山崎 ウイスキー。 サントリーのウイスキー「響」「山崎」「白州」「知多」の魅力を語る!それぞれの特徴や違いも徹底解説

山崎 (ウイスキー)とは

山崎 ウイスキー

香味:ミズナラ樽特有の赤みの濃く深い琥珀色。 香木の伽羅を思わせる芳香や、よく熟した果物のような甘やかでかつ豊かな熟成香が酸郁と広がります。 口当たりは、力強く円やか。 絹のように滑らかなコク。 ごくかすかな燻煙香とともに甘く濃厚な余韻がつづきます。 ボトル:「山崎」の瓶型を踏襲した豪華なクリスタルボトルに、サンドブラスト筆文字「山崎」を彫り込み、口部を和紙で包みました。 木箱:オーク材による特製木箱。 万が一在庫切れの場合は取り寄せで1週間程度かかる場合がございます。 注意 飲酒は20歳になってから。 飲酒運転は法律では禁止されています。 妊娠中や授乳中の飲酒は胎児、乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。 【クレジット決済・銀行振り込み決済に対応】 【代引き決済不可】 価格 998,000円 価格 2,480,000円 価格 11,000円 価格 499,000円 価格 12,940円 価格 1,780,000円 価格 550,000円 価格 890,000円 価格 528,000円 価格 978,000円 価格 9,180,000円 価格 99,000円 価格 3,980,000円 価格 465,000円 価格 7,950,000円 価格 4,980,000円 価格 558,000円 価格 1,100,000円 価格 1,380,000円 価格 1,828,000円 価格 965,555円 価格 438,900円 価格 3,300,000円 価格 699,000円 価格 1,180,000円 価格 635,800円 価格 866,800円 価格 840,000円 価格 1,493,800円 価格 1,100,000円 価格 1,017,500円 価格 1,748,000円 価格 6,030円 価格 128,000円 価格 13,200円 価格 289,000円.

次の

【楽天市場】サントリーシングルモルトウイスキー山崎50年57%700ml【SUNTORY SINGLE MALT WHISKY YAMAZAKI AGED 50 YEARS】【クレジット決済/銀行振り込み決済に対応】【代引き決済不可】:酒のスーパー足軽 楽天市場店

山崎 ウイスキー

『』CM ナレーションは、中尾彬さん 『』といえば、の代表的なとして今や好きのみならずが好きな方や飲まない方でもテレビCMなどでご存じの方も非常に多いのではないでしょうか?のトップでありながら、の象徴ともいえるぐらいに世界中でも認知された『』。 今回は、そんな好きを魅了し虜にする『』についてその起源から蒸留所のや全ラインナップと味や香り、おすすめのなどこれから飲まれる方も楽しめる『』に特化した情報をご紹介したいと思います。 かなり長い記事となっておりますので、事前に目次から目当ての情報をご覧頂くことをおススメいたします。 それではどうぞ、『』のにお付き合いください。 サントリーウイスキー『山崎』とは? 『』は、の中でもが古く。 日本のの誕生とも言えるほどで、『』のは日本のと考えて頂いて間違いありません。 それぐらいがあるなのです。 もうすぐで100年なりますが。 遡ること1923年に誕生した日本、そして初の蒸留所として誕生した『蒸溜所』。 そんな、『蒸溜所』のモルトだけでつくられた が『』です。 このあとに『』、および『蒸溜所』の詳しいや発祥の地については改めてお写真付きで詳しくご紹介したいと思います。 シングルモルトウイスキーって何? は、1つの蒸溜所から作られたモルトをボトリングしたを言います。 モルトは、 大麦麦芽のことです。 モルトの製造などは、後述の『』の製造でご紹介しますが。 のは、何といっても混じりっけなしの蒸溜所のを堪能できる点にあります。 は、以外にたくさんの種類がありますが。 これとは真逆の、 『ブレンデッド』 と言っていろんなをブレンドして香りや味など飲みやすさを調整したものがありますが。 初心者には、飲みやすく感じても愛好家にとっては物足りないという感想を持たれる方もいらっしゃいます。 そういった点から、は一度ハマるとや地酒のようにそこでしか味わえない唯一無二の香りと味ですので浮気ができない。 ほかのが飲めないぐらい魅了されてしまうというある意味でメリットでありデメリットがあります。 さあここまで読んで頂くと、『』がどういったところで生まれ。 