川崎希 侮辱罪。 ネットの誹謗中傷…川崎希、刑事告訴を取り下げ 女性2人も「深く反省」

中傷受けた川崎希、送検女性の「バレないと」に心境

川崎希 侮辱罪

元AKB48で実業家の 「川崎希」さんが以前から悩まされてきたインターネット掲示板に川崎さんやその家族を 誹謗中傷されてきたことについて、ブログにコメントを発表しました。 川崎さんに対して誹謗中傷していた女性二人が侮辱罪で書類送検されたということでした。 誹謗中傷の内容を見るとかなりひどいものでした。 いったい誰がそのようなことを行ったのでしょうか? その侮辱した内容やどこに書いたのかについて調べてみました。 よく読まれている記事はこちらです。 スポンサードリンク 川崎希 ネットで誹謗中傷され、女性二人が逮捕! 川崎は「ご報告」というタイトルで3月4日にブログを更新しましたが、その内容です。 「インターネット上での私と私の家族に対する誹謗中傷についてのことで進展があったのでご報告します」と書き出し、「 以前からインターネット掲示板に私や家族に対する度を超えた誹謗中傷の書き込みをしていた人について、弁護士事務所の方々にお願いして書き込みをした人を特定してもらい昨年、特定した人を警察署に告訴しました。 その後、警察の方が捜査をしてくれ、昨日、警察の方から、女性2人を侮辱罪で書類送検したと聞きました。 2人とも自分が書き込みをしたことを認めていると聞いています」 引用元:アメーバブログ 川崎さん、今までネットによる誹謗中傷する方々に3年前から悩んでいたようです。 その内容が度を越していて本当に酷かったです・・・。 その内容がこちらです。 ちょっとこれは怖すぎます・・・。 放火してやろうとか、流産しろとか、こんなこと書き込まれたら身の危険を感じますよね。 芸能人とか有名人だから何を言っても言い訳ではありませんからね。 誹謗中傷の数は凄まじい数があったと言われています。 書き込みの場となっていた匿名掲示板 「ママスタジアム」です。 このサイトは子育てをしているママたちに向けた役立つ情報や楽しめるコンテンツを提供しているサイトで、 月間ユーザー数は900万人以上と言われているママ向けの日本最大級の総合情報サイトのようです。 では、今回書類送検された女性二人とはいったい誰でしょうか? スポンサードリンク 侮辱罪で書類送検された女性二人は誰? 今回、川崎さんに複数にわたり誹謗中傷していた女性二人は 39歳の山形県の主婦と 45歳の大阪府の女性事務員と言われています。 この女性二人については実名などは非公表となっているため、二人の関するこれ以上の情報はありませんが川崎さんに対して、 「反感を持っていた」などと容疑を認めているようです。 そして警察の方の取り調べでの際に 『他の人も書いているし大丈夫だろう。 バレないだろうと思った』と、語っていて軽い気持ちで書いていたようです。 川崎さんといえば、2億円超えの自宅購入や高級ブランドをバンバン買っていく様子をテレビやSNSで発信していますが、世間からの注目を浴びることで知名度や売り上げを上げていく炎上商法を行っているため、それを本気で批判する方も多いのかもしれないですね。 話題作りで行っているため、不快に感じるなら見ないようにするなどして、過剰な侮辱などは行わないようにしてほしいものですね。 侮辱された本人も傷つきますし、そのコメントを見ているほうも良い気持ちはしないですからね。

