アルファード 納期 2020。 新型アルファードのフルモデルチェンジ2020年9月発売日最新情報!エンジン

トヨタヴェルファイア/アルファードの納期の最新情報

アルファード 納期 2020

アルファード「S Aパッケージ」、ヴェルファイア「Z Aエディション」が廃止。 残念ながら、今回のマイナーチェンジでは人気の「アルファード 特別仕様車 TYPE BLACK」「ヴェルファイア 特別仕様車 GOLDEN EYES」は追加されない。 「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合には TV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。 「ナビレス」の選択がないどころか形状が違うため 社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。 つまり 現在のところ 社外ナビの取り付けは不可となります。 社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人は新型を買うのではなくマイナーチェンジ前の「アルファード」「ヴェルファイア」を買う選択になる。 5L 3. 5L 2. 5kgm リヤ139N・m 14. 2kgm トランス ミッション CVT 8AT 電気式 無段階変速機 JC08モード燃費 12. 6〜10. 4〜19.

次の

トヨタヴェルファイア/アルファードの納期の最新情報

アルファード 納期 2020

もくじ• 新型アルファードのボディサイズと旧型との違い アルファードに盛り込まれたフルモデルチェンジの主な改良点は以下の3点になりますね。 新型アルファードのチェンジ点!• パワートレインの変更• プラットフォームの変更• 安全システムの搭載 フルモデルチェンジが採用される新型のアルファードには、TNGAに対応した最新パワートレインを搭載されたり、最新プラットフォームにより室内空間を拡大しながら、運動性能を向上に重点を置いた改良が行われています。 また、大きな変化はないものの、安全機能に若干ですが改良がされていますね。 っということで、フルモデルチェンジが行われる新型の主な変更を詳しく説明していきたいと思います。 新型アルファードのプラットフォームは新作モデル! アルファードのプラットフォームは、新しくフルモデルチェンジにより新型に変わり「TNGA」が採用されます。 呼び名 意味 TOYOTA トヨタ自動車 New Global 新しいグローバル(世界的な規模) Architecture 建築、作る あくまでもTNGAがプラットフォームではなく、トヨタ全体の製造(外装・内装デザイン、エンジン)を意味していますね。 TNGAの一つのプランにプラットフォームが含まれており、コンセプトテーマに「走る・曲がる・止まる」に関わる基本部分の品質を世界レベルにまで引き上げろぞ!っと掲げています。 人間に例えるなら骨格や体幹にあたる部分で、トヨタのアロファードなどのプラットフォームを徹底的に鍛え上げ、ボディ剛性が大幅に鍛えあげ負荷が大きいシーンでの接地性や乗り心地も向上されています。 結果的に新型アルファードは、「安全性、静粛性」を追求されており、力強いスタイリングを実現しているんですね。 これが最新プラットフォームになります。 新型アルファードのボディサイズと旧型との違い フルモデルチェンジによりプラットフォームが採用され新型に変わりますが、ボディサイズに大きな変更はなく現行型を維持します。 新型アルフォードのボディサイズのスペックがこちらになります。 新型アルフォード:ボディスペック 全長(前後の長さ) 4945mm 全幅(横幅の長さ) 1850mm 全高 1935mm ホイールベース(前輪と後輪との距離) 3000mm 前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1600mm 後トレッド 1605mm 車両重量 1920kg 駆動方式 4WD 全高は最新プラットフォーム(TNGA)の採用により車高さが小さくなるという噂が流れていましたが、結果としては変更無いという情報が強い。 最終的に2017年12月時にフルモデルチェンジが行われた時のワンサイズアップされたボディサイズが新型に移行すされる模様。 2015年1月登場(3代目) 2017年12月(マイナーチェンジ) 全長 4915mm 4945mm 全高 1850mm 1850mm 全幅 1880~1950(FF、4WD) 1935~1950mm(FF、4WD) ちなみに旧型(2代目:2008年~2015年)のボディサイズはこちらになります。 