米倉 涼子 覚醒剤。 米倉涼子にダンサーとの再婚の噂 知人は「100%考えていません」

覚醒剤はこわいねどうよ

米倉 涼子 覚醒剤

今月に入り、突然流れた米倉涼子の離婚報道。 中でも読者に驚きをもたらしたのが、現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号だ。 米倉が離婚を決断した理由について、その原因は夫のモラハラとDVにあると報じたのである。 夫は米倉に門限を強要し、米倉もそれに従っていた。 時には5時間も床に正座させ、説教する。 人前で人格否定のような罵詈雑言をはく。 また昨年の入籍5日後の都内カウントダウンパーティーに夫婦揃って出席した際、夫は酔って怒り出し、米倉の頭を叩き、最後には首まで絞めて、ひとりで怒って帰ってしまったという。 まさに暴力とモラハラがセットになった典型例。 もちろん夫側を貶めるためのネガティブキャンペーンで多少オーバーになっている可能性もあるが、しかしだとしても、超大物女優、男前でじゃじゃ馬的なイメージがある米倉が、ここまで男に服従し、支配されてしまうというのは、かなり意外に映る。 だが「週刊文春」はこう書いている。 「彼女はテレビのイメージでは捌けた性格で"女王様"みたいに見えるかもしれないけど、実際はむしろ『M』気質」 「もともと彼女は何か言われたら、『ごめんなさい』と跪いてしまうタイプ」 実はこの米倉の「M気質」というのは、15年前の女優デビュー当初から一部マスコミで指摘されていたことだった。 しかもトンデモない男遍歴と一緒に。 それまでモデルとして活躍していた米倉が「女優宣言」したのは1999年だが、その翌年の写真週刊誌『フライデー』(講談社)2000年9月8日号にはこんな米倉の初スキャンダルが報じられた。 「新進女優に衝撃の初スキャンダル 米倉涼子は『覚せい剤オトコ』と不倫・半同棲していた!」 なんとも衝撃的なタイトルだが、その内容もセンセーショナルなものだった。 米倉が20歳前後だった1997年頃、レストラン経営者で広域暴力団とも深いつながりがある男性Aと不倫・半同棲していた。 しかも、この報道当時、Aは覚せい剤使用及び所持で逮捕され、服役中。 さらに交際相手だった米倉本人も警察の取り調べを受けたが、結果はシロだったというものだ。 この報道を受け、マスコミ各社は一斉に米倉の男性関係など周辺取材を開始したのだが、そこにあるキーマンが登場する。 それは逮捕されたこの不倫相手Aの元側近で、米倉との同棲生活を身近で見てきたという人物だった。 元側近は「女性セブン」(小学館)など、複数の週刊誌の取材を受け、その赤裸々な同棲生活の内実を告白したのだが、それがまさに2人のSM的な関係を暴露するものだったというのだ。 「この側近は、Aのプライベートも手伝わされていて、米倉との関係もかなり深く知っていた。 その証言は、たんに米倉が精神的に服従していたというだけでなく、実際にSMプレイをしていたことを告白する衝撃的なものでした。 記事になれば絶対に話題になったと思うのですが、なぜか記事にならなかった。 おそらく、所属プロのオスカーがかなり強硬に圧力をかけてきて掲載できなかったんじゃないか、といわれています」(芸能ライター) しかし、そんななか、一誌だけこの元側近の証言を掲載した雑誌があった。 当時、怖いもの知らずで鳴らし、政治、経済から、芸能まで、大手マスコミが潰されたスキャンダルを暴きまくっていた月刊誌「噂の真相」(休刊)だ。 同誌は2001年4月号で、米倉らのSM的な関係を告白する元側近の証言を掲載している。 