エビ 中 松野 莉奈 死因。 【病気】エビ中・松野莉奈の死因&病名を現役医師が激白…これは辛い…(画像あり) : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

「エビ中」松野莉奈さんの18歳急死でわかった突発的「致死性不整脈」の怖さ

エビ 中 松野 莉奈 死因

気温1. 凍てるほどの冷え込みに街は黙している。 昨年2月8日午前5時。 「私立恵比寿中学」(エビ中)の松野莉奈は、致死性不整脈のため搬入先の救急病院で急死する。 享年18。 寝耳に水の悲報。 マスメディアは騒然となる。 死の前日、体調不良を訴え、コンサートの出演を急遽キャンセル。 だが、不思議にも家族と箱根に向かっている。 翌朝、母が意識のない松野を発見、救急通報するが、急死する。 葬儀後の2月14日、マネージャーとエビ中のメンバーは松野家を訪問。 松野の父母と思い出をあれこれと語り合う。 2月25日、パシフィコ横浜で開かれた「松野莉奈を送る会」にエビ中のメンバー、ももいろクローバーZ、振り付け師のラッキィ池田、音楽主任のヒャダイン、氣志團、ファンら約2万人が参列。 松野の父は「娘がエビ中に入って変わった。 いろいろなことができるようになった。 良い経験をさせてくれました」と娘を褒める。 致死性不整脈が死因?ウイルス性の心筋炎の可能性も 松野莉奈は、1998(平成10)年7月16日、東京都生まれ。 一人っ子。 父はシェフ、母はパティシエ。 「私立恵比寿中学」のメンバー。 スターダストプロモーション所属。 小学1年生のとき、表参道でスカウトされ、芸能界入り。 11歳の2月、"king of 学芸会"をコンセプトに活動する8人組ユニットの「私立恵比寿中学」(エビ中)に入り、5月にデビュー。 出席番号は9番。 イメージカラーは青。 血液型A型。 松野の急死は実に不可解だ。 学校の健康診断で「不整脈の疑いあり」の診断を受けたとする報道があるが、真偽は不明。 幼少から病弱で3歳の時に病院に緊急搬送されている報道はある。 水泳が得意な健康的な少女だった(「BLT」2015年12月号のインタビュー)。 だが、死因とされる致死性不整脈の真相は明瞭ではない。 風邪などによるウイルス性の心筋症の可能性があるとする報道もあるが、診断書の確認はできない(デイリースポーツ online 2017年2月10日。 心臓病の疾患がなくても襲われる!致死性不整脈の恐怖! 松野の青春を無残にも絶った致死性不整脈とは何か? 不整脈(arrhythmia)は、脈拍の異常ではなく、心臓のリズム(調律)の異常。 つまり、ar - rhythm - ia(心臓の電気的興奮のリズムが異常になった病態)だ。 不整脈は、脈が飛ぶように感じる期外収縮、脈が速くなる頻脈、脈が遅くなる徐脈がある。 心臓は、1分間に約60~80拍の規則的なリズムで拍動している。 拍動のリズムは、右心房の洞結節で発生する微量の電気が心臓の「刺激伝導系」を経て、左心房から左心室に伝達して発生する。 その結果、血液がポンプのように全身に送り出される。 「刺激伝導系」は、いわば天井裏を張っている電線のようなもの。 電線の途中の心房と心室の間に房室結節(いわば変電所)があり、電気が心房から心室に伝わるのを調整している。 つまり、房室結節が電気の伝達を遅らせるため、心房が収縮すると、わずかな時間差の直後に心室が収縮する仕組みだ。 健康な成人なら不整脈がまったくない人はない。 だが、リスクが高い危険な不整脈も多い。 その典型が致死性不整脈だ。 