2008年~2015年(2代目:旧型) 全長 4840~4885mm 全幅 1830~1840mm 全高 1850~1915mm ホイールベース 2950mm 車両重量 1940~2190kg 改めて見返すと、新型(現行型)のボディサイズは、旧型と比べて一回り大きくなっていたのが再確認できますね。 アルファードのボディ(車高、車幅)が大きいために、取り回しには気を遣うと思いますが、2017年2月からはフルモデルチェンジ後退時に自動ブレーキが作動するインテリジェントクリアランスソナーが全車に標準装備されており、こちらが車庫入れ時の安心感が高まり、運転が苦手な人にはありがたいサービス担ってくれるはず! 新型アルファードのエンジンは新作モデル!ダイナミックフォース マイナーチェンジで刷新されて吹け上がりが格段に滑らかになり、高回転域の加速力も強まるはず!それが最新エンジン「Dynamic Force Engineの搭載だ! 新型アルファードのパワートレインは、これまで搭載されていた2Lと2. 5Lエンジンをチェンジし新世代の直列4気筒2. 5Lガソリン「Dynamic Force Engine」が搭載されます!! Dynamic Force Engineを直訳すると、「力強く,生き生きとしたエンジンい」。 こちらのエンジンはトヨタ自動車が製造しているのですが、先ほどお話したTNGAの戦略の下で開発されているエンジンで、2017年6月に同社カムリに搭載されているんですね! ダイナミックフォースエンジンの特徴としては、「高パフォーマンス、低燃費」を徹底的に追求しているところ。 また、ダイレクト感が非常に強く、滑らかで気持ちの良いスピード上昇性能がありエネルギーマイナスを極限まで少なくして、熱効率を向上させる高出力を実現。 この数字は世界トップレベル! 2. 5Lガソリンモデルのダイナミックフォースエンジンの最大トルクが25. 5kgm、最高出力205psを発生します。 新型アルファード:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒2. 5L(ダイナミックフォースエンジン) 型式 2GR-FE型 最大トルク 24. 0kgm 最高出力 182ps ミッション 8速AT 新しいエンジンは、気筒内噴射とポート噴射を併用しAT・8速となった。 「ま、最新機能ではなく、前回からも設置されていたんですが、よりセンサーが細かくなっております」 新型アルファードの最新外装デザイン フルモデルチェンジながらも外装のデザインに変更はないと予測。 、現行型を維持し新型アルファードの外装デザインが継続。 そもそも2017年年2月に行なわれたマイナーチェンジで、フロントグリルの格子状テザインを際立たせ、従来に比べてカ強さと迫力がかなりアップされていましたよね。 エントリーモデルの「グレードX」は16インチアルミホイールを履くが、それ以外は17インチアルミホイールとなります。 インチタイヤだとハンドリングが幾分シャープになり、乗り心地も少し硬くなるためインチの方が快適性は高くなるはず! 新型アルファードの内装評価「インパネ、ハンドル」 アルファードが売れる理由は存在感のあるスタイリングもさることながら、ゴージャスな内装と優れた居住性を備えているからですね。 シート表皮はグレードによって3タイプも用意されおり、最上級の「グゼクティブラウンジシート」は、まさにファーストクラスと呼べるゴージャス感たっぷり!ホワイト色のプレミアムナッパ本革シートで、シルバー木目調の専用加飾や防汚処理加工を採用。 ミニバンの王者を名乗るのにふさわしい、堂々たる存在感を発揮し、アルファードの室内に入るだけで王様になった気分。 インパネはクラウンなみに質感が高く、装備類も充実。 たとえば「グレードSC」のインパネ上部はメタルウッドパネルや赤い装飾が示されエアログレード専用メーターが装備されています。 また「エグゼクティブラウンジ」のインパネはお抱え運転手が運転するような定番モデルながらもゴージャスな専用メーターで他のグレードとはかなり差別化されているのがわかりますね。 道路標識をモニターに表示するロードサインアシストも採用され安全性が向上されているのがつたわってきます。 インパネ中央部分にはナビが設置できるようにコンソールボックス準備されており、この背面にAV用リモートコンソールを収めるスペースが用意。 ナビゲーションの画面については9. 2型ワイドが設置可能。 