そして、作られているのか気になってきた方も多いかもしれません。 それでは発祥の地であり、今でも毎日が誕生している『蒸溜所』についてご紹介したいと思います。 もうすぐ100周年を迎えますが。 この蒸留所こそ、日本のそして日本の洋酒文化の原点・起源ともいえます。 詳しくは、のちほど『』のでご紹介したいと思います。 それでは、蒸留所のご紹介をしていきます。 サントリーウイスキー『山崎』 発祥の地 大阪府三島郡島本町について 『』が誕生した大阪府三島郡島本町は、京となにわが出会うまちと町のホームページにあるように大阪市北部の北摂三島地域に含まれ、京都府乙訓郡大町との府境にあります。 そして、この島本町は創業者の鳥羽宇一郎氏がづくりに最適だと確信したように町の約7割が山岳丘陵地で緑豊かで豊富な水源という素晴らしい環境を持っています。 人口約3万人の島本町は、平成29年に当時弱冠33歳の山田 紘平 (やまだ こうへい)町長が就任されており。 町長自身も好きを公言されており町総出で『』推しのようです。 島田町長 公式 Twitter: 『美味しい「離宮の水(りきゅうのみず)」』が山崎蒸溜所を設立した一番の理由 蒸溜所がある島本町は、環境省認定の「名水百選」にも選ばれるなど豊富な水源とその高い水質に飲み水としても大変美味しい「離宮の水(りきゅうのみず)」があるという点がまさしく蒸溜所を建設する創設地に選ばれた理由なのです。 大阪府で唯一、環境庁(現・環境省)選定の「全国名水百選」に選ばれた水というだけあって近隣住民のかたはもちろん京都府や大阪の遠方からも多くの方がこの水を求めにくるほどで島本町では保存会の方々がこの離宮の水を守る活動をしておられ維持されています。 suntory. そのは明治時代まで遡ります。 1899年(明治32年):大阪市に葡萄酒の製造販売の会社として鳥井商店を創立 1899年(明治32年)、鳥井信治郎により大阪市に葡萄酒の製造の会社として創立したのが鳥井商です。 その後鳥井商を母体として株式会社壽屋が設立されました。 創業者の鳥井信治郎は壽屋において本格的なづくりを目指し蒸溜所を設立することを決意しました。 1923年:竹鶴正孝を責任者とし蒸溜所の候補地探しを開始 1923年にの本場であるスコットランドで製造を学んできた政孝を蒸溜所の責任者として採用し造りに適した候補地探しを開始しました。 政孝はスコットランドの風土や気候が似ていることから好適地は北海道であると考えました。 しかし社長の鳥井信治郎は、消費者の人たちに将来工場見学などをしてもらうことも考えていたことと立地的に輸送コストがかかることから北海道よりも本社のある大阪周辺の交通の便のいい土地でさらに空気と水がいい場所をと命じたのでした。 いくつかの候補の中から京都の南西、天王山の麓で「水生野」(みなせの)と呼ばれる名水の地であり、宇治川、木津川、桂川という川が合流し、その豊富な水から湿度が高く朝方には周囲に霧が立ち込めるというづくりに適している環境を有したが選ばれたのでした。 1924年11月11日:山崎蒸溜所完成 仮称、壽屋スコッチウヰスキー醸造工場として政孝により準備が始められ本番スコットランドにも負けない工場を目指しました。 名前は地名を取って「蒸溜所」としました。 づくりに欠かせない蒸溜釜は、大阪の鉄工所で製作され、重さ約2トン、直径約3. 4m、高さ約5. 1m、の大きな蒸溜釜は蒸気船によって淀川をさかのぼり、川から陸揚げし何時間もかけて運んだということです。 約1年をかけて建設は進み、1924年11月11日に工場は完成し、始めて蒸留釡に火が入ったのです。 山崎蒸留所の工場見学 蒸溜所には無料の館の見学と有料の蒸溜所ツアーがあります。 案内スタッフの説明を聞きながら、蒸溜所でのの製造工程の見学だけでなく「」の構成のテイスティングも楽しめます。 ではどういった工場見学ができるか紹介しましょう。 まず最初はモルトがどのようにしてできるかをミニチュア模型の展示で学びます。 発酵槽、蒸溜釜、貯蔵庫に並ぶ樽などそれぞれの模型によって、全体の流れや、をどうやってつくり分けているかを蒸溜所ならではのこだわりについて説明を聞くことができます。 ここでざっくりとづくりってこうなんだということがわかります。 引用元: 次に実際に作られている工場を見学します。 ここでは発酵・蒸留・貯蔵の現場を見ることができます。 工場内では、大麦麦芽にこの地の名水を加えることでできる甘い麦汁をつくる仕込工程などを見ることができます。 種類の異なる蒸留器や蒸留されたを多彩な貯蔵樽を使い分けて熟成させることで樽ごとの味ができることについて説明を聞くこともできます。 