ゴマ 団子 作り方。 フワちゃんのタピオカゴマ団子の作り方レシピ|ウチのガヤがすみません

おかずのクッキング|ごま団子の作り方レシピ(土井善晴)

ゴマ 団子 作り方

甘いあんと香ばしいごまがたまらない点心 中国の甘い点心「芝麻球」、別名「ごま団子」。 揚げたてのごま団子はサクッモチッ!として甘いあんと香ばしいごまの食感がたまらなくおいしいですよね。 素朴なおやつなのでおうちでも手軽に作れそうですが、皮が破れてしまった!あんがうまく包めない…なんて困ったことはありませんか? 今回は、おうちで作る本格ごま団子のレシピをご紹介します。 本格ごま団子のレシピ 中華あんを作る 材料 8個分• こしあん…120g• ごま油…小さじ1 作り方• こしあんにごま油を加え、混ぜる。 *使用するこしあんがやわらかい場合は、少し加熱して水分を飛ばしてください。 8等分して丸める 一つ15g。 皮を作る 材料 8個分• 白玉粉…65g• 水…50g• 砂糖…35g• 浮き粉…20g• 熱湯…30g• ラード…10g• みがきごま なければいりごまでもOK …適量• 植物油…適量 おすすめのアイテム 作り方• ボウルに白玉粉・砂糖・水を入れ、混ぜる。 *水の量は使用する白玉粉のメーカーによって若干変動があるかもしれません。 やわらかいけれど、かろうじて丸められる程度のかたさを目安に。 別の器に浮き粉を入れ、熱湯を注いで菜箸でぐるぐる混ぜる。 *必ず熱湯を使用してください。 白玉粉のボウルに熱湯で混ぜた浮き粉を加え、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせる。 さらにラードを加えてしっかりと混ぜ、ひとまとめにしたら皮の出来上がり。 皮を8等分して丸める。 一つ約25~28gが目安です 今回は26g。 手で皮を持ち、真ん中にあんがすっぽり入る程度のくぼみを作る。 *底は厚めに、まわりの生地は薄くなるように。 あんをくぼみに入れる。 あんを押し込めながら、まわりの生地ですっぽりと包む。 手のひらで転がして、丸く形を整える。 8個分全て包む。 みがきごまをたっぷりとつける。 手のひらで軽く押さえるように転がし、しっかりとくっつける。 8個分全てごまをつける。 *低めの温度でじっくり揚げていきます。 約10分間揚げる。 形が真ん丸になり、うっすらと色がついてきたら温度を少し上げて、表面がカリッと香ばしい色になるのが目安。 揚がったらキッチンペーパーの上で転がし、油を切る。 出来上がり。 揚げたて、熱々をお楽しみください。 サックリもっちり、カリッと香ばしいゴマの風味がたまらなくおいしいですよ。 保水性を保つために皮には砂糖を入れてあるので、冷めてもやわらかい食感。 それでもかたくなってしまった場合は、レンジで少し加熱すればやわらかくなります。 当日中に食べきるのが望ましいですが、遅くとも翌日中までに食べきってしまうのがおすすめです。 アレンジレシピ かぼちゃあんバージョン 材料 8個分• かぼちゃペースト…100g• 砂糖…30g• 黒いりごま…適量 おいしいごま団子作りのポイント 皮の材料の浮き粉って何?入れるとどうなる? 浮き粉とは小麦粉のでん粉で、点心によく使われています。 白玉粉だけで皮を作ると、包んでいる段階で皮がブチブチと切れやすく、揚げると生地がはじけて中のあんが出てきてしまうことも。 浮き粉を加えることによって生地に弾力が加わり、あんを包む際は包みやすく、揚げる際は割れづらくなります。 もちもちの食感の中にもプリッとした食感も加わり、歯切れよく仕上がりますよ。 みがきごまで黄金色に輝くごま団子を! ごま団子にはいりごまではなく、みがきごまを使います。 「皮むきごま」ともいいますね。 普段家庭で使うことの多いいりごまよりも白く、独特のツヤがあるのが特徴です。 低温でじっくりと揚げた後、少しこんがりするくらいまで揚げたとき、黄金色のツヤツヤごま団子に仕上げてくれるのが、このみがきごま。 いりごまで作っても十分おいしいのですが、この輝きはみがきごまを使ってこそ出せるものなので、ぜひみがきごまを使ってみてください。 おうちでごま団子作りを楽しもう! 見た目は地味だけど、奥が深いごま団子。 中華料理屋では必ず頼むごま団子好きの私がこだわり抜いたレシピです! ぜひ作ってみてくださいね。