運転席と助手席の間のダッシュボードにはドリンクホルダーが設置されています。 その他にセンターコンソールにもドリンクホルダーと浅めのトレーを用意。 この下はスマフォやメガネなどの小振が入る程度を収めることができます。 天井部分には、室内全体を照してくれるスポットライトが両サイドの窓際部分に設置されています。 このライトはリヤドアの開閉時や常時自動で点灯可能。 また16色4段階のLEDルーフカラーイルミネーションと合わせることでき、より室内空間に高級感を演出してくれますね 新型アルファードの前席や後部座席の乗り心地が快適! アルファードの豪華さと快適性は、世界的に見てもミニバンのトップレベルに位置するが、この理由としては座り心地ではないでしょうか?! 1列目と2列目でステップの位置が違う 新型アルファードの乗り降りに関してですが、まず1列目シートに座るとわかるように着席位置が非常に高いために前方を見下ろすような感覚になります。 この着座位置が高いために、若干ですが乗り降りがしづらいという要素が出てきますね。 1列目から降りる時に地上までの高さをかなり感じるはずで、っということは、乗るときにも多少の違和感が出て切るはず。 ステップの高さ 410mm 1列目シートの座面高さ 825mm 1列目シートと比較して2列目シートのステップ位置が100mmほど下がった位置に用意されているために、乗降性に違和感はないはず。 さらに、前部座席と後部座席の間に上部の柱(Bピラー)にアシストグリップと呼ばれる乗降時につかまったり車体が揺れた時につかまる取手が設置されていますので便利。 ちなみにですがアシストグリップは助手席の斜め前の柱(Aピラー)にも設置されています。 1列目シートは電動機能が豊富 新型アルフォードの運転席や助手席のシートにつきましては、リラックスキャプテンシートのシンプルな一人掛けシートを採用しているため座り心地は良好で申し分なしと言ったところでしょうか! 固定式の大きなアームレストを備えているのは上級グレードのエグゼクテイブパワーシート。 ただ、現行型や旧型のアルファードでも一人掛けシートは採用されていましたよね?しかしながら、新型では使い勝手が向上されています。 シートの内部に各種の電動機能が内蔵され8ウェイの電動調整式で、リクライニングやオットマンをスイッチを操作できるから、快適性よりも見栄えと便利さで選びたいところ。 チルト&テレスコピックは手動式。 ステアリング調整の電動化はつぎのフルモデルチェンジに期待したいところ。 2列目シートはゆったり、3列目は静粛性 ガソリン車では助手席を2列目付近までロングスライドできる仕様を選ぶことも可能だ。 しかしながら、アルファードにはそれがなく、3列目とは思えぬほど乗り心地が良いんですね。 そのため3列目シートでも静粛性が高いため、1列目や2列目だけ会話するのではなく、3列目もちゃんと入り込むことができるんですね!!つまり、どこの席でも心地良いドライブが楽しめるはず。 新型アルファードのトランクスペースの広さはどれくらい? 新型アルファードの荷室の広さに関して少しお話をしたいと思います。 3列目に人が座っている状態でスライドを最後端にさせた状態の奥行きの数値は410mmとなります。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 410mm 3列目シートは、スライド位置を最前に設定して背もたれ部分を後ろに倒したり、横に倒すことも可能。 3列目シートを倒すと一気に広くなりますね。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 1250mm スライド位置を基準に合わせておけばワンタッチアクションで3列目シートを格納することができます。 また、シート自体はしっかりとしたものですが、ダンパーが巧みにセッティングされており捜査官がとても軽いのもウレシイ。 2列目シートは、前方にスライドさせて背もたれを後ろに倒し荷室を広げます。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 1740mm 中央では2列目の最後端にスライドさせた状態で計測したもの。 新型アルファードの公式な発売日はいつなのか? フルモデルチェンジする予定のトヨタ新型アルファードの発売日に関してですが、2020年9月が予定されています。 新型アルファードに関心がある方にとってはかなり気になる情報だと思いますが、あくまでも発売日については正式ではありません。 そのため、正式な公式情報がわかれば、あらためて更新したいと思います。

