えきねっと チケットレス。 えきねっと(JR東日本)|「えきねっとチケットレスサービス」割引キャンペーン

JR東日本「えきねっとチケットレスサービス」割引キャンペーン延長

えきねっと チケットレス

Contents• えきねっとトクだ値チケットを購入 水戸まで行く用事があったので、東京駅からえきねっとで常磐線特急を予約しました。 えきねっとで購入するだけで窓口で購入するより少し安くなるのですが、早い時期に購入すると「トクだ値」というさらにお得なチケットを購入することが出来ます。 ちなみに、更にその上には「お先にトクだ値」という更に割引率の高いチケットまであります。 今回はトクだ値が選択できましたので、迷わずオトクな「トクだ値」チケットを購入しました。 まさかあんな結果になるとはこのときは知る由もなく・・・。 チケットの発券 チケットはJR東日本のエリアでしか発券することができません。 eki-net. えきねっとが世に出てからもう10年以上経ってると思うのですが一、いまだに変わらず。 チケットが受け取れないトラブルも頻発しているというのに一向に改善しないとは、まったくJRの方々はいい感性しています。 私は東京駅で東海道新幹線からの乗り換えですので、一度改札をでてチケットを発券する必要があります。 割引を受けるためと我慢して一度改札を出てチケットを発券します。 チケットの発券時にはえきねっとに登録してあるクレジットカードが必要です。 忘れるとチケットの発券を受けられません。 友人にクレジットカードを忘れて再度新しいチケットを買い直させられるという鬼のような所業を受けた人もいますのでお気をつけください。 チケットレスという選択肢 えきねっとで購入したチケットは、SuicaやモバイルSuicaをつかってチケットレスで使用することが出来ます。 その名残でまだ対応できずにいます。 このチケットレスというのは非常に便利で、いちいち発券しなくても良いと言うのは精神的にも安心です。 というのも、みどりの窓口は言わずもがなですが、自動発券機もたまに混雑していることがあり、乗車時間が迫っているときは最悪です。 発見するだけなのに時間がかかって電車に乗り遅れるなんてことが普通に起こりえます。 しかしながら、えきねっとのチケットレスは一癖あります。 なんと使用するスマホで予約をしなければなりません。 パソコンからチケットレスの予約ができないのです。 全く意味がわかりません。 東海道新幹線のチケットはパソコンで購入して、えきねっとはスマホに持ち替え購入する。 こんな怪しいシステムで、東海道新幹線からの乗り換えがスムーズに行くかどうかも不安になります。 私がチケットレスに挑戦しない理由です。 参考: ただ今回のようなトラブルが起こることを考えたら、次からチケットレスに挑戦しようと思います。 次、いつえきねっとを使うかわかりませんが。 時間がないのでそのまま乗車 ここからが罠にかかった話です。 行きは問題なく指定した電車に乗りました。 事件が起こったのは帰りの電車です。 問題だったのは、帰りのチケットも行きのチケットと同時に発券してしまったことです。 帰りの時間がギリギリになってしまうと、発券のために券売機に並ぶ間に電車が行ってしまうという恐ろしいことになりかねません。 それを危惧して帰りの分も発券しておきました。 ところが予想に反して用は思ったよりずっと早めにすんでしまいました。 2時間くらい早めに終わったかと思います。 水戸駅に到着して電光掲示板(発車標)を見てみると、なんと特急ときわがいままさに出発するところではないですか!もうチケットを買い直している暇もありませんし、このまま乗っちゃえと乗ったわけです。 もちろんトクだ値チケットは指定された時刻の電車にしか使えないことは知っていましたが、まぁ、正規料金の差額を支払えばいいだろうと思ったのです。 それよりも早く帰れる方が優先だと。 車内で新たにチケットを購入させられる 常磐線特急はシートの上に赤・黄・緑のランプが点灯するようになっており、緑色は予約済み、黄色はそろそろお客さんが乗ってきますよ、赤色は予約はないので誰でも座っていいですよ、と教えてくれます。 