退職 届 雛形。 退職届 テンプレート、フォーマット、ダウンロード(サンプル例文付)

退職届の書き方》書式・退職願・用紙・封筒・郵送・会社都合・フォーマット

退職 届 雛形

ダウンロードコメント• 手軽に使えそうな素材ですね。 使用させていただきます。 yogar さん• 手軽に使えそうな素材ですね。 使用させていただきます. yogar さん• 手軽につかえそうな素材なので、ダウンロードさせていただきます• koyaan さん• 使わせていただきます。 ありがとうございます。 wakabahoukan さん• 手軽に使えそうな素材ですね。 使用させていただきます。 digitalblue3 さん• 使わせて頂きます。 ありがとうございます。 temp1 さん• 使わせていただきます。 ありがとうございます。 kamon さん• 是非使わせて頂きます。 ありがとうございます。 batico さん• とても助かります。 今度こそ退職しないよう頑張りたいと思います。 hiderin1217 さん• 手軽につかえそうな素材なので、ダウンロードさせていただきます• nana3xx さん• 手軽につかえそうな素材なのでダウンロードさせていただきます• manami さん• 手軽につかえそうな素材なのでダウンロードさせていただぎす• manami さん• 素敵なテンプレートですね^^ダウンロードさせて頂きます。 ありがとうございました。 pia2006 さん.

次の

【退職願・退職届・辞表ダウンロード】PDFフォーマット・Wordテンプレ・記入例

退職 届 雛形

基本は退職交渉時に決まった日付、わからなければ退職交渉をした相手に確認しましょう• 職交渉前に退職「願」を提出する場合は、提出日の日付を書く• 一行開けて、提出する日付と所属部署名、自分の名前を書く• 自分の名前の下に認印(三文判はOK、シャチハタはNG)で捺印• 結婚・出産・病気に伴う退職の場合も、自分の意志で退職する場合は「一身上の都合」と書きましょう。 横書き退職届・退職願を書く場合 退職届・退職願は一般的には縦書きですが、企業側から横書きでの提出を求められる場合もあるでしょう。 横書きの場合は次のように記入します。 <手順>• 一行目に中央寄せで「退職届」または「退職願」と書く• 二行目に提出する日付を記載• 宛名として退職する会社の正式名称と正式名称と代表者名(社長)を省略せずに書く• 自分の名前を所属部署から書き、認印または三文判で捺印(シャチハタ不可)• 名前の行から二行改行し、行の最後に「私事、」と書く• その次の行から本文を明記(本文は縦書きの場合を参照のこと)• 最後の行に右寄せで「以上」として締めくくる 縦書きとの違いは、まず日付・宛名・自分の名前が本文より先に来ること、そして文末に「以上」が付くことです。 それ以外のルールは縦書きの場合と変わりません。 パソコンで作成する場合 下記にPC作成用のフォーマット・テンプレートをご用意しました(doc形式。 Microsoft word97以上推奨)。 ダウンロード完了後、お使いのPCのMicrosoft wordでファイルを開く• 提出日付と、グレーになっている部分(あなたの所属と氏名、退職する企業・代表者)を記入• 記入が終わったらグレーの文字は全て消す• プリントアウトの上、あなたの名前の下に認印で捺印 退職届・退職願を入れる封筒の書き方 封筒のオモテには「退職願」または「退職届」と記し、裏には左下に所属部署と自分の名前を記入します。 封をする必要はありません。 退職届・退職願は三つ折りにして封筒に入れましょう。 三角形のオレンジマークの位置を参考に、用紙の向きに注意して封筒へ。 そんな場合は次のように考えるとスムーズです。 また、退職届と退職願はどちらか一方を出せばOK。 退職願も退職届も、自己都合で会社を辞める際に、民法および労働契約法の「労働契約の解約の申し入れ」を行うために提出する書類。 承諾後の効力は同じです。 退職届と退職願の違い 労働契約を従業員側から一方的に解約する告知書類である退職届に対し、 退職願は、「退職させてほしい」とお願いするためのもの。 そのため、提出後も企業側の社長や人事部長など 、 人事権を有する人が受理・承諾するまでは、撤回できる可能性が残ります。 ただし、一度退職の意志を掲げてしまった以上、現実にはなかなか撤回させてもらえない場合も。 仮に残ることができたとしても、上司・同僚との間に気まずいしこりが残ってしまったり、他部署への異動や人事評価への悪影響など、不利益がある こともあります。 撤回する可能性があるなら、 まずは退職願や退職届を書くのではなく、上司に「相談」というかたちで話を持っていくと良いでしょう。 退職届も本人の意志に反して提出したものは無効になる場合も 退職届は退職願と違って撤回できませんが、本人の意思に反するかたちで提出した場合は、無効と見なされるケースもあります。 コラム:「辞表」と退職届・退職願の違い 「辞表」は、経営者や役員(理事、取締役、執行役、監事・監査役、支配人、本店・支店の事業主任者など)等、一定の役職にある人が書くものです。 一般的な従業員の場合は、「退職願」か「退職届」を提出しましょう。 会社都合での退職届・退職願の書き方は? 会社都合退職の場合、退職届や退職願を書いて出す必要はありません。 もし会社都合や解雇の場合に退職届や願の提出を求められたら、慎重に判断を行いましょう。 提出することで、自己都合退職にされてしまう可能性があります。 どうしても退職届や願を出してほしいと言われた場合は、退職の理由に 「貴社、退職勧奨に伴い」 と書きましょう。 退職願・退職届の書き方や文面はほぼ同じ• 基本はA4縦書き。 手書きの場合はシンプルな便箋に。 既に退職交渉が済んでいる場合は退職届• 自己都合で退職するなら求められなくても必ず提出 退職届も退職願も、退職できるか否かを決める大切な書類です。 くれぐれも間違いや誤解のないよう、細心の注意を払いましょう。 また、会社が辞めさせてくれない場合や引き止めにあってしまった場合は以下の記事も参考にしてください。

