冷凍キャベツ 解凍。 【みんなが作ってる】 冷凍キャベツのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

キャベツは生のまま冷凍できる!保存方法と活用法

冷凍キャベツ 解凍

大家族なら、 キャベツを1玉購入しても、あっという間に使い切ることも考えられますが、 1人暮らしや少数の家族であれば、1玉は多すぎて、何回かに分けて調理することになるのではと考えられます。 以前はあまり見られませんでしたが、キャベツを必要量だけあらかじめカットしたものが店頭に並ぶようになりました。 1玉購入して自宅でカットするよりは、あらかじめカットとされているキャベツを購入した方が調理しやすいので、店頭に並ぶと同時に売り切れとなることもあります。 ところで、キャベツを購入して調理した後に、少しでも余ってしまった時はどのようにすればよいでしょうか。 キャベツの保存方法としては、冷蔵でもよいのですが、賞味期限が 2~3日と短いことから冷凍保存します。 翌日以降に使用するときは、冷凍保存したキャベツを解凍することになります。 ということは、解凍する方法がいくつか存在するのではないかと考えることができます。 冷凍したキャベツをシャキシャキ感を残したまま解凍する方法や、再び冷凍保存の期間、コツなどをまとめましたので、ぜひ参照ください。 キャベツの冷凍保存後の美味しい解凍方法 キャベツを下茹でして水を切り、 フリーザーバッグなどに小分けして冷凍保存します。 すでに冷凍保存している状態でしたら、調理に使用する分だけ冷蔵庫に入れて 自然解凍させます。 スープやみそ汁などに使用するのであれば、こちらも使用する分量だけ冷凍庫から取り出してそのままあたためます。 野菜の多くは、冷凍状態から自然解凍させると閉じ込められていた栄養分や水分が外に出ますが、 キャベツの場合は水分が外に出にくいため、 生野菜としておいしくいただくことができます。 炒め物をするときは、こちらも自然解凍せずに、 冷凍のまま、他の食材と調理することでおいしさを保ちながら食すことができます。 キャベツの冷凍保存後、シャキシャキの状態で解凍する方法 キャベツを下茹でして、水分をふき取り、 フリーザーパックに入れて空気を抜いた状態で冷凍保存することでシャキシャキ感が残ります。 調理内容にもよりますが、解凍するときは冷凍庫から冷蔵庫に移して 自然解凍させます。 冷凍のまま、炒め物などに使用することで栄養の損失が少ない状態で食することができ、またシャキシャキ感も味わうことができます。 自然解凍した後は、あまり時間を空けずにサラダや炒め物で使用することをおすすめします。 自然解凍してから一度空気に触れることで雑菌が繁殖する恐れもありますので、怪しいと感じたら、 湯通しするか軽く炒めてから食するとよいでしょう。 自然解凍からだいぶ時間がたっている場合は、腐食している可能性もあるため、色合いやにおいなど少しでもおかしいと感じたら廃棄することです。 キャベツの冷凍保存する期間 キャベツを冷凍保存する期間は保存する前の下準備によって違ってきます。 キャベツを千切りにして冷凍保存する~1か月保存可能• キャベツをざく切りにして塩もみする~1か月保存可能• キャベツの葉を1枚ずつはがして熱湯にサッと湯通しする~1か月保存可能• 次回のために:キャベツの美味しい冷凍保存方法とコツ キャベツを千切りにする キャベツを小分けするために千切りして水に浸した後、水分をしっかりふき取って空気を抜きながら、フリーザーパックに入れて冷凍保存します。 その後、冷凍庫へ保管する。 キャベツをざく切りにする キャベツをざく切りにして塩をまぶしてからしばらく時間を置くと水分が表面に出てくるので、 しっかり絞ってからフリーザーパックに入れ、空気を抜きながらジップロックして冷凍庫へ保管します。 キャベツの葉を1枚ずつはがす キャベツの葉を1枚ずつはがし、熱湯にサッと湯通ししたと、冷ました後、ざるにおいて水分を落とし、 1枚ずつラップに包んでさらにフリーザーパックに空気を抜きながら入れて保管します。 キャベツを丸ごと保管 キャベツの芯を上にして、菜箸などを使って1~2㎝ぐらいの深さに5か所ぐらいの穴をあけます。 その後しばらくすると、水分が放出されますのでキッチンペーパーなどでしっかりと水分を吸引します。 水分が抜けたころを見計らって、キッチンペーパー2枚を水に濡らし、キャベツの芯に貼り付けます。 キッチンペーパーを張り付けたまま、ビニール袋もしくはラップに包み、さらに新聞紙で包んだ後、冷蔵庫に入れます。 この場合は、使用の都度、外に出ている水分をふき取り、キッチンペーパーを貼り付けて冷蔵庫に保管します。 調理をするときは外側の葉から使用する枚数分だけはがしていき、調理が終わったとは、先の手順と同じようにして冷蔵庫に保管します。 ビニール袋やラップに包んで保管する理由は他の食品のにおいがつかないようにするためです。 冷凍したキャベツの解凍方法:まとめ いかがでしたでしょうか。 キャベツの保存方法についてまとめてみました。 葉物野菜は日持ちしませんので、購入するときは調理に必要な分量だけ用意すればよいことですが、 毎回カット野菜などを購入するよりも1玉購入して調理するときに必要分だけカットして使った方がお得なこともあります。 こうした保管方法を知識として持っていれば、役に立つこと間違いなしです。