引用元: 蒸留では、まるで蒸気機関車みたいといった感想もあり、蒸留器の大きさに圧倒されるという人が多いようです。 1回目の蒸溜(初溜)でできるアルコール度数は約21パーセントです。 そして2回目の蒸溜(再溜)でアルコール度数は約70パーセントまで上昇してができます。 このをニューポットといいます。 そして次に、貯蔵庫内に案内されます。 ここではの香りがプンプンと満ちていることが参加者の多くが持つ印象です。 この貯蔵庫ではならではの、シェリー樽、樽、パンチョン、、バーボンバレルの6つの樽があり、それぞれの樽由来の香りや味わいについて説明を聞くことができます。 最後に、蒸溜所だからできる「」の構成などをテイスティングします。 樽に貯蔵することで樽香がに移り熟成によってより色が濃く味わいが深くなることや蒸留直後のニューポットも実際に味わって知ることができます。 試飲によってこの味とこの味がブレンドされて「」ができるということをより具体的に体感できます。 オーディオガイド:製造工程を音声でご案内するオーディオガイドアプリ(無料)があります。 (英語訳・中国語訳・フランス語訳)来場前にスマートフォンへインストールをしておきましょう。 山崎蒸溜所の工場見学は予約なしでいけるか? 工場見学をするためにはインターネットの予約サイトまたは直接電話による事前予約が必要ですが、日にちによってはキャンセルや予約状況に空きがあれば当日でも参加できる場合があります。 事前に電話で問い合わせてみましょう。 予約受付電話番号 075-962-1423• 上記は予約サイトの一例ですが2カ月先あたりだと空いていることが多いようです。 山崎蒸溜所 山崎ウイスキー館• 蒸溜所には館という日本のの展示やオリジナルグッズ等のを行うショップ、のテイスティング(有料)ができるカウンターがあります。 予約なしの場合、場内混雑時には入場できない場合があります。 事前に予約をしましょう。 また、ツアーをお申し込みの場合は予約は不要です。 日本のウイスキーの歩み展示 館の1階入り口を入るとそこは日本のウイスキがわかる展示スペースになっています。 の創業期のを様々な展示品で体感できます。 創始者の鳥井信治郎が美味しい味をつくり上げるためにのブレンドを繰り返していた時に愛用した実際のテーブルや、初の本格国産「白札」発売初期のなどが置かれているだけでなく、 当時の映像資料や写真などで日本のがわかる資料スペースです。 順路としては一度ここから2階スペースに上がるようになっています。 蒸溜所でのづくりのこだわりだけでなく、 「」の誕生秘話などが良くわかるようになっています。 引用元: ウイスキー・ライブラリー 引用元: 壁一面両サイドに蒸溜所で作られてきた歴代のを中心にが数千本展示されています。 展示空間にはかつて実際に使われていたポットスティルや発酵槽などが置かれており実際に中に入ることもでき触れることもできます。 ここに立つとの原点が垣間見られます。 テイスティングカウンター(有料)• 蒸溜所で作られたはもちろんのこと世界中のなどがリーズナブルなで楽しめます。 を作るにあたってブレンドする前の樽ごとの構成もありますのでそれぞれの味の違いを味わえるのがマニアにはたまりません。 個性の異なるを飲み比べることでの奥深さを再確認できます。 また普段なかなか飲めない年代物のもここで飲むことができます。 引用元: 蒸溜所内の館にはYAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOPがあります。 蒸溜所でしか手に入らないやマニアにはのオリジナルグラスや携帯用のスキットル・フラスコがされています。 また、に合う蒸溜所オリジナルのおつまみなども限定発売中です。 樽材で作られたボールペンなどはお土産としてです。 営業時間 10:00~16:45 山崎蒸溜所のおすすめお土産と一覧まとめ 2019年最新版 蒸溜所にあるYAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOPにはどれも欲しくなるお土産がたくさんあります。 オリジナルのグッズやおつまみなど種類は多彩です。 中にはここにきたら絶対購入したいオリジナルのもあります。 ここでいくつか商品を紹介しましょう。 製造工程が描かれた、「オリジナルピュアチョコレート」(980円)は可愛らしくてお土産としては手軽でです。 イラストは全12種類です。 「・ハイボールタンブラー(ステンレス)」(1,944円)はここだけの限定商品です。 