国保 陽平。 高校野球史上最高の投手なのか……。佐々木朗希を江川卓と比較してみた。

大船渡高校・国保監督が佐々木を起用しなかったもう1つの理由

国保 陽平

岩手大会23日は休養日 大船渡は一関工と24日に準決勝を戦う 第101回全国高校野球選手権岩手大会で、高校最速163キロ右腕の佐々木朗希投手のいる大船渡、一関工、花巻東、黒沢尻工が4強入りした。 この日は休養日。 頂点まであと2つの戦いになった。 大船渡は21日の準々決勝で、前日の4回戦で194球を投げた佐々木を温存。 大和田健人投手、和田吟太投手の力投で延長11回に及ぶ接戦の末に盛岡四を破った。 思い出すのは、5月18日の岩手県春季大会の1回戦・釜石戦のことだ。 国保陽平監督は何度も佐々木登板のタイミングがありながらも、起用せず。 チームは延長サヨナラで敗れ、指揮官は「(先発の)和田が一生懸命投げていた。 勝ちを付けさせてあげたかった」と語っていた。 本音は「勝ち」よりも「自信」だっただろう。 しかし、最後はサヨナラ負けだった。 岩手の上位高校、東北大会に出場する名門たちと公式戦を戦って、力を付けるという考え方もあった。 「(佐々木の)ワンマンチームになりそうなんですが、誰が出ても、勝つことができるようにしたいんです」。 言葉を慎重に選びながら、国保監督は言った。 夏大会までの2か月という短い期間で、選手たちの踏ん張り、成長にかけることにした。 どちらが正解だなんてわからない。 それは夏の大会の生徒たちの奮闘が証明すると思っていた。 大会まで1か月を切った6月末の練習試合後、国保監督に聞いた。 あの春の負けから、選手たちに変化はありましたか?と。 「特に投手陣の目つきが変わりましたよ。 『自分、行きます!』みたいな。 練習や試合の中で、自分がマウンドを守るんだというのを目で感じています」 それが大和田であり、和田らのことだったのだろう。 そんな気概が勝利に直結していた。 この6月の練習試合はダブルヘッダーでDH制を採用。 第1試合で佐々木は登板。 第2試合ではDHで出場することなくベンチで声を出していた。 夏の県大会が始まる直前、指揮官は「これがよかったと思える大会にしたい。 佐々木中心になるかもしれないし、他の子も一生懸命やっているし、投げられれば、行きたいし……。 (起用は)当日の朝まで悩むと思う」と語っていた。 佐々木のことも当然だが、他の選手の起用にもたくさんの時間をかけて思いを巡らせている。 どんな結果が出ようが、成功と反省は生まれる。 もう迷うことなく、頂点だけを見据えて戦ってほしい。

次の

大船渡・佐々木をめぐる“怪しい面々” 某スカウトも苦笑「国保監督も大変だよ」

国保 陽平

出身地:岩手県盛岡市• 生年月日:1987年3月4日• 身長:182cm• 体重:90kg• 投・打:右投・右打• ポジション:外野手• 出身高校:岩手県立盛岡第一高校• 出身大学:筑波大学 佐々木くんを指導するのは、国保陽平 こくぼ ようへい 監督です。 国保監督は、 地元岩手でトップの進学校「盛岡一」出身で、その後、筑波大に進学。 卒業後は、社会人野球を経験し 米独立リーグのティフアナ・シマロンズ(メキシコ)と契約し、外野手としてプレーした経験もある。 そして7年前から教師となり野球部の監督に。 公立高校の教師なのでもちろん移動があり、ちょうど移動した時に佐々木くんが大船渡高校に進学。 ちょっといいすぎかもしれませんが、佐々木くんと国保監督と運命的な出会いだったかも! そして、佐々木くんを投げすぎ内容に本当に大事に大事に育ててますね。 「最速163キロ右腕佐々木朗希投手擁する大船渡高校国保監督は、力を抑えた佐々木の投球の理由を明かした。 『4月中旬に骨密度を測定したら、まだ大人の骨ではなく、球速に耐えうる体ではないと分かった。 本人も理解してくれた』」との記事。 佐々木はいい指導者に巡り会えた。 — happiness aityaku スポンサーリンク 国保陽平 大船渡 の家族や結婚と妻も調査 国保監督です。 こちらをどうぞ。 今後わかりましたら追記していきますね。 年齢的にも結婚して妻やお子さんがいてもおかしくないですね。 でも教師と野球部の監督をやっているのでなかなか時間がなくてまだ独身の可能性もあるかもしれません。 <ネットの国保監督に対するコメント> 国保監督、キモがすわってるなぁ。 佐々木選手を投手どころか、野手としても使っていない。 本当に、選手ファーストで素晴らしい指導者だ。 国保監督は、全国制覇するだろうな。 それが今年でなくても、いつかは。 こういう指導者が日本中に増産されてほしい。 — MATCHA ZTSo9Gruzk4P9Bv 国保監督のことは詳しく知らないけど、ここまで大船渡の4試合見ていてチーム作りの一端が垣間見れる気がした。 こんな監督に出会えて良かったなと私が安心したよ、佐々木くん。 国保監督の出身高校は、岩手県立盛岡一校。 県内でトップの進学校。 大学も国立の筑波大学と頭脳も優秀ですね。 その後に海を渡ってプレーしているというちょっと異色の経歴を持ってます。 この経験が佐々木くんの指導にすごく生きてるんじゃないでしょうか!.

次の

《密着記者が初めて明かす》大船渡佐々木の登板回避「監督とナインの関係は崩壊していた」

国保 陽平

国保陽平監督(32)は試合後、力を抑えた投球の理由を明かした。 「4月中旬に骨密度を測定したら、まだ大人の骨ではなかった。 まだ球速に耐えうる体ではないということ。 本人も理解してくれた」 1年夏時に身長186センチ、体重71キロだった佐々木はいま190センチ、86キロ。 163キロを出せたからといって、投手として完成されたわけではない。 成長期にある以上、球速アップは、怖さと隣り合わせだ。 「正しく投げていても、速い球だとひじの内側の靱帯(じんたい)には負担がかかる。 高速化はよいことではあるけれど、必ず故障がつきまとう。 そこをいかにコントロールするかです」。 岡山大病院整形外科の島村安則医師(47)=スポーツ医学=は指摘する。 予防のために、試合に限らない投球数制限の導入や、部員同士やマネジャーによるひじの痛みのチェックを習慣化させることを訴える。 連投への厳しい視線や障害予防への意識の高まりもあり、もはや絶対的なエース1人で夏を勝ち上がれる時代ではなくなりつつある。 一昨年の第99回全国選手権では準々決勝以降、継投策をとらなかったチームはなかった。 大船渡も佐々木だけに頼ろうとしているわけではない。 予選を突破して臨んだ春の県大会は、佐々木を登板させることなく1回戦で敗れた。 国保監督は「佐々木の圧倒的なワンマンチームになってしまって、果たしていいのか。 ほかの投手の気持ちを固める大会にしたかった」と語った。 今春の選抜大会で習志野(千葉)は球威のあるエース飯塚脩人(しゅうと)を全5試合でリリーフさせて準優勝した。 仙台育英は中学時代に軟式で147キロと144キロをマークした1年生2人を含め、細かな継投策で勝つ野球を模索する。 球速が投手の大きな強みであり、魅力であることは確かだ。 一方で起用法を含め、より繊細で手厚いケアが求められている。

次の