アメイジング グレイス 和訳。 Amazing Graceの和訳|恵みの説明

アメイジング・グレイス Amazing Grace 歌詞と日本語訳・試聴

アメイジング グレイス 和訳

アメイジング・グレイスは、アメリカ大陸へ黒人奴隷を運んでいた奴隷船の船長ジョン・ニュートンが作詞した曲だ。 罪深い自分にさえ赦しを与えた神の驚くほどの恵み(アメイジング・グレイス)に対する感謝を歌っている。 ピンクニー牧師への追悼の言葉でその神の恵みについて触れたオバマ大統領は、「もし我々がその神の恵みを見つけ出すことができれば、すべてが可能になります。 もし我々が神の恵みを手にすることができれば、すべてを変えることができるでしょう。 アメイジング・グレイス」と、続いてアメイジング・グレイスを歌い出した(冒頭の動画)。 オバマ大統領の歌声に参列者たちは歓喜の声をあげて立ち上がり、そしてオバマ大統領とともにアメイジング・グレイスを歌い始めた。 アメイジング・グレイスを歌い終えると、オバマ大統領は力強く犠牲になった一人一人の名前を呼んだ。 「クレメンタ・ピンクニーはその恵みを見つけ出しました。 シンシア・ハードはその恵みを見つけ出しました。 スージー・ジャクソンはその恵みを見つけ出しました。 エセル・ランスはその恵みを見つけ出しました。 ディペイネ・ミドルトン=ドクターはその恵みを見つけ出しました。 タイワンザ・サンダースはその恵みを見つけ出しました。 ダニエル・L・シモンズ・シニアはその恵みを見つけ出しました。 シャロンダ・シングルトンはその恵みを見つけ出しました。 マイラ・トンプソンはその恵みを見つけ出しました」 「彼らは、自らの命を通してその恵みを私たちへと伝えてくれました。 その尊い贈り物を受けるに値する人生を、私たちが歩み続けることができますように。 その恵みが、犠牲になった方々を安らかな場所へと運んでくれますように。 そして神の恵みが、アメリカ合衆国とともにあり続けますように」.

