アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください。 注意情報|一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター

Amazonからのご挨拶です。と言うメールが時々来るが・・・?本当のAmazon...

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

以下は弊社へ送られてきたスパム・フィッシング・ウィルスメールです。 個人情報や金融口座の情報を収集される恐れがあります。 表示されているURLはダミーです。 差出人:Amazon Care 件名:アカウント情報を更新、確認してください。 お客様のアカウントの保護を重視しております。 ログイン方法は少し尋常ではないので、アカウントがAmazonの利用規約を満たしていることを確認するために、アカウント情報を更新および確認してください。 情報の確認と更新 必要な情報を確認および更新しないと、アカウントおよび販売活動が停止される可能性があることにご注意ください。 画面の指示に従って変更または確認を行ってください。 ご理解いただきありがとうございます。 Amazon.

次の

注意情報|一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

長いドメインは怪しい証拠 これはうちの事務所のドメインですが、全く存在しないメールアドレスへ届いたメールです。 これって「」のAmazonバージョンですね。 内容は全く同じだし。 これはどう見ても200%ブラックメールです! 軽く冒険してみる マネしないのはお約束。 責任持てませんので!! おっと、こう来たと言う事は… やっぱり! まだ動作していますね。 接続されたURLは 暗号化されてない無防備なサイトですね。 Amazonたるもの絶対にそんなサイト作りません! しかし、長ったらしいドメイン取ったものですね。 もう少し短いの無かったんでしょうか? 適当に入力して先に進んでみる。 もちろんでたらめに入力しますよ 笑 カードの情報も詐取されました。 当然これもでたらめですけどね 笑 ここで閉じるを押すと本当のアマゾンのトップページに接続されました。 因みにメールをHTMLからTEXT形式に切替えて見たところ最終行にワードサラダがありました。

次の

アカウント情報を更新、確認してください|Amazonから?|注意!詐欺メール対処法

アカウント 情報 を 更新 確認 し て ください

Amazonカスタマーサービスと思わせる差出人からの通知。 差出人:Amazon タイトル:今すぐあなたのアカウントを確認してください。 本文: アカウントが一時的に停止されました。 これは通常、次のいずれかによって引き起こされます。 ・複数のログイン失敗 ・不正確なアカウント情報 ・不正なアカウント操作 ・認識されていないデバイスからログインしてください あなたのアカウントにログインし、以下のリンクをクリックすることで解決し ログイン あなたの詳細を保護するだけで完了するまで数分かかります。 宜しくお願いします AMAZONカスタマーサービス Amazonのアカウント情報がおかしいという警告通知です。 本文の日本語がちょっとおかしいですね。 書いてるの、日本人じゃないでしょ? みたいな文章です。 これは あなたの個人情報を盗み取ろうとする詐欺メールです。 URLへアクセスせずにゴミ箱へ捨てることをお勧めします。 ログインしようとしてはダメ! とはいっても、気になるのでアクセスしてみました。 本物とそっくりのログイン画面 ログインしてしまった! このようなメールを受け取ったら、迷わずゴミ箱へ捨ててください。 メール開封だけでは悪い影響はないと思います。 万一、ログインしてしまったり、個人情報を入力してしまった場合には以下の対応をお勧めします。 アカウント・パスワードを入力した! もし、本物のサイトと間違えてログインアカウントのメールアドレス・電話番号、パスワードを入力してしまった場合、Amazonに登録しているアカウント情報を変更しましょう。 アカウントIDを変更したくない場合でも最低限パスワードは変更してください。 また、同じメールアドレス・パスワードの組み合わせを利用する他のサービスがある場合には、そちらでもパスワードを変更するのがより安全。 クレジットカードを入力した! クレジットカード番号を入力してしまった場合には、まずカード会社へ相談してみましょう。 万一、不正利用が発覚したとしてもカードの盗難補償の対象となる場合があります。 住所・氏名を入力した! 住所・氏名・生年月日などの個人情報を入力してしまった場合には少し困りものです。 実害が予測できないのですぐ対応できることが思いつきません。 ただ、心配しすぎることはありません。 万一なにかのトラブルに遭った場合には、警察・消費者生活センターなど相談できる窓口はあると思います。 どこから情報が流出した? 今回のメールに関しては、Amazonからの情報漏えいではありません。 相手はメールアドレスしか知らないのですから、過去に迷惑メールを送ってきていた相手が送信元をかえて送ってきただけのようです。 心配し過ぎずメールはゴミ箱へポイしてください。 誰がこんな詐欺サイトを? 目的は個人情報の取得。 氏名とカード情報があればいろんなサービスでカードの不正利用ができそうですし、新たにサービスを利用する際の登録情報として住所や生年月日などの情報もあるとありがたいってことなのでしょう。 サイト自体はうまく作っていると思うのですが、よく見れば詐欺サイトってすぐわかるじゃないですか。 気合は入っているのですが、日本語がおかしかったり、作りが粗雑な部分があったりします。 犯人は外国人でしょう。 中国が多い印象。 僕のもとには過去、今回と似たような文面で、タイトルのみ 「アカウント内のAmazonの支払い情報を更新してください」や 「あなたのAmazonアカウントは無効になります」というメールが届いたこともあります。 URLは毎回少しずつ替えているようですが、サイトの作りはほとんど一緒。 以前は、管理が甘い一般企業サイト(海外)をハッキングして、そこへフィッシングサイトを併設するというケースが多かったのですが、最近は詐欺専用の独自ドメインを取得してサイト開設するという気合の入れよう。 困ったものです。

次の