ジュノン ボーイ コンテスト。 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストとは

ジュノン ボーイ コンテスト

解説 [ ] 参加資格は、13歳から22歳の芸能事務所等に所属していない男性。 JUNON公式携帯サイト「PLATINUM JUNON」にて、2次審査不合格者の中から敗者復活の人気投票も行われる。 最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われる。 観客の中には審査の段階でファンになった女性たちもおり、黄色い歓声が聞こえる中で候補者たちは特技披露をし自己アピールをする。 賞は「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」。 受賞者のほとんどはと契約しデビューする。 近年、特にグランプリ受賞者には多くのプロダクションからオファーがあり、第19回グランプリのには40社から、第21回グランプリのには36社からのオファーがあった。 このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「 ジュノンボーイ」と呼ばれることがある。 これまでこのコンテストから多くの現在活躍している俳優が輩出されている。 またグランプリのを始めとして、この年の受賞者などから4人グループが結成され歌手デビューしている。 現在のもに審査員特別賞を受賞している。 また、出身者の多くがやといった特撮ヒーロー番組に出演している。 2004年から2006年まで志望の「ロックボーイ」部門が設立されていた。 参加資格は15歳から23歳(中学生不可)の芸能事務所、レコード会社に所属していない男性。 審査員長は。 第22回のコンテストから公式携帯サイトからの投票による敗者復活制度が導入され、第30回グランプリの綱啓永は史上初となる敗者復活からのグランプリ獲得となった。 「」賞• 「近江兄弟社」賞• 「阿修羅」賞• 「バップ」賞• 「黒騎士と白の魔王」賞• 「サムライボーイ」賞• ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ [ ] 詳細は「」を参照 2015年、音楽ユニット「 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が始動。 2014年と2015年の同コンテストでベスト100に入ったが、ファイナリストに選ばれなかった24人がメンバーに選ばれた。 2015年の第28回コンテストの最終選考会でお披露目となった。 その後第31回まで毎年、その年のベスト100から新メンバーが加わり、最終選考会でお披露目されている。 脚注 [ ]• - (2006. 17 12:40)• - (2014. 25 15:40)• 2006年12月4日. の2012年12月19日時点におけるアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 2007年11月19日. 2018年11月28日閲覧。 2010年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2011年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2012年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2013年11月24日. 2018年11月28日閲覧。 2014年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2016年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2017年11月26日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

【Round 1/予選C】第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト「蘇生リーグ」

ジュノン ボーイ コンテスト

Contents• 名前:渡邉多緒(ワタナベ タオ)• 生年月日:2007年3月13日(魚座)• 身長:172cm• 体重:50kg• 血液型:B型• 出身:静岡 史上最年少でグランプリに選ばれた渡邉多緒くん12歳。 母親がフィリピンのハーフで 多緒くんはクオーター。 バスケやビリヤードが得意で、 審査でも得意のバスケを披露! グランプリのほかにOSMIC賞も受賞! Twitterアカウントは(親御さんが管理しているようです) 準グランプリ、西野遼 こんばんは!西野です! 本日、最終選考会が行われ 準グランプリ&QBナビゲーター賞の 2つの賞を頂くことが出来ました! ここまで応援してくださった方、 本当にありがとうございました。 名前:西野遼(にしのりょう)• 生年月日:2001?(18歳・大学1年)• 身長:174cm• 体重:ー• 血液型:A型• 出身:三重県 とにかく「笑顔」が特徴のイケメン。 最終審査では 4歳から習っていたという空手と音楽を融合させたミュージック空手を披露! ツイッターアカウントは 審査員特別賞、シナモン たくさんの応援どうもありがとう!ぼくは審査員特別賞をもらったよ。 かっこいい男の子たちと同じステージに立てて、ぼく本当にうれしかったんだ。 キミに元気を届けられるように、これからもいろんなことにチャレンジしたいな。 名前:シナモン• 生年月日:3月6日• 身長:21. 5cm• 体重:ー• 出身:遠いお空の雲の上• 血液型:Aっぽい型• 職業:カフェ店員 「なぜシナモンが?」 と思った方はをチェックしてください。 サンリオのキャラクター。 最終審査では得意のダンスを披露。 ツイッターアカウントは フォトジェニック賞、高木裕也 【第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト】 フォトジェニック賞を受賞させて頂くことが出来ました。 本当に皆さんの応援のおかげです。 名前:高木裕也 タカギ ユウヤ• 生年月日:1998年10月15日• 身長:168cm• 体重:55kg• 血液型:A型• 出身:兵庫県 最終審査では1カ月で練習したというサックスで「糸」を披露。 名前:鈴木克哉 すずきかつや• 生年月日:2000年2月15日• 身長:172cm• 体重:ー• 血液型:A型• 出身:埼玉県 明治学院大学のミスターコンテスト2018にも出場。 最終審査ではファイナリストに決まってから1カ月で練習したダンスを披露。 名前:橋詰 昌慧(はしづめ まさと)• 生年月日:2005年11月• 身長:165cm• 体重:53kg• 血液型:-• 出身:大阪府高槻市 過去に「カラオケバトル」に出場しており、大阪城公園では路上ライブを行っている。 4歳からピアノ、6歳からボーカルで活動。 最終審査ではアクロバットと弾き語りを披露。 ツイッターアカウントは イチナナLive賞、井上頼弥 今年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」ファイナリストに の「. 🥀らいや🖤🏹RAIYA🥀」こと井上頼弥くんが選出されたよ🎉 グランプリ目指して頑張ってね💪 — 17 Live イチナナライブ 公式 17LiveJP• 名前:井上頼弥(いのうえらいや)• 生年月日:1999年3月10日• 身長:183cm• 体重:65kg• 血液型:-• 出身:福岡県 井上頼弥さんは一度ジュノンのコンテストから落ち、福岡に変える準備をしていたが、「17Live」のイベントがあることを知り勝ち上がった。 最終審査では8年習っっていた空手を披露。 他にもバスケ(9年)、バレー(2年)、ヘアカット(4年)と得意なことも多い。 ツイッターアカウントは.