グラス類としてはオリジナルテイスティンググラスやショットグラスなどもあります。 サントリー山崎蒸留所限定 シングルモルト ウイスキーがおすすめ YAMAZAKI DISTILLERY GIFT SHOPにはここでしか手に入らない限定商品がずらりとありますが、行ったからには必ず購入すべき商品は、蒸留所限定(300ml・1,440円)です。 見た目も可愛らしいに入っておりそれぞれにシリアルナンバーも刻まれています。 蒸溜所ならではの特別ブレンドであるために市場にある「」と比べると色も浅くあっさりした喉越しのいい味わいです。 残念なことに生産量が限られていることもあって購入はお一人様1本となっています。 また、切れという場合もあるようです。 市場ではが付きで売買されています。 ちなみにamazonでのは4,900円でされていました。 サントリー山崎蒸留所に行った際のランチは? 蒸溜所では食事ができません。 見学時間までの待ち時間でいける近隣のおすすめランチを紹介いたします。 かぎ卯(かぎう)うどん・定食 大正元年創業の老舗うどん屋さんです。 谷崎潤一郎の小説「蘆刈」に登場します。 主人公がから橋本まで渡し舟を待つ間にと狐うどんを食べるシーンがあります。 蒸溜所見学の待ち時間に立ち寄りたいうどんの名です。 雰囲気も良く落ち着いて食事ができます。 本日のランチ850円がです。 1899年:サントリー創業者の鳥井信治郎 「鳥井商店」開業 のの原点は、1899年創業者の鳥井信治郎が「日本人の味覚に合った洋酒をつくり、日本の洋酒文化を切り開きたい」という信念のもとに大阪市にぶどう酒の製造を行う「鳥井商」の開業に始まります。 1907年:甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」を発売 1907年には甘味葡萄酒「赤玉ポート」を発売し、本格的な洋酒づくりを目指しました。 その後、日本人の味覚に合った本格的づくりをしようと蒸溜所建設を決めました。 1923年: 蒸溜所の候補地を山崎に決める 1923年、鳥井信治郎は「良いは良い水が生み、よい熟成は良い自然環境なしにはあり得ない」と日本的な風土にこだわった蒸溜所に適した地を求め日本全国の候補地を巡り、たどり着いたのが京都の南に位置するでした。 は古の時代から竹林から湧き出る名水の里として広く知られ千利休が侍庵という茶室を設けたことでも有名な土地です。 の水は硬度94度という軟水の中でも硬度が高いことから重厚感のあるモルトに仕上がるものでした。 このの地に日本初の蒸溜所「蒸溜所」が誕生しました。 1929年:最初に作られたジャパニーズウイスキーが「サントリーウイスキー白札」 1929年、最初に作られたが「白札」でした。 しかし当時はまだ日本人には共感を得られませんでした。 試行錯誤の結果、1937年には日本人の繊細な味覚に合った本格国産の「角」が誕生し、豊かな香味で多くの人たちにとなりました。 ここに初めての金字塔が生まれました。 シングルモルトウイスキー「山崎12年」の誕生 1980年代「角」の成功により数種類の異なるモルトを混ぜ合わせてつくられるブレンデッドが主流の中、2代目のマスターブレンダーであった佐治敬三が「日本を代表するをつくりたい」とその製造に着手しました。 当時は同じ蒸溜所だけで生まれただけを組み合わせて作られるは本物の愛好家だけに親しまれたものでした。 は蒸溜所ごとの持つ気候風土や水だけでなく、そのつくり手たちのこだわりが反映されるものです。 敬三は将来の本格的な日本ののあり方を考えて、これからは価値観が多様化する時代だからこそ個性の強いが求められるはずだと革新的なづくりに挑戦しました。 山崎蒸溜所で生まれる原酒• は多彩につくり分けられた多くの原種をバランスよく君合わせてつくられています。 は、発酵・蒸留・貯蔵の工程を経てつくられます。 蒸溜所にはステンレスの発酵槽と木桶の発酵槽の2種類の発酵槽があります。 ステンレスはスッキリしたドライな味を生み出し、木桶は複雑で重厚な味わいを生み出します。 これらの発酵でできたもろみは初溜、再溜と2工程で蒸溜されます。 また、蒸溜釜にも10種類の形状のものがあり、加熱も直火と関節火で使い分けることでスッキリしたものから重厚なものまで様々なが生まれます。 これらのは樽に詰められて貯蔵庫で長い眠りにつきます。 樽の材質も容積も多種多様です。 樽材と容積によってそれぞれ違った味わいのができます。 バーボンの貯蔵に一度だけ使われた180Lの樽を「バーレル」といい、そのバーレルを230Lに作り直すと「」と言います。 