次の

名曲『アメイジング・グレイス』誕生の映画・あらすじ・感想・解説/歌詞・和訳・動画: レビュー・アン・ローズ

アメイジング グレイス 和訳

出典: それもそのはず、『アメイジング・グレイス』は賛美歌であり、アメリカではもっとも慕われ愛唱される曲なのです。 今年(2019年)、 「白い巨塔」が5夜連続で放送が決定。 主題歌はまだ発表されていませんが、『アメイジング・グレイス』が候補として挙がっているそうです。 『アメイジング・グレイス』とは? まずは、『アメイジング・グレイス』をお聞きください! イギリスの牧師、ジョン・ニュートンが作詞。 作曲者は不詳となっていますが、スコットランドの民謡という説や、南アメリカで作られたなど諸説あります。 奴隷商人から牧師に転身した男が書いた、 懺悔と感謝の歌で、日本では結婚式に使われる場合もありますが、世界ではお葬式に使われる場合もあるそうです。 出典: 歌詞をじっくり読めば、結婚式には少しそぐわない部分もあるなーと感じるのですが、曲調や賛美歌という観点から見ると、全く合わないというものでもありません。 アメージング・グレース 何と美しい響きであろうか 私のような者までも救ってくださる 道を踏み外しさまよっていた私を 神は救い上げてくださり 今まで見えなかった神の恵みを 今は見出すことができる 簡単に表現すると 「神様、道を踏み外してしまった僕まで助けてくれてありがとう。 道が見えました」という感じでしょうか。 ではこの歌詞は「白い巨塔」の中で、誰に向けて歌われたものなのでしょう? ドラマの中でどのような意味を持つのでしょう? ・ドラマ(病院)全体でしょうか? ・医師(財前)に向けてでしょうか? ・それとも患者さんに向けて? ドラマの中の出来事、心情を追って、一つ一つ検証してみました。 正解はないので、 「なるほど。 こういう見方もあるのか」と、ご自身の視点と照らし合わせて楽しんで頂ければと思います。 検証1:ドラマ(病院)全体 まず、「白い巨塔」というタイトルの意味について調べてみました。 出典: 『白い』とは単純に、医師が着る『白衣』を連想させるものでしょう。 次に『巨塔』とは何でしょうか。 病院自体や、ガン医療センターのことなのかな? と推測できますが、ドラマから想像するとあまりに安直な感じがします。 「白い巨塔」とは病院の出来事をただ描く医療ドラマではなく、医療裁判を本筋とする 医師同士の権力争いを描くドラマです。 そう考えると『巨塔』という言葉そのものが、医師同士のヒエラルキーを表しているようにも感じます。 調べてみると 『象牙の塔』に由来しているという線が出てきました。 象牙の塔とは、 俗世間を離れて楽しむ静寂・孤高の境地。 また、現実から逃避するような学者の生活や、大学の研究室などの閉鎖社会。 狭い世界の中で、権力闘争に明け暮れる医師たちの姿と重なります。 大学病院という巨大な箱の中での権力争いを、 『象牙の塔』と重ねた造語が、「白い巨塔」と表現されているのではないでしょうか? 『アメイジング・グレイス』では、権力争いが繰り広げられる病院全体を 『道を踏み外してしまった者』と比喩しているようにも感じます。 大学病院というシステムのあり方に問題はありましたが、医師たちは権力争いに溺れながらも、 芯の部分は「人を助けたい」という想いがあります。 実際ドラマでは権力争いに溺れながらも、自ら道を正していく医師たちの姿が描かれていました。 また、 医者は神様ではなく、ただの人間にすぎません。 出典: 財前の死を持って、医師も人間であることを証明したのではないでしょうか。 大きな巨塔の狭い世界の中で、権力争いに溺れる医師たちも人間であり、過ちを犯すことだってある。 だからこそ、救われ、道を正すことだって出来る。 と、『アメイジング・グレイス』で表現したかったのではないかと、私は感じました。 