ワンパンゾーン 回復。 光異界SSSさらに安定

【有料】ムゲンゾーン環境 マルヤクデVMAX デッキ解説|リリー|note

ワンパンゾーン 回復

ヴェルダンディをこよなく愛し 日々、 微 課金で パズドラを楽しんでいます! しんのすけです!! 道中はにて。 <光の番人> ここからは 少し強くなります。 HP148万 先制攻撃も16,879に なります。 このパーティーは 先制を喰らっても HPが半分以上あります! 相手にとって 不足はありません! 今回は できますかねぇ。 「木花火」でワンパン! 「木花火」と 1コンボの合計の2コンボ でした!! ダメージは 9,351,852。 (HP700万は さすがに 1発では無理みたいです) SSのタイミングが悪く ・・・変な写真に なってしまいました。 そして、最後のひと枠を いつも迷うんですよ。 ここから 先制ダメージが1万6千になります。 (ヴェルのスキルの関係上) BOSSのHPは700万あります。 木花火一発ではさすがに 倒せないですけど・・・。 黄金兵 超地獄級 ・・・だから まずは【回復力アップ】せねば なりませんので、エキドナと シヴァを選びました! また、【高火力】については BOSSの黄金の番人はのHPが 桁違いなんですよ!! HP約700万ですよ!!!!! (これって人間じゃないよね) 5ターンの間に700万削らなければ 地獄行きになりますので 1ターン平均HP140万を 削る必要があります! 番人のHPは63万〜約150万となりますので、さほど難しくは ありません。 今回はBOSS戦で、試したいことがあったので このパーティーを選びました。 まずは「カオティックコール」で盤面を火、木、闇一色します。 続いて、「業炎変化の術」で火を闇にします。 続いて、「秘密の箱」で木を闇にします。 盤面が闇一色になりました! 仕上げは「天下無双の崩撃」で、悪魔タイプの攻撃力を2. 5倍にして ドロップを適当にずらせば、黄金の番人でも即死でした! 今回は落ちコンがありませんでしたので、闇花火1発でHP700万を 削りきれました。 リザルトはこんな感じです。 このパーティーはゴッドフェスなどのガチャで引いたモンスター ばかりとなりますので、無課金の方には向いていませんが 変換で闇花火にできるモンスターをお持ちの方はぜひ 1度お試しください。 闇の番人で瀕死の重体となり 危うく死にかけました(とほほ) いよいよ黄金の番人が登場。 3ターンは闇属性吸収だから とりあえずやり過ごした・・・。 2,104,936の驚異的なダメージを 与えました!!!! ちなみに黄金の番人のHPは 7,016,455なんだってさっ。 (高すぎだっつ〜の。 ) この後はお決まりの パンドラのスキル そして ヴァンパイアデュークの変換を 使って、盤面いっぱい 闇だらけにしました。 パンドラのスキルが強いので 残りのHPを削りきることが できました!! 英雄神って、強いですね! みなさんは、どのモンスターを 使ってます? お勧めあれば、教えてくださいね〜。 勝敗も重要だが 何よりも パズドラを楽しむことを 忘れては意味がないと 思っている。

