天王寺 スポーツ センター。 天王寺スポーツセンター【大阪のフットサルコート一覧】

天王寺スポーツセンター【大阪のフットサルコート一覧】

天王寺 スポーツ センター

7月 時間帯 開催場所 A 10:00~11:45 第1・第2 中 止 B 12:30~14:15 第1体育場 C 14:30~16:15 8月 時間帯 開催場所 8日 土 A 10:00~11:45 第1・第2 バド・卓球 B 12:30~14:15 第1体育場 バド C 14:30~16:15 バド 9月 時間帯 開催場所 12日 土 A 10:00~11:45 第1・第2 バド・卓球 B 12:30~14:15 第1体育場 バド C 14:30~16:15 バド• 可能な限り着替えをすませての来館をお願いします• 運動時以外は、マスク着用をお願いします• 先着順で受付します。 上履きを必ずお持ちください 利 用 料 金 各スポーツ センター こども 小学生以上 100円 おとな 16歳以上 200円 幼児・障がい者 介護者 無料• 幼児・障がい者の方は、証明できるものをご提示ください。 一部、上記料金と異なる場合があります。 開放DAYの注意点• フロアシューズをご持参の上、活動に適した服装でご利用ください。 予約なしで利用できますが、混雑時はお待ちいただくことがあります。 ラケットや球などの用具類は、各施設でも貸出しております。 各時間終了ごとに休憩・入れ替えがあります• 特別な理由がないかぎり、お車でのご来場はご遠慮ください。 介護者とは、障がい者が施設を利用する際に、安全かつ適切に利用していただけるよう介護する目的のため入場していただく方です。 一緒にご利用(一緒にラリーをする等)される場合は利用料金が必要となりますのでご了承ください。 都合により開放DAYが開催されない日や時間帯がありますので、ご利用の際には各施設にお問合せください。

次の

天王寺スポーツセンター【大阪のフットサルコート一覧】

天王寺 スポーツ センター

【令和2年5月29 日時点】 大阪市では、「緊急事態宣言」を受けて、経済戦略局所管スポーツ施設(64施設)を臨時休館しておりましたが、大阪府が令和2年5月21日に緊急事態宣言の区域から解除されたため、令和5月22日にスポーツ施設のうち庭球場(5施設)を再開いたしました。 これに続き、令和2年6月2日(火曜日)から残る59施設のスポーツ施設を再開いたします。 また、同日から、トレーニング場を再開、鶴見緑地プール(屋外)を開館します。 (注)新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、一部、利用の制限を行う場合があります。 なお、施設の再開に際しては、「感染拡大予防にかかる標準的対策」(大阪府)及び「社会体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」(スポーツ庁)に基づいた施設運営及び各施設の状況に応じた対策を講じたうえで、利用者の皆様にも当該対策へのご理解をお願いしてご利用いただきます。 トレーニング場については、「トレーニング場ご利用の注意点」に基づき、運営いたします。 今後も、感染状況等社会情勢により判断してまいりますが、ご理解とご協力をお願いします。 (注)城東屋内プール、長居球技場は工事中のため、 東淀川屋内プールは 調整中のため引き続き休館いたします。 なお、 トレーニング場は再開いたします。 屋外プールのオープンは、別途お知らせいたします。 今後の新型コロナウイルスの感染状況の変化により、臨時休館となる場合があります。 大阪市立スポーツ施設(59施設) 北スポーツセンター、扇町プール、都島スポーツセンター、都島屋内プール、福島スポーツセンター、下福島プール、此花スポーツセンター、中央スポーツセンター、中央屋内プール、修道館、大阪城弓道場、西スポーツセンター、西屋内プール、中央体育館、港スポーツセンター、大阪プール、千島体育館、大正スポーツセンター、大正屋内プール、天王寺スポーツセンター、真田山プール、浪速スポーツセンター、浪速屋内プール(浪速アイススケート場)、西淀川スポーツセンター、淀川スポーツセンター、淀川屋内プール、東淀川体育館、東淀川スポーツセンター、東淀川屋内プール(調整中)、東成スポーツセンター、東成屋内プール、生野スポーツセンター、生野屋内プール、旭スポーツセンター、旭屋内プール、旭プール、旭児童プール、城東スポーツセンター、城東屋内プール(工事中)、鶴見スポーツセンター、鶴見緑地プール(屋外含む)、阿倍野屋内プール、阿倍野スポーツセンター、住之江スポーツセンター、住吉スポーツセンター、住吉屋内プール、東住吉スポーツセンター、長居プール、長居球技場(工事中)、平野スポーツセンター、平野屋内プール、西成スポーツセンター、西成屋内プール、鶴見緑地球技場、鶴見緑地運動場、南港中央野球場、長居陸上競技場、長居第2陸上競技場、長居相撲場 (注)鶴見緑地プールは、屋外プールも合わせて開館いたします。 城東屋内プールは、令和2年7月中旬から再開予定 長居球技場は、令和3年3月31日まで工事中のため休館 (令和2年6月17日更新) 東淀川屋内プールは、 天井窓(トップライト)に不具合が見つかりました。 現在、原因を究明中であり、対策できるまで休館いたします。 再開の目途がつきましたら改めてお知らせいたします。 ご不便をおかけ いたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 (令和2年6月18日更新) 鶴見緑地プールは停電のため令和2年6月17日(水曜日)から令和2年6月19日 金曜日)まで臨時休館しています。 令和2年6月20日(土曜日)から再開いたします。 (令和2年6月24日更新) 住之江スポーツセンター第1体育場については、天井点検のため当面の間利用を休止します。 第2体育場は利用可) ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