致死性不整脈は、基礎疾患の有無に関わらず、放置すれば、短時間で死亡する危険性の高い不整脈だ。 発生したら一分一秒を惜しんで治療しなければならない。 頻脈性不整脈(心室細動、持続性心室頻拍、トルサード・ド・ポワンツ)と徐脈性不整脈(房室ブロック、洞不全症候群)がある。 準致死性不整脈は、致死性不整脈ほど重症ではないが、長時間放置し、血液循環が悪化すると死亡する危険性が高まる。 発生すれば、注意深い観察と緊急の治療が必要になる。 強い自覚症状を伴う不整脈もある。 不整脈そのものが命を脅かさないが、QOL(生活の質)の低下が著しい。 特に、心房細動、心房粗動、上室性頻拍などの頻脈発作を繰り返す場合は、強い動悸を伴う。 強いめまいや失神発作、頻脈発作と洞停止を繰り返す徐脈頻脈症候群が起きる場合も少なくない。 そのほか、心不全を引き起こす危険性の高い不整脈もある。 1分間130拍以上の極端な頻脈、40拍以下の極端な徐脈が長時間続くと、適正な収縮を維持できなくなり、徐々に心筋に負荷が掛かるため、心不全を誘発しやすい。 なお、心臓病の基礎心疾患がなくても長期間の頻脈持続によって心筋細胞が変性(リモデリング)し、拡張型心筋症と同じように強い心不全を来たす「頻脈誘発性心筋症」に繋がる場合もあるから、恐ろしい。 さらに、心房細動によって脳梗塞を引き起こす危険性のある不整脈もあり、実に多様な病態を示すのが不整脈だ。 松野の死因は、どのように推論できるだろう? このような病態と機序に基づけば、松野の死因は、どのように推論できるだろう。 生まれつきの心臓病の基礎疾患があったならば、致死性不整脈の可能性は高い。 ただし、既往症がなかったならば、治療しなくてもよい不整脈だった可能性も残る。 欧米で実証された大規模研究によると、軽症の不整脈に対して強い薬剤を長期間用いれば、不整脈は消失するものの、薬剤による催不整脈作用や副作用のために予後が悪化しやすい。 現在、不整脈が見られても重症度が高くなく、重篤な心臓病がなければ、生活習慣の改善などを励行すればよく、積極的な薬物治療は行わないのが通例だ。 松野の死因。 あのピチピチした18歳の夭逝は、どれほど想いを巡らせても承服しがたい。 若きアイドルの死は痛ましく、もの悲しい。 アイドルは青春のシンボル、生き甲斐、希望だ。 松野のインスタグラムを見れば、6000件以上のお悔やみコメントがある。 明けて2018年2月8日は1周忌。 「私が何を待っているのか、当ててごらん!」と謎かけしてるように笑う。 茶目っ気たっぷりに。 「私(ま~つ~の)りなです」(あみんの「待つわ」のノリで歌う)。 いつもおどけて微笑んだ松野莉奈。 いま何を待っているのだろう?18歳を抱きしめて。 青いりんごのままで。 甘酸っぱい夏みかんのままで。 (文=佐藤博) 佐藤博(さとう・ひろし) 大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。 同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。 1983年にダジュール・コーポレーションを設立。 マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。 医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。 バックナンバー「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」 あわせて読みたい•