次の

【シーズン1最終84位】ミミドラバーンスタン

ワンパンゾーン 回復

どうも、唐奈ねこです。 今回は先日公開されたムゲンゾーンのカードについて考察します。 なるべくポジティブな評価になるよう心掛けております。 よろしくお願いします。 パラスーパラセクト 2-2 パラスは1エネで20点でます。 草デッキとして使うならばこちらを。 別のタイプが入るならば、別のパラスを使いましょう。 パラセクトは特に個性的な特徴はないので、特性もちのパラセクトでいいです。 マスキッパ 1 殴りながらドロー、下技の回復量が多いことから、序盤の壁役としても使えます。 おんがえし族にしては体力が高いほうです。 ヤナップーヤナッキー 2-3 ヤナッキーは無色3エネで110点、闘、悪タイプに弱点を突けます。 モクローーフクスローージュナイパー 4-3-5 モクローは特性でとりつかいを使っていると、技の必要エネがなくなり、後1からベンチ狙撃をすることが可能です。 ジュナイパーはついに来た、というような感じでV、VMAX、GXからダメージを受けない特性を持っています。 モクナシとビリジオンGXを使ったり、単構築にしたり、など様々な使い方ができます。 ヘルガーV 3 条件付きで200点出せます。 専用構築を組むのも良し、エースバーンVMAX等と合わせてサブアタッカーとして使うも良しです。 スパイクタウンと合わせて採用すると条件を達成しやすいです。 相性の良いカード [スパイクタウン] アチャモーワカシャモーバシャーモ 2-2-2 バシャーモは2進化で、炎タイプと闘タイプを持ちます。 ですが、2進化までして炎タイプが雷、悪、無色タイプに弱点を突きたいとは思えないです。 非GX、非V主体のデッキなら全然採用はありですが、VMAXデッキなどではそこまで需要はなさそうです。 強い草V、鋼Vが出たら採用しましょう。 ガラルヒヒダルマ 4 水エネルギーで炎タイプとして技を使えるのは大変貴重で、3エネで草VMAX、鋼VMAXをワンパンできます。 もう1つのガラルヒヒダルマと組み合わせれば、炎、草、鋼に弱点を突けるデッキを作ることもできます。 エネルギー問題はモスノウで解決できます。 しかし、炎のガラルヒヒダルマはモスノウの対象外になるので、ガラルダルマッカの時にエネルギーを付けます スイクン 1 エネルギーを無駄にせずに、130点を出せます。 しかし、そのためにエネルギーを3つつけるなら、メインポケモンにエネルギーを貼るべきです。 ジーランス 2 技でベンチに化石を展開できます。 めずらしい化石が研究所対象外なので、カセキメラデッキならば、ジーランスを多く積むのもありです。 ヒヤップーヒヤッキー 2-3 炎Vをワンパンできます。 ガラルダルマッカ 1 1エネから殴れます。 ですが、別のガラルダルマッカのほうが打点も出て、マヒも狙えるのでそちらを採用しましょう。 バニプッチーバニリッチーバイバニラ 2-2-2 バトル場でコインが表ならば相手をマヒにできます。 2進化ですることなのか?とは思いますが、マヒというのはかなり強い効果で風船にも対応しているので、枠に余裕のある2進化デッキならば、1枚ぐらいの採用はあるかもしれません。 ヒドイデードヒドイデ 2-1 技でHPを全回復できます。 しかしそもそもの体力が低いのであまり意味がないです。 カジリガメVーカジリガメVMAX 3-4 進化前、進化後どちらも特性でー30できるので、耐久型のデッキとして使えそうです。 コイン要素が不安ですが、高耐久で試行回数を増やせるのでそこまで考える必要はないと思いました。 相性の良いカード[ルミナスメイズの森] ウオノラゴン 2 バトル場にいれば相手の進化を封じることができます。 ウオノラゴンを立てる間に進化されそうです。 ウオチルゴン 3 1進化にしては高い体力から、ダメージを軽減する技、相手を眠りにする技など、かなり場持ちしそうなポケモンです。 ラクライーライボルト 2-2 3エネ150点と自分のベンチに30点の技を持っています。 ガラルデスバーンと合わせるのもいいですが、正直ギラティナで間に合います。 