バーコード作成。 無料オンラインバーコードジェネレータ

バーコードを作成する:エクセル2010基本講座

バーコード作成

スーパーや家電量販店、服屋さんにレンタルショップ、どんなお店を利用しても、たいていバーコードを見かけます。 そのような場所で働く人たちにとってはバーコードは無くてはならない物です。 また、バーコードを使わないような場所で働いていたとしても、QRコードなどもバーコードの種類の1つなので、意外と知らず知らずのうちに利用していたりすることもあります。 しかし、このバーコードについて、使っている人ですらよくその仕組みを理解できていない人が多いです。 単にバーコードに機械を当てれば情報が出てくる物という認識の仕方です。 これだけ生活に密着したバーコードなので、その仕組みや種類について知っておいても良いでしょう。 要は余白のことです。 バーコードは読み取るときにバーコードリーターを使用します。 バーコードリーダーでバーコードを読み取ろうとしたとき、バーコードのすぐ横に別の印刷がされていると、バーコードリーダーがその別の印刷までバーコードの一部と誤認してしまいます。 バーコードやバーコードリーダーの種類などによって、確保するクワイエットゾーンの大きさは多少変化します。 クワイエットゾーンが小さすぎると読み取れなかったり、読み取りが不安定になってしまいます。 クワイエットゾーンが大きすぎる場合は読み取りに問題はありませんが、商品に印刷するのはバーコードだけではありません。 他にも印刷しないといけない物はたくさんあるので、バーコードのためだけに広範囲を占有してしまうわけにもいきません。 スタートキャラクタとストップキャラクタ バーコードはバーコードリーダーという機械で読み取ります。 機械を使うので、人の目のように臨機応変に対応してくれたりしません。 ハッキリとした明確な指示が必要になります。 バーコードの場合はまず、どこからバーコードが始まって、どこでバーコードが終わっているか、バーコードリーダーにその判断ができるようにしないといけません。 このバーコードの始まりと終わりを示す部分がスタートキャラクタとストップキャラクタです。 バーコードの種類によって、このスタートキャラクタとストップキャラクタの持たせ方は変わります。 また、どのようなスタートキャラクタ、ストップキャラクタを使っているかによって、バーコードの種類を見分けることができたりもします。 データ スタート、ストップキャラクタからバーコードの種類を判断しようと思うと、これらのバーコードを読み取るにはソフトやアプリが必要になります。 今ではアプリを使うことで、スマホでもバーコードが読み取れます。 さらに読み取るだけでなく、バーコードを作成することのできるアプリもあるようです。 【Qrafter】はQRコードとバーコードの読み取りと作成ができるアプリです。 ただし、バーコードが作成できるのは有料版だけのようです。 【ZBar】は読み取れるバーコードの種類が多いのでお勧めです。 また読み取りのスピードも速いのでストレスなく使うことができます。 【mobiscan】は仕事の場でも使えるほど高性能です。 ボタンを押しているときだけ読み取りが有効になるので、読み取りのミスが減ります。 多くの種類のバーコードが読み取り可能で、読み取ったデータをCSV形式で保存することもできます。 国コードという物も存在します。 正式にはGS1プリフィックスと呼ばれる物です。 GS1プリフィックスは商品の発売元、製造元、輸入元がどの国の企業かを表わす物です。 商品の原産地を表わすものではないので注意してください。 たとえば、身近な商品のJANを見てみると、ほとんどの商品が49か45から始まっているはずです。 バーコードリーダーなどが無くてデータの確認ができなくても、商品によってはバーコードの下に数字が書いてあるものもあります。 この49と45は日本の企業や団体、個人事業主の商品であることを示しています。 また、GS1加盟国が増えてきたことで、国コードが2桁から3桁に増えました。 3桁に増えてからは490や450と表示されるようになりました。 カスタマーバーコード.

