓄膿症の薬は抗生物質が効く?市販薬はどうなの?

蓄膿症の治療薬。マクロライド系抗生物質とは

蓄膿症 抗生 物質

スポンサーリンク 蓄膿症の薬ってどんな感じ?抗生物質が出るの? 蓄膿症で病院にかかったらどんな薬や抗生物質が処方されるのでしょうか?どういう薬が出るのかがわかっていればアルコールとの関係も調べやすいですよね。 蓄膿症になると、必ずと言って良いほど処方されるのが抗生物質なんです。 副鼻腔に炎症が起きて膿が溜まる病気を蓄膿症と呼ぶのですが、ここに悪さをする細菌がいるんですね。 抗生物質は細菌をやっつけてくれるので蓄膿症に効果を発揮してくれるんですよ。 蓄膿症の人に処方される抗生物質はマクロライド系抗生物質というもので、ルリッドやクラシッド、ジスロマックあたりが有名ですね。 抗生物質以外では症状を抑える薬が処方されるんです。 膿や鼻水を出しやすくする薬とか、痛みを止める薬ですね。 蓄膿症の症状には頭痛もありますので、頭痛の薬が処方されることもありますよ。 では、これらの薬とアルコールの関係を詳しく見ていきましょう。 薬とアルコールを同時に飲んでも大丈夫?それともダメ? 蓄膿症の 薬と抗生物質を飲んでいる時は、基本的にアルコール禁止なんです。 これは蓄膿症の薬だけではありませんね。 どの薬もアルコールとの相性は良くないんです。 その中でも特にアルコールとの相性が悪い薬があって、そうなると体に悪影響を及ぼすんですよ。 まずは蓄膿症の治療に高い確率で使われている抗生物質とアルコールについて。 スポンサーリンク 抗生物質を飲みながらアルコールを飲むと、どれほどお酒に強い人でもアルコールを分解しきれなくなってしまうんですよ。 吐き気がしてきたり気持ち悪くなってきたり、胃がムカムカしたり…といったお腹のあたりへの嫌な症状も出てきますね。 次は、鎮痛剤などの薬とアルコールについてです。 薬とアルコールを同時に飲んではいけないと言われているのは、薬の作用と肝機能に問題が出てくるからなんですね。 薬を飲むと肝臓が分解するために働きますが、アルコールを飲んだ時にも肝臓は分解しようと働くんです。 肝臓はアルコールを優先的に分解しようと頑張るため、薬の分解が疎かになるんですよ。 そうすると薬の効き目が異様に強くなったり弱くなったりして体に悪い影響を与えるんですね。 だから蓄膿症の薬や抗生物質だけでなく、どんな病気でも薬を飲んでいる時にアルコールを飲むのはいけないと言われているんです。 断れない飲み会など、どうしてもアルコールを飲まなければいけない時は薬を飲む時間とアルコールを飲む時間を開けましょう。 最低でも4時間、理想的なのは6時間ほど開ける方が良さそうです。 実は蓄膿症そのものにもアルコールはNGだった!? 蓄膿症の薬や抗生物質にアルコールはNGですが、実は蓄膿症そのものにもアルコールって良くないんですよ。 アルコールを飲むと体が温まるとか、一部の頭痛は楽になるとか、めまいが少し良くなるとか言われていますよね。 それはアルコールが血行を良くしているからなんです。 血行が良くなるから体が温まりますし、血流が悪くて起こっている頭痛やめまいが楽になったりするんですよ。 でも、蓄膿症の人にとっては血行が良くなる=症状が重くなる、なんです。 血行が良くなると副鼻腔の炎症がひどくなって腫れた粘膜がもっと腫れるようになるんですね。 そうすると鼻水がいっぱい出たり鼻づまりが今まで以上につらくなったり、蓄膿症の症状が全体的に進んでしまうんです。 ですから蓄膿症の薬や抗生物質を飲んでいなくても、蓄膿症の人はアルコールを控えた方が楽に過ごせるんですよ。 まとめ 蓄膿症の薬や抗生物質とアルコールの飲み合わせって怖いんですね。 特に肝臓が機能不全になってしまったら大変です。 いつまでも健康でいるためにも、蓄膿症の薬や抗生物質が処方されている間はアルコールを控えて下さいね。 ちょっとアルコールを我慢するだけで健康な生活を送れるようになるんです。 「あの時アルコールを我慢していれば!」ということにならないためにも、治療中は飲みたい気持ちをグっと堪えましょう。