検証2:医師(財前)に向けて この物語の主人公、 財前は果たして悪者なのでしょうか。 最後の判決の後、財前の放った言葉はとても深いものがあるなーと私は思うのです。 「何が悪い。 私は患者を救おうとしたんだ。 ガンを切除しようとしたんだ。 何が悪い!」 この言葉が全てなのかなと。 「白い巨塔」という大きな力、しがらみの中で戦ってきた財前ですが、財前に救われた患者というのは数え切れないほどいます。 裁判では負けてしまった財前ですが、 「患者を救おうとした。 ガンを切除しようとした」その言葉に嘘偽りはありません。 そんな財前だからこそ、 死を迎える瞬間は穏やかだったのではないでしょうか。 出典: また、財前が里見に放った 「無念だ」という言葉。 『アメイジング・グレイス』がバックに流れ、その音量がもっとも大きくなるシーンです。 無念という言葉には、2つの意味があります。 1つ目は『無念無視』。 すべての邪念を離れて、無我の境地に達した状態のこと。 2つ目は『残念無念』。 思うようにならず、心残りがあること。 財前が里見に放った言葉の意味は 、恐らく2つ目の『残念無念』でしょう。 しかし、 1つ目の言葉は賛美歌『アメイジング・グレイス』と類似する部分があります。 作詞者であるジョン・ニュートンの乗る船が嵐に遭い浸水。 転覆の危険に陥った時、必死に神に祈ったことがこの歌詞の由来とされていますが、死を目の前にした人間の境地もまた、財前と重なります。 そこまで深く考えて選曲されたかどうか私にはわかりませんが、財前の死から心情を考え、『アメイジング・グレイス』が採用されたのであれば、とても深いものがあるなーと思います。 『アメイジング・グレイス』の歌詞(和訳)通り、 最後は財前も一人の人間として、救われたのではないでしょうか。 検証3:患者に向けて 「白い巨塔」は、佐々木庸平という一人の患者から始まる医療裁判が、ストーリーを盛り上げます。 裁判モノのというと、最後にスッキリ! 正義が巨悪を倒す爽快感は「半沢直樹」を思い浮かべてしまいますが、「白い巨塔」に至っては爽快感は皆無。 何が正解だったのか…… 観る人によって、それぞれの考えが分かれるドラマです。 私の個人的な意見は、裁判に勝とうが負けようが、亡くなった人は帰ってきません。 そして、「白い巨塔」に関して言えば、亡くなった人は、裁判で苦しみ悲しむ家族を見たくないと思うのではないかと感じました。 出典: だからなのか、『アメイジング・グレイス』は遺族のみの出演シーンでは流れていません。 人は誰しもいつかは死にます。 病院で亡くなる人もいます。 『アメイジング・グレイス』は、ドラマに出演する患者に向けてではなく、 病気で苦しむ全ての人に向けて、流れている曲なのかも知れないなーと思いました。 まとめ 『アメイジング・グレイス』がどのシーンで流れているのか観ながら、今回は記事を書いていきました。 最終回に向かうにつれ、感極まって記事を書きながら泣くという、不気味な記事の書き方をしてしまいましたが……。 ドラマ終盤に向け、財前が一人の人間として弱みを見せ始めてから、 『アメイジング・グレイス』が頻繁に流れ出したのがとても印象的でした。 「白い巨塔」では、 大学病院という大きな組織、医師、患者たちの思いが交差しています。 大きなテーマの社会派ドラマでありながら、賛美歌である『アメイジング・グレイス』が使われたことに最初は何ていうか…… 違和感を感じました。 しかし回が進むにつれ、 命の儚さ、死を目の前にした一人の人間の生き様などから、『アメイジング・グレイス』が使われたことに心底うなづけました。 今回はドラマを観ながら私の考察をもとに検証したので、 正解があるのかないのか分かりませんし、真意のほどは分かりません。 これだけ書いておきながら、『アメイジング・グレイス』がドラマに使われた理由が、 「監督の好きな歌だから。 てへぺろ」とかだったらひと暴れしますけどね。 おっしまーい!.

