スズキ カタナ 750。 カタナと名乗れなかったカタナ GSX750S(GS75X)|系譜の外側

新型カタナの“中身”、「GSX

スズキ カタナ 750

[新型]スズキ カタナ:シルバーに加えブラックも発表 ハイパーネイキッドのGSX-S1000をベースにGSX1100S KATANAのデザインを現代風にアレンジしたモデル。 縦2段のLEDヘッドライトや、スポイラー先端にある刀の切先をイメージしたLEDポジションランプが特徴的だ。 また、スズキで初めてスイングアームマウントのリヤフェンダーを採用。 リヤウインカーとナンバープレートホルダーも配置することで凝縮感のあるデザインを実現した。 車体色はメインのシルバーの他に、ミラノショーではブラックも発表。 さらにカウルやシート、ブレ. キャリパー、ホイールリムに赤いアクセントが入ったオプション装着車も公開された。 カーボンカウルを身にまとい、エンジンはヨシムラフルエキとEM-Proの燃調キットで10psのパワーアップ。 前後サスはオーリンズとなり、ブレンボのブレーキキャリパーはSBKで使われているものと同じものになるほか、細かいところまで即実戦可能な本気装備を満載している。 価格は日本円換算で約392万円。 20台限定で2018年11月から予約開始された。 2) [新色]スズキGSX-S1000 ABS GSX-S1000シリーズのネイキッド版。 カウルの有無以外はFと同じとなる。 ヘッドライトやウインカーはハロゲンだが、フロントフェイスの牙にあたる部分にLEDポジションランプを採用。 精悍な顔つきとなっている。 なお、テールランプはLEDだ。 トラコンやABSといった装備はFと共通。 メーターも共通の1パネルLCDタイプを持つ。 諸元の変更はなしだ。 単色ブラックは、750がロゴやストライプが赤になりホイールもブラックなのに対し、600はロゴまわりやホイールがホワイトとなって差別化されているのが特徴だ。 なお日本導入は未定。

次の

刀(GSX750S)は乗りにくいんですか?