とりあえず赤色に座って車掌さんがチケットの確認に来るのを待っていました。 水戸駅から数分したところで車掌さんが来ましたので、「カクカクシカジカで早めの電車に乗りました。 もちろんトクだ値との差額は今お支払いさせていただきますよ。 」とチケットを見せて説明したのです。 そしたら、車掌さんから予想外の回答が。 「いやいや、お客さん。 トクだ値チケットは差額を払っても別の列車には乗ることができない 限定チケットなんですよ。 だから、新しくチケットを買い直ししていただくことになります。 私はまさかそんな回答が返ってくるとは思っていませんでしたから、びっくりして理解するのに時間がかかってしまいました。 「え、じゃぁこのチケットはどうなるんですか?」と聞いてみたところ、「東京駅についたらみどりの窓口で払い戻して下さい。 もちろんキャンセル料はお支払いいただくことになります。 」との回答。 このシステムを考えた人は鬼なのでしょうか?人の考えることではありません。 客からキャンセル料をとってやろうと考える鬼の仕業に違いありません。 「そんな馬鹿な話があるか!」と思わずキレてしまいそうになりましたが、グッと抑えて「では、新規にチケットを買います。 おいくらですか?」と紳士に振る舞いました。 「乗車券と特急券合わせて、4,080円になります。 」 え?4,080円?「え?そんな高額でしたっけ?」と質問してみると、「車内での購入価格は、正規の料金3,820円よりも割高となっておりまーす。 」とさも当然というような顔で答えてきます。 「いやいやいや、そんなさも当然のように言われても、オタクでもない限りそんなこと知りませんから。 このシステム考えた人ほんとに鬼です。 天下のJRですよ。 そのへんの名も知らないツーリスト会社じゃないんですよ。 そんなせこい商売いますぐやめてください。 」、と言いたいところをグッとこらえて、払ってやりましたよ。 ええ、現金で。 カードがだめと言われたので。 現金なかったらどうなるんだよ。 東京駅でトクだ値チケットを払い戻し 東京駅についたら一回外に出てみどりの窓口でチケットの払い戻しです。 いつもどおりみどりの窓口には長い列が。 並ばないわけにも行かないので、うんざりしながらも並びます。 スマホゲームで時間を潰しながら自分の番を待ちます。 スマホゲーム万歳。 やっと私の順番が回ってきたので、チケットを払い戻してもらいました。 最後にやっぱりキャンセル料はかかるのか?と食い下がって見ましたが、「HPにも記載されていますので。 」との回答。 ほんとに書いてあるのかと。 (あとでを調べてみましたが、今回のようなケースのことは書かれていません。 えきねっとを飛び越えてJR東日本のHPの隅々を探せば書いてあるのかもしれませんが、そんなの目を通してる暇は一般人にはありません。 ) 後日購入に使ったカードに払いもどしとキャンセル料の請求がいくとか。 あぁ辛い。 ちなみに、私の順番が回ってきたときに隣の窓口のサラリーマンがたいそうご立腹されていました。 盗み聞きしていると、どうやら1時間以上も待たされているとか。 対応していた窓口のお姉ちゃんが裏に行って全然帰ってこなかったようで、しかも最終的な回答もこの窓口じゃできないというもの。 そりゃ怒りもするよね。 まず、正規の料金は、乗車券+特急券で3,820円です。 おとなしく指定した時間の電車に乗車した場合、3,480円です。 今回は、乗車券+特急券(車内販売)で4,080円+キャンセル料550円。 トータルで、トクだ値チケットよりも1,150円も損したことになります。 正規の料金からしても810円も高額です。 なんという悪どい商売。 まとめ 以上、えきねっとトクだ値を使って大損した話でした。 トクだ値にかかわらずえきねっと自体も複雑なシステムで、知らない罠がそんじょそこらに潜んでいます。 そしてJRで働いている人々には人情は存在しません。 ルールに則って淡々と請求されます。 こういう職業がきっとAIに奪われるのでしょう。 安いと言うだけで飛びつかず、しっかり調べて、それでも調べきれずに損をすることも最悪覚悟しながらも、せっかくの旅行ですので、楽しく気持ちよくJRをご利用ください。