カプ・コケコ 3 序盤から2ドロー、逃げエネ0、エレパ込みでジュナイパーをワンパンできる。 という点から雷デッキでの非GX枠として採用できます。 パッチラゴン 2 無色4エネで200点、とムキパを付けたカジリガメVMAXをワンパンできます。 それ以外でも1進化で高打点を出せるのは貴重です。 パッチルゴン 3 場にいるだけで相手がエネルギーを付けるたびに20ダメージが出せます。 場に4体並べ、ガラルサニゴーンVを出せばエネルギーを付けるたびに110点まで出せます。 プリンープクリン 2-1 正直何をするカードか分かりません。 別のプクリンが強いので、ミストレ対応のプリンが出たことに関しては強いと思います。 ゴチムーゴチミルーゴチルゼル 2-2-3 ナイトウォッチャーができる非エクです。 オロヨノよりも少ないエネルギーで技を使えます。 2進化の妨害ポケモンと合わせるのも強そうです。 ゴビットーゴルーグ 1-1 高い耐久を持っていますが、エネが重すぎます。 いにしえのこぶしゴルーグのほうが扱いやすいです。 ミミッキュ 3 相手のマオスイレンを封じる、その他ベンチでの回復を止められます。 非エクや中打点のデッキでの採用ができそうです。 ガラルサニゴーンV 3 バトル場にいる限り相手がエネを貼るたびにダメカンをばらまけます。 ガブギラやドラパルトVMAXなどのばらまき系のポケモンと合わせると活躍できそうです。 相性の良いカード[パッチルドン] ナックラーービブラーバーフライゴン 2-2-3 書いてあることは強そうです。 相手依存になりますが、効果が出たら強いです。 自分が妨害スタジアム 無人発電所、ガラル鉱山等 を貼って、相手がスタジアムを出すのを待ちましょう。 ヒポポタスーカバルドン 1-1 エネルギーが重い、逃げエネも重い、その割りに体力がそこまで高くないので使いにくそうです。 ドサイドンV 3 下技は闘エネの要求が1こだけなので、色々なデッキに出張できて無色、雷、悪をメタれます。 ナゲツケサル 2 なかまをよぶ系でかなり体力が高いです。 イトマルーアリアドス 2-3 進化したときに相手の進化ポケモンを引っ張れます。 VMAXを引っ張ることも可能です。 回収ネットから使い回すこともできます。 クロバットV 5 シェイミEXみたいな性能しています。 2進化デッキやコンボパーツが多いデッキでの採用が見込めます。 それ以外ではデデンネGXでいいと思います。 ガラルジグザグマーガラルマッスグマーガラルタチフサグマ 1-1-3 相手の手札を毎番4枚にできます。 単純に相手の手札をトラッシュできるのは強いです。 ジグザグマとマッスグマに関してはシールド収録のカードでいいと思います。 ズルッグーズルズキン 2-2 ネズを使っていれば180点出すことができます。 ネズとツインエネ要求なのも相性がいいです。 マーイーカーカラマネロ 3-1 マーイーカがツインエネで70点出せて、オルジェネ込みで100、三神UMAバレットでの採用ができそうです。 フーパ 3 サンダーみたいな性能してます。 1エネから90点出せて、進化前のポケモンを後1から狩れます。 ジラーチサンダーというデッキタイプがあったので、ジラーチフーパみたいなデッキもできそうです。 クスネーフォクスライ 2-1 s1W収録のほうがどちらも強いです。 フォクスライは1進化してまですることではないです。 ムゲンダイナVームゲンダイナVMAX 4-5 ついにきました。 タッグチームが半壊します。 現時点でも様々な型が考えられていて先2で270点出したりしてきます。 なぜか体力が340もあり、闘タイプでも170点以上必要です。 ハッサムVーハッサムVMAX 3-4 Vが上技で特殊エネと道具破壊、とサーナイトをはじめとした色々なデッキが厄介に思うような性能してます。 VMAXは打点こそそこまで多くないですか、耐久寄りにしたデッキで活躍しそうです。 エアームド 2 環境デッキの速度がもう少し遅かったら序盤の壁兼省エネアタッカーとしての活躍ができたと思います。 