次の

第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

ジュノン ボーイ コンテスト

解説 [ ] 参加資格は、13歳から22歳の芸能事務所等に所属していない男性。 JUNON公式携帯サイト「PLATINUM JUNON」にて、2次審査不合格者の中から敗者復活の人気投票も行われる。 最終審査は、観客や過去の受賞者などの芸能人ゲスト、芸能プロダクションなどを迎え大々的に行われる。 観客の中には審査の段階でファンになった女性たちもおり、黄色い歓声が聞こえる中で候補者たちは特技披露をし自己アピールをする。 賞は「グランプリ」・「準グランプリ」・「フォトジェニック(読者投票1位)」・「審査員特別賞」。 受賞者のほとんどはと契約しデビューする。 近年、特にグランプリ受賞者には多くのプロダクションからオファーがあり、第19回グランプリのには40社から、第21回グランプリのには36社からのオファーがあった。 このコンテストのファイナリスト以上の俳優は「 ジュノンボーイ」と呼ばれることがある。 これまでこのコンテストから多くの現在活躍している俳優が輩出されている。 またグランプリのを始めとして、この年の受賞者などから4人グループが結成され歌手デビューしている。 現在のもに審査員特別賞を受賞している。 また、出身者の多くがやといった特撮ヒーロー番組に出演している。 2004年から2006年まで志望の「ロックボーイ」部門が設立されていた。 参加資格は15歳から23歳(中学生不可)の芸能事務所、レコード会社に所属していない男性。 審査員長は。 第22回のコンテストから公式携帯サイトからの投票による敗者復活制度が導入され、第30回グランプリの綱啓永は史上初となる敗者復活からのグランプリ獲得となった。 「」賞• 「近江兄弟社」賞• 「阿修羅」賞• 「バップ」賞• 「黒騎士と白の魔王」賞• 「サムライボーイ」賞• ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ [ ] 詳細は「」を参照 2015年、音楽ユニット「 ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」が始動。 2014年と2015年の同コンテストでベスト100に入ったが、ファイナリストに選ばれなかった24人がメンバーに選ばれた。 2015年の第28回コンテストの最終選考会でお披露目となった。 その後第31回まで毎年、その年のベスト100から新メンバーが加わり、最終選考会でお披露目されている。 脚注 [ ]• - (2006. 17 12:40)• - (2014. 25 15:40)• 2006年12月4日. の2012年12月19日時点におけるアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 2007年11月19日. 2018年11月28日閲覧。 2010年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2011年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2012年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2013年11月24日. 2018年11月28日閲覧。 2014年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月23日. 2018年11月28日閲覧。 2016年11月27日. 2018年11月28日閲覧。 2017年11月26日. 2018年11月28日閲覧。 2018年11月25日. 2018年11月28日閲覧。 2015年11月24日. 2015年11月24日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の