次の

「えきねっとチケットレス」を使うなら分割した方が安い?!ユニークすぎる方法を紹介する話

えきねっと チケットレス

変態やんけ…… そういえば 中 央線の特急から自由席がなくなったのだが、どうも JR東日本はほかの首都圏を走る特急からも自由席を無くしていきたいらしい。 今絶賛東海道線特急向けに改造中の E257系にも その自由席が無くなって 全車指定席化するのに必要な設備が取り付けられているとのことだ。 全車指定席にすると同時に特急料金を改めて 指定席特急券はこれまでよりも安くなる場合がある。 また全車指定席化することで 自由席よりも若干の値上がりをするが、 確実に着席できるようになるメリットがある。 また自由席料金から見れば値上がりだが、 指定席料金からは値下げになることもメリットだろう。 しかし値上がりするのは事実だ、 これは由々しき事態。 これまでのように特急に飛び乗って自由席で料金を清算するなんてことをしていると 「車内料金で清算」するはめになり事前に購入するよりも260円高くなってしまう…… それでも今までの指定席特急料金よりも20円くらいは安いのだが、これまで時期によっては通常の指定席特急券の料金よりも安い時もあったが 通年で同一料金になったことで 「時期によってはかなりの値上げ」になってしまっている。 駅のアナウンスや広告で散々「車内で買うと高い」といっていてスマホで予約できるようにしているのに 車内で購入する人が結構多いから驚きだ。 6月中まではあずさは300円引き 中央線特急にチケットレスサービスが導入されたことで 今だとキャンペーンで通常100円引きされる特急券が300円引きに増額されている。 新宿から八王子までなら 通常650円のところ今なら450円と自由席時代よりもさらに安く設定されていて、もう使わない手はない状態だ。 いや、遠くに行く方が 「距離あたりの金」が高くなってたりするんやぞ…… そしてその長距離の方が高い、というのが 「一度降りた方がまだ安い」状況にまでなっているからまったくもって意味がわからない。 特急券では遠くまで乗っても安くなるわけじゃない 基本的に特に 乗車券などはタクシーなどでもある「初乗り運賃」があり、その上で 距離に応じて運賃が加算されていく。 そして 長距離に乗車した場合は短距離の場合の値上がり幅と同一であり続けた場合、とても支払えるような金額では済まなくなることすらあるため ある程度減免されるようになっている。 しかし特急券の場合はそうではなく 一律に何キロまで何円と決まっており、 長距離に乗車したところでそれが値引きされるとかそんなことは一切ない。 多少長距離の方が上がり幅がマシではあるが、 在来線特急においてはほとんどの場合においてそうはなっていない。 名無し JR東日本は最終的には自社に乗り入れるすべての新幹線と特急列車を他社区間 例えば北陸新幹線の上越妙高以西の西日本区間[ただし「かがやき」は既に全車指定席済み、勿論西日本区間内の「つるぎ」も対象]、「WVしなの」ならば塩尻以西の東海区間等 も含めて全列車全車指定席にすることが発表されております。 つまり完全にJR東日本から新幹線及び特急列車の自由席が完全に葬り去られます。 JR東日本は自由席が大嫌いな会社であり、自社の予約サイトの「えきねっと」の予約では必ず指定席の利用が必須条件となるぐらいです。 通勤電車タイプの普通列車でちんたら行きながら貧乏であることを実感しなさい!! 』といった感じです。 この傾向は東北新幹線八戸開業あたり 当時新設の新幹線「はやて」の大半が全車指定席、秋田新幹線「こまち」が全列車全車指定席に移行 から始まり、新幹線「はやぶさ」運行開始からますます加速し、さらに、特急「あかぎ」から「スワローあかぎ」に移行以降は在来線特急にも加速しています。 そして最終的には自由席完全廃止となって完結する予定です。 顔デカ太郎 コメントありがとうございます。 せっかくコメントいただいたのにこちらから質問する形になってしまい大変恐縮ですが、いつごろJR東日本が自社管内に直通する他社列車を含めた新幹線と特急列車の全車全席指定席化を発表したのでしょうか。 プレスリリースを3ヶ月ほどですが遡って確認しても該当のものが見当たりませんでした。 恐れ入りますがそちらの在り方をお教えいただけますでしょうか、確認した上で記事の修正をさせていただきたいと思います。 あとご存知ないのかもしれませんが、えきねっとでも自由席の予約はできます。 ポイントはたまりませんが。 また誠に申し訳ございませんが貴方様が結局のところこのコメントを通じて何が言いたかったのかがよくわかりません。 この記事はまとめの部分だけで内容が理解できるので本文は削除せよ、とのことでしょうか?まとめとは本来その文章の要約に当たりますので、そこを読んで内容を理解いただけないのであればそれこそ「まとめなど不要」です。 つまり貴方様はまとめを読んで内容をわかったということですので、まとめはしっかりと機能しているというふうに確信できて大変嬉しく思います。 しかし今回貴方様はまとめ以外は不要、結論はそこにあるから、と。 申し訳ございませんが我々は貴方様のように結論だけを読んで話を理解できるすでに知識がある人に向けて記事を書いているわけではありません。 そうでない人がいるのに結論だけ述べるのは「文章の破綻」です。 結論だけ述べてもそれはもはやツイッターよりも悪質な独り言でしかありません。 結論は前提となる文章があってこそ「論述したことを結びます」 また貴方様のされたような目につくところだけを「見て」読んだ気になった方が多いことを我々は大変憂いています。 全文読んでないのにどうして読む価値が無いと判断できるのでしょう?読んだ結果これは読む価値がないとおっしゃるのであれば合点がいきますが。 このサイトのコンセプトは全く知識がない人がこのサイトを見ることで「なるほど」と思ってくれるようになってほしい、です。 我々は貴方様のように「自分はわかるからいい」なんて考えは有しておりませんので悪しからずご了承いただきますよう。 末筆ではございますが、貴方様にぜひ読んでいただきたい記事がございますのでそちらのリンクを貼って失礼させていただきます。 貴方様はまさに件の記事で取り上げた日本人そのものかと存じますので。