次の

アメイジング・グレイス 和訳

アメイジング グレイス 和訳

成立 [ ] 作詞者はジョン・ニュートン ,1725—1807。 作曲者は不詳。 かのを掛け合わせて作られたとしたり、19世紀に南部で作られたとするなど、諸説がある。 ジョン・ニュートンは、に生まれた。 母親は幼いニュートンにを読んで聞かせるなど敬虔なだったが、ニュートンが7歳の時に亡くなった。 成長したニュートンは、商船の指揮官であった父に付いて船乗りとなったが、さまざまな船を渡り歩くうちに黒人奴隷を輸送するいわゆる「」に携わり富を得るようになった。 当時奴隷として拉致された黒人への扱いは家畜以下であり、輸送に用いられる船内の衛生環境は劣悪であった。 このため多くの者が輸送先に到着する前にや、などの原因で死亡したといわれる。 ニュートンもまたこのような扱いを拉致してきた黒人に対して当然のように行っていたが、5月10日、彼が22歳の時に転機は訪れた。 イングランドへ蜜蠟を輸送中、船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥ったのである。 今にも海に呑まれそうな船の中で、彼は必死に神に祈った。 敬虔なの母を持ちながら、彼が心の底から神に祈ったのはこの時が初めてだったという。 すると流出していた貨物が船倉の穴を塞いで浸水が弱まり、船は運よく難を逃れたのである。 ニュートンはこの日を精神的転機とし、それ以降、酒や賭け事、不謹慎な行いを控え、聖書や宗教的書物を読むようになった。 また、彼は奴隷に対しそれまでになかった同情を感じるようにもなったが、その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。 のちに、真の改悛を迎えるにはさらに多くの時間と出来事が必要だったと彼は語っている。 1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった。 そして、「アメイジング・グレイス」が作詞された。 歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている。 この曲のほかにも、彼はいくつかのを遺している。 英語の一般的な歌詞 [ ] 英語の歌詞 [ ] Amazing grace! how sweet the sound That saved a wretch like me! I once was lost but now I am found Was blind, but now I see. 'Twas grace that taught my heart to fear. And grace my fears relieved; How precious did that grace appear, The hour I first believed. Through many dangers, toils and snares. I have already come; 'Tis grace has brought me safe thus far, And grace will lead me home. When we've been there ten thousand years, Bright shining as the sun, We've no less days to sing God's praise Than when we've first begun. 歌詞大意 [ ] 驚くべき恵み なんと甘美な響きよ 私のように悲惨な者を救って下さった。 かつては迷ったが、今は見つけられ、 かつては盲目であったが、今は見える。 神の恵みが私の心に恐れることを教えた。 そしてこれらの恵みが恐れから私を解放した どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、 私が最初に信じた時に。 多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、 私はすでにたどり着いた。 この恵みがここまで私を無事に導いた。 だから、恵みが私を家に導くだろう。 そこに着いて一万年経った時、 太陽のように輝きながら 日の限り神への讃美を歌う。 初めて歌った時と同じように。 英語の歌詞 [ ] オリジナルの歌詞 [ ] Amazing grace! how sweet the sound That saved a wretch like me! I once was lost but now am found Was blind, but now I see. 