神田 ユウ 夢 小説。 リンク

quiz.interreg4c.eu

神田 ユウ 夢 小説

神田ユウ様至上主義!夢小説執筆。 神田ユウ様をこよなく愛するみなさんにまずはお断りです。 念のため非公式サイトですと宣言してみたりしてます。 著作権・出版社様などとは一切関係ございません。 gray-manに登場する神田ユウ様を妄想して夢小説を執筆しています。 まず、神田ユウ様のプロフィールから、誕生日:6月6日(双子座)・年齢:18歳・身長:175cm・体重:61kg・血液型:AB型。 フロワ・ティエドールの弟子。 まっすぐな黒髪と切れ長の目を持つ作者公認の美形キャラ。 非常に短気でキレやすい性格。 舌打ちする癖がある。 アレン 彼は「モヤシ」と呼んでいる とは反りが合わず常にいがみ合っているが意見と思考が一致する時もある。 彼の精神面を表すような表現がほとんど取られずある意味で明解な性格の割に謎の多いキャラクターである。 もうちょっと神田ユウ様至上主義!夢小説執筆 神田ユウ様は主要人物の一人だが、アレン達とは護衛部隊が違い共に活躍する機会が少ない為、本編での出番は控えめ。 それでも読者人気はかなり高く、『週刊少年ジャンプ』での人気投票では主人公であるアレンを押さえて1位となったこともある。 嫌いな物は「いっぱいありすぎて書けない」。 好物は蕎麦と天ぷら(特にカボチャ、シシトウ、レンコン)。 彼の肉体は驚異的な回復力とAKUMAの血のウイルスに対する耐性があるが、命の残量と胸に書かれた梵字と関係があるらしい。 死ぬまでに再会したい相手がいるという。 自身の持ち物は黒の教団内の自室にある蓮の花を浮かべた透明な羊水がはいった装置のみ。 自室の窓ガラスは割れており、直す気はない様子。 初代コムリンを破壊した張本人(理由は蕎麦を食べられたから)。 いつ頃どのような経緯で教団に入ったのかは未だ不明だが、リナリーとは幼い頃から一緒にいたらしくかなり前から教団にいたことが伺い知れる。 アレンなどから、様々なあだ名で呼ばれている。 ラビからは「ユウ」ティエドールに「ユーくん」 夢小説・ドリー夢小説ってなに? 今更、説明するのは変だけど夢小説・ドリーム夢小説って星野桂先生が描くD. gray-manの神田ユウ様を愛してやまない人達が自分の夢や妄想で小説を執筆しているものですね。 わたしの夢小説もこれからバンバンUP!していきますけど、本編のストーリーに沿った展開からわたしオリジナルの展開を神田ユウ様のファンのみなさんと楽しみながら時には「お題」をもらってわたしが夢小説を書き上げていきます。 だから、わたしの勝手な思考に合わない人には不愉快に思うストーリー展開もあると思います。 星野桂先生が描くD. gray-manのストーリーには無い展開を楽しんでください(爆)今後は神田ユウ様の画像・イラストメル画も出来るだけ多く掲載できたらいいな〜って考えてます。 本編の作品概要をちょっと『シリアスな部分とギャグシーンのどちらも併せ持つ。 少年漫画らしいファンタジー作品としての部分を強調しながらも、オカルティックな歴史趣味を覗かせる作品。 舞台は仮想19世紀末。 設定の骨子は『ZONE』から取っている。