次の

定年退職時の退職届は必要?それとも不要?退職届の書き方や例文とは?

退職 届 雛形

ここがポイント• 一方、会社が退職願を承認し、退職が確定した後に使用するのが退職届となります。 事務手続きの記録として提出する場合がほとんどです。 もし、会社規定の書面があれば使用しましょう。 辞表は一般社員が使うことはまずありません。 会社の運営に関わるような役員や、公務員の方が使用します。 まれに、退職願や退職届を提出した後に、「退職を撤回したい」と会社にかけあう人がいますが、退職願が会社に承認される前であれば、撤回できる可能性があります。 会社に承認された後は、ほぼ撤回はできません。 ご注意ください。 意外と知らない!退職の違い ひとことで「退職」といっても、「自己都合退職」「希望退職」など、実はいろいろあります。 どのような意味なのか、このタイミングでチェックしておきましょう。 退職願・退職届の提出先・タイミング 退職までの一般的な流れ 「退職願・退職届は、いつまでに会社へ提出すればいい?」「退職すると言った後、どれくらいの期間で退職できるの?」他、退職までの一般的な流れをご紹介します。 2周間前取引先(社外)へ挨拶まわり 担当へ引き継ぎ• 退職日貸与品の返却 退職書類の受け取り 退職願・退職届の渡し方・タイミング・伝え方 退職願・退職届は、直属の上司の方に渡します。 人目のない会議室などで渡すと良いでしょう。 また、事前に退職日を交渉して決定しておくとスムーズに手続きが進むはずです。 その他、悩みがちな退職に関わるポイント 退職願・退職届の書き方 退職願・退職届を出す前の準備 ここでは、退職願と退職届を書き始める前に知っておきたいこと、実際に書く上で必要となる物について確認していきましょう。 最初に就業規則を確認 会社の就業規則には退職願や退職届を提出する期限が記載されている場合が多く、中には退職希望日の二ヶ月前までに提出する決まりのある会社もあります。 法的には、退職2週間前の申請で問題はないのですが、念の為、就業規則は必ず確認してください。 準備する物• 白い封筒• 白い便箋• 筆記用具(黒色)• クリアファイル 退職願・退職届は白色の無地の封筒に入れましょう。 便箋の色も読みやすい白色にし、黒色の筆記用具で記載します。 封筒は使用する用紙のサイズに合う大きさを用意し、持ち運ぶ際にはクリアファイルにいれておきましょう。 退職願・退職届の書き方・ポイント.

次の