次の

キャベツを冷凍保存したけど解凍方法は?期間や美味しさのコツも!

冷凍キャベツ 解凍

キャベツを冷凍したら、食感や味はどうなるの? 冷凍したキャベツは、解凍すると塩で揉んだ時のようにしんなりとした状態になります。 生のバリバリとした食感はなくなってしまいますが、冷凍と解凍の仕方をうまくやれば、多少のシャキシャキ感を残すこともできるんですよ。 解凍したキャベツは、コールスローや和え物などにして食べてもいいですし、餃子やお好み焼き、野菜炒めや焼きそばなどの加熱調理に使うのもおススメです。 冷凍するとしんなりはしますが、キャベツはもともと食物繊維が豊富なので解凍してもべたーっとなりにくいんです。 冷凍庫の中で、他の食品の匂いがうつらないようにきちんと密封して保存すれば、味や風味が落ちることなく美味しく食べることができますよ。 キャベツはどうやって冷凍したらいいの? キャベツを冷凍する時は、生のままでも加熱してからでもどちらでも大丈夫です。 いずれの場合も、まずは下処理を行います。 キャベツを水洗いして汚れをしっかり落としてから、食べやすい大きさに切っていきますが、大きさは用途に応じて変えましょう。 餃子やお好み焼き、コールスローに使うならみじん切り、味噌汁や野菜炒めは2~3センチくらいのざく切りといった感じでしょうか。 生の状態から冷凍する場合は、切ったキャベツを冷たい水に1分程度浸して水気を切ってから、ジップロックなど密封できるフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れます。 加熱をしてから冷凍する場合は、切ったキャベツを沸騰したお湯で10秒から15秒くらい茹でます。 それを冷水にさらしてしっかり冷やしたら、水気をキッチンペーパーなどを使って拭き取り、空気を抜きながらフリーザーバッグに入れて冷凍庫の中で凍らせます。 きちんと空気を抜くことによって、酸化を防ぎ、長期間保存しても風味が落ちにくくなるんです。 冷凍したキャベツはどうやって解凍したらいいの? 味噌汁やスープに入れる時は解凍する必要がありません。 使う分だけ取り出して凍ったまま鍋に入れれば良いので、とっても簡単ですよ。 そのほかの料理に使う時は、冷蔵庫に移して自然解凍させるか、お湯をかけて解凍します。 料理に入れる前に水気を絞ってから使いましょう。 生から冷凍したキャベツは、解凍するとしなしなになるのでスープや味噌汁などに使うと良いでしょう。 加熱してから冷凍すると、比較的シャキシャキ感が残りやすくなりますので、コールスローや野菜炒めなどにおススメですよ。 キャベツを冷凍保存するデメリットはある? まず 一旦冷凍してしまうと、完全に元に状態に戻すことはできなくなってしまいます。 キャベツを凍らせると、細胞の中に含まれている水分も一緒に凍るんですが、その氷が細胞の壁を壊してしまうんです。 解凍すると、細胞が水分を抱えきれなくなって、外に出てきてしまいます。 冷凍してキャベツを解凍すると、塩で揉んだ時のようにしなっとするのはそのためなんです。 そして、もう一つのデメリットは 栄養価が下がってしまう可能性があるということです。 キャベツには、ビタミン類やカロチン、カルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。 冷凍しても栄養価はそこまで下がることはありませんが、解凍する時に水と一緒に水溶性のビタミンなどが出てしまうんです。 また長期間保存していると「冷凍焼け」を起こし、少しずつ酸化が進んでしまいます。 本来の栄養価を出来るだけ損なわないようにするには、冷凍・解凍をする時にいくつかのコツがあるんです。 なるべくキャベツの栄養価を壊さないように冷凍・解凍するコツとは? スーパーで売られている冷凍野菜は、工場でマイナス30度以下の冷凍庫に入れられ、急速冷凍されています。 