芸能人 新型 コロナ。 【新型コロナウイルス 陽性】感染してしまった芸能人・有名人(日本人)

クズ過ぎ行為で大批判! コロナ禍で株を落とした芸能人たち…

芸能人 新型 コロナ

画像は、『』(インディーズレーベル)より 2014年に覚醒剤取締法違反で有罪判決を受けた歌手のASKA。 芸能人の薬物事犯でも最上クラスの依存度で話題となったが、時を経て、本人はすっかりクリーンになったと思い込んでいるようだ。 ASKAは3月20日、ユーチューブに動画をアップし「いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません」と力説。 その上で「 すべての匂いを無臭化してしまう。 すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」と衝撃の告白をした。 事実ならば、とんでもない大発明だ。 ASKAは続ける。 「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。 1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます」 そして「われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。 これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」とアピール。 ASKAによると、開発した〝オゾン水装置〟は1台3万6千円するが「全世界の投資家が、この機械に投資していただければ、みなさんのご家庭で、ほんと数千円の価格になる。 (そうなれば)決してコロナは怖くない!」と強調した。 ただし、科学者の間ではオゾン水に殺菌作用はあるものの、ASKAの言う1ppm~5pmmという濃度を肺に直接噴射すると「肺の細胞を死滅させてしまい、極めて有害」だという。 ネット上では「ツッコむまでもなくヤバイw」「まずはASKAが試してくれ」と想像通りの反応であふれ返っている。 街の買い占めや買い溜めについて「自粛の発表前に大型ストア小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない! この関連の出来事は大きくなれば自給率の低さに身悶えることにもなる。 今後のためにもシステムの改善が必要」とツイートしたまでは良かったが…。 その後、いきなり「 商品券より大麻の有効利用解禁!」とブッ込んで大炎上。 時空が歪むほどの急展開に「意味がわからないw」「まだラリってる?」いった声が殺到した。 なお、芸能関係者によれば「高樹さんは現在、石垣島で民宿を経営。 家庭菜園で自給自足の生活を行っており、コロナとは無縁の生活を送っている」という。 高樹沙耶については、その後。 海外での実例などを踏まえてツイートに隠された本当の意味を説明し、ネットでも話題に。 「お肉券よりは大麻の方がいいかも…」などの声も上がり、一定の評価を得るかたちとなった。

次の

ASKAのオゾン水、地球ごめんねの藤原紀香、自粛しない宣言…新型コロナで“やらかした”4人の有名芸能人

芸能人 新型 コロナ

(C)まいじつ 俳優の石田純一が新型コロナウイルスに感染したことを公表したが、ネット上では心配よりも非難の声が多く飛び交っている。 その理由は、危機管理のなさと隠ぺい疑惑。 石田は自粛要請が出ている中、沖縄にゴルフをしに行ってその最中に具合が悪くなったとしているが、当初は妻の東尾理子が《仕事であるとはいえ飛行機に乗り都外へ出ようとする主人を説得、止めきれなかったことを深く後悔し、反省しております》と、沖縄には〝仕事で〟出向いたと主張。 そのため〝テレビ仕事〟と勘違いする人が多かったが、後になって〝自分の店に関する仕事の打ち合わせ〟だったと判明した。 ネット上では、 《打ち合わせを沖縄にわざわざ行ってするのか?》 《Webでできたでしょうに。 ゴルフが余計。 遊びと思われても仕方ない》 《ゴルフ遊びがメインで、自身の店の打合せはおそらくしてないな》 《無責任な行動に呆れます。 コロナ感染拡大が日に日に増してる中、飛行機に乗ることを躊躇してない。 沖縄県民のことを考えていない》 など、非難の声が続出している。 今回のコロナ騒動では、石田のように身勝手な行動で株を落とした芸能人は多い。 脚本家の宮藤官九郎もその1人だ。 コロナ感染で話題になった宮藤だが、その感染経路は〝自粛要請が出ている中でライブハウスイベントに参加したため〟という見方が強い。 同ライブでは、主催者や出演者もコロナ感染しており、自粛を無視したライブがクラスターとなったようなのだ。 しかし張本人の宮藤からは謝罪のコメントなど一切なく、ネット上では、 《逃げる気満々でほんと恥ずかしい。 絶対謝らないという強い意志を感じる》 《残念な人。 こういうときに人の資質が出るよね》 などと、批判が殺到している。 人は見かけによらない… 『ピース』又吉直樹も密かに株を暴落させていた。 又吉は志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったという訃報があったその夜(3月30日)に、何と仲間を引き連れ、東京・渋谷の街で居酒屋からバーへと午前4時まではハシゴする様子を『フライデー』に報じられたのだ。 大先輩の死を聞いても危機感ない様子に、ネット上では、 《こういうときの行動に本性出ますよ。 家で本読んでそうなイメージなのに》 《好感度ガタ落ちやな》 《うわー又吉最低だな。 常識はある人かなぁと思ってたけど残念だわ》 など、幻滅する声が多く上がっている。 その一方で、ミュージシャンのYOSHIKIやhyde、GACKTらは、危機感が足りない日本人たちへ、必死に外出自粛を促している。 YOSHIKIに至っては、日本全体ではかなり危機感が薄かった2月から必死に自粛の必要性を訴えており、ネット上では、 《今になって思う YOSHIKIさんは完全に正しかった》 《最初はYOSHIKIさんの発言に少し過激じゃないかと思ってました。 でも、今振り返るとあなたのメッセージが正しかったんじゃないかと思います。 ごめんなさい》 などと、再評価する声が多く散見される。 文化系に見えるクドカンや又吉が出歩き、ロックミュージシャンのYOSHIKIたちが自粛を促すとは…。 〝人は見かけによらない〟とはまさにこのことだろう。