'Twas grace that taught my heart to fear. And grace my fears relieved; How precious did that grace appear, The hour I first believed. Through many dangers, toils and snares. I have already come; 'Tis grace has brought me safe thus far, And grace will lead me home. The Lord has promised good to me, His word my hope secures; He will my shield and portion be, As long as life endures. Yes,when this flesh and heart shall fail, And mortal life shall cease; I shall possess, within the vail, A life of joy and peace. The earth shall soon dissolve like snow The sun forebear to shine; But,God who called me here below, Will be forever mine. 歌詞大意 [ ] 驚くべき恵み なんと甘美な響きよ 、 私のように悲惨な者を救って下さった。 かつては迷ったが、今は見つけられ、 かつては盲目であったが、今は見える。 神の恵みが私の心に恐れることを教え、 そして、これらの恵みが恐れから私を解放した どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、 私が最初に信じた時に。 多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、 私はすでに辿り着いた。 この恵みが、ここまで私を無事に導いてくださった。 だから、恵みが私を家に導くだろう。 神は私に良い事を約束して下さった。 彼の言葉は私の希望の保障である。 彼は私の盾と分け前になって下さる。 私の命が続く限りに。 そうです。 この体と心が滅び、 私の死ぬべき命が終わる時、 私は、来世で得るものがあります。 それは、喜びと平和の命です。 地上はまもなく雪のように白くなり、 太陽は光を失うだろう しかし、私を御許に召して下さった神は、 永遠に私のものになる。 曲のデータ [ ]• 原詞詞名(初行): Amazing grace! how sweet the sound• 曲名(チューンネーム): NEW BRITAIN または AMAZING GRACE• :86 86 CM 初出 [ ]• "Faith's Review and Expectation" 信仰の反省と期待 という原題で、「オウルニィの讃美歌集」 1779年 の第1巻の41番目の曲として収録 所収 [ ]• 『』第167番「われをもすくいし」• 『』第229番「おどろくばかりの」• 『』第196番「おどろくばかりの」• 『日本聖公会聖歌集」第540番「やさしき息吹の」• 『教会福音讃美歌」第304番「恵みのひびきの」• 『讃美歌21』第451番「くすしきみ恵み」 サンプル [ ] パイプ・オルガンのみによる伴奏。 32秒• うまく聞けない場合は、をご覧ください。 有名な歌唱など [ ] CD・レコード音源 [ ]• 1973年録音。 に収録。 ボースタルボーイとメドレーで収録• - 1947年に録音。 1971年1月9日付・ホット100で最高15位を記録した。 イギリスでは67週チャートインを達成した。 - 1971年に録音。 1972年のアルバム『至上の愛』に収録されている。 - 1972年のライブアルバム『Amazing Grace』で歌っている。 - 1972年のアルバム『BRITISH CONCERT』の中でで歌い日本でも発売された。 その後伴奏付の COUREUR GOSPELなどでの収録分がテレビCMなどに使われた。 - 1972年にカバーし、同年5月27日付ビルボード・ホット100で最高11位、全世界でレコード売上700万枚を記録した。 邦題は「スコットランドの夕やけ(至上の愛)」。 - 1985年のによるライブ・アルバム『』にベース・ソロによる演奏を収録。 また、1991年のベスト・アルバム『』にもスタジオ録音版を収録している。 - 1987年に発表したアルバム『AMAZING GRACE』の最終曲に歌われている。 1999年に発表したアルバム『私選集』の第1曲目にも歌われている。 - 1987年に発表したシングル「」の間奏部およびラストに引用。 - 1989年のアルバム『』に、をゲスト・ボーカリストとして迎えた録音を収録。 - 1997年に発表されたクリスマス・アルバム『』にてカヴァー。 - 1999年のアルバムに収録。 彼女の代表的なレパートリーの一つ。 - 2001年のドラマデビュー作『』の中でア・カペラで歌って話題を集め、翌年発売の2ndシングル『』と1stアルバム『』に収録。 2005年に発売のでは綾戸智絵のプロデュースで再録音した。 - 2003年に放送されたドラマ『』のエンディング・テーマとなり、シングル発売されたほか、アルバムにも収録。 2008年5月21日発売のシングル「アメイジング・グレイス2008」では本田美奈子が残した音源との仮想的なデュエットを果たしている。 - クラシックアルバムの第1作『』に収録。 で闘病中の2005年10月に発売されたベスト・アルバム『』にも収録された。 後者は11月の逝去後売り上げが急増し、でベスト10入りを果たした。 には同じボーカル音源に新たな楽曲アレンジがなされたものが「アメイジング・グレイス for Balot」のタイトルで、アニメ映画『』の主題歌として使用されている。 