次の

【第158号】今の慢性副鼻腔炎のお話、 慢性副鼻腔炎とマクロライド系抗生物質 好酸球性副鼻腔炎とステロイド薬

蓄膿症 抗生 物質

今の慢性副鼻腔炎のお話 慢性副鼻腔炎とマクロライド系抗生物質 好酸球性副鼻腔炎とステロイド薬 【今の慢性副鼻腔炎のお話】 慢性副鼻腔炎、昔で言う蓄膿症ですが、これは顔の骨にある空洞 副鼻腔 に炎症が出現、膿がたまる病気のことで、たえずのどの後ろに痰がたまる、流れるといった症状 後鼻漏 や、長年罹患するとポリープが生じてきて鼻づまりが出てくる場合があります。 以前はこの原因として細菌感染が原因といわれ、以前はいわゆる鼻たれ小僧といわれる子供たちがたくさんいました。 彼らも、いわゆる蓄膿症です。 近年周囲の衛生環境が整ってくると、また抗菌薬、手術が発達してくると、そういった蓄膿症は減少していきました。 しかしそのかわりといってはなんですが、新しい副鼻腔炎が増加傾向にあります。 それまでは我々耳鼻科医も、蓄膿症の中には抗菌薬でも効果なく、手術しても再発するのもあるくらいの認識しかなかったのですが、研究が進んでくると、ある共通点がわかってきました。 それはというと… などです。 現在では好酸球性副鼻腔炎といわれ、蓄膿症とは治療法が違ってきます 表1。 治療法に手術がありますが、これは内視鏡を鼻の穴から挿入して鼻腔と副鼻腔を境する骨を除去して一体化させることで鼻の中の換気をよくしてあげて慢性の炎症を抑えようという手術です。 しかし、この手術を施しても好酸球性副鼻腔炎は、ほぼ90%が再発します。 それなら手術しないほうがいいと思われますが、一度手術をしておけば術後の鼻洗いで、洗浄液が副鼻腔の隅々にまで達し、分泌液(この中に再発させるたんぱく質が含まれています を洗い流すことができるので非常に有効なのです。 以前は再発の度に手術を行っていましたが、最近は再発しても再手術することはほとんどなく、ステロイド内服薬で寛解に持ち込むことが可能となってきました。 住居や医学など生活環境が良好となり、細菌による感染症が減少してきた反面、花粉症などアレルギー疾患が増加の一途を辿っており、このような状況の中で好酸球性副鼻腔炎も増加してきたものと思われ、これもアレルギーが関与した副鼻腔炎といえます。 (耳鼻咽喉科医長 上村尚樹) -*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*- 【慢性副鼻腔炎とマクロライド系抗生物質 好酸球性副鼻腔炎とステロイド薬】 慢性副鼻腔炎とマクロライド系抗生物質 エリスロマイシンやクラリスロマイシンなどのマクロライド系抗生物質を適応量の半分くらいで、数ケ月服用していると、副鼻腔炎の状態がよくなっていきます。 これは、副鼻腔にある上皮細胞や鼻腺細胞に働いて水を出す働きを抑えたり、ムチンと呼ばれる粘液のもとになるものを作らないようにして粘液の過剰分泌を抑制すること、あるいはアレルギー反応と関係するサイトカインと呼ばれる物質の過剰分泌を抑制したりすることによるものです。 