次の

神田 — YuI社畜ぶひ

神田 ユウ 夢 小説

朝目が覚めて、まだ眠い体を起こしてコーヒーを入れる。 いつも樽のように飲んでるブラックコーヒーは胃に悪いと聞いた。 だから、眠気眼の朝はミルクも入れて健康に気をつけてる。 コーヒーを入れ終わっても、身支度をしながら飲んで、自室をでて食堂に出る。 朝食は、あまり食べる方じゃないけど英気を養わないと。 食べ終えてお皿を戻そうとすると「もう食べ終わったのか」とテーブルの端の方から私に声をかける声が聞こえた。 「ああ。 まあね。 おはよう神田」 これが、いつもの事になったのはつい最近な気がする。 挨拶してこない、こんな他愛ない会話。 「毎日5分で食べないといけないくらい忙しいのか。 」 「そういうことじゃないんだけど…どうも、最近、研究結果の報告書を細かく書かなきゃいけなくて…」 「それを忙しいっていうんじゃねえのか。 」 「あ…確かに」 「ワーカーホリックも大概にな。 」 「そっちも怪我は大概にしてね。 」 「ハッ…言うじゃねえか」 「いつも心配してくれてるお礼です」 「んなつもりちっともねえけど」 「はいはい。 じゃあ今日もお互い頑張りましょ」 そう言い残し、手のひらをヒラヒラしながら背中を向け、職場に向かう。 今日は長く会話が続いた。 昔の素っ気なさを考えたら嬉しいもんだ。 「頑張ろう」そう思って白衣を羽織りカツカツと軽快に廊下を歩いた。 「ちょっと、もうダメかも。 」 研究机に突っ伏して、インクが所々滲んでいる報告書を恨めしそうに見る。 少人数精鋭の部署だから、下っぱは私だけ。 だから、出来ないなりに出来るものは引き受けてやってるのだ。 でもちょっと引き受け過ぎたかもしれない。 とりあえず一回寝よう。 ふらふらする疲労困憊の体を無理に起こし椅子から立つ。 自室までは若干の距離がある。 体を預けるように階段を手すりを伝いながら降りる。 顔を上げると階段の踊り場の窓から見える月がとても綺麗で目を奪われた。 その拍子、「あっ…」っという声とともに階段を3段くらい飛ばして転んだ。 「もう最悪…」足を捻ってしまった。 仕方ない…自室まで、壁を伝っていくしか。 ゆっくり身を起こそうとすると強く捻った様で上手く立てない。 参った… 「何してんだ」 下の階の踊り場から聞こえるいつもの声。 その方を向くと、こっちを見ている。 「いやちょっと転んで足捻っちゃって、何てことないし。 」 「その割に全然歩けてねえけど」 返す言葉が見つからない。 だって、私もこの状況に参ってるんだもの。 「ごめん。 絶対嫌がるってわかってるけど、私を部屋まで運んで下さい。 」 「他に頼め」 「こんな静かな廊下で神田以外いないから頼んでるんだけど、」 「絶対やんねえ」 「お願いします。 私の借りでいいし。 いつか返すから」 両手を合わせて目をギュッとして頭も下げて必死にお願いした。 足音が聞こえ、「あー見捨てられた」って思った。 するとふわっと体が抱えられる感覚。 「え?」 「絶対返せよ。 」 「あ…うん!ありがとう」 まるで米俵の様に担がれる抱き上げ方で、とても色気もくそもないものだったけど、無事自室まで送り届けてくれた。 「ありがとう」 「今度は、ねえからな」 はいはい。 おやすみ。 神田の自室に帰るであろう後ろ姿を見ながらそう告げて、処置をして私も眠りにつく。 そしていつもの朝を迎え他愛のない会話をし職場に向かう。 お互い惹かれ合うことに気づくまでは先の話になる。 via.