次の

【医師の見解!】松野莉奈の死因は致死性不整脈ではない??では、本当の死因は?診断書を書く「医師側」の立場から!

エビ 中 松野 莉奈 死因

アイドル急死の衝撃 数日前まで元気だった18歳が急死することなんてあるのか… アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー、松野莉奈さん 18 の突然の訃報は、世間に衝撃を与えた。 松野さんは7日に大阪で開催された「港カヲル 人間生活46周年コンサート」に出演予定だったが、体調不良のため欠席していた。 複数の関係者によると、現地に向かう途中、突然の発作で体調を崩したため急きょ帰京。 病院で診察を受けた後、自宅で療養していた。 しかし、この日未明、容体が急変。 午前5時ごろ、両親が119番通報し救急搬送され、病院で死亡が確認された。 出典: わずか18歳での突然の死に、ご本人、ご家族の悔しさはいかばかりか、心より御見舞申し上げる。 一部報道によれば、昨年末にも体調を崩していたという。 松野さんは先月22日、公式ブログで、BSフジの冠番組「エビ中++」を体調不良で欠席したことを明かしていた。 「今週のエビ中++は体調不良でお休みでした。 収録してた時はちょうど、年が明ける前でまさかこのまま年を越してしまうのか!! っと思ったけれど、年が明ける前に回復しました!!」とつづっており、体調不良になったのは、昨年末という。 出典: これら報道をあわせると、体調不良があり、かつ発作を起こしたが、すぐに病院に行かず帰京し、病院受診後に自宅療養していたが、様態が急変したということになる。 発作という言葉はあいまいで、喘息発作、てんかん発作、心臓発作などいろいろ考えられる。 また、昨年末の体調不良と今回のエピソードとの因果関係も不明だ。 によれば、15歳から19歳の死者数はわずか1220人。 死者全体(129万444人)の0. 09パーセントにすぎない。 うち、793人は事故や怪我、自死などによる「外因死」であり、病死は427人だ。 427名の病死のうち、新生物(がんなどの腫瘍)で死亡した人が168人と最も多く、心臓、血管などの循環器系の病気で死亡した人が78人、その他呼吸器の病気が33人、消化器の病気が22人、脳血管の病気が17人、分娩の合併症が17人だ。 原因不明も15人いる。 その他発作に関わるものとしては、てんかんで14人、喘息で2人亡くなっている。 一部報道で、突然死が3人とされているが、それはあくまで原因不明の突然死の数であって、突然死は上で挙げた様々な病気で生じうる。 報道だけでは死因を確定することは無理だ。 拡散した死因 ところが、ネット上である診断名がまことしやかに拡散した。 ツイッターなどには、松野さんが亡くなった原因は「インフルエンザ脳症」だとして「インフルエンザのときに解熱剤を飲むとインフルエンザ脳症になることがあるらしい」という情報が拡散しました。 出典: 8日午後、ネット上では「公式サイトで死因がウイルス性急性脳症と発表された」という情報が出回っていた。 しかし、所属事務所の担当者は、ハフィントンポストに対して「そのような発表はしていません」と否定。 出典: 結局「流言」だったわけだが、こうした情報が拡散していくことをみると、死因を特定することは簡単だと思っている人が多いということが分かる。 簡単ではない死因特定 確かにインフルエンザ脳症で亡くなった可能性もあるにはあるが、亡くなった直後にすぐ死因を確定することは難しい。 ここで、私達病理医が、病気で亡くなった人の死因をどうやって特定するかを説明したい。 まずお腹や胸、ときには頭をあけて、臓器を目で見る。 この時点で出血などがあれば、それが原因と分かることもある。 さらに臓器を取り出したり、血管や消化管などを切り開き、中を見ていく。 肺の血管に血の塊が詰まってしまう肺血栓塞栓症は、この時点で分かる。 しかし、この段階で死因が分かるのは、上で挙げた出血や肺血栓塞栓症など、一部の病気に限られるので、さらに検索を続けていく。 取り出した臓器を切ってみて、中身をみると、例えば腫瘍があった、腸に穴が空いていた、潰瘍から出血していたといった場合は、それが死因だと推定できる。 しかし、それはあくまで推定であり、最終的には顕微鏡で組織を見たり、血液や気管のなかに菌などがいるかを培養検査で調べたり、薬の濃度を調べたりするなどし、かつ亡くなるまでの経過と照らし合わせて死因を特定していく。 追記 事務所が松野さんの死因を致死性不整脈疑いと発表したが、これは解剖したけど明らかな原因がわからないときに暫定診断としてしばしば使う診断名だ。 つまり、まだ死因がよくわからないということだ。 上で死因が不明な人が15人いたと書いたが、結局どれだけ調べても死因が特定できない場合もある。 死因になりうる様々な可能性を消していって最後に残ったものが死因という「 除外診断」をせざるを得ない場合もある。 インフルエンザ脳症だと思っても、解剖したら腫瘍などのその他の原因があった、といったことはいくらでもあるのだ。 長い場合、最終的に死因を特定するのに数ヶ月かかることも多い。 松野さんの場合もそうかもしれない。 怖い「死因不明社会」 解剖して臓器を取り出して調べても死因が分からないことがあるのだから、体の表面だけ見て死因を決めることはかなり難しい。 ましてや報道だけで「これが死因だ」などと言うことはできない。 近年、病理解剖の数が激減している。 、1985年に40247件の病理解剖が行われていたが、約30年後の2014年には11067件と、四分の一近くまで減ってしまった。 年間120万人もの人が亡くなるというのに、病理解剖は1万件程度、法医解剖をあわせても、解剖される人は死者の数パーセントにすぎない。 こうした状況では、本当の死因が分からず、隠された病気が分からないままになってしまうケースが相当あるのではないか。 また、犯罪などが見逃されてしまうケースもあるだろう。 は、解剖されなければ暴行事件が明らかになることはなかった。 作家の海堂尊氏は、こうした状況を「」と呼んでいる。 日本人は解剖に抵抗がある人が多い。 だから、解剖だけでなく、亡くなった人をCTやMRIなどで調べるオートプシー・イメージング(AI)も活用するなど、「 死亡時医学検索」(海堂尊氏)をしっかりと行っていく必要がある。 しかし、解剖を増やそうにもマンパワーが足りない。 病理医不足、法医学者の不足は深刻な状況だ。 読者の皆さんには、死因の特定は思っているよりずっと難しいことを理解していただき、死因の特定という医療行為に対して関心を高めて欲しい。 それが、松野さんのような若い方の死を減らすことにもつながるのだ。

