ウイルス 漢字。 「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

細菌とウイルス

ウイルス 漢字

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の

「おさまる」漢字の使い分け 収まる・納まるの違い 予算内におさまるはどれを使う?

ウイルス 漢字

「禍」訓読みする単語• 禍神 まがかみ• 禍言 まがごと• 禍事 まがごと• 禍 禍しい まがまが-しい• 禍い わざわい 音読みする場合と、訓読みする場合があるわけですが、「 禍」が後ろに入っている単語は、すべて「カ」と読みます。 そのため、恐らく「コロナ禍」も下つきになるので「コロナカ」が正しい読み方と言えそうです。 コロナ禍の読み方は「わざわい説」も 先程申し上げた通り、「コロナ禍」は「コロナカ」が正しい読み方と推測されます。 しかし、ヤフーの検索窓に「コロナ」に続けて、「わ」と入れると、キーワード入力補助で「コロナ禍」がサジェストされます。 そうすると「ころなか」ではなく、「ころなわざわい」という説もありそうです。 一体どれが正しいのでしょうか… もしかすると、両方正しいのかもしれません。 読み方の最終的な回答が難しいところではありますが、いったいこの「コロナ禍」というのは、どんな意味があるのでしょうか。 かっこいいもんね、「禍」って。 使いたいもんね。 厨二病患者なら間違えないのにね。 ? — 72mitti 723hack.

次の

「コロナ」ってどういう意味?語源は?

ウイルス 漢字

出典:国立感染症研究所「」 「コロナウイルス」には、表面に大小の突起物が規則正しく並んでおり、 その見た目が「 王冠を上から見た外見」に似ています。 ですので、見た目から王冠ぽかったので、 「王冠」の意味を持つラテン語の「coronam」から引用し「コロナウイルス」と命名されました。 WHOは「COVID-19」と正式に命名 国際連合の専門機関である「 WHO ダブリュー エイチ オー(世界保健機関)」は、 2020年2月11日に「コロナウイルス」を「 COVID-19」を正式名称とすると発表しました。 「 COVID-19」の読み方は「 コビッド・ナインティーン」。 「 COVID-19」は「 2019年に発生したコロナウイルス病」という意味 「 COVID コビッド」は「Corona Virus Disease」、つまり「コロナウイルス病」の略で、 「 19 ナインティーン」は「2019年」の略。 「 COVID-19 コビッド・ナインティーン」は、つまり「 2019年に発生したコロナウイルス病」という意味です。 AB InBev(コロナビールの販売元である アンハイザー・ブッシュ・インベブ)は、 コロナウイルス(COVID-19)の影響により 2020年1-2月の売上が 約2億2,100万ポンド(日本円で約310億円)減少し、 さらに中国全土での損失も出るだろうと予測を立てている。 ベルギーに本社を置くグループ会社(グルポ・モデーロ)は、 「 COVID-19 の発生がコロナビールに与える影響は大きくなり続けている」と声明。 と意訳を含むとなります。 美味しいコロナビールが「味以外」で敬遠されるのは悲しい 「 コロナビール」といえば瓶の中にライムを落とし「ガッ!」と飲む、 ちょっとテンションがあがる 美味しいビール。 私も好きなビールです。 メキシコ料理の、ちょっとスパイシーなタコスや野菜たっぷりのブリトーを 食べる際には一緒に飲まないと物足りない程の人気なビールです。 それが「味以外」の今回のような「 名称による風評被害」で敬遠され、 売上が現象しているというのはとても悲しくなります。 言葉の意味を知り、踊らされないようにしよう 「コロナ」は「王冠」という意味を知っていれば、怖くはない 「コロナウイルス」の「コロナ」の意味を知りたくて書き始めた当記事。 「コロナ」は「 王冠」という意味を持っていて、 怖いとかマイナスなイメージのものではありません。 むしろ縁起の良い・上向きのイメージのある言葉なので、 「コロナ」という名称がついている会社・製品を無駄に敬遠する必要はありません。 「コロナウイルス」に関しては色んな憶測やデマが飛び交っている現状ですが、 少なくとも「コロナ」という名称に過度に反応する方が減ること、 又、「コロナウイルス」の蔓延が早く収まることを祈ります。

次の