次の

新型アルファードのフルモデルチェンジ2020年9月発売日最新情報!エンジン

アルファード 納期 2020

アルファードの値引きレポート アルファードの値引きの全体レポートをまとめました。 雑誌、ウェブの大手メディアから、個人ブログ、SNSの情報を 「平均化」して算出しています。 全体レポート• 値引き相場はオプション込みで35〜38万円。 値引き限界は90万円。 難易度は普通。 ミニバンの中では辛口。 競合車はヴェルファイア、オデッセイ。 アルファードはリセールバリューも高く、グレード選びまで押さえると完璧です。 それでは新型アルファードの値引き相場に関して、詳しくみていきましょう。 アルファードの最新値引き相場 (出典:)• 値引き相場:35万~38万円(オプション込み)• 限界値引き:90万円 オプション値引きを加えて、約35万円以上の値引きに持っていけたら合格点です。 過去のモデルで、最高で90万円ほどの値引きが出たこともありますが、現時点ではこの値引きを引き出すのは難しい状況。 それほどアルファードの人気は高く、値引きはカンタンではありません。 ミニバンの車体値引きランキング• 1位 日産 セレナ 約50万円• 2位 日産 エルグランド 約40万円• 3位 ホンダ オデッセイ 約36万円• 4位 ホンダ ステップワゴン 約32万円• 5位 トヨタ ヴェルファイア 約30万円• 5位 トヨタ アルファード 約30万円 アルファードは値引き相場としては下位に位置しています。 人気の高い車種ですので、値引額については ディーラーも強気です。 しかし、値引きできないわけではなく、値引き実績は多く出ていますので、オプションと合わせて値引きしていきましょう。 アルファードを大幅に安く買う下取りアップのコツを解説! 新型アルファードは、かなりの人気車種のため、状況によっては値引き額が思った以上に引き上がらないことが想定されます。 そのような場合、無理に値引き交渉するのではなく、下取りアップの交渉に切り替えて実質的に安く買うのがベストです。 ディーラー下取りは安いので要注意! 基本的にディーラー下取りは安く見積もられています。 何も知らないまま、安い金額で下取られると大きな損失です。 下取り価格をアップは、値引き額をアップさせていることと同じ価値があります。 下取りアップさせる方法はカンタンで、見積もりを入手しておくだけです。 事前に見積もりを入手し、損失を回避する方法 基本的に買取専門店であればディーラー下取りより高値をつけてくれるため、まずはその見積もりを入手しておきましょう。 無料で見積もりを入手できるサービスはいくつかありますが、必ず押さえておくべきなのが「 ナビクル車査定」です。 ナビクルであれば45秒以内のクイック査定で、査定相場がすぐに分かるためこの情報を手に入れておきましょう。 査定相場がすぐに分かるサービスは少ないため、希少価値があります。 基本はクイック査定の結果をディーラーに伝えて、下取りをアップするのがおすすめです。 最悪、下取りが安いことが分かっても、損をすることがありません。 事前見積もりは、クルマの価値が落ちる前に今すぐ済ませておきましょう。 ナビクル車査定の公式サイト アルファードの値引き交渉の流れ。 強力なライバル車を引き合いに出す 新型アルファードの値引き交渉の流れを確認していきましょう。 あらためて、新型アルファードの値引き相場をみていきます。 値引き相場はオプション込みで35〜38万円• 限界値引きは90万円• 値引き難易度は普通 値引きの流れはシンプル 新型アルファードの値引き交渉は、強力なライバル車と競合させていきます。 具体的には値引きが引き出しやすいヴェルファイアや、リーズナブルで高級感の高いオデッセイがおすすめです。 「ヴェルファイアの値引きは30万円出たが、それ以上にしてくれれば今すぐ契約したい」という進め方がベスト。 販売店もアルファードの値引きは強気ですが、ポイントを押さえた値引きをすれば、よい結果を得ることができるはずです。 