次の

えきねっとチケットレスサービスに詳しいかたお願いします。えきねっとの...

えきねっと チケットレス

Contents• えきねっとトクだ値チケットを購入 水戸まで行く用事があったので、東京駅からえきねっとで常磐線特急を予約しました。 えきねっとで購入するだけで窓口で購入するより少し安くなるのですが、早い時期に購入すると「トクだ値」というさらにお得なチケットを購入することが出来ます。 ちなみに、更にその上には「お先にトクだ値」という更に割引率の高いチケットまであります。 今回はトクだ値が選択できましたので、迷わずオトクな「トクだ値」チケットを購入しました。 まさかあんな結果になるとはこのときは知る由もなく・・・。 チケットの発券 チケットはJR東日本のエリアでしか発券することができません。 eki-net. えきねっとが世に出てからもう10年以上経ってると思うのですが一、いまだに変わらず。 チケットが受け取れないトラブルも頻発しているというのに一向に改善しないとは、まったくJRの方々はいい感性しています。 私は東京駅で東海道新幹線からの乗り換えですので、一度改札をでてチケットを発券する必要があります。 割引を受けるためと我慢して一度改札を出てチケットを発券します。 チケットの発券時にはえきねっとに登録してあるクレジットカードが必要です。 忘れるとチケットの発券を受けられません。 友人にクレジットカードを忘れて再度新しいチケットを買い直させられるという鬼のような所業を受けた人もいますのでお気をつけください。 チケットレスという選択肢 えきねっとで購入したチケットは、SuicaやモバイルSuicaをつかってチケットレスで使用することが出来ます。 その名残でまだ対応できずにいます。 このチケットレスというのは非常に便利で、いちいち発券しなくても良いと言うのは精神的にも安心です。 というのも、みどりの窓口は言わずもがなですが、自動発券機もたまに混雑していることがあり、乗車時間が迫っているときは最悪です。 発見するだけなのに時間がかかって電車に乗り遅れるなんてことが普通に起こりえます。 しかしながら、えきねっとのチケットレスは一癖あります。 なんと使用するスマホで予約をしなければなりません。 パソコンからチケットレスの予約ができないのです。 全く意味がわかりません。 東海道新幹線のチケットはパソコンで購入して、えきねっとはスマホに持ち替え購入する。 こんな怪しいシステムで、東海道新幹線からの乗り換えがスムーズに行くかどうかも不安になります。 私がチケットレスに挑戦しない理由です。 参考: ただ今回のようなトラブルが起こることを考えたら、次からチケットレスに挑戦しようと思います。 次、いつえきねっとを使うかわかりませんが。 時間がないのでそのまま乗車 ここからが罠にかかった話です。 行きは問題なく指定した電車に乗りました。 事件が起こったのは帰りの電車です。 問題だったのは、帰りのチケットも行きのチケットと同時に発券してしまったことです。 帰りの時間がギリギリになってしまうと、発券のために券売機に並ぶ間に電車が行ってしまうという恐ろしいことになりかねません。 それを危惧して帰りの分も発券しておきました。 ところが予想に反して用は思ったよりずっと早めにすんでしまいました。 2時間くらい早めに終わったかと思います。 水戸駅に到着して電光掲示板(発車標)を見てみると、なんと特急ときわがいままさに出発するところではないですか!もうチケットを買い直している暇もありませんし、このまま乗っちゃえと乗ったわけです。 もちろんトクだ値チケットは指定された時刻の電車にしか使えないことは知っていましたが、まぁ、正規料金の差額を支払えばいいだろうと思ったのです。 それよりも早く帰れる方が優先だと。 車内で新たにチケットを購入させられる 常磐線特急はシートの上に赤・黄・緑のランプが点灯するようになっており、緑色は予約済み、黄色はそろそろお客さんが乗ってきますよ、赤色は予約はないので誰でも座っていいですよ、と教えてくれます。 とりあえず赤色に座って車掌さんがチケットの確認に来るのを待っていました。 