次の

OPAS

天王寺 スポーツ センター

天王寺スポーツセンター 天王寺スポーツセンターはプールやアイススケートを楽しむことができるスポーツ施設。 子供たちをプールやアイススケートに連れていきたいときに、ぴったりですよ! 天王寺スポーツセンターは真田山プール、屋外アイススケート場、トレーニング場、体育場などのスポーツに関する施設が揃っています。 大阪市内でプールやアイススケートを楽しみたいときに、天王寺スポーツセンターは有力候補となるでしょう。 真田山プールは通年使える屋内25メートル温水プールを備え、夏季だけ利用できる屋外50メートルプールもあります。 屋外アイススケート場は冬季だけの利用となりますが、体育場にはバスケットボール、バレーボール、バドミントン、テニス、卓球をプレイできる施設があります。 今回は、いろいろなスポーツを楽しめる天王寺スポーツセンターへ行ってきたので、おすすめや感想を写真を交えて詳しくレビューします。 天王寺スポーツセンターの料金と割引制度はあるの? 施設によって料金の異なる天王寺スポーツセンターのスポーツ施設。 ヘビーリピーターにはお得になる制度もあります。 天王寺スポーツセンターのスポーツ施設は有料で、施設によって利用料金は異なります。 まずは行く前にどんな料金になっているのかチェックをするといいでしょう。 公的な施設なので料金は全体的にリーズナブルになっています。 屋外アイススケート場の入場料金は大人(16歳以上65歳未満)1200円、高齢者(65歳以上)800円、子ども(6歳以上16歳未満)600円。 高校生以上は大人扱いとなってしまうので注意です。 幼児 6歳未満 と障がい者等は無料となります。 ただし、入場料金の他にスケート貸靴400円が必要となります。 ちなみに付添観覧者は200円必要です。 お得情報!何度も通いたい人には、お得になる貸靴つきのシーズンパスがあります。 大人(16歳以上65歳未満)23760円、高齢者(65歳以上)12960円、子ども(6歳以上16歳未満)12960円。 ちょっと高額になりますが、これさえあれば休館日を除き毎日通えますので、ヘビーリピーターにはお得になりますよ。 屋外50mプールの入場料金は大人(16歳以上65歳未満)400円、高齢者(65歳以上)150円、子ども(6歳以上16歳未満)150円と格安です。 屋内25mプールの入場料金は大人(16歳以上65歳未満)700円、高齢者(65歳以上)350円、子ども(6歳以上16歳未満)350円となっています。 こちらも高校生以上は大人扱いとなってしまうので注意です。 保護者同伴 16歳以上 の場合の6歳未満の幼児と障がい者等は無料となります。 お得情報!屋内25mプール用の1か月間有効となる定期券があります。 大人(16歳以上65歳未満)4900円、高齢者(65歳以上)2450円、子ども(6歳以上16歳未満)2450円。 月に7回行くと元が取れますよ。 こちらも定期券の有効期間中は休館日を除き毎日通えますので、ヘビーリピーターにはお得になります。 体育場の利用料は時間の区切りで細かく決められています。 第1体育場は9:00〜12:00は平日1400円、土・日・祝1680円。 12:00〜15:00と15:00〜18:00は平日1950円、土・日・祝2340円。 18:00〜21:00は平日2500円、土・日・祝3000円。 