スズキ カタナ 750

概要 [ ] 9月 (現・連邦共和国)で開催されたモーターショー にカウル付きプロトタイプ GSX1100S KATANAとして、カウルレスのと同時発表された。 をモチーフ とした先鋭的フォルムと基本性能の高さを両立させたデザインが反響を呼び ケルンの衝撃と呼ばれた。 ショーでの評価は真っ二つに分かれ、少なくともこのままの形で市販されることはないだろうというのが一般的な推測だった。 当初は1,100㏄モデル(輸出商標: KATANA )を意味したが、のちにシリーズとして排気量別に数車種が生産された。 再生産を繰り返して2000年に製造中止されたが現在でも人気は高く 、・に並ぶスズキの名車 としての地位を確立しており、入手可能なスズキの現行モデルをベース車にして模した車両を販売している店まで存在する。 デザイン [ ] 依頼先に関してスズキの公式なアナウンスでは「ハンス・ムートに…」であったが、実際には「ハンス・ムートが代表を務めるターゲットデザインに…」であった。 ムートがバイク部門でデザインの仕事をしている時に、スズキから次世代モデルのに関し協力要請があり、そのオファーを受けてムートがBMWを退社、その時にBMWのデザイナーだったハンス・ゲオルグ・カステンとジャン・フェルストロームを誘いターゲットデザイン( target-design )を設立した。 ターゲットデザインは『モトラード』誌の「未来のモーターサイクル」プロジェクトに参加、をベースにあくまでデザインにこだわったマシンを出品、「ROSSO RAPTOR」(赤い猛禽類)と名付けられた。 その後にスズキのプロジェクトに正式に加入し、GS650GとGSX1100Sを発表した。 しかし、ムートがあくまで「ターゲットデザイン代表」という形で参加し、デザインスケッチのサインの多くはフェルストロームとなっておりフェルストロームのデザインというのが現在の定説である にもかかわらず、スズキの公式発表は「ハンス・ムートデザイン」であった。 そのためターゲットデザイン社内でムートの立場がなくなり、ムートはターゲットデザインを追われてしまった。 このことはあまり表沙汰になっていないが、三栄書房『カースタイリング』誌の本人のインタビューで詳しく語られている。 現在もターゲットデザイン に在籍するハンス・ゲオルグ・カステンも「ムートは対外的な交渉窓口、私はコンセプトワークや技術的アイデアを提案する事が多く、カラーリングやグラフィックを加えて具体化するのがフェルストローム。 理想のチームワークだった」 と語っている。 スズキはターゲットデザインに対し、「こちら(スズキ)はデザインの邪魔は極力しない。 だから、そちら(ターゲットデザイン)もデザインが機能の邪魔をするのは極力やめて欲しい」と注文を付け、そこからターゲットデザインとスズキの信頼関係が築き上げられたという。 例えばGSX1100Sではプロトタイプにはなかったフロントスクリーン(前面風防)が追加され、高く上げられ視界を妨げていたメーターが低く直されたが、これらは両者の協力関係がうまく行っていたことの証左と言える。 50V19 -4PR (キャストホイール)または3. 25V19-4PR (SZ、SDの一部に設定されたスポークホイール) 後 4. 50V17 -4PR (キャストホイール)または4. 日本国内では当時、国内販売向け二輪車種の排気量はを上限とする自主規制があったため正式には発売されず逆輸入されるにとどまったが、逆輸入という言葉を一般的にした。 フレームのパイプ肉厚は1. 2mm。 タイヤサイズは、星型キャストホイール仕様が前:3. 50V19-4PR、後:4. 50V17-4PR。 スポークホイール仕様は後輪18インチとなり、前:3. 25V19 -4PR、後:4. 00V18-4PR。 左スイッチボックスは、ウインカー、ディマ、パッシングの一体式スイッチを採用。 またウインカーのオートキャンセル機能 も搭載している。 GSX1100SD [ ] にボディが赤線または青線のツートンカラー になりフロントフォークアウターチューブ、エンジン、リヤサススプリングがブラック塗装された。 前部エンジンマウントは貫通式から内側固定タイプに変更された。 シートはバックスキン調からビニールレザーとなった。 ANDFのプランジャーが小型化された。 ステップが前後ともに製になった。 キャストホイールは星形キャストから6本スポークキャストに変更された。 スポークホイール仕様も引き続き存在する。 GSX1100SE [ ] ボディのツートンカラー は赤の面積を増した赤銀になり、テールカウルは濃いブルーからブラックに変更された。 に生産終了、1000Sを含み再生産分を含まない総生産台数は17,643台であった。 GSX1100SAE [ ] の最終限定車としてSBS店の要望で初期型SZカラー、星形キャストホイール という仕様で SBEとともに販売された。 国内販売前提の生産であったので左側通行のオーストラリア仕様で逆輸入されてシートベルトが標準で付いていた。 GSX1100SBE [ ] の最終限定車としてセイワモータースの要望で赤フレーム、赤シート、赤シートベルト、赤フェンダー、タンクのSUZUKI文字赤抜き、6本スポークキャストホイール という仕様で SAEとともに販売された。 国内販売前提の生産であったので左側通行のオーストラリア仕様で逆輸入されてシートベルトが標準で付いていた。 当時の円高とあいまって798,000円と1100刀史上最安値で販売された。 生産終了後から高い人気が出てプレミアムで中古車価格が高騰した。 GSX1100SM [ ] にスズキ創業70周年を記念し GSX1100SZの復刻モデル GSX1100SMが1,000台限定 で逆輸入販売され、一時はプレミアムがつくほどの人気になった。 