容積が小さいため熟成に時間がかからずバニラのような香りを放ちます。 大容量のホワイトオーク材の樽は「パンチョン」といいゆっくりと熟成します。 シェリー酒を熟成させるために使われた樽を「シェリー樽」と言います。 フルーティーでフレーバーなを育みます。 最後に「」のモルトとして欠かせないのが北海道が主な産地のミズナラでつくられた「」です。 太平洋戦争の最中シェリー樽などの不足から国産の材質をと探し当てたのがこのミズナラでした。 新樽では木香が強すぎたが、数度繰り返して使うことで独特な味わいが実現しました。 白檀や伽羅の香味はここから誕生しました。 以上のように貯蔵によっても彩り鮮やかな香味のができます。 絶妙な原酒のヴァッティングから生まれる山崎の味わい チーフブレンダーの佐藤乾と佐治敬三は来る日も来る日も多種多様につくられたをテイスティングし目指す味を追求しました。 各種の樽から厳選した酒齢12年以上のモルトを数え切れないほどヴァッティング(モルト同士を組み合わせる)をする日々でした。 その終わりのない挑戦の中からの風土と水を余すことなく表現した穏やかで奥の深い風味を醸し出した味に巡り会うことができました。 このようにして1984年、日本で初めてのが誕生し、蒸溜所の名前を冠して「12年」と名付けました。 そして今、誕生から約35年、「」は世界中の愛好家から愛されるへと成長しました。 「山崎」のラインナップ 「」を冠したには4種類の年代物があります。 1984年に発売開始した「12年」を始め、2012年に発売されたの「」、酒齢18年以上のを中心にヴァッティングされたフルボディの「」、酒齢25年以上の年月を経た長期熟成由来の甘味と苦味が混ざり合った重厚な味わいの「」があります。 その他に限定発売として「」「」などがラインナップされましたが残念ながら完売となりました。 とは言え「」のを冠しているため熟成がないわけではありません。 場合によっては12年以上の熟成したを使用していることも考えられます。 の組み合わせの中で比較的早く熟成する「バーレル」の樽を多く使用しているためで出荷されています。 味と香り フルーティーでアルコール臭は強くない優しい感じの香りです。 にダークチョコレートのようなコクとラムレーズンのような風味でスッキリした味わいです。 ダークチョコレートのようなコクと緩やかな酸味で後味はスッキリしていてストレートでも美味しく飲めます。 ちょっと贅沢なハイボールですがオススメです。 売れすぎてを控えていた時期もある程のです。 由来のシェリーの果実味があり、チョコレートのようなフレーバーな風味はの王道と言えます。 のフルボディの重厚な味わいが楽しめます。 1999年の創業 100年を記念して発売されたものです。 その後は年間生産数がたった1200本と貴重な1本となっています。 山崎蒸溜所 梅酒 引用元: 市場ではもはや売れ切れ状態の「山崎」 希望が設定されているものの、そのの高さから状態が続いています。 ネット通販や酒の量販には売っているもののは倍以上といった状態です。 バーなどで飲む場合でも多くのでは品切れが続いています。 ただ、関西地方においては流通量が多いらしくよく見かけます。 それでも「山崎」を味わいたい場合は? 蒸留所では工場見学と試飲を行っています。 京都からJR東海道線で大阪方面に乗って約15分でJR駅、阪急電車の場合は大駅下車、そこから山沿いに歩くこと約10分で蒸溜所の大きな門に着きます。 背後に山を見ながら壮観な蔵が目に止まります。 フリーで行った場合は入り口で受付をすませて中に入ります。 蔵の一部分が見学コース担っていて「」のが順路で見られます。 最後に試飲コーナーがあり、簡単なおつまみとともに普段味わえないの数々がリーズナブルなで楽しめます。 それ以外にも説明付きで見学できる有料のコースもあります。 (蒸溜所見学予約受付TEL075-962-1423) サントリーウイスキー『山崎』のお酒買取ならリンクサスにお任せください! 引用元: 専門 は、約専門として、、、、など。 の総合を法人さま、個人様問わず行っております。 日本全国でもトップクラスのは、後の流通網と国内、海外に持つネットワークでしても利益を出せる体制と経験があるからこそです。 おに眠っている大量のの在庫や、亡くなった祖父が大事にしていた、。 贈答品でもらった、貴重ななど。 出来るだけ高値で皆さんが売れるよう、を頑張っております。 ぜひのご要望が御座いましたら無料の査定をオーダーください。 当では、海外を含めて後の流通網が多数ございますのでの、『』、のも強化しております! サントリーウイスキー『山崎』まとめ.