次の

バーコード作成、QRコード作成

バーコード作成

バーコードの種類を選ぶ【JANコード or ITFコード】 流通販売において、商品登録や管理用に必須なのがバーコード。 量販店ではPOSシステムを使って商品を管理しているので、バーコードの表示はほとんど義務となります。 私たち消費者が量販店で見かけるバーコードのほとんどが「JANコード(別名EANコード)」と呼ばれるものです。 JANコードの他には工業用の「ITFコード」「CODE39」「CODE128」書籍用の「ISBNコード」など、100種類以上ものバーコードが存在しているようです。 バーコードの種類と用途について 日本や海外で商品を流通させるときに必要なバーコードは2種類。 「JANコード」と「ITFコード」です。 北米(アメリカ・カナダ)の一部地域ではJANコードに互換性がないところもあるらしく、UPCコードという北米規格のバーコードを使用しているようです。 その他の国ではヨーロッパ規格の「EANコード」というバーコードが使用されていますが、これはJANコードと同じもの。 結果、JANコードを取得しておけばおおよそどこの流通でも使用可能ということです。 補足:UPCコードとは 北米(アメリカ・カナダ)で使われている12桁の商品コード。 もともとはこのUPCコードが一番古く、JAN(EAN)コードの元になっているらしい。 北米の一部の地域ではEANコードやJANコードの互換性がなく、このUPCコードのみ対応という場所もあったようですが、2005年以降はPOSレジが13桁に対応したため、改善されているとの噂(企業によって違うので要確認)。 そして、バーコードには「商品用」と「物流用」とがあり、商品用のバーコードが「JANコード」、物流用のバーコードが「ITFコード」になります。 商品用バーコードとは、商品一つに対して設定するJANコード、物流用バーコードとは、集合包装(ダンボールや梱包箱)に対して設定するITFコードです。 例: タバコ1箱…JANコード タバコ1カートン…ITFコード (もしくは) タバコ1箱…JANコード タバコ1カートン…JANコード タバコ1パレット…ITFコード JANコードとは(商品用コード) 日本国内では一般的に使われているJIS規格の流通(商品)コードをJANコードと呼び、世界共通のEANコードとも互換性があります。 表示タイプは 標準タイプ(コード13桁)と 短縮タイプ(コード8桁)の2種類がありますが、海外でも使用できるバーコードは13桁の標準タイプのみです。 国内販売限定なら8桁の短縮タイプが使用できます(バーコードを表示する面積が狭い場合など)。 ちなみに13桁のJANコードを取得してからでないと8桁の短縮タイプは使用できないとのことなので、結局13桁のJANコードが必須ということになります。 ITFコードとは(物流用コード) 主に卸売で必要な流通用バーコード。 パレット、ケース、カートンという単位で販売する時に必要です。 同じJANコードの商品が入ったケースでの販売や管理に使用します。 数字は13桁のJANコードがベースになっており、 先頭に1〜8の管理番号をつけた14桁のコードになります。 形はJANコードとは違い、横に細長く、周りに黒の太いライン(ベアラバー)で囲まれているのが特徴です。 バーコード(JANコード)の番号(数字)を取得する まずはJANコードの13桁のコードを取得することからスタートです。 一般社団法人 流通システム開発センターからコードの取得を行います。 よくわからない場合は公式サイトので流れをチェック! バーコード(JANコード)の作成手順 JANコード(13桁の数字)はどうやって手に入れるのでしょうか。 まずは最初の9桁である 事業者コード(国番号含む)の取得から始めます。 事業者コード取得のため、事業者登録をする まずは事業者登録を済ませ、9桁の事業者コードを取得します。 コードの取得はインターネットからできます()。 注意:JANコードは有料です JANコードの取得と管理は有料です。 GS1事業者コード登録申請料というものが3年ごとにかかります。 料金は年商によって変動するみたいなので、詳細はの一番下の欄で確認するか問い合わせてみましょう。 注意:仲介業者や代理店はバーコードを登録できない? メーカー側がバーコードを持っていない場合はメーカー側(事業者側)にバーコードの取得を依頼しましょう。 もしなにかの理由で仲介業者や販売代理店がバーコード取得する必要が出たなら、事業者以外でも登録ができるのか確認のため問い合わせをおすすめします。 (基本的には事業者以外の登録はできない) 2. 商品アイテムコードを決める 9桁の事業者コードを手に入れたら、次に続く 3桁の商品アイテムコードを決めます。 これは自由に決めてOK。 基本的には001から999までの数字で順番に登録していくみたいです。 これで12桁の商品コードが決まりました。 13桁まであとひとつ! 3. チェックデジットを算出する 最後の1桁はチェックデジットというエラーチェック用の数字です。 この数字はから計算できます。 入力フォームに12桁の数字を入れ、計算ボタンを押すだけ。 