新型アルファードの競合車ランキング 新型アルファードの競合車は、同クラスのバンであるヴェルファイア、オデッセイ、エルグラウンドが代表的です。 自分が気になった競合車をうまく競わせて、値引き交渉をスムーズに進めていきましょう。 1位 トヨタ ヴェルファイア 新型アルファードの兄弟車であるヴェルファイア。 トヨタ同士、さらには兄弟車同士で競わせることは可能かというと、可能です。 この場合、同じトヨタであっても、違う販売店同士で競わせることがポイントになります。 同じトヨタでも、店舗が違えば資本が違ったり、場合によっては同資本であっても、店舗同士で競い合っています。 店舗が違うかどうかは、ホームページをチェックして運営会社の名前が違えばOK。 むしろ、トヨタ車購入の意思が高い見込み客として、最大限の値引き額を引き出せる可能性もあります。 2位 ホンダ オデッセイ 新型アルファードと並び、根強い人気を確保しているの高級バンがホンダオデッセイです。 新型アルファードほど尖った印象はなく、落ち着いた雰囲気ですが、オデッセイは新型アルファードよりも燃費が優れ、さらに高いコストパフォーマンスを誇っています。 販売員に対し、価格で悩んでいるという説明で値引き交渉は通用するでしょう。 3位 日産 エルグランド 日産エルグランドは、新型アルファードの直接ライバルとなる車です。 人気としては新型アルファードの方に分がありますが、絶対的優位性を確保しているとは言えません。 日産エルグランドを新型アルファードに当てることは、有効な戦法です。 新型アルファードのリセールバリューをチェック 値引きと共に重要なのが、新型アルファードのリセールバリューです。 買う前から売り値を気にするのは変だ、とも思われるかもしれませんが、新型アルファードのリセールバリューは非常に高いので、大きな恩恵を受けられます。 以下、新型アルファードのリセールバリューの高い色・グレードを紹介します。 リセールバリューの高い色 新型アルファードの人気色ランキングは以下の通りになります。 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン• 2位 ブラック• 3位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン• 4位 ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン• 5位 グラファイトメタリック• 6位 ダークレッドマイカメタリック• 7位 スティールブロンドメタリック アルファードでリセールバリューの高い色は、白か黒が鉄板になっています。 上位の2色はリセールが高いだけでなく、単純に人気のある色です。 リセール的には同系統の4位までがおすすめです。 リセールバリューの高いグレード• 1位 2. 5 SCパッケージ• 2位 2. 5 S• 3位 2. 5 SAパッケージ• 4位 2. 5 X• 5位 2. 5 ハイブリッドS ハイブリッドよりも、ガソリン車の方がリセールバリューが高いという結果ですが、あまり差はありません。 意外な点としては、最高仕様であるエグゼクティブラウンジシリーズのリセールバリューが予想以上に低いということ。 必ずしも高価格=高リセールというわけではなく、バランスの取れたグレードの評価が高いといえるでしょう。 新型アルファードの値引き情報の総まとめ! あらためて、新型アルファードの値引き情報を振り返ります。 値引き相場はオプション込みで35〜38万円。 限界値引きは90万円。 値引き難易度は普通。 競合車はヴェルファイア、オデッセイ、エルグランド。 おすすめグレードはSCパッケージ• 限界額を引き出すには下取りアップが必要。 アルファードは人気車であり、ネット上の大幅値引きできるという触れ込みには要注意。 今回挙げた工夫を意識して、すすめていきましょう。 限界を目指すなら下取りアップが必要ですが、無料の「 ナビクル車査定」を利用しておき、ディーラー下取り価格とかけ離れていたら交渉したり、他で売ることも検討しましょう。

次の