タンクに専用のステッカーが張られ、純銀製のオーナメントが付属した。 SZの純然たる復刻ではなく、基本的に SAEと同等であるが細かい改良、仕様追加が行われている。 シートは、 SZ同様のバックスキン調で、シートベルトが付属した。 SMは、 SLに型式統合された。 SLとして通関された個体があることから、当初より継続生産が想定されていたのではないかと推察される。 GSX1100SL [ ] 70周年アニバーサリーモデル SMの人気を受けて、継続生産されたモデル。 ステッカーとオーナメントが付属しない以外は SMと同仕様である。 現在は廃番になっているもののステッカー自体はパーツリスト上の番号で発注すれば補修部品として入手が可能であったため、ショップが後から SLに貼り付けたり、ユーザー自身で購入し貼り付けることもあった。 1,000台限定であったのに実際には SLが継続販売されたことに SMオーナーから批判があったと言われている。 また、の生産台数が1445台 であることから SLの発売年度はと推察される。 GSX1100SSL [ ] 9月 SLに続き、外装を SEと同様とした赤銀カラーの SSLも継続生産された。 111PSを公称するフルパワーモデルの最終型となる。 国内正規販売車両である SRの登場まで、 SL、 SSLの少量継続生産は続いた。 50-19 後 4. 50-17 最高速度 乗車定員 2人 燃料タンク容量 20 L 25. リアサスのもリザーバタンク別体式となり 点火形式はガバナー式からデジタル式進角となるなど、細かなところで従来モデルとの差別化がなされた。 キャブレターについて、従来モデルでは4気筒ともメインジェット、エアジェットの番手は同じで、2番3番の負圧をやや低くして4気筒の同調レベルを合わせていた が、 SRからは2番3番のメインジェット、エアジェットの番手を若干下げること で合わせている。 左スイッチボックスの一体式スイッチ、ウインカーオートキャンセラーは廃止された。 ウインカーはプッシュキャンセル式となり、ディマ、パッシングスイッチは前後に分離された。 ヘッドライトは、の法令制定に先駆け、が採用されている。 タンク容量は、タンク下に前述のパワーアシストクラッチユニット装着のスペースを空けるため2リットル減り、20リットルとなった。 GSX1100SY [ ] 他の排気量が販売を終了しても1,100ccだけは長い間人気を維持し続けたが、エンジン設計が古いことから環境規制に対応することが困難と判断されたためにファイナルエディションとして1,100台が限定発売された。 その人気は高く、即時完売をもって販売を終了した。 ファイナルエディションとしての発売にあたり、各種の改良がなされた。 ホイールはデザインを従来と同一の星形としながら初めてチューブレスとなった。 シリアルナンバー「1100」の最終生産車は現在スズキ本社前のスズキ歴史館に所蔵・展示されている。 GSX1000Sカタナ [ ] 日本国外向け。 主にのレギュレーションに合致させるため GSX1100Sからボアダウンされたモデル。 キャブレターはミクニVM32SSであるが、北米仕様ではミクニBS34SSが標準装備となっている。 クランクシャフトは GSX1100Sと同じ組み立て式ボールベアリング構造で GSX750Sの一体式プレーンベアリング構造とは違う。 クランクケースも GSX1000Sではシリンダー後方にオイルプレッシャースイッチホルダーがあり、そこからオイルラインを取り出すことができる構造で、これは GSX1100Sと共通であるが、 GSX750Sではオイルフィルターカバーがホルダーを兼ねておりそこからしかオイルラインを取り出すことができない。 1,000台限定生産された。 フレームのパイプ肉厚は1. 2mm。 GSX1000SZ [ ] 発売。 GSX1000SD [ ] 発売。 GSX1100SDと同様のマイナーチェンジが行われた。 ただしカラーリングは横2本線のストライプのみとなっており GSX1100SDとは若干違う。 25H19 -4PR 後 4. 0mmで747cc 、圧縮比9. 車体は全長2,250mm 、全幅810mm 、全高1,105mm 、ホイールベース1,515mm。 乾燥重量222. 5kg。 当時の車両保安基準により極端な身体ポジションを有するとされた車両は型式認定を受けられなかったため 、認可を取るための苦肉の策として GSX1100Sのデザインとは異なる、バーが妙に高くグリップの位置が後方になるアップハンドルを装着して市販され 、「」と揶揄された。 特にハンドルについては、ほとんどの所有者が輸出仕様の1100cc用のハンドル部品を取り寄せて交換した が、当時はこの改造が違法改造とみなされ警察もこの改造を集中的に取り締まることが多く、この当時の取締りは「」と呼ばれていた。 カウリングは未だ認可されず、当初は「ヘッドライトケース」という名称であった。 フレームは形状こそ GSX1100Sと同じだがパイプ肉厚は1. 0mmになっている。 またエンジン右下中央のマウント位置が GSX1100Sに比べやや後方にずれ、クランクケースとクラッチの間に位置することから750ccエンジンである旨判別できる。 タイヤは前:3. 00-18。 スクリーンが認可されたのを受け1982年11月からスクリーンを装着し、これを GSX750SSとして区別する者もいる。 S2との合計で約17,600台が登録された。 750でも 1100同様に ウインカー、ディマ、パッシング一体式スイッチを採用している。 スクリーンは引き続き装備された。 ハンドルとシート形状も変更を受けた。 車体は全長2,210mm 、全幅830mm 、全高1,190mm 、ホイールベース1,515mm。 