次の

【楽天市場】サントリーシングルモルトウイスキー山崎50年57%700ml【SUNTORY SINGLE MALT WHISKY YAMAZAKI AGED 50 YEARS】【クレジット決済/銀行振り込み決済に対応】【代引き決済不可】:酒のスーパー足軽 楽天市場店

山崎 ウイスキー

実は、私がウイスキーに目覚めたきっかけとなったのが「白州」。 味わい:フレッシュでクリアな甘みが感じられる• アルコール度数:43度• 価格:7,000円~10,000円程/700ml(2020年2月現在)• キーモルト:山崎、白州• おすすめの飲み方:ストレート、ロック、水割り まさに和の極致といったウイスキー。 副題にもある 「ジャパニーズハーモニー」という言葉がしっくりきます。 香りは、 フローラルでいて、 フルーティ。 バニラやクリームなどが感じられ、とても穏やかですが非常に複雑な仕上がりになっています。 味わいは、 まろやかで スイート。 伸びがよく、加水をしても崩れることがありません。 甘みとスパイシーさの調和が絶妙で、トゲトゲしさが一切なく、思わず笑みがこぼれてしまうようなウイスキーです。 和食との相性が抜群によく、食前~食後まで幅広く楽しめます。 「サントリーブレンデッドウイスキーの最高峰」という名目で売り出されおり、その名に恥じない1本ですね。 ボトル裏のラベルには、「響」に対するサントリーの想いが書き込まれています。 花を思わせる香り、やわらかな味わい、繊細に広がる余韻。 厳選した多彩な原酒を贅沢にブレンドしました。 「人と自然と響きあう」という企業理念から生まれ、日本の風土と、日本人の感性が結晶したウイスキー「響」。 二十四節気を表す24面カットのボトルにも、その感性が宿っています。 日本が世界へ誇る、繊細な味と香りのハーモニーをお愉しみください。 (引用:サントリーウイスキー「響」ボトル裏より)• 味わい:リッチな味わいで、「甘・辛・酸」のバランスが秀逸• アルコール度数:43度• 価格:7,000円~10,000円程/700ml(2020年2月現在)• 主な熟成樽:ワイン樽、ミズナラ樽• おすすめの飲み方:ストレートからハイボールまで万能 風味はとても複雑なのに、クセが少なく飲みやすい。 それでいて深みがあって、華やかさもあるという、ジャパニーズウイスキーの特徴をしっかりと継承したウイスキーです。 香りは、 プラムや 梅酒、 ミント、 チョコレートなどが感じられ、華やかにふわりと包み込んでくれます。 厚みがしっかりとある甘い香りは「ワイン樽」から、華やかな香木のような香りは「ミズナラ樽」からの個性を思わせます。 味わいは、 しっかりとした輪郭を持っていて、 複雑な風味の中に、 リッチ感が目立ちます。 上品な甘さが心地よく、余韻もしっかりと感じることができます。 複雑なのにバランスがとても良く、しっかりとした味わい。 なんでもこなす万能なウイスキーで、ストレートはもちろん、ハイボールもおすすめですよ。 ボトル裏のラベルに書かれた、「山崎」に対するサントリーの想いはこちら。 京都郊外・天王山のふもと山崎は、日本のウイスキー発祥の地。 1923年以来の伝統をもつ山崎蒸溜所のモルトウイスキーは、花の春、薫る夏、紅葉の秋、雪の冬-彩り鮮やかな日本の四季を幾重にも眠ります。 香りはやわらかく華やか。 甘くなめらかな味わいが広がり、綺麗で心地よい余韻が続きます。 繊細で複雑なジャパニーズシングルモルトならではの味わいをぜひお楽しみください。 (引用:サントリーウイスキー「山崎」ボトル裏より)• 味わい:若々しさと上品な風味を持ち、微かなスモーキーさを感じられる• アルコール度数:43度• 価格:6,000円~9,000円程/700ml(2020年2月現在)• 主な熟成樽:ホグスヘッド樽、バーボン樽• おすすめの飲み方:ロック、水割り、ハイボール 硬度30の南アルプスの軟水が仕込み水に使われていて、キレのよさが特徴。 これまでのウイスキーに対する価値観を否定することなく、もっと気軽に楽しめるオンリーワンな1本。 香りはとても華やかで、 白桃や レモン、 シトラス、 バニラ、 ハチミツ、 ミントなど。 加水すると微かなオーク香、オレンジ、スモークを感じることができます。 味わいは、どこまでも クリーン感があり、 ライト。 バランスが非常によく、キレもいい。 加水するといくらでも飲めてしまいますよ。 ハイボールももちろん美味しいですが、水割りやロックがおすすめ。 クセも少なく、引っかかる感じがないため、初心者の方でも飲みやすいウイスキーだと思います。 ボトル裏のラベルに書かれた、「白州」に対するサントリーの想いはこちら。 白州蒸留所のモルトウイスキーは、森の湿潤な気候の中、花崗岩に磨かれた清冽な南アルプスの天然水で仕込まれ、日本の豊かな四季を通して育まれます。 その味わいは、森の若葉のように水々しくフレッシュな香りに、すっきり爽やかな口当たりです。 