水戸駅から数分したところで車掌さんが来ましたので、「カクカクシカジカで早めの電車に乗りました。 もちろんトクだ値との差額は今お支払いさせていただきますよ。 」とチケットを見せて説明したのです。 そしたら、車掌さんから予想外の回答が。 「いやいや、お客さん。 トクだ値チケットは差額を払っても別の列車には乗ることができない 限定チケットなんですよ。 だから、新しくチケットを買い直ししていただくことになります。 私はまさかそんな回答が返ってくるとは思っていませんでしたから、びっくりして理解するのに時間がかかってしまいました。 「え、じゃぁこのチケットはどうなるんですか?」と聞いてみたところ、「東京駅についたらみどりの窓口で払い戻して下さい。 もちろんキャンセル料はお支払いいただくことになります。 」との回答。 このシステムを考えた人は鬼なのでしょうか?人の考えることではありません。 客からキャンセル料をとってやろうと考える鬼の仕業に違いありません。 「そんな馬鹿な話があるか!」と思わずキレてしまいそうになりましたが、グッと抑えて「では、新規にチケットを買います。 おいくらですか?」と紳士に振る舞いました。 「乗車券と特急券合わせて、4,080円になります。 」 え?4,080円?「え?そんな高額でしたっけ?」と質問してみると、「車内での購入価格は、正規の料金3,820円よりも割高となっておりまーす。 」とさも当然というような顔で答えてきます。 「いやいやいや、そんなさも当然のように言われても、オタクでもない限りそんなこと知りませんから。 このシステム考えた人ほんとに鬼です。 天下のJRですよ。 そのへんの名も知らないツーリスト会社じゃないんですよ。 そんなせこい商売いますぐやめてください。 」、と言いたいところをグッとこらえて、払ってやりましたよ。 ええ、現金で。 カードがだめと言われたので。 現金なかったらどうなるんだよ。 東京駅でトクだ値チケットを払い戻し 東京駅についたら一回外に出てみどりの窓口でチケットの払い戻しです。 いつもどおりみどりの窓口には長い列が。 並ばないわけにも行かないので、うんざりしながらも並びます。 スマホゲームで時間を潰しながら自分の番を待ちます。 スマホゲーム万歳。 やっと私の順番が回ってきたので、チケットを払い戻してもらいました。 最後にやっぱりキャンセル料はかかるのか?と食い下がって見ましたが、「HPにも記載されていますので。 」との回答。 ほんとに書いてあるのかと。 (あとでを調べてみましたが、今回のようなケースのことは書かれていません。 えきねっとを飛び越えてJR東日本のHPの隅々を探せば書いてあるのかもしれませんが、そんなの目を通してる暇は一般人にはありません。 ) 後日購入に使ったカードに払いもどしとキャンセル料の請求がいくとか。 あぁ辛い。 ちなみに、私の順番が回ってきたときに隣の窓口のサラリーマンがたいそうご立腹されていました。 盗み聞きしていると、どうやら1時間以上も待たされているとか。 対応していた窓口のお姉ちゃんが裏に行って全然帰ってこなかったようで、しかも最終的な回答もこの窓口じゃできないというもの。 そりゃ怒りもするよね。 まず、正規の料金は、乗車券+特急券で3,820円です。 おとなしく指定した時間の電車に乗車した場合、3,480円です。 今回は、乗車券+特急券(車内販売)で4,080円+キャンセル料550円。 トータルで、トクだ値チケットよりも1,150円も損したことになります。 正規の料金からしても810円も高額です。 なんという悪どい商売。 まとめ 以上、えきねっとトクだ値を使って大損した話でした。 トクだ値にかかわらずえきねっと自体も複雑なシステムで、知らない罠がそんじょそこらに潜んでいます。 そしてJRで働いている人々には人情は存在しません。 ルールに則って淡々と請求されます。 こういう職業がきっとAIに奪われるのでしょう。 安いと言うだけで飛びつかず、しっかり調べて、それでも調べきれずに損をすることも最悪覚悟しながらも、せっかくの旅行ですので、楽しく気持ちよくJRをご利用ください。

次の