次の

新型コロナで、たむらけんじ、和田アキ子、はるな愛、神田うのら「副業芸能人」に打撃|ニフティニュース

芸能人 新型 コロナ

仕事は激減、彼ら、彼女らは引退さえできず阿鼻叫喚の生活を送っています(写真:BongkarnThanyakij/iStock) 連日、あらゆるメディアで新型コロナウイルスの影響が報じられていますが、生き方や人間関係のコンサルタントをしている私のもとにも、さまざまな声が届いています。 その中には、自らを「最下層の芸能人」と呼ぶ人からの悲痛な叫びのような声も少なくありません。 現在は、テレビ番組の収録、舞台やライブ、ファン向けイベントなどが中止・延期になり、大半の芸能人たちは開店休業状態。 ネット上では、芸人による「ギャグつなぎ」やアーティストによる「うたつなぎ」、YouTubeやインスタライブでの動画配信が話題を集めるなど、多くの芸能人が苦しい中でも人々を楽しませる発信をしています。 しかし、自称「最下層芸能人」たちに言わせれば、「話題になっているのは、それなりに売れて芸能だけで食べていける人だけで、自分たちのような無名の人が発信しても見てもらえない」とのこと。 「日ごろ、生活していける以上の報酬が得られ、まとまった貯金もあり、その気になればネット上で稼げそうな芸能人だけが話題になっている」というのです。 では、自称「最下層芸能人」の彼らは、現在どのような生活をしていて、どんなことを嘆き、何に希望を見いだそうとしているのでしょうか。 私が見聞きした俳優、芸人、フリーアナウンサー、アイドル、ピアニストの声を挙げながら、厳しい現実を掘り下げていきます。 帰省できず北陸の両親に土下座動画 最初に書いておきたいのは、彼らは自称「最下層芸能人」であること。 ここで挙げる人は全員それなりの芸能事務所に所属している芸能人であるにも関わらず、苦しい日常を余儀なくされているのです。 1人目の自称「最下層芸能人」は、俳優の高木さん(仮名、32歳男性)。 高木さんは中規模の映画や深夜ドラマへの出演はありましたが、「役名なし」の仕事ばかりで、俳優だけでは食べていけず、居酒屋、コールセンター、舞台設営会社でアルバイトをかけもちしていました。 しかし、新型コロナウイルスの影響で、居酒屋と舞台設営会社は休業、コールセンターは人員削減で、当面の仕事がなくなっただけでなく、事実上のリストラ。 貯金もない高木さんが頼ったのは北陸地方に住む60代後半の両親でした。

次の