次の

リンク

神田 ユウ 夢 小説

鬼滅の刃の沼さ本当半端ねえな!!!!!! 夢小説だからIQ3にして読めよ! 神田ユウの成り代わったオタク社会人が転生に転生を重ねてついに鬼滅の刃にまで来たけどあまりにも残酷すぎるので早く精神分析してくれ。 神田ユウに成り代わったオタク女子がメインなのでかっこいい神田やイケメン神田はいません 自衛しろよ!!!! 一体誰がこんなに読まれると予想したよ、、、 申し訳ないのですが、シリーズの概要欄あるのでシリーズ一覧の説明欄をお読みください。 神田ユウと胡蝶カナエのクロスオーバーNLです。 成り代わり神田ユウなので意識は前前前世の女の人ですけど、前世とかの記憶全部持ってます。 男として生きてたので恋愛対象は女です!• こんにちは。 神田ユウです。 ゆうは夕でも勇でも優でもなくカタカナでユウと書きます。 物心がつき始めた最近自分の名前にとてつもない違和感を覚えた。 双子の兄であるアルマに聞いてもいつも通りの馬鹿みたいにヘラヘラした顔でご飯をむしゃむしゃ食べている。 ああ、だから落ち着いて食べろって何回言えばわかるんだ頰にご飯粒がたくさんついている。 「ありがとう」 生まれた時から見続けてきた顔なのに、アルマの顔を見た瞬間ドクンと胸に痛みが走り、息がしづらくなってゼェゼェと呼吸する。 目の前にいるアルマがヘラヘラした笑顔から一変して驚愕した顔に移る。 必死になって自分の名前を呼ぶあいつに疑問が湧いた。 お前は誰だ? そして視界は暗転して気絶した。 前世、前前世、前前前世、はあ、どこの君の名はだよ。 嘘だろ 目を開けてすぐ見えた天井の木目を睨めつけながら手で顔をおおってくそデカため息を吐いた。 前前前世は令和で過労死して前前世ではAKUMAとの戦いで戦死して前世では神田ユウとして死んだ。 どういうことだってばよ。 今世での意識は完全に令和を生きたオタクだった。 神田ユウ要素なんて顔と体しかない。 サイコーじゃん?は?イケメンの体のっとってんの?死ぬ、神田は推しではなかったけどしんどすぎて好きになるしかないキャラだったよ。 てかアルマて、アルマと一緒に転生してんの?ありがとう神様好きです。 もう一度くそデカため息ついて腹の辺りの重さの原因を見て安心する。 今回もアルマと一緒に生きてるんだ。 とっても嬉しい。 それにしても今回も一緒とかなかなかに業が深すぎて涙が出てくる。 今回こそはお前を守って天寿全うしようなとアルマの頭を撫でながらその温もりを甘受して眠りに落ちる。 まあ起きた時にアルマにしこたま怒られて泣きながら心配されたのは言うまでもない。 本当すまんって自分でもよくわかってないんだよ。 ここで俺たちの状況を説明しよう。 令和で生きてた時は女だったのに俺と言っているのは転生してからこっちずっと男なため引っ張られた。 ここは日本で間違いはないのだそうだが、如何せん明治時代だそうで村の風習やら習わしやらが強く根付いていた。 だから両親は双子だったことが良くなかったらしく、赤子の時点で山に捨てられたそうだ。 全て人伝いに聞いているためなんの感情も抱かない。 それにアルマが一緒ならオールオッケーよ。 そこからたまたま通り過ぎた心優しい人に拾われて育てられた。 それはそれは優しいお爺さんで山奥に住んでろくな貯蓄もお金もないだろうに双子を愛情いっぱい育ててくれた。 いや、訂正しよう。 お金が無いだろうと勝手に思っていただけでそのお爺さんはなかなかに裕福だそうだ。 ただ身の回りのことに無頓着すぎて生活できればいいと家の補修もそこそこに生活費にしかお金を使っていなかったらしい。 そりゃ勘違いするわふざけんな。 話がそれてしまったが、お爺さんは鬼殺隊の元柱だったらしく。 は?鬼殺隊??元柱??? 前前前世のオタクが火を吹いた。 はああああああ転生した先は軽率に家族が死ぬ無慈悲な少年漫画の世界であった。 そうして俺はアルマを死なせず、天寿を全うするまで生かして幸せにするために慣れ親しんだ剣を取った。 散々アルマには嫌だ死んじゃうと駄々をこねられて修行を始めるまで時間がかかったが、その時の俺たちの年齢は齢7つだった。 これは英才教育 もともと前世でAKUMA相手に剣 イノセンス で生きていただけあって飲み込みが早く剣技は直ぐに使えることが出来たが、体はまだ子供のからだということもあり毎日鍛えるしかなかった。 アルマは俺がやるなら自分もやるのだと駄々を捏ねた。 アルマがやる必要ないだろと俺が反対すると、ユウはいいのになんで僕はダメなの!?と殴り蹴られの大喧嘩になったのは言うまでもない。 もちろん育手のお爺さんにげんこつを食らって2人してしばらくの間意地を張っていたが。 修行は本当辛くて吐くかと思ったし、令和の自分ではすぐに諦めていただろうが、元は神田ユウだけあってしぶといし打たれ強いし負けん気が強かった。 アルマという好敵手がいたのも相まって2人してとても強くなった。 めっちゃ強くなった。 自分は前世の記憶や体が覚えて?いるのか呼吸は使えなかったが、皆人気の「災厄招来 界蟲一幻」からはじまり、「烈閃爪」やらなんやら沢山技が出来た。 師匠は呼吸を受け継ぐことが出来ない俺に「剣神だ!」と褒めてくれたしアルマもアルマで「流石ユウ!凄い!」とべた褒めされた。 