乾燥重量222kg。 S1との合計で約17,600台が登録された。 をもって GSX750S2の日本国内向け車両は一時的に全ての生産が終了されたが、一方で輸出仕様はGSX750SD(車体型式R701)が継続生産された。 その主な特徴はGSX1100Sと同様のアルミ鍛造セパレートハンドル、ピストンの中央部を盛上げるなどにより圧縮比を本来に戻してフルパワー化した点で、エンジン自体の色が黒のものも存在した。 三代目にして車名が正式に「GSX750Sカタナ」となる(以降、先代モデルと区別するため3型と表記)。 エンジンは前年に発売されたGSX750E(4型)で採用された、小型・軽量の新設計R703型エンジンをブラッシュアップして搭載。 当時のスズキ750ccに倣い5速ミッションではあるが、GSX-R750初期型 輸出仕様)の1速~5速と同じギヤ比となっている(GSX-R750は6速ミッション)。 車体はスチール製角パイプフレーム「L-BOX」にANDFを進化させたPDF機構付きフロントフォーク、リンク式モノサス「フルフローターサスペンション」を装備。 フロント16インチ・リヤ17インチホイールは先代モデルGSX750S2を踏襲するが、3型から正式にチューブレス対応となった。 全長2,190mm 、全幅760mm 、全高1,160mm 、ホイールベース1,510mm 、重量は212kg。 3型のデザインは、全てスズキ社内で行なわれた(先代までの国内規制に対応する形状変更もスズキ側での対応であり、当然の事ながらハンスムートはタッチしていない)。 日本刀をイメージしてデザインされた1100カタナと異なり、3型は航空機をイメージしてデザインされた。 そのデザインは、二輪車初採用となるリトラクタブル・ヘッドライトやカウルに埋め込まれたビルトインウインカー等により空力を意識した流麗なスタイルとなり、それまでの1100カタナの国内向けスケールダウンモデルとは違う独自性を持った750cc専用モデルとなった。 当時「ケルンの衝撃」とまで呼ばれたハンス・ムートによる1100カタナのデザインのインパクトは凄まじく、市販されたGSX1100Sカタナは世界最速(当時)というパフォーマンスも相まって世界中で大ヒット。 それは同時に「カタナ=ハンス・ムートがデザインした『あの形状』のバイク」という強烈なイメージの刷り込みとなり、熱烈なファンを獲得すると共に販売が低迷しようが性能が陳腐化しようがフルモデルチェンジできないという呪縛さえも生むことになった。 3型は、そんな1100カタナが爆発的に売れている最中に発売された、初の「カタナという名前を持つ『あの形状』ではないバイク」となり、「ケルンの衝撃」をリアルタイムで真正面から受けていた国内外のユーザーから主にデザイン面で「これはカタナではない」「ニセモノ」「デザインギャング」等の酷評を受けることになる。 そのため、飛躍的に向上した走行性能にはあまり注目される事が無くセールスは低迷。 登録台数約4,700台に留まり、翌年(1985年)4型へとマイナーチェンジされる。 その後、スズキのイメージ戦略として「カタナという名前を持つ『あの形状』ではないバイク」がいろんな排気量・デザインで多数発表・発売される事になる。 最終的にはスズキ自らの手により1100カタナのデザインをそのまま縮小した中型クラスのGSX250Sカタナ・GSX400Sカタナまでラインナップされる事になるが、3型・4型のデザインを踏襲したものは発売されていない。 発売から数十年が経過した現在では、何者にも似ていない唯一無二のデザインやその独自性・希少性が評価され人気が高くなっている。 とりわけ「ケルンの衝撃」をリアルタイムで受けていない、若い世代のユーザーからの人気が高い。 基本的な車体構成・スペック・運動性能は3型と同じ(以降4型と表記する)。 フレームの塗装色がシルバーに変更され、外装はコロネット・シルバーメタリック/ブラックのツートンと、3型同様のパールホワイト/ブラックのツートンの2種類がラインナップ。 サイド部にストライプが追加されているのが特徴。 4型専用装備として、メーターボックス内に燃料計を装備。 ヘッドライトの点灯の仕方が変更されている(3型はライトユニットがポップアップしてからヘッドライト点灯。 4型はヘッドライトが先に点灯してからライトユニットがポップアップする)。 ユーザーの目は同時に発売された初代GSX-R750に集中していた為、生産台数・販売台数共に少なく現存車両も少ない。 資料によっては無視されてしまう場合がある。 GSX400Sカタナ [ ] 1992年4月発売。 前年発売された GSX250SSカタナと同様初代 GSX1100Sカタナを忠実に模した 398cc 水冷モデル。 1982年に発売されたとは内容もデザインも関連性のない別車種である。 、ドイツのケルンで開催されたインターモト()2018で発表された。 発売に先駆け、2019年5月1日には「」とコラボレーションした「 スイフトスポーツカタナ」が発表された。 脚注 [ ] [] 注釈• 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'85』p. 320は70mmとするが、3. 990206... であり、排気量が1,016ccになってしまい計算が合わないため誤植と考えられる。 仕向地によると思われるがVM32SSも少数確認されている• リヤホイールには従来はチューブタイヤが用いられていたが元々チューブレス対応でチューブレスバルブを追加装着し色のみブラック化、フロントホイールが新設計となった• きちんと整備されていれば従来のブレーキでも充分な制動力はある。 従来モデルでは、社外マフラーの装着のためステップフレームを切断する者が多かった。 