以上で13桁全てが揃い、JANコードが完成しました。 では、印刷表示用のバーコードを取得しましょう。 バーコード(JANコード)を印刷用データに変換する(JANシンボルの作成) みなさんがよく目にする印刷されたバーコードは「JANシンボル」といいます。 コードを手に入れたところで、印刷用の JANシンボルを作りましょう。 というサイトに13桁のJANコードを入力すれば、印刷用のバーコードデータをダウンロードできます。 バーコード(JANシンボル)を無料で作成するソフト というサイトでバーコードを作ることができます。 手順は以下の通り。 トップページから「JANコード(標準/短縮)」を選択。 フォーム枠内に13桁のJANコードを貼り付け、「バーコードを作成する」ボタンを押す。 PNG(画像)データとEPS(ベクター)データを取得。 こちらのサイトではチェックデジットを自動計算してくれるみたいです。 そして、同時に8個のバーコードを作れるみたいなので、商品数が多い場合はとても便利です。 バーコード(JANコード)を印刷する(表示方法とマーキングマニュアル) ダウンロードしたJANシンボルを印刷するときに気をつけるルール(マーキングマニュアル)をまとめてみました。 6cmですので、これをベースに計算します。 トランケーションという黒いバーの高さを削る方法もありますが、 海外向けの商品では読み取れないらしいので注意。 国内流通のみ使える方法です。 JANコードに必要な余白(クワイエットゾーン) JANコードは白と黒のストライプが基本のため、周りの余白で始まりと終わりを示す必要があります。 特に左右の余白には規定があり、 左側は黒いバーから3. 63mm、右側は黒いバーから2. 上下の余白に対しての規定はありませんでした。 JANコードの色と背景 白黒が推奨ですが、明暗がはっきりとわかるコントラストの色ならOKだそうです。 ただし、スキャナーは赤色なので、 赤系の色は読み取れず、NGです。 その他、気をつけるべきポイントをまとめました。 背景によっては白の下地印刷が必要(黒や紺の色紙、透明フィルム、金紙や銀紙、パールや偏光系の紙など)• 和紙や凹凸のある加工紙には大きめに印刷してかすれや歪みを回避する スキャナーの光を反射する素材や透き通る素材に印刷する場合は、シルク印刷やインクジェット印刷で白の下地を印刷する必要があります。 デザイナーなら覚えておきましょう。 コストが結構変わります。 JANコードの表示場所 平面でまっすぐな場所であればどこでもOK。 向きは縦でも横でも可能です。 気をつけるのはペットボトルなど円柱形の容器。 曲面に印刷をする場合は、JANコードの 直径の湾曲が60度を超えないようにする必要があるようです。 球体の場合はシュリンクフィルムに印刷するか、外にタグなどを引っ付ける必要があるでしょう。 フィルム包装(スナック菓子など)のシワにも気をつけましょう。 ピンと伸ばせる部分がない複雑な放送の場合、読み取りが困難になります。 糸こんにゃくのパッケージとかが当てはまるんでしょうか??レジで通りにくい商品、たまにありますね。 まとめ:バーコードは有料登録で取得でき、印刷用データは無料で作成できる バーコードの作り方を知らなかった私としては、今回のお仕事を通じてとてもいい勉強になりました。 今後、オリジナル商品を展開しようと思ってらっしゃる方にはちょうどいいマニュアル記事ができました。 流通にバーコードが必要となったとき、またこの記事を読み返してみようかと思います。 おまけ:バーコードのフォント フリーフォントのサイト大手「dafont(ダフォント)」では、バーコードのフォントがたくさんダウンロードできます。 色んな種類のバーコードが使えるので面白いですよ。 バーコードのフォントはこちら:.

次の

JANコード標準/短縮の作成|バーコードどころ

バーコード作成

バーコード作成マニュアル• バーコードについて• バーコードの活用方法について• 各種大会・会議(京都会議・復興創造フォーラム・サマーコンファレンス・ 全国会員大会)においてのセミナー・フォーラム等の入場確認に活用いたします。 お持ちでない場合には別途、受付して頂く場合がございます。 バーコードに記載されている情報について• バーコードにはLOM認証番号及び会員番号、LOM名、氏名のデータのみ 登録されております。 バーコード作成方法• 初回配付以降、新入会員や紛失者に関しては、各LOMにてバーコードの作成を お願いいたします。 バーコードの作成方法については下記をご参照ください。 (PDF)• (PDF)• (ダウンロードページ)• (PDF)• バーコードデータのみ作成する場合• バーコードデータのみ簡単に作成したい方(バーコードに名前、LOM名を入れる必要が無い方)は、下記サイトをご参照頂き、作成をお願いします。 (外部サイト)• コードの種類はCODABAR(NW-7)としてください。 ラベルの種類は特に変更する必要はありません。 ラベルの幅 50mm、高さ 15mmとしてください。 印刷ボタンを押し、印刷してください。 JCIメインイベント.

次の