また最近では粘膜にとって都合のよいグルココルチコイドと呼ばれるものを生み出すとも言われ多方面から炎症状態を改善するとされています。 その結果1990年頃から慢性副鼻腔炎に約3ヶ月から6ヶ月を継続の目安としてマクロライド系抗生物質の少量処方が行われるようになりました。 当院ではクラリシッド錠200mgがよく用いられ、1日1回で1回に1錠を服用します。 胃を悪くする人は少なく、飲みはじめに軟便になる人がいますが、しばらく続けると改善することもあります。 蕁麻疹のような発疹がでる場合は医師や薬剤師にご相談ください。 好酸球性副鼻腔炎とステロイド薬 好酸球性副鼻腔炎の薬としては、副腎皮質ステロイド薬 以下、ステロイド薬と略 があります。 この薬はアレルギーが関係する病気にはたいへん良く効きますが、飲み方を誤ったり、長期にわたって使用する場合には注意が必要な薬です。 薬が効いたと思って勝手に服用を中止すると、症状がひどくなることがあります。 また3週間以上にわたって服用する場合は、服用する量にもよるのですが、体重の増加や血圧の上昇の有無、感染症のかかりやすさなどに注意が必要になります。 服用上の注意を守りながら続けることが大切なお薬です。 最近は飲み薬だけてなく、ステロイド薬の点鼻薬が色々と出ており、これらを処方される場合が多くなっています。 ステロイド薬の点鼻は、まず鼻をよくかんだ後に薬を使ってください。 これらのお薬は鼻汁や鼻閉などの鼻症状の改善に効果があります。 人によってまれに発疹が出ることがあります。 また服用し始めて頭痛や嘔気がひどい場合は、医師や薬剤師にご相談ください。 (薬剤科長 真鍋健一) 診療科の特色 <耳鼻咽喉科> 当科では耳鼻咽喉科・頭頸部外科全般を取り扱っています。 開業医の先生方よりご紹介いただき必要により入院・手術を行っています。 現在常勤医は一人ですが、大きな頭頸部手術では関連科の医師と協力して行っています。 手術は慢性中耳炎などの耳科手術から副鼻腔炎に対する鼻科手術、さらには扁桃摘出術や、口腔・舌疾患から声帯ポリープなどの喉頭疾患に対するレーザー手術、頸部疾患(唾液腺腫瘍、甲状腺腫瘍など)に対する頭頸部外科手術まで幅広く対応しています。 悪性疾患の治療も行っていますが、再建手術の必要な進行癌は大学病院を紹介しております。 今後は、嚥下改善手術、誤嚥防止手術にも取り組んでいこうと考えています。 現在常勤医が一人体制のため、急患は可能な限り受け付けておりますが、都合により受け付けできない場合もあります。 -*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*- 国立病院機構 熊本医療センター 診療時間 8:30〜17:00 診療受付時間 8:15〜11:00 休診日 土・日曜日 および祝日 急患はいつでも受け付けます。