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'89』p. 191のGSX750S1写真説明、p. 194スペック欄価格の後にそれぞれ「'81年2月」との記述があるが、他の出典は一致して1982年1月としており、またp. 194には「GSX1100Sの約1年後」との記述も見られることから誤植と思われる。 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'89』p. 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'89』p. 195スペック表は6. 『日本二輪車大辞典1947-2007』p. 66は223kgとする。 なお現在は時の構造変更申請により合法的に改造できる。 書類に同封されてはいた。 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'89』p. ただし媒体によっては、スズキ公式も含めて、SSではなく「S」の表記も見られる。 190。 195。 134。 『ハイパーバイクVol. 21 SUZUKI KATANA』 p. 159• 『ハイパーバイクVol. 21 SUZUKI KATANA』 p. 144特別寄稿一部抜粋• 320-321。 194。 11-2• 11-3• 『バイカーズステーション2003年6月号』p. 『GSX1100service manual英版』p. 11-45• 191。 『SUZUKI OWNER'S MANUAL GSX1100S』p. 21 SUZUKI KATANA』 p. 『1990年3月パーツカタログ(9900B-70028-010)』p. 『バイカーズステーション2003年6月号』p. 1-6• 1-7• 『バイカーズステーション2003年6月号』p. 『GSX1100service manual』p. 2-12• 『サービスマニュアルGSX1100S KATANA』p. 5-3• 2-14• 『ハイパーバイクVol. 21 SUZUKI KATANA』 p. 67 p. 316-317。 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'86』p. (2004年9月8日時点の)• (2004年5月28日時点のアーカイブ)• (2004年9月8日時点のアーカイブ)• (2004年5月28日時点のアーカイブ)• (2004年9月8日時点のアーカイブ)• (2004年10月30日時点のアーカイブ)• (2004年6月20日時点のアーカイブ)• (2004年6月20日時点のアーカイブ)• Response. 2019年6月7日閲覧。 GLOBAL SUZUKI. 2019年2月13日閲覧。 ヤングマシン. 2019年2月13日閲覧。 carview. 2019年5月16日. 2019年6月8日閲覧。 参考文献 [ ]• 『伝説のバイクKATANAとNinja』 編集:ライダースクラブ編集部 〈エイ文庫〉• 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'85』• 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'86』• 『オートバイ 年鑑世界のオートバイ'89』• 『SUZUKI PARTS CATALOGUE GSX1100S 3RD EDITION』 9月 9900B-70028-011• 『80's goods manual』 2002年• 『SUZUKI PARTS CATALOGUE GSX1100S』 3月 9900B-70028-010• 『ハイパーバイクVol. 21 SUZUKI KATANA』• 月刊『オートバイ』2007年5月号別冊付録『日本二輪車大辞典1947-2007』• 『SUZUKI GSX1100 SERVICE MANUAL』 99500-39013-01E• 『SUZUKI サービスマニュアル GSX1100S KATANA』 3月 40-25750• 『SUZUKI OWNER'S MANUAL GSX1100S』1月 99011-08C50-01A 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 カタナを彷彿させるデザインの。 製作のテレビドラマ。 演じる鳩村英次の愛車として登場。 終盤ではオリジナルカスタム仕様の「カタナ-R」に乗り換えている。 の初連載作。 主人公の初期ライバルが750Sカタナを愛車としている。 による作品。 バイク乗りの群像劇を描いた作品。 による作品。 スズキ・カタナに乗った鎧武者風のライダースーツ姿のキャラクター「サムライダー」がとして登場する作品。 カタナのファンで401cc以上の大型カタナに乗るためだけに大型自動二輪免許を取得したほか、作中の背景に度々登場させたり、単行本の裏表紙に自己所有の車両を載せている。 1100cc、750cc、400cc、250ccのカタナを所有している。 による作品。 主人公である、仮面ライダーZXこと村雨良が変身前の愛車に3型カタナを使用している。 による漫画作品。 登場人物の鈴乃木 凛(すずのき りん)がスズキ・GSX400Sカタナを愛車としている。 父親の鈴乃木 刃(すずのき じん)は凛に400カタナを譲りヨシムラが1100カタナファイナルエディションをベースに5台だけ限定生産したKATANA1135Rに乗っている。 バイクからに変形する主役メカ「モスピーダ」のバイク形態のデザインモチーフ元になっている。 外部リンク [ ]•