この急速冷凍というのが、野菜の栄養価と美味しさを守る重要なポイントなんですが、家庭の冷凍庫ではせいぜいマイナス18度前後までしか下がらないので急速冷凍することができません。 それでも、 できるだけ時間をかけずに凍らせる工夫をすることが大事なんです。 まず、 フリーザーバッグに入れる時には、熱が早く逃げやすいように、出来るだけ平らに薄く広げるのがおススメです。 冷凍庫の温度設定を変えられる場合は、最も強いレベルに変えて下さいね。 そして 熱伝導の良いアルミ製のトレイの上に置いて冷凍すれば、完了です。 アルミ製のトレイがない場合は、アルミホイルでフリーザーバッグを包んでも大丈夫です。 そして、解凍する時にも素早く溶かした方が、水分やビタミンが逃げにくくなります。 アルミ製のトレイやアルミホイルに乗せたままの状態にしておくとそこに熱が伝わるので、より早く解凍することができますよ。 なるべく栄養を落とさない&解凍後もシャキシャキさせたいなら… 私も使っているこのスプレーは、 野菜を消毒して長持ちさせてくれたり、しなびた野菜を再びシャリシャリ・パリパリにしてくれます。 細く千切りしているので茹でる時間は短めにして、10秒以内でサッとお湯にくぐらせる程度にしましょう。 茹でたら冷水で冷やして、水気をしっかり切ってから冷凍します。 ほかにも、塩もみをしてから冷凍する方法もおススメです。 千切りしたキャベツに塩をまぶして、しんなりするまで揉んだら、塩を洗い流してキッチンペーパーで水気を吸ってから、フリーザーバッグに入れて冷凍します。 いずれの方法も、あらかじめ水分を抜いておくことがポイントなんですが、この方がシャキシャキ感が残りやすくなるんです。 ちなみにコンビニやスーパーで売っている千切りキャベツも冷凍することは可能ですが、生のまま冷凍するとしなしなになってしまいますので、食感を残したい場合は 茹でるか塩で揉むかをしてから冷凍するのがおススメです。 また、 袋に入ったまま冷凍すると酸化したり匂いがうつりやすくなるので、必ずフリーザーバッグに入れて冷凍しましょうね。 解凍する時は、冷蔵庫で自然解凍でもお湯をかけてもどちらでも大丈夫ですよ。 冷凍したキャベツの賞味期限はどれくらい? 加熱してから冷凍した場合はしっかり空気を抜いておけば1ヶ月から2ヶ月ほどもちますが、生のまま冷凍したキャベツは空気を完全に抜くことが難しいのでどうしても酸化しやすく、2週間から1ヶ月以内に消費するのがおススメです。 ちなみに冷蔵庫で保管した場合でも、丸いままの状態なら2週間以上もつんです。 冷蔵庫の野菜室の温度はだいたい3度~5度前後なんですが、この温度だとキャベツが劣化しにくく保存にちょうどいいんです。 ただし、キャベツを半分に切ったり、細かく切り刻んでしまうと切り口から雑菌が繁殖して、そこからどんどん腐敗が進んでしまいます。 切ったキャベツを冷蔵保存する場合は、大きさによって賞味期限が変わります。 みじん切りや千切りにした場合は2日から3日以内、ちょっと大きめのざく切りにした場合は1週間くらいが限度で、これ以上長く保存していると食中毒の危険性が高くなってしまいます。 キャベツをお湯で茹でると鮮やかな緑色になって、これにかつお節とお醤油をかけて食べたら、すごく美味しいですよね。 でも、お湯で茹でたキャベツを冷蔵保存すると、翌日には色が悪くなって風味も落ちてしまいます。 茹でキャベツの賞味期限はだいたい1日から3日程度なので、大量に茹でて食べきれなかった時には、フリーザーバッグに入れて冷凍保存してしまいましょう。 ただし 加熱してから冷凍しても保存できるのは最長で2ヶ月なので、3ヶ月以上経っても使い切れない時は破棄してくださいね。 キャベツの千切りを、もっと長持ち&シャキシャキにしたいなら… 二度目になりますが、ベジセーフはキャベツの千切りも長持ち&シャキシャキをキープしてくれます。 私の体感だと、 だいたい1. 気に入らなければ返金してもらえるので、よかったら使ってみてください。

次の

キャベツを新鮮に長く保存する方法!冷凍保存はできるの?