フライパン込みで150はなかなか突破しにくそうです。 ギアルーギギアルーギギギアル 2-2-2 ギアルギギアルはベンチに出せてもいいのでは?と思いました。 ギギギアルはかなり厳しい条件ですが200点出せて最低限の置物V、GX倒せます。 ベンチを引っ張る手段を多めとした専用構築で活躍できそうです。 ゾウドウーダイオウドウ 2-3 ダイオウドウがM進化レベルの性能してます。 かなり緩い条件で240点出せます。 ミカルゲを置けば条件達成です。 体力も高いので耐久を上げればムゲンダイナVMAXの攻撃も耐えられます。 ガルーラ 3 ブラッキーみたいな性能しています。 ザマゼンタVやジュナイパーと合わせてフーパブラッキーみたいな構築ができます。 ノコッチ 1 のろいのスコップ内臓のポケモンです。 ピッピ人形で同じことができます。 ノコッチにスコップを付ければ4枚削れます。 ヒメグマーリングマ 1-1 sm12の劣化です。 これは救えないです。 エネコーエネコロロ 1-1 エネルギーをサーチできます。 ベンチを引っ張ってこんらんにできます。 進化前と進化後でシナジーが無くて扱いにくいです。 ボーマンダVーボーマンダVMAX 4-5 ポリZ、手貼り、闘エネ軸、炎エネ軸など様々な型を作れます。 強化なしでザシアンもワンパンできます。 ポリZ型ならパワフル無色4枚で320のVMAXもワンパンできます。 ムックルームクバードームクホーク 3-1-3 ムックルはとりつかいのデッキでの出張が見込めます。 ムクホークはトリプル加速で170点出すことができ、上技も何かと活躍しそうで将来に期待です。 コアルヒーースワンナ 1-2 スカイサーカス持ちで、140点出せます。 140は微妙なのでパワフル無色エネルギーなどで底上げして使いましょう。 ホシガリスーヨクバリス 3-4 下技がかなり強いです。 ヨクバリスが気絶することがなく、ツインエネでの起動ができ、前にロック系のポケモンを出しやすいためモルペコドールのような動きをしながら戦えそうです。 ターボパッチ 5 雑にエネ加速ができます。 主に青天井のデッキでの採用が見込めます。 パルスワンに使うと打点上昇になるので積極的な採用ができます。 めずらしい化石 3 体力上がった。 状態異常無効ついた。 タフネスマント 5 ザシアンが270になったりハハコモリ込みでダダリンが310と軽くVMAXレベルの耐久力になります。 もくもくスモーク 3 実質的なハンデスカードになります。 わざわざ枠を割いてまですることとは思えないのですが、うまく決まると強そうです。 とりつかい 5 ベンチと入れ替える必要がありますが、その点を除いたらホップの上位互換になります。 ジラーチ採用のデッキやバトル場に壁として置いたポケモンをベンチに下げる5枚目以降のいれかえとして使えます。 クロバットVと特殊エネをサーチするのが主流となりそうです。 強引に特殊エネをサーチするためにも使えそうです。 ローズ 3 VMAX主体かつエネ加速に乏しいデッキでの採用が見込めます。 闘タイプのエネ加速手段になります。 スパイクタウン 3 自分のコンボ用を主としたスタジアムです。 ミカルゲ、ヘルガーV、スピアーデッキでの採用ができそうです。 ローズタワー 3 手札を多く消費するデッキ タッグサポート型、ムゲンダイナなど での採用が見込めます。 ハイド悪エネルギー 4 サザンドラとは相性が悪いのですが、手貼り主体の悪デッキでの採用ができます。 ムゲンダイナとかムゲンダイナとかムゲンダイナとか パワフル無色エネルギー 4 ストロングエネルギー。 今まで火力が若干微妙だった無色ポケモンが大幅強化となりました。 ポリゴンZと合わせることですぐに80点強化することができます。 雑に強いです。 最後に。 なるべくポジティブになるように... と考えて評価しました。 レアカードに注目するのも良いですが、たまにはCやUのカードに注目してみるのもまた楽しいかもしれません。 変なデッキ~、と考えたデッキが実は環境デッキにも勝てるガチデッキになる可能性も... それではまた。