次の

スズキ カタナ/GSX

スズキ カタナ 750

505位 4. 4点 評価人数:8人 台 13件 176人 1件 車輌プロフィール 750cc以上のモデルの販売が日本国内で解禁されるのは、1990年のこと。 GSX1100Sカタナが登場した1981年の時点では、750cc以下に制限されていたことから、日本国内向けにGSX750Sカタナが登場した(1982年2月・GSX750S1として)。 いわゆる「ナナハンカタナ」である。 しかしながら、当時の日本では、GSX1100Sカタナのスタイルのままでは認可が受けられず、「スクリーンなし」「アップハンドル」という、これじゃない感いっぱいのスタイルでの登場だった。 その年の7月にはカウル認可が下りてスクリーンが追加されたものの、アップハンドルは継続。 1983年にはホイールサイズが変更された(S2)。 1984年には、「サンガタ」と呼ばれたGSX750S3が登場し、このモデルからスズキ社内によるデザインとなった。 3型の特徴は、リトラクタブルヘッドライトが採用されていたこと。 ヘッドライトスイッチONでクルッとライトが現れた。 なお、1998年からは、二輪車のヘッドライト常時点灯義務が実施されているので、リトラクタブル式が今後発売されることはない。 翌1985年のS4をもって、GSX750Sカタナ(750カタナ)は終了した。 タイプグレード名 GSX750S KATANA 型式 GR72A 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2190 全幅 mm 760 全高 mm 1160 ホイールベース mm 1510 最低地上高(mm) 150 車両重量 kg 236 乗車定員(名) 2 原動機型式 R703 原動機種類 4ストローク 気筒数 4 シリンダ配列 並列(直列) 冷却方式 油冷 排気量 cc 747 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 67 行程(ピストンストローク) mm 53 圧縮比(:1) 9. 6 最高出力(PS) 77 最高出力回転数(rpm) 9000 最大トルク(kgf・m) 6. 0 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・5段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 1. 895 変速比 1速 3. 15 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 2. 5 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前) 2. 00 タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後) 2.

次の