その告白によると、当時、ビールメーカーのキャンペーンガールをしていた米倉は、A(記事では別のイニシャル)が経営していたレストランバーで出会い、ほどなくAが借りた東京・中目黒のマンションで同棲生活を始めたという。 元側近も、米倉とちょくちょく顔をあわせるようになるが、そんななか、こんなシーンに出くわしたそうだ。 「ある日の夜中、Aと涼子さんが中目黒の部屋にいる時に"書類を持ってきてくれ"といった電話がかかってきたんです。 私はマンションの前に停めた車で待機してたので言われた通りに部屋に上がると、入って右手側にあるベッドルームのドアが開いていた。 何気なくのぞいてみたら、そこではベッドの脇で仁王立ちになっているAの前に涼子さんがひざまずき、下着のような姿でAの股間に顔をうずめていたんですよ」 なんでもAは自分たちの行為を側近らにみせつける"趣味"があったようなのだが、米倉は当時、Aにベタ惚れで、言いなり。 そのプレイにもつきあわされていたということらしい。 さらにこの元側近は、Aが大人のオモチャも大好きで、マンションに本格的SM道具を持ち込んでいた、と証言している。 「ほとんど毎日、Aから、その日は何を買うか指示があるんで、あらゆる種類のオモチャを買いました。 ローターやバイブは当然、ロープやムチ、妙なものが付いた皮パンツまでね......。 (中略)彼の車のトランクにはオモチャが山のように入ったボストンバッグや紙袋が積んであり、その袋を持って中目黒の部屋に入っていましたから。 リアルタイムで自分たちの映像が写る特注のゴーグルなんてものも持っていて、自分たちの行為をそれで見ていたこともあったらしい」 記事にはAの覚せい剤使用についての告白もある。 ある時期から覚せい剤使用のためかAは頬がげっそりしガリガリに痩せていったというが、その当時も、米倉はまだAとつきあっていたという。 「ある時に例によってAに呼ばれて中目黒の部屋に行くと、部屋のテーブルの上の皿に、透明の結晶がガバッと山盛りであったんだ。 (中略)その頃の彼女はもう、モデルのどころか、部屋でAを待っているかホテルを探し歩くかだけといった状態で、どう見ても普通でなかった...... 」 かなり古い報道で、この元側近に今はもう連絡がとれないため、記事の中身は真偽の確認ができないし、とくに覚せい剤については、前途の「フライデー」にもあったように、米倉は手を出していなかったという説が有力だ。 しかし、「フライデー」の報道や他の週刊誌の動きとあわせて考えると、少なくとも、米倉が一時期、アブナイ男にハマっていたのは間違いないだろう。 しかも、このM気質は芸能界で活躍してスターになり、周りに女王様扱いされるようになってからも、あまり変わっていないらしい。 米倉はその後、市川海老蔵を筆頭に、サッカーの中田浩二、元男闘呼組の岡本健一と、さまざまな相手と浮き名を流したが、なかには"オレ様""S的"な男も少なくなかった。 そして、十数年後に結婚した相手もやはり、同じようなタイプだったということなのだろうか。 「夫について"モラハラ"などの表現でネガティブに語られていますが、むしろ、今でも米倉は夫のそういう"オレ様"的なところは嫌いでないようです。 夫に直接説得されたら元に戻ってしまうのではないか、と事務所は心配しています」(週刊誌関係者) 女王様然とした外での強気な言動と、男にひきずられてしまう内側の顔。 ただ、こういう相反する部分を併せ持っているのはいい大女優に共通する特徴でもある。 犯罪を犯すような男と関わるのは問題だが、そうでないなら、むしろこの"趣味"は女優業にプラスになる部分もあるわけで、周りも過剰な干渉はせず、もう少し暖かく見守ってみてもいいかもしれない。 (時田章広) あわせて読みたい•