繊細で複雑なジャパニーズシングルモルトならではの味わいをぜひお楽しみください。 (引用:サントリーウイスキー「白州」ボトル裏より)• 味わい:軽やかな味わいで、甘くスムース• アルコール度数:43度• 価格:4,000円~5,000円程/700ml(2020年2月現在)• 主な熟成樽:ホワイトオーク樽、スパニッシュオーク樽、ワイン樽など• おすすめの飲み方:水割り、ハイボール 愛知県の知多蒸留所で、多彩に造り分けられたグレーン原酒を使用したシングルグレーンウイスキー。 2015年に誕生した、サントリーでは11年ぶりの新ブランドです。 香りは甘く、 バニラや イチゴなどを感じることができ、甘く濃厚でいてフルーティ。 味わいは、 ピュアで 軽やかでありながら、 複雑な味わい。 なめらかさやマイルドさを感じることができ、余韻はやさしい甘さを舌に残しながら、スーッと消えていきます。 甘い香りと軽やかな味わいが特徴の「知多」は、ハイボールがおすすめ。 「ウイスキーに新しい風を」というキャッチフレーズの通り、なめらかな余韻は、ふわりと、軽やかな風をイメージさせます。 ボトル裏のラベルに書かれた、「知多」に対するサントリーの想いはこちら。 軽やかな味わいとほのかに甘い香りが特徴です。 なめらかで心地よい余韻をお愉しみください。 (サントリーウイスキー「知多」ボトル裏より)• 「響-HIBIKI-」• 「山崎-YAMAZAKI-」• 「知多-CHITA-」• 「白州-HAKUSHU-」 「知多」、「山崎」も甘みを十分に感じることができますが、ブレンデッドでもある「響」に軍配が上がります。 この中で特に辛口なのが、 「白州」です。 後味もキリっと爽快で、口当たりも良く、とても飲みやすく仕上がっています。 次はウイスキーの種類を見ていきましょう。 「響」「山崎」「白州」「知多」のウイスキーの種類は? 「響」「山崎」「白州」「知多」のウイスキーの種類は以下の通り。 こうして、まとめて見てみると、バリエーションに富んでいますね。 「響」がブレンデッドウイスキー、「山崎」と「白州」がシングルモルトウイスキー、そして「知多」がシングルグレーンウイスキーです。 それでは、各ウイスキーの種類について解説していきます。 ブレンデッドウイスキーとは? ブレンデッドウイスキーとは、 「モルトウイスキー」と 「グレーンウイスキー」を混ぜて瓶詰めしたウイスキー。 ちなみに 「モルトウイスキー」とは、大麦の麦芽だけを原料にしたウイスキーで、 「グレーンウイスキー」は、大麦や、ライ麦、トウモロコシなどを原料としたウイスキーです。 シングルモルトウイスキーとは? シングルモルトウイスキーとは、単一蒸留所で造った 「モルトウイスキー」を、複数の樽から瓶詰めしたウイスキー。 現在、モルトウイスキーの蒸留所は 稼働しているものだけでも約100箇所あり、近年めざましい数のボトルがシングルモルトウイスキーとして製品化されています。 シングルグレーンウイスキーとは? シングルグレーンウイスキーとは、単一蒸留所で造った 「グレーンウイスキー」を、複数の樽から瓶詰めしたウイスキー。 グレーンウイスキーの蒸留所は数が少ないため、他の種類のウイスキーに比べると、製品化されることは少ないです。 「グレーンウイスキー(グレーン)」とは、トウモロコシや小麦など、穀類と麦芽を原料として発酵させ、連続蒸留器で蒸留したウイスキーを指します。 「響」「山崎」「白州」「知多」の歴史に迫る ここからは「響」、「山崎」、「白州」、「知多」それぞれの歴史について、触れていきたいと思います。 「響-HIBIKI-」の歴史 「人と自然が響き合う」という、造り手のそんな思いが伝わってくるウイスキー。 「響(響17年)」は、1989(平成元)年に、サントリー創業90周年を記念して生み出されました。 このときにブレンダーを担当したのは、サントリー創業者「鳥井信治郎」さんの次男である、佐治敬三さんでした。 「響」に込められた 「人と自然が響き合う」という思いは、サントリーさんの企業理念でもあり、この理念を形にしたウイスキーでもあります。 そして、「響(響17年)」の発売から、四半世紀後に発売されたのが、ノンエイジの「響-JAPANESE HARMONY-」になります。 ちなみに、「響30年」だけは、さらに繊細な30面カットのデザインになっています。 「山崎-YAMAZAKI-」の歴史 苦悩と挑戦の果てにたどり着いた答えは 「ひとつの個性が突出することなく、多彩な原酒が混ざり合い、高め合うような調和」を実現したウイスキー。 「山崎」が誕生したのは、1984(昭和59)年。 「日本人の手で、世界に誇る日本のウイスキーをつくりたい」という思いから、造り出されたウイスキーです。 サントリー創業者の「鳥井信治郎」さんは、1923年に山崎蒸溜所の建設に着手します。 山崎蒸溜所の着手から、「山崎」の完成までの道のりは、とても険しいものでした。 