ここでユウなら当然だとツンとしただろうが、中身は前前前世の喪女オタクである。 普通に褒められると照れるのだ。 嬉しくて嬉しくて少し表情が緩むとアルマにも感染して2人してキャッキャッと喜んでいる。 アルマは師匠の「自然の呼吸」が合っていたのか見事に全部物にして見せた。 さすがアルマだと褒めると、いつも通りのへらへらした顔がいつも以上にだらしなかった。 正直に言おう。 自分が神田ユウだということは分かってはいるが、顔が緩むのを抑えられない。 前世の神田は多分生まれて数年で地獄見ちゃったから無表情なだけでアルマと一緒に生きてたらこんなにな穏やかだったんだろうなと遠くを見てしまう。 まあ、とりあえず今世での目標 「アルマ絶対生かすマン」になる。 嘘をついた。 本当なんで俺はいつも お前を守れないんだろうな ここまで来ると神田ユウとアルマとの業があまりにも深すぎて笑えてくる。 目の前でまたアルマを弔ってしまった。 家に突然鬼が来たらしい。 俺はアルマよりも強かったし、前世からのハンデもあって十分生きていけるとお爺さん改め師匠に太鼓判を押された。 もちろん俺は藤襲山に行き、余裕で7日間生きていられた。 前世からのハンデ本当ありがてえな、神田ユウで良かった。 一般ピーポーならあの試験で死んでたわとウキウキしながら師匠とアルマが待つ家へと帰っていった。 しかし、もう少しで家に着くというところで家の方から血の匂いが漂っているのが分かった。 体に緊張が走り冷や汗がドバっと出てきたと同時に地面を勢いよく蹴った。 試験ではこんなに早く走らなかったのに今世の人生で初めて全速力で走った。 家は赤黒く染まっていて、生存者は望めない状況だと一目でわかった。 あまりにも出血が酷すぎる。 刀傷のついた半壊している玄関の扉から急いで中に入り、師匠から選別試験用にと持たされた刀を手に周囲を警戒する。 もとからボロボロの嵐が来れば必ずどこか壊れていた壁も全て刀で壊された様だった。 家の奥へと進むと死に間際のか細い呼吸が居間の方から聞こえてきた。 急いで行くと、背中に深い傷跡を残した師匠がアルマに覆いかぶさって死んでいた。 恐らくアルマを最後まで庇っていたのだろう。 師匠の下敷きになっているアルマは全身が赤黒く染まり、右腕が肩から手の先まで無くなって目が虚ろだった。 全身の温度が消え、真冬に冷水を被った時の様に寒く、思わずガタガタ震えていつものように落ち着いて走れなくなり、バタバタと草履を脱がずアルマの傍に寄って師匠を退かした。 大声でアルマの名前を叫ぶと、目はもう虚ろで声が聞こえる方に顔を向けた。 ?あえ... て、よ、、った、、」 とほぼ見えていないだろう虚ろな目で笑顔を見せるとゆっくりと意識を落としていく。 アルマの頭を膝の上に置いて顔を自分の方へ固定しようと震える手で頬に触れる。 情けない声で、これから直ぐに死んでしまう親友の名前を呼ぶしかできなかった。 「アルマ、あるま、ごめん、ごめんなさい」 涙でアルマの顔が霞んで見えなくなっても、アルマがこっちを向いて微笑んでいるのを見てますます涙が止まらなかった。 いつも助けられなくて、自分だけ生き残って、今までもずっと一緒に生きたかったのに。 いつもお前は俺を置いて死んでいく。 完全に瞼が閉ざされて意識がなくなったアルマを膝から下ろし、体が固まってしまう前に左手を胸の前に置いた。 右手はどこに行ったんだろう。 そう考えるだけで頭が動かない。 「ユウ」 選別後に渡された鎹鴉に名を呼ばれたが何も反応できなかった。 アルマを生かすために剣を取ったのにまた強くなる前に死んでしまった。 これから何にすがって生きていけばいいのか分からなくなってしまった。 壊れた壁の隙間から差し込んでいた日差しがいつの間にか真上に動いて自分の影にアルマが重なり、母体として生かされていたアルマを思い出した。 今度は20まで生きたかったな。 いつまでも殺されたままの格好だとあまりにも酷すぎるので家の裏側の方へ周り、師匠とアルマが埋められるほどの穴を掘った。 齢14の体ではさすがに師匠の体も重かったが、デタラメなハンデのおかげで難なく2人とも埋められることが出来た。 今度の世界では鬼に変わらず人として死んでよかったのかもしれない。 またアルマが鬼になっていたら自分が殺さなければならなかったのだから。 それにしても神田ユウの人生悲惨すぎて笑えないので誰か救って欲しい。 夕方になるまでこれからの事について考えていたが、とりあえず柱になるほど力つけて鬼全滅させるかと新しい目標が建てられた。 それにしても師匠の体は真っ二つだったし、アルマの体も切断されてた。 師匠は引退したとしてもなかなかに強かった。 それなのに殺されたということはこれは十二鬼月のうちの誰かやんけ。 柱でさえ殺される刀持った鬼とか1人しか思い出せなくて絶望した。 「絶対ぶっ殺す」 直ぐに倒せるとは思っていないので、鬼滅の刃の最終決戦まで生き残って上弦の壱倒せるくらい鍛えて仇を取ろうそうしよう! 正直、前前前世の事とかほぼほぼ覚えていない為にどういう道筋で話が進んだかまで思い出せない。 これも全て神田ユウが脳筋だからか。 とりあえず最終決戦になるまで時間はあるはずなので、鬼を抹殺する準備を整えていこうと思う。 ああ、蕎麦食いてえ.

次の