次の

覚醒剤はこわいねどうよ

米倉 涼子 覚醒剤

女王様イメージの強い米倉涼子も実はM? 今月に入り、突然流れた米倉涼子の離婚報道。 中でも読者に驚きをもたらしたのが、現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号だ。 米倉が離婚を決断した理由について、その原因は夫のモラハラとDVにあると報じたのである。 夫は米倉に門限を強要し、米倉もそれに従っていた。 時には5時間も床に正座させ、説教する。 人前で人格否定のような罵詈雑言をはく。 また昨年の入籍5日後の都内カウントダウンパーティーに夫婦揃って出席した際、夫は酔って怒り出し、米倉の頭を叩き、最後には首まで絞めて、ひとりで怒って帰ってしまったという。 まさに暴力とモラハラがセットになった典型例。 もちろん夫側を貶めるためのネガティブキャンペーンで多少オーバーになっている可能性もあるが、しかしだとしても、超大物女優、男前でじゃじゃ馬的なイメージがある米倉が、ここまで男に服従し、支配されてしまうというのは、かなり意外に映る。 だが「週刊文春」はこう書いている。 しかもトンデモない男遍歴と一緒に。 それまでモデルとして活躍していた米倉が「女優宣言」したのは1999年だが、その翌年の写真週刊誌『フライデー』(講談社)2000年9月8日号にはこんな米倉の初スキャンダルが報じられた。 「新進女優に衝撃の初スキャンダル 米倉涼子は『覚せい剤オトコ』と不倫・半同棲していた!」 なんとも衝撃的なタイトルだが、その内容もセンセーショナルなものだった。 米倉が20歳前後だった1997年頃、レストラン経営者で広域暴力団とも深いつながりがある男性Aと不倫・半同棲していた。 しかも、この報道当時、Aは覚せい剤使用及び所持で逮捕され、服役中。 さらに交際相手だった米倉本人も警察の取り調べを受けたが、結果はシロだったというものだ。 この報道を受け、マスコミ各社は一斉に米倉の男性関係など周辺取材を開始したのだが、そこにあるキーマンが登場する。 それは逮捕されたこの不倫相手Aの元側近で、米倉との同棲生活を身近で見てきたという人物だった。

次の

離婚騒動で指摘される米倉涼子の「M気質」は本物? (2015年4月14日)

米倉 涼子 覚醒剤

女優・真矢ミキは今年4月期、石原さとみ主演の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)に出演。 新型コロナウィルスの感染拡大により放送開始が延期となっているものの、石原の上司役を好演していると話題だ。 夏にはミュージカル出演が控えるなど、昨秋、約4年半にわたって出演していた情報番組「ビビット」(TBS系)が終了して以降、本職である女優としての活躍の場を広げている。 そればかりか、現在の真矢はそれ以上の重責を担っているというのである。 スポーツ紙の芸能デスクは語る。 「真矢が15年から所属する事務所『オスカープロモーション』は近年、大量の社員が辞める騒動がありましたが、ここに来て看板女優の米倉涼子をはじめ、忽那汐里、岡田結実、ヨンアなど所属タレントの退社も相次いでいる。 そうした中、人気、実力はもちろん、性格もよく、努力家として知られる真矢には、救世主として事務所の期待が大きくなっているんです」 要は、女優にとどまらずバラエティや情報番組にも対応できるバイプレイヤーと目されていた真矢が、事務所の完全な中核に躍り出たというわけだ。 そもそも好感度は高く、「KOSE」「パナソニック」「ライオン」など、長きにわたって数多くのCMに引っ張りだこである。 とはいえ、米倉の穴を埋めるほどの活躍を課せられるという見方には違和感を覚える向きもあるかもしれない。 「いや、真矢の魅力は何といっても振り幅の広さです。 役柄で言えば、母親役から、クラブのママ、デキる上司など演じられる役の幅がとにかく広い。 そのベースは宝塚時代ですよ。 古い慣習を打ち破り新たなスター像を確立したことから『ヅカの革命児』と呼ばれた。 現在のイメージ以上に、宝塚出身で言えば、彼女は黒木瞳や天海祐希を凌ぐ大女優なんです」(前出・スポーツ紙デスク) 真矢が大女優として覚醒する機運が高まる軌跡を4月21日発売の週刊アサヒ芸能4月30日号で詳細にレポートしている。

次の