次の

副鼻腔炎に効く抗生物質の種類や服用期間と効かない時の対処法!

蓄膿症 抗生 物質

こんにちは。 ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。 今回は、 副鼻腔炎を抗生物質を飲まずに自力で治すために、私が使った漢方薬とハーブ(アロマ、ハーブティー)についてお話したいと思います。 ただの鼻風邪、鼻づまりかと思っていたら、鼻がつまりがひどくなって、熱っぽい。 頭痛までしてきた。 これって、典型的な 副鼻腔炎の症状です。 私も経験がありますが、つらいですよね・・・。 副鼻腔炎もまだ鼻つまりくらいで症状が軽ければ、風邪と同じように、特に薬を飲まなくても自然治癒していきます。 ただ、もともと副鼻腔炎や蓄膿症になりやすい方は、症状が悪化しやすいです。 そして、ひどくなってしまうと、抗生物質の出番となることが多いです。 できれば、 抗生物質だけに頼らずに、ひどくなる前に、早めになおしたいですよね! というわけで、これから、私の経験談をもとに、副鼻腔炎によい漢方とハーブについて詳しくお伝えしますね。 副鼻腔炎ってどんな症状?抗生物質が必要なのはどんなケース? 鼻の上のあたりと横には空間があります。 これが、副鼻腔です。 そして、副鼻腔と鼻をつないでいる小さな穴があります。 ウィルスや細菌感染、アレルギー反応で粘膜がはれてしまうと、 この穴が閉じてしまって、副鼻腔に膿(うみ)がたまってしまいます。 つまり、風邪やアレルギー性鼻炎をきっかけにして、副鼻腔炎になってしまうんですね。 なので、 副鼻腔炎になると、顔や鼻のまわりに痛みがでることが多いです。 この顔や頭の痛みは、副鼻腔炎が重症化したサインです。 特に、目の上(おでこの下の方)や目の下(頬のあたり)がいたくなったら危険です。 ここまで重症化してしまうと、自然治癒は難しくなります。 抗生物質を飲んだ方が治りが早いです。 また、副鼻腔炎になると、 鼻水がおちていく感じ(後鼻漏)があって、 鼻づまりがなくても、のどが荒れて声枯れしてしまうこともあります。 急性副鼻腔炎の多くは、細菌やウィルス感染が原因です。 風邪の細菌やウィルスが副鼻腔までいってしまって、炎症をおこしてしまいます。 急性の副鼻腔炎が3か月以上続くと、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまいます。 慢性副鼻腔炎になると、急性のときのように発熱や頭痛といった激しい症状はないものの、鈍い痛みや鼻やのどの不快感が続きます。 こちらのブログに詳しく書いています。 副鼻腔炎が重症化したり、治りにくくなってしまう前になおしたいところ。 副鼻腔炎には、漢方も有効です。 細菌やウィルスが原因の副鼻腔炎にはどんな漢方が良いのか、 漢方専門の薬剤師の私がオススメするものをご紹介しますね! 副鼻腔炎を抗生物質なしで自力で治すために役立った二つの漢方薬 以前、子どもの風邪がうつってしまい、ひどいめにあったことがあります。 鼻水が止まらずにでるというよりは、 鼻がつまって、鼻全体が熱をもったよう。 発熱はないけど、頭がぼーっとぼんやりします。 そして、 うつむくと、頬(目の下あたり)が痛くてたまりません。 「もしかして、副鼻腔炎?」 大人になって初めての経験。 副鼻腔炎になってしまっていました。 私の場合、痛みが頬から頭にひろがり、頭痛もひどくなってしまいました。 どうやら、 急性副鼻腔炎だったようです。 ここまで悪化してしまったら、抗生物質を飲むしかないかなと思いましたが・・・ ちょうど週末で病院はお休み。 そこで、病院行かずに自力で治すために、漢方薬とアロマを試してみました。 漢方薬は、二種類の漢方薬を一緒にのみました。 副鼻腔炎をあたためて治す漢方薬、葛根湯加川 芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい、2番) 2つのうちのひとつは、 葛根湯加川 芎辛夷 (かっこんとうかせんきゅうしんい)という漢方薬。 名前の通り、葛根湯に川 芎と辛夷を加えた漢方薬です。 川 芎と辛夷の2つの生薬が入ることで、鼻づまりに特化した漢方薬になります。 あたためながら治す漢方薬です。 葛根湯加川 芎辛夷について詳しくはこちらのブログをどうぞ。 こちらは市販のツムラの葛根湯加川きゅう辛夷。 こちらのブログ記事も参考にしてください。 副鼻腔炎を攻めて治す漢方薬、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう、104番)、チクナイン もう一つの漢方薬が、 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)です。 清肺というのは、鼻の炎症をとって、肺や気管支の熱をおさえるという意味があります。 この漢方にも辛夷(しんい)が入っています。 鼻づまりを改善し、頭痛や黄色い鼻水(膿性鼻汁)によい生薬です。 