次の

ネットの誹謗中傷…川崎希、刑事告訴を取り下げ 女性2人も「深く反省」

川崎希 侮辱罪

誹謗中傷とは 誹謗中傷は、「誹謗」と「中傷」の2語を組み合わせて表現された言葉です。 「誹謗」とは、他人を悪く言うことを指します。 対して「中傷」とは、根拠のないことを言いふらして、他人を傷つける行為のことをいいます。 つまり、誹謗中傷とは、 根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つける行為のことをいうのです。 近年、誹謗中傷はインターネット上でも横行しており、先日ワイドショー等で大きく取り上げられた、プロレスラーの木村花さんもその被害者の一人です。 どこからが誹謗中傷になる? 他人を悪く言って傷つけるのが誹謗中傷なら、「批判も誹謗中傷になるのか」等、どこからが誹謗中傷に当たるか曖昧に感じるのではないでしょうか。 実は、誹謗中傷は、 人の権利を侵害するかどうかが基準になっていると考えられます。 誹謗中傷で侵害される可能性がある権利は、「個人として尊重されるべき人格権(日本国憲法第13条)」です。 誹謗中傷の例 ではインターネット上で、どのような書き込みをすると「個人として尊重されるべき人格権」が侵害されるのでしょうか。 誹謗中傷が多く行われるツイッター(SNS)と掲示板を例に見ていきましょう。 市内のスーパーやコンビニが被害に遭っています。 上記のような書き込みは、「個人として尊重されるべき人格権」を侵害するに該当する可能性があります。 芸能人の誹謗中の事例 ここからは、実際に起きた芸能人の誹謗中傷の事例をご紹介します。 誹謗中傷をした本人は、書類送検されています。 川崎希:女性2人が侮辱罪で書類送検 元AKB48のメンバーでタレント・実業家の川崎希さんは、2019年10月に数年に渡り、ネットの匿名掲示板等で、自身や家族に対する悪質な嫌がらせを受けていることを告白しています。 「匿名の掲示板でみんなで自宅に着払いで荷物を送ろうと呼びかけられたり、海外にいる間は放火するチャンスと言われたりしてこわい思いもたくさんありました」と、恐怖を感じていたことを告白しました。 川崎さんは、弁護士に依頼して裁判所を通じ、誹謗中傷の書き込みについてを行い、投稿者の名前と住所を特定しました。 犯人の女性2人は侮辱罪で書類送検されたのです。 堀ちえみ:主婦が脅迫容疑で書類送検 がん闘病中のタレント・堀ちえみさんは、2019年2月、舌がんの手術を受けた前日に、自身のブログのコメント欄に「死ね消えろ馬鹿みたい」と書き込まれました。 さらに、食堂がんの手術を受けた同年4月以降は、「ガンなのに、あちこちで叩かれて笑えるわ。 次はどんな病気?(笑)」「死ねばよかったのに」等と、数か月に渡った誹謗中傷のコメントが投稿されました。 これを受け、堀さんは警視庁に被害届を提出します。 同年6月、誹謗中傷のコメントを書き込んだ北海道在住の50代主婦が脅迫容疑で書類送検されたのです。 西田敏行:男女3人が偽計業務妨害罪容疑で書類送検 俳優の西田敏行さんは、一般人が運営している、まとめサイトに「西田敏行が違法薬物を使用している」「女性に対し日常的に暴力をふるっている」等と、事実無根で悪質な情報を書き込まれる被害を浴び続けていました。 それを受けて、2016年8月に西田さんの所属事務所は警察に被害届を提出します。 翌2017年7月、警察は容疑で、中部地方に住む40~60代の男女3人を書類送検をしました。 終わりに どのようなことをすると誹謗中傷に当たるのか、お分かりいただけたでしょうか。 「個人として尊重されるべき人格権」を侵害すると、誹謗中傷に当たる可能性が生じます。 今回紹介したように名誉棄損罪等の容疑で書類送検されるケースも少なくありません。 また、こちらの記事「」では、ほんの出来心で書き込んだ行為が最悪の末路を迎えるケースを紹介しています。 いずれにせよ、インターネットで情報発信する方は、無自覚で誹謗中傷をしないように、気をつけて情報を発信することに留意した方がよいでしょう。

次の

川崎希を誹謗中傷した女2人は誰?名前や画像特定!内容やばい!|トレンド口コミ~コーヒーイノベート~

川崎希 侮辱罪

タレントの が4日ブログを更新し、ネット上で自身や家族を侮辱する書き込みをした女性2人が「侮辱罪」で書類送検されたと報告した。 また、匿名の書き込みに不安を感じたことも明かしている。 「昨年特定した人を警察署に告訴しました。 その後、警察の方が捜査をしてくれ、昨日女性2人を侮辱罪で書類送検したと聞きました」と記した。 バレないだろうと思った」と話しているとのこと。 これに対して川崎は「バレなければ人を傷つけてもいいと思っている人が、複数いるのだと思いとても残念に思いました」と綴っている。 また昨年の投稿では、「家族の安全を脅かすような内容もあった」としている。 どれだけ怖い思いをしていたか想像に難くない。 しらべぇ編集部では以前、全国10〜60代の男女1,732名を対象として「ネット上の批判」に関する調査を実施していた。 川崎は誹謗中傷、家族への脅しについて「これからも法律の手続に従って、対処していきます」と明言し、「不安な時に応援してくれた、いつも見てくれている皆さんにとても感謝しています」とファンへの思いも綴っている。 (文/しらべぇ編集部・) 【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「」 調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日 対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数) ().

次の