冷凍キャベツ 解凍

1キャベツの賞味期限 生野菜、すなわちキャベツには、明確な賞味期限というものはありませんが、「キャベツの新鮮なおいしさが保たれる期間」は存在します。 一般的には以下のようになります。 新鮮で美味しいキャベツを見分けるポイントは、以下の3つがあります。 2-1)葉の色の濃さとツヤ キャベツはたくさんの日を浴びると緑色が濃くなり甘くなるので、 葉の色の濃さは美味しさの証。 また外側の葉っぱにツヤがありパリッと硬さがあるものは水分が抜けておらず新鮮な状態です。 2-2)芯の切り口 キャベツの芯の切り口は、時間が経つほど黒ずんできます。 切り口がキレイな白色をしているものを選びましょう。 また芯が太すぎる場合は過度に成長し、葉が硬くなっています。 美味しいキャベツの芯の直径は、500円玉が目安です。 1-3)重さ キャベツは持った時に重みを感じられるもののがおすすめです。 ずっしりとしたキャベツはそのぶん葉がしっかりと詰まっていて、瑞々しく柔らかいのが特徴。 逆に軽いものは、葉が少なく、その分過度に成長しているため硬くなる傾向にあります。 2)まるごとキャベツの保存の仕方 最適な保管温度は0~5度なので、基本的に冷蔵庫で保存しましょう。 キャベツの保存の際に重要なのは、芯をくり抜くということ。 キャベツは収穫されても芯がついている限り成長は止まらないので、 芯をつけたまま保存すると葉の栄養が芯に奪われてしまうからです。 まるごとキャベツの具体的な保存方法は以下の通りです。 ティースプーンで芯の周りを刺しながら1周する• 芯を手で持ち、ゆすったり回したりして取る• 芯が取れた穴の中に湿らせたキッチンペーパーを詰める• 軽く湿らせた新聞紙でキャベツを包む• ビニールに入れて冷蔵庫で保管する 中が蒸れるので口は完全に縛らない 使うときに包丁で2つに切ると入り口から水分が抜けたり酸化して黒ずんだりしてしまうので、 周りから葉を1枚ずつはがして使用してください。 そして、 切り口から水分が逃げないように、切り口の部分をしっかりと密封して必ず冷蔵庫で保管します。 カットしたキャベツの保存方法は以下の通りです。 芯を切り落とす• 湿らせたキッチンペーパーで包む• ビニール袋に入れて冷蔵庫で保管する 口は完全に絞らない また、千切りキャベツの場合は、さらに保存期間が短くなります。 上記の方法を試してもすぐに乾燥して鮮度がなくなるので、 タッパーにいれ水を注いで保存するのがおすすめです。 そうすることで酸化や水分の蒸発を防ぐことが可能。 ただ水溶性のビタミンが流出してしまうので、栄養面は劣ってしまいます。 4)キャベツは冷凍保存ができる? 実はキャベツは冷凍保存が可能です。 冷凍することで長期保存が可能になり1ヶ月程度美味しく食べられます。 特にカットしたキャベツを購入した場合、すぐに使わない分は冷凍をするのといいでしょう。 またキャベツは生でも火を通してでも冷凍できるのが嬉しいポイントです。 生のキャベツを冷凍すると、解凍した時に水分が適度に抜けてドレッシングなどとの絡みがよくなります。 塩を使わずに塩もみをしたときのようなしんなり感になるので、減塩中の方にもおすすめです。 茹でてからの冷凍保存は、かさを減らせるのがメリットです。 解凍してから再調理する時に火を通すことになるので、少し固めにゆでるとよいでしょう。 5)キャベツを冷凍保存するときのポイント キャベツを冷凍するときは、 いかに短時間で冷凍状態にするかというのが大きなポイントです。 ゆっくりと凍らせると氷の結晶が大きくなり、キャベツの組織が壊れて食感や味を損ねてしまいます。 一方早く凍らせると氷の結晶が小さくなり、組織が壊れにくくなります。 まず、乾燥やにおい移りを防ぐためにしっかりと密閉できる保存袋に入れ、出来る限り空気を抜きます。 この時にあまり厚みを出さず平たくし、そのまま急速冷凍モードで冷凍してください。 急速冷凍機能がついていない冷蔵庫は、 保冷剤で挟んだり、熱伝導率の良いアルミのバットの上に乗せて凍らせたりすると早く冷凍できます。 また、生、茹で、千切り、ざく切り、みじん切りなど複数の種類を冷凍保存すると便利です。 凍ったまま調理ができるので、調理時間の短縮になりますよ。 6)まとめ キャベツの保存期間はカットすると短くなるので、まるごと買うのがおすすめ。 芯の処理を忘れず、新鮮な状態を保ってください。 期限内に食べられそうにない場合は早めに冷凍保存をするようにしましょう。 冷凍保存は1ヶ月程度の賞味期限に延びるので、食品ロスを減らせますよ。 ところで、 「数時間でいいから、誰かに家事を手伝って欲しい…」 とお困りの方、くらしのマーケットで家事代行をお願いしてみませんか? くらしのマーケットでは、プロの事業者が多数登録しており、口コミや作業内容、料金などから比較してサービスを予約することができます。

次の