次の

もっちりあまい!中華ゴマ団子〜芝麻元宵〜の作り方【インスタ映えレシピ】│おしゃれごはん

ゴマ 団子 作り方

甘いあんと香ばしいごまがたまらない点心 中国の甘い点心「芝麻球」、別名「ごま団子」。 揚げたてのごま団子はサクッモチッ!として甘いあんと香ばしいごまの食感がたまらなくおいしいですよね。 素朴なおやつなのでおうちでも手軽に作れそうですが、皮が破れてしまった!あんがうまく包めない…なんて困ったことはありませんか? 今回は、おうちで作る本格ごま団子のレシピをご紹介します。 本格ごま団子のレシピ 中華あんを作る 材料 8個分• こしあん…120g• ごま油…小さじ1 作り方• こしあんにごま油を加え、混ぜる。 *使用するこしあんがやわらかい場合は、少し加熱して水分を飛ばしてください。 8等分して丸める 一つ15g。 皮を作る 材料 8個分• 白玉粉…65g• 水…50g• 砂糖…35g• 浮き粉…20g• 熱湯…30g• ラード…10g• みがきごま なければいりごまでもOK …適量• 植物油…適量 おすすめのアイテム 作り方• ボウルに白玉粉・砂糖・水を入れ、混ぜる。 *水の量は使用する白玉粉のメーカーによって若干変動があるかもしれません。 やわらかいけれど、かろうじて丸められる程度のかたさを目安に。 別の器に浮き粉を入れ、熱湯を注いで菜箸でぐるぐる混ぜる。 *必ず熱湯を使用してください。 白玉粉のボウルに熱湯で混ぜた浮き粉を加え、ゴムベラでしっかりと混ぜ合わせる。 さらにラードを加えてしっかりと混ぜ、ひとまとめにしたら皮の出来上がり。 皮を8等分して丸める。 一つ約25~28gが目安です 今回は26g。 手で皮を持ち、真ん中にあんがすっぽり入る程度のくぼみを作る。 *底は厚めに、まわりの生地は薄くなるように。 あんをくぼみに入れる。 あんを押し込めながら、まわりの生地ですっぽりと包む。 手のひらで転がして、丸く形を整える。 8個分全て包む。 みがきごまをたっぷりとつける。 手のひらで軽く押さえるように転がし、しっかりとくっつける。 8個分全てごまをつける。 *低めの温度でじっくり揚げていきます。 約10分間揚げる。 形が真ん丸になり、うっすらと色がついてきたら温度を少し上げて、表面がカリッと香ばしい色になるのが目安。 揚がったらキッチンペーパーの上で転がし、油を切る。 出来上がり。 揚げたて、熱々をお楽しみください。 サックリもっちり、カリッと香ばしいゴマの風味がたまらなくおいしいですよ。 保水性を保つために皮には砂糖を入れてあるので、冷めてもやわらかい食感。 それでもかたくなってしまった場合は、レンジで少し加熱すればやわらかくなります。 当日中に食べきるのが望ましいですが、遅くとも翌日中までに食べきってしまうのがおすすめです。 アレンジレシピ かぼちゃあんバージョン 材料 8個分• かぼちゃペースト…100g• 砂糖…30g• 黒いりごま…適量 おいしいごま団子作りのポイント 皮の材料の浮き粉って何?入れるとどうなる? 浮き粉とは小麦粉のでん粉で、点心によく使われています。 白玉粉だけで皮を作ると、包んでいる段階で皮がブチブチと切れやすく、揚げると生地がはじけて中のあんが出てきてしまうことも。 浮き粉を加えることによって生地に弾力が加わり、あんを包む際は包みやすく、揚げる際は割れづらくなります。 もちもちの食感の中にもプリッとした食感も加わり、歯切れよく仕上がりますよ。 みがきごまで黄金色に輝くごま団子を! ごま団子にはいりごまではなく、みがきごまを使います。 「皮むきごま」ともいいますね。 普段家庭で使うことの多いいりごまよりも白く、独特のツヤがあるのが特徴です。 低温でじっくりと揚げた後、少しこんがりするくらいまで揚げたとき、黄金色のツヤツヤごま団子に仕上げてくれるのが、このみがきごま。 いりごまで作っても十分おいしいのですが、この輝きはみがきごまを使ってこそ出せるものなので、ぜひみがきごまを使ってみてください。 おうちでごま団子作りを楽しもう! 見た目は地味だけど、奥が深いごま団子。 中華料理屋では必ず頼むごま団子好きの私がこだわり抜いたレシピです! ぜひ作ってみてくださいね。

次の

おかずのクッキング|ごま団子の作り方レシピ(土井善晴)

ゴマ 団子 作り方

〜飲茶のレシピ〜. 〜飲茶の緑野菜類〜 〜飲茶のデザート〜 〜他の中華料理〜. new. new. 〜他のレシピ〜 ゴマ揚げ団子 皮の材料 (約20個分)• 白砂糖、又は黒砂糖 100グラム• 水 210cc• もちこ、又は 360グラム• 白胡麻 65〜70グラム• サラダオイル(揚げ用) 作り方• 白胡麻を15分水に浸す。 (生地にくっつきやすくなります) 水を切って、(Parchment Paper)か、ワックスペーパーの上に広げる。 もちこ、又は 白玉粉 360グラムを大きめのボールに入れ、中心を低くして、そこに砂糖水を流しいれる。 手で握りつぶすように混ぜる。 下の写真の様に一塊になるようにする。 一塊にならずに、ぱらぱらであれば、水を大さじ1〜3くらい加える。 あまり水を入れ過ぎると、後で形が作り難くなります。 生地を大体20等分する。 少し手を濡らして、一個分の生地を両手でカップのような形にする。 小さじ1くらいのあんを入れて、上端を少しずつ、つぼむように中心に向けて押さえていく。 切れ目は指で軽くたたくようにするときれいにくっつきます。 あんが見える部分には少し生地を上にのせて、指先で軽くたたくようにくっつけます。 用意した白胡麻を両手で全表面につける。 170度〜175度(比較的低い温度)で約6分ほど揚げる。 粉に良く火が通らないと、粉っぽい味がします。 熱い間にお召し上がりください。 Note:飲茶で出る胡麻揚げ団子は小豆餡の代わりに、蓮の実で作る餡(蓮蓉餡、れんようあん)が使われます。 レシピは。 参考本:Ellen Leong Blonder の飲茶のレシピ集、"" 香港飲茶情報: 英語のレシピは.

次の