次の

エビ中松野莉奈の死因は心筋炎?インフルエンザ?デマと言われる真相がコレ!

エビ 中 松野 莉奈 死因

年配者には馴染みが薄い名前だろうが、アイドルグループ・私立恵比寿中学(エビ中)のメンバー、松野莉奈さんが2月8日、18歳の若さで急死した。 発表された死因は致死性不整脈だった。 ご存知ない方のために簡単に説明しておくと、エビ中とは、2009年8月に結成された中学生(永久中学生)8名による人気急上昇中の女性アイドルグループで、グループ名はメンバーが所属する事務所の所在地からきている。 このメンバーの一人、松野さんの突然の死で、芸能界は驚きに包まれた。 日本AED財団によれば、心臓を原因とする突然死の数は、年間7万人を超えるという。 不整脈は心臓のリズム(調律)の異常を指す心臓病のひとつだが、致死性不整脈は、 「特に前兆などがなく、かつ突発的に起こるため、対処、防ぎようのない病気。 そして誰にでも、いつでも起こりうる」(江田クリニック・江田正院長) 松野さんは亡くなる前日、体調不良によりコンサートへの出演を取りやめて自宅で休養をしていたというが、翌日、症状が悪化。 搬送された病院で死亡が確認されている。 致死性不整脈は心臓が痙攣を起こし、心臓から血液を体内や脳に送り出すことができないために起こってしまう。 その原因は、年齢、病気、ストレス、不摂生が考えられ、年配者に多い病なのだが、松野さんのように若くしてこの病で亡くなる人もいる。 「18歳でトップアイドルを走るというのは、心身的にかなりのストレスがあったと思う」(夕刊紙デスク) 致死性不整脈は、症状が出てからわずか数分で死に至る(突然死)ことが多いため、対処の方法がない怖い病。 節制を心がけ、ストレスを溜めないことがなによりの予防なのかもしれない。 (谷川渓).

次の