葛根湯加川きゅう辛夷よりも、鼻に強い炎症、熱っぽい感じがある時に使います。 さらに攻めの漢方薬って感じです。 辛夷清肺湯について詳しくはこちらのブログをどうぞ。 辛夷清肺湯は、市販されています。 チクナインという名前で、ドラックストアでも売っています。 by 子どもも授乳中でも飲める、副鼻腔炎に役立つ2つの漢方、葛根湯加川 芎辛夷と辛夷清肺湯 葛根湯加川きゅう辛夷も、辛夷清肺湯も、どちらの漢方薬も子どもでも飲むことができます。 (量は子ども用に調節する必要があります。 ) ただ、辛夷清肺湯は味が独特です。 もしかしたら、苦手な子どもも多いかもしれないですね。 そんな場合は、こちらも参考にしてくださいね。 また、どちらも、授乳中のママでも安心して飲める漢方薬です。 繰り返しになりますが、最後に注意点。 市販の葛根湯加川キュウ辛夷も辛夷清肺湯も、どちらとも入っている成分が、医療用の半分の量です。 飲み忘れると、効き目もよくないです。 しっかりと飲んでください。 副鼻腔炎になりやすい、繰り返す方にオススメのハーブ(ハーブティーとアロマ) 副鼻腔炎にオススメのアロマ(精油) ユーカリ・ラヴィンツァラ 副鼻腔炎や蓄膿症には、 アロマ(精油)も有効です。 なんといっても、 アロマ成分が鼻からはいっていくので、ダイレクトに効いていきます。 特に 副鼻腔炎におすすめのアロマが、 ラヴィンツァラとユーカリ ラディアタです。 両方の精油に含まれている1,8-シネオールという成分が、鼻の炎症をおさえて、たまった鼻水や膿を外に出すようにはたらきます。 副鼻腔炎にとてもよい組み合わせのアロマです。 私は、ロールオン容器に高めの濃度でつくって、2~3時間おきに鼻の横に塗っていました。 (目に入らないように注意してくださいね。 ) 刺激が少ないアロマなので、子どもや授乳中にも安心して使えます。 もちろん、漢方薬と一緒にアロマを使っても特に問題はありません。 むしろ、相乗効果が期待できると思います。 副鼻腔炎にオススメのハーブティー カモミール・エルダーフラワー ハーブティーだけで副鼻腔炎を改善するのは難しいと思います。 副鼻腔炎になりかけの時、漢方やアロマとあわせて使うのがオススメです。 カモミールは、鼻の粘膜の炎症を改善効果が期待できます。 エルダーフラワーも粘膜をきれいにして鼻の症状によいハーブです。 抗生物質とエルダーフラワーとの併用で副鼻腔炎のなおりがよくなったとも報告されています。 (抗生物質の効果を高めたというよりも、副鼻腔炎の改善をエルダーフラワーがサポートしたと考えられます。 ) 私は、カモミールとエルダーフラワーをブレンドしたハーブティーを副鼻腔炎の時にはよく飲みました。 もちろん、どちらのハーブティーも子供も一緒に飲むことができます。 (カモミールはキク科アレルギーの方は注意) 私の場合、漢方やハーブを使って2日間ほどで、鼻の熱っぽい感じや頭痛もスッキリ。 結局、病院に行かずにすみました。 漢方とハーブのケアで抗生物質なしで自力で副鼻腔炎を治すことができました。 漢方とアロマのちからを改めて実感しました!! まとめ ということで、 抗生物質なしで自力で副鼻腔炎を治すために、私が使った漢方薬とハーブ(アロマ)についてお話しました。 今回ご紹介した漢方薬もハーブも、子どもも、授乳中でも安心して一緒に使うことができます。 私は大人になって初めて副鼻腔炎になりました。 私と同じように大人になって初めてだったり、 出産後に初めて副鼻腔炎になる、 そういう話もよく聞きます。 お母さんって、毎日忙しいですもんね。 経験上、副鼻腔炎って、疲れがたまったり、からだが冷えたときになることが多いようです。 まさに、からだの抵抗力が弱って風邪もひきやすい状態の時ですよね。 副鼻腔炎になりにくい体つくりのためにも、 漢方やハーブのちからをかりながら、毎日の暮らし方から整えていきましょう!! ママのためのやさしい漢方薬剤師。 製薬企業で5年間、新薬開発に関わる研究員として勤務後、薬剤師に転職。 漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。 漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。 一見、難しそうな漢方やハーブ。 家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。 勤務先の薬局や公民館、幼稚園で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。 2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブの通信講座をスタート。 毎回すぐにお申込みいただき、継続開催中。 「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

次の