次の

【このファン】紅伝説イベント攻略!ワンパン編成と自然回復到達地点、周回効率の話!ボックスイベで疲れた人は休憩しましょ~【この素晴らしい世界に祝福を!ファンタスティックデイズ実況】

ワンパンゾーン 回復

】 攻撃とドラゴンタイプのHPが1. 5倍、攻撃力は4倍。 光の2コンボ以上で攻撃力と回復力が2倍。 S 【飛天御剣流・九頭龍閃】 1ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 1ターンの間、2コンボ加算される。 5倍、攻撃力は4倍になり、光の2コンボ以上で攻撃力と回復力が2倍になるリーダースキルを持っています。 最大倍率は8倍と、 条件が軽い割には高めの倍率です。 編成できるタイプが攻撃とドラゴンのため、対象のモンスターが多いメリットがあります。 分岐比古清十郎自身がダメージ吸収無効のスキルを持っているため、吸収にも強いリーダーです。 回復倍率と最大倍率が両立している HP、攻撃、回復と全パラメータ補正があり、安定した運用が可能な分岐比古清十郎ですが、回復倍率を出すためには、光の2コンボが必要です。 耐久しながら殴りたい時でも、最大倍率を出さなければ回復倍率が出せず、不意に発狂ゾーンに入ってしまうこともあり得ます。 スキル溜めがしにくく、 殴り合いながら進むダンジョンや発狂ゾーンが広い敵は苦手です。 駆け抜けるタイプのダンジョンで、常にワンパンを狙える場合は特に問題ありません。 スポンサーリンク サブとしての使い道 光の最強リーダーと好相性 分岐比古清十郎はに直接編成することが可能です。 三位一体ではスキルブーストの関係上、直入れでを使うことが多いですが、分岐比古清十郎は光属性なうえに、スキブ3個持ち、完全バインド耐性と直入れ性能が高いです。 不意に リダチェンを受けた場合でも光の2コンボの条件が同じで、LF最大144倍の倍率を出せるため、パーティーが機能停止しにくいです。 を使っている方は1体持っておきたいモンスターです。 アシストモンスターとして使える 直入れ性能も悪くありませんが、アシストモンスターとしての性能も高いです。 ダメージ吸収無効スキルは パーティーに1枚は編成しておきたいほどの必需品となっており、ほとんどのパーティーでは風神が使用されています。 風神の追加効果は1ターンのヘイストですが、分岐比古清十郎のスキルには2コンボ加算がついています。 直接火力に影響するだけでなく、コンボリーダーやダメージ無効貫通とも相性が良い優秀なスキルです。 おすすめの潜在覚醒スキル 潜在覚醒 コメント 遅延耐性 一番の持ち味であるダメージ吸収無効が使えないことのないように、遅延対策は必須です。 悪魔キラー 三位一体のサブで使う場合におすすめです。 潜在拡張し、遅延耐性4、悪魔キラー1での運用がおすすめです。 マシンキラー 三位一体のサブで使う場合におすすめです。 ボスでの火力を考慮せず、道中の固めのマシンタイプ対策をするのも選択肢に上がります。 アシスト スキル継承 のおすすめは? モンスター コメント 三位一体サポート編成でスキブをガン積みした時でも封印を埋めやすくなります。 スキル上げはしないで使いましょう。 操作時間延長の付与が強力です。 ダンジョンでダメージ吸収無効を使うタイミングがすぎた後に溜まるように、ターン数を調整して使いましょう。 分岐比古清十郎 アシストスキルが溜まってしまうほど長いダンジョンで使う場合、本来の役割を失わないように、同じスキルをアシストしておくと良いでしょう。 風神の代わりにヨグソトースパの吸収無効枠として採用が可能で、サポート編成の構成が大きく変更される可能性があるほど強力です。 全パラ補正があり、リーダー性能も悪くありませんが、回復倍率を出すのに最大倍率を出さなければならず、不意に発狂ゾーンに入りやすい欠点があります。 どちらかといえば、サブとして使うのがおすすめです。

次の