第2体育場・多目的室は9:00〜12:00は平日1200円、土・日・祝1440円。 12:00〜15:00と15:00〜18:00は平日1800円。 土・日・祝2160円、18:00〜21:00は平日2400円、土・日・祝2880円。 体育場の利用は事前の申し込みが必要となります。 パソコンでオーパス・スポーツ施設情報システムにアクセスして申し込むことができますよ。 URLは以下の通りです。 天王寺スポーツセンターはどんなところ?見どころは? 天王寺スポーツセンターの見どころは真田山プールや屋外アイススケート場。 子供たちが目いっぱいプールやアイススケートで楽しめる場となっています。 天王寺スポーツセンターには屋外で楽しめるプール兼アイススケート場があります。 6月1日〜9月20日の間は屋外50mプール、12月1日〜3月10日は屋外アイススケート場となるのです。 またこの施設とは別に、年中使うことができまる屋内プールも建物内に備えています。 これらの広々としたスポーツ施設が天王寺スポーツセンターの見どころとなります。 プールやスケートリンクに入場するには、まず天王寺スポーツセンターの建物内に入り、チケットを入手して専用の入り口から入る必要があります。 はじめて利用する場合は、入り口すぐにある受付で利用法をよく聞いておくといいでしょう。 料金表は受付すぐのところに張り出されています。 それぞれの施設によって利用料は違うので料金表を見て確認しましょう。 自動チケット販売機が設置されていますのでそこで当日チケットは入手できます。 屋内25メートルプールでは、小学4年生以下の子供は16歳以上の保護者が同伴でないと入場できないので注意が必要です。 (保護者1名につき小学4年生以下の子供3名までが入場可) また水泳帽子の着用は必須で、浮き輪などの遊具の持ち込みはできない決まりです。 屋内プールには保護者などが見守るための観客席が設けられています。 わが子の様子が心配な人にとってはこういう配慮はありがたいですよね。 見守ることができると安心にもつながります。 観客席は飲食禁止となっていました。 もちろんプールでの撮影は禁止です。 わが子の様子をついついスマホで撮影したくなりますが、ここはエチケットとして気を付けましょう。 スケートリンク施設は屋外となるのですが、入場は建物の中からとなります。 まずはスケート靴をチョイスするところから始まります。 こちらが屋外のスケートリンク兼屋外プールです。 空の下でアイススケートやプールで遊べる貴重な施設となっています。 屋外の開放的な中でスポーツするのってほんとに気持ちがいいですよね。 こちらにも観覧者のためのベンチが用意されています。 屋外プール利用の場合も未就学児は16歳以上の保護者の同伴が必要となります。 保護者1名につき子供3名までが入場可能。 浮き輪だけ持ち込み可です。 天王寺スポーツセンターに休憩できるところはあるの? 天王寺スポーツセンターの随所に用意されているソファーは、プールやアイススケートが終わった後の集合場所としても使えます。 天王寺スポーツセンターにはソファーが随所に設置されているので休憩場所には困りません。 まずは入り口すぐにソファー発見!施設の利用者ならば自由に使うことができます。 プールやアイススケートで遊び終わった子供たちが出てくるのを、ここで待つこともできますよ。 