まず、ウイスキーは製品になるまで、永い時間が必要になります。 そして、日本ではウイスキー造りは目新しいもので、蒸溜所に日々大量に運び込まれる大麦を見るたびに、人々は訝しみ、 「あの建物には、大麦を喰らうウスケという怪物が出るらしい」という噂すら立ったほどです。 数々の試行錯誤を繰り返し、やがて、「鳥井信治郎」さんの次男でもある「佐治敬三」さんと、チーフブレンダーの「佐藤乾」さんが「鳥井信治郎」さんの情熱と技を受け継ぎ、2年もの歳月をかけて「山崎」を完成させます。 このときに、原酒を掛け合わせた数は、数十万樽に及んだそうです。 山崎蒸溜所には、さまざまな酵母やポットスチル、熟成樽があります。 これだけの多様性をもっているのは、世界でも山崎蒸留所だけと言われいて、その利点を最大限に活かして造り出されたのが、「山崎」というウイスキーなんです。 「白州-HAKUSHU-」の歴史 「森の蒸溜所」 が生み出す爽快なウイスキー。 「白州(白州12年)」が誕生したのは、1994(平成6)年。 サントリーのウイスキー造りが50周年の際に、新しい原酒を求めて、白州蒸留所が設立され、その後に白州蒸溜所の渾身のシングルモルトとして、世に送り出されたウイスキーです。 新たな原酒を求めて設立されたということもあり、酵母や木桶槽、ポットスチル、熟成樽など、多くの種類が揃えられました。 それを組み合わせて多彩な原酒が造られていったのです。 世界でも珍しい試みなのが、自然の豊かな 「森の蒸溜所」という環境です。 南アルプスの清冽な水は、硬度30の軟水で、これがクセのない絶好の仕込み水となりました。 ウイスキーの世界では、原料や蒸溜方法以外にも、熟成年数も重要な判断基準になってきますが、白州蒸溜所の多様性が、その常識を超えるウイスキーを生み出したのです。 ウイスキーに使われる仕込み水は、「マザーウォーター」とも呼ばれています。 美味しいウイスキーを生む、「母」なる水を確保することは、何よりも大切な要素のひとつということですね。 「知多-CHITA-」の歴史 「軽やかな味わい」と 「ほのかに甘い香り」が特徴の、シングルグレーンウイスキー。 「知多」が誕生したのは、2015(平成27)年。 愛知県知多蒸留所で多彩に造り分けられたグレーン原酒を使った、 サントリーの11年振りの新ブランドとなるシングルグレーン。 元々は、2014年(平成26)年11月に、愛知県内とサントリーオンラインショップにて、「知多蒸留所特製グレーン」というウイスキーとして限定販売されていました。 これが好評を博し、限定販売から全国販売へと移行することになりました。 伊勢湾にある知多半島・知多蒸留所は、サントリーが国内に所有する3つの蒸留所のうちのひとつで、とうもろこしを主原料にした 「グレーンウイスキー」を製造しています。 ここでつくられるグレーンウイスキーは、数々のブレンデットウイスキーに使用されているようですよ。 オススメの飲み方は「ハイボール」。 しっかりとした味わいが花開き、軽やかな味わいと、清々しいやさしい香りを感じることができます。 ちなみに知多は、「同蒸留所のグレーンウイスキーのみをブレンドしている」とうたっています。 「モルト」表記がありますが、これはトウモロコシなどの穀物(グレーン)に、少々の大麦麦芽(モルト)を少量添加して、糖化・発酵させているためだそうです。 国際コンペティションの受賞状況 数々の賞を受賞しているサントリーのウイスキー。 最後に、その受賞履歴についてみていきましょう! 国際コンペティションとは? そもそも「国際コンペティション」とは、一体どういったものなのでしょうか。 (ちなみに、コンペティションの意味は、「競争」「競技」「競技会」です) 受賞履歴を見る前に、国際コンペティションついて解説させていただきます! (コンペティションにもいくつか種類があるのですが、「ISC」と「WWA」の2つに絞って紹介します) ISC(インターナショナル スピリッツ チャレンジ) イギリスの酒類専門出版社「ウィリアム・リード」の主催により毎年行われる、スピリッツ(蒸留酒)のコンペティションです。 ウイスキー部門は、世界のマスターブレンダーたちが審査員となり、コンペティションにエントリーされたウイスキーを、テイスティングにより評価します。 WWA(ワールド ウイスキー アワード) 世界100カ国以上で発行されている、イギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」が主催している、2007年に始まった国際コンペティションです。 ウイスキー専門のコンペティションのため、世界中のウイスキー業界から注目を集めています。 「響」「山崎」「白州」「知多」の受賞履歴 先ほどもお伝えしたように、数々の賞を受賞しているサントリーのウイスキー。 全てを紹介すると膨大な量になってしまうため、2013年~2018年までの受賞歴を紹介させていただきます。

次の