また、入院中に病室で歌ったア・カペラの「アメイジング・グレイス」は2006年7月から一年間、公共広告機構(現:)の支援キャンペーンのテレビコマーシャルに使用された。 - 2005年に行われたライブ『EIKO SHIMAMIYA LIVE 2005 "ULYSSES"』のライブパンフレット付属CDに収録。 ライブではしばしば披露されており、2007年には系『』でテレビ初披露した。 - 2006年のアルバム『PUNK MASH UP!』に収録。 に改名後の2010年のアルバム『PUNK ROCK NEVER DIE』にも収録された。 - 2008年に発表したアルバム『マブイウタ』にて沖縄方言ヴァージョン(作詞・)で収録。 - 2008年発売のアルバム『』に収録。 - 2011年に発売したアルバム『』に収録。 - 2011年に発売したアルバム『』に収録。 - 2012年に発売されたアルバム『唄者』に沖縄方言バージョンを収録。 - 2013年に発売したアルバム『』に収録。 本田美奈子. が歌唱したによる日本語詞を追加したバージョンで収録。 海上自衛隊東京音楽隊 - 2013年に発売されたアルバム『』に収録。 - 2014年に発売したカバーアルバム『』に収録。 幸田浩子(ソプラノ) CD『カリヨン』に収録。 宇徳敬子 アルバム「新月」のうち、DVDにライブでの歌唱の模様が収録。 ライブでのみ披露 [ ]• - 1985年7月13日に開催されたのフィラデルフィア会場でのオープニングで歌唱。 - 2006年のディナーショーにて披露。 この模様はテレビ番組『』にて、歌唱練習シーンも含めて放送された。 ・ - コンサートにて沖縄方言ヴァージョンをデュエットで歌った。 葬儀の様子は生放送されていた。 神園さやか - 2017年11月2日、東京渋谷 JZ Brat SOUND OF TOKYOでのライブで歌唱。 劇中歌など [ ]• - 1972年のアメリカ映画『』最終場面で流れた。 - 1983年の映画『』で歌った。 - 1987年、ア・カペラで歌ったものがCM曲に起用された。 - 2005年にSEGAから発売されたPS2用ソフト「」のエンディング曲として歌唱。 - 2006年のアニメ『』第4期OPで、が歌う『』とされている。 - ドラマ『』で、永澤演じる主人公のケニー斉藤がハーモニカで演奏していた。 - 2008年4月19日公開の『』の登場人物であるソプラノ歌手が、ストーリーに関わる重要な挿入歌として歌唱。 同役を演じた声優はだが、歌唱部分は本職のソプラノ歌手が担当している。 のびやかなオペラ版のこの曲は、同映画のサウンドトラックにも収録されている。 - 2003年放送のテレビドラマ『』• ・ - 2011年放送のアニメ『』の第8話劇中歌。 2人がそれぞれ独唱した後合唱している。 - 2002年の映画『』のエンディングテーマ。 演奏者不明 - 2001年公開の日韓共同制作映画『』でメロディーのサビが繰り返し流れた。 演奏者不明 - 2002年1月27日放送の『』の最終回で、前半部分が演奏されている。 演奏者不明 - 5第8話で使用。 15年前の時効間近の未解決事件「橘町女子大生殺害事件」の犯人を追い続ける刑事と特命係のストーリーの劇中にテーマ曲として使用された。 ・唯音 - 2007年発売のゲーム『』でafterシナリオのEDテーマソングに使用された。 演奏者不明 - 2009年放送のアニメ『』第10話の劇中でBGMとして使用された。 演奏者不明 - 2010年放送のアニメ『』の劇中で象徴的BGMとして複数回使用。 - 2012年放送のアニメ『』の劇中で、高橋が演じたキャラクター、がで弾き語りをしているシーンがある が、あまりにも酷い演奏だった為、 に演奏の途中にツッコまれている。 演奏者不明 - のゲーム『』に聞き取りトレーニングメニューとして1番が収録されている。 ()サポーター - 試合開始前に歌われるとして使われている。 演奏者不明 - 機、中にプレミア演出として搭載されている。 演奏者不明 - 2016年発売のゲーム『』の劇中でBGMとして使用された。 - 『』のクロージングに使用している。 脚注 [ ]• 1999年12月号の『USAトゥディ』誌で、「タイムカプセルに残しておきたい20世紀の特質を現している物100」の中にこの曲が挙げられた。 ジョン・ニュートン著・中澤幸夫訳、『増補版「アメージング・グレース」物語』彩流社 2012 、16頁• ジョン・ニュートンの作詞は3番までで、4番は『アンクル・トムの小屋』 1852年 に掲載されている。 当時の黒人奴隷がこのような歌詞で歌っていたと言われている。 『「アメージング・グイレス」物語』31-33頁• 『Billboardただ1曲のスーパーヒット・2(1968~1984)』ウェイン・ジャンシック(著)、加藤秀樹(訳)、音楽之友社、1991年、102-103頁。。 CNN 2015. 28 参考文献 [ ]• 『賛美歌略解』日本基督教団出版局、1954年• ジョン・ニュートン著・中澤幸夫訳、『増補版「アメージング・グレース」物語』彩流社、2012年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の