地下一階のフロアにも同じくソファーが用意されています。 屋内プールをファミリーで利用した際の待ち合わせ場所にちょうどいいですよ。 天王寺スポーツセンターのトイレと設備は? 天王寺スポーツセンターにトイレはあります。 貴重品などを預けて置けるフリーボックスという設備もあるので安心ですね。 天王寺スポーツセンターの複数個所にトイレは設置されています。 有料の施設の中に入らなくても、天王寺スポーツセンターの入り口すぐにも、誰でも使えるトイレがありますよ。 トイレは清潔に保たれていました。 トイレットペーパーもちゃんと補充されていましたよ。 広さは普通で手すりなどの設備はありませんでした。 自動販売機が置かれているので、スポーツ後の喉の渇きをここで癒すことができます。 フリーボックスという設備もありました。 プールなどに入るときに気になるのが貴重品ですが、ここに預けるというのも手ですよ。 天王寺スポーツセンターへのアクセス(行き方)は? 天王寺スポーツセンターは大阪シティバス「天王寺スポーツセンターバス停」下車すぐ。 車なら阪神高速1号環状線道頓堀出口から8分ほどで到着です。 天王寺スポーツセンターに行くにはまず、JR環状線「玉造駅」に向かいます。 駅から徒歩で約6分の場所にある大阪シティバス「玉造バス停」から18系統のバスに乗って「天王寺スポーツセンターバス停」で降ります。 バス停から天王寺スポーツセンターは目と鼻の先です。 車で行くなら、阪神高速1号環状線の道頓堀出口で降りるといいでしょう。 道頓堀出口から約8分で着きます。 天王寺スポーツセンターの入り口すぐ横には真田山公園駐車場があります。 真田山公園という名称がついていますが、天王寺スポーツセンターの利用者がここに停めても大丈夫です。 料金は1時間350円で9:00〜21:00の間利用することができます。 また無料で利用できる駐輪場もあるので、近くの人は自転車で行くのもいいですね。 天王寺スポーツセンターのおすすめ度は? 子供たちのプール遊びの場にピッタリ。 大阪で数少ない貴重なアイススケートを楽しめる場でもあります。 天王寺スポーツセンターは、子供たちのプール遊びの場としておすすめです。 特に夏休みには屋外プールで思いっきり水遊びができますよ。 スポーツクラブに入らなくても、年中使える屋内プールが利用できるのも利点です。 泳ぎを上達させたいと思っている子供を連れていくのもいいでしょう。 大阪でも数少ない、貴重なアイススケートリンクもある天王寺スポーツセンター。 フィギュアスケートの人気で、アイススケートに興味を持った子供たちを遊びに連れていく場としてもおすすめです。 天王寺スポーツセンターの施設概要 住所 大阪府大阪市天王寺区真田山町5-109() 連絡先 06-6765-0043 最寄駅 大阪シティバス「天王寺スポーツセンターバス停」 アクセス <公共交通機関を利用する場合> 大阪シティバス「天王寺スポーツセンターバス停」下車すぐ <車を利用する場合>阪神高速1号環状線道頓堀出口から約8分 営業時間 9:00〜21:00 休館日 月曜日(月曜日が休日の時はその次の平日)年末年始(12月28日〜1月4日) 料金 利用施設によって異なる 駐車場 あり(1時間350円) 公式サイト (大阪市OPAS施設情報提供サービス).

次の