ご理解くださりありがとうございます。 ご配慮頂きありがとうございます。って英語でなんて言うの?

「ご理解」の意味と使い方、類語「ご了承・ご容赦」との違い、敬語、英語表現

ご理解くださりありがとうございます

この記事の目次• ご理解いただきありがとうございます の意味 「ご理解いただきありがとうございます」は「理解してもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 すると意味は「理解してもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご理解」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 理解 = 理解すること• すると「ご理解いただきありがとうございます」の意味は… 「理解してもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 「ご理解いただきありがとうございます」敬語の種類 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「ご理解いただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「ご理解いただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「理解」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「理解」に謙譲語「お・ご」で 「ご理解」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「ご理解いただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 ご理解いただきありがとうございます の使い方 つづいて「ご理解いただきありがとうございます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、「理解してもらいたい」とお願いしたメールに返信がきたとき。 お礼として「返信の返信メール」に使います。 書き出しのお礼に使うとよいでしょう。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「返信ビジネスメール書き出しの挨拶」 「ご理解いただきありがとうございます」はとくに返信ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 具体的にはたとえば、 在庫が無くて納期をのばすよう依頼して「OK」との返事をもらったとき。 -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 またこのたびの納期遅延に際して ご理解いただき厚くお礼申し上げます。 のようにして使うと丁寧です。 「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」が丁寧 ただ注意点として「ありがとう」よりも「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」としたほうが丁寧な印象となります。 お礼のフレーズは「ありがとう」だけじゃなくって本当にたくさんあります。 お詫びをともなう時は「ご了承」「恐縮」などを使うと丁寧 またお詫びシーンでは「ご理解」よりも「ご了承=納得すること」とするほうがベター。 さらに「お礼」よりは「恐れ入ります=申し訳なく思う」「恐縮です=恐れ入ります」というように申し訳なく思う気持ちをあらわすフレーズをつかったほうがよいシーンもあります。 そうすると…以下の例文のほうがよいでしょうね… -ビジネスメール例文- 在庫不足によりご迷惑をおかけしており誠に申し訳ございません。 また納期に関しまして ご了承いただき大変恐れ入ります。 ご留意ください。 「ご理解いただき vs ご理解くださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 ご理解いただきありがとうございます」と似たような表現には 「 ご理解くださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認を。 「まして」の部分は丁寧語「ます」+接続詞 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「ご理解いただく=理解していただく」なのか「ご理解くださる=理解してくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご理解いただきありがとうございます」「 ご理解くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご理解 くださいますようお願い致します」 「ご理解 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご指導 くださりありがとうございます」 「 ご指導 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。 本来でしたらどれも丁寧な敬語であり同じように使えます。 「ご理解」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご理解いただきありがとうございます」だけでなく、いろいろ使える「ご理解」の例文を紹介しておきます。 どの例文も上司や目上・取引先などのビジネスメールに使える丁寧な敬語フレーズにしています。 ご参考にどうぞ。 謝罪・依頼・お願いビジネスメール結びに使う「ご理解」 お礼シーンだけじゃない「ご理解」の使い方。 ほかには何かしらの不都合がおきて目上や上司・取引先に「理解してほしい」とお願い・依頼をするときのビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 具体的にはたとえば、休業の案内メールをするとき。 -ビジネスメール例文- 平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 このたび、店舗リニューアルにともない下記の期間を休業とさせて頂きます。 いろいろな「ご理解」の例文 あとは以下のような例文を使ってもよいでしょう。 例文「ご理解くださいますようお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるようお願いします」• 例文「ご理解のほどお願い申し上げます」 意味は「理解してくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご理解いただければ幸いです」 意味は「理解してもらえたら嬉しいです」• 例文「ご理解いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらいたいと思います」• 例文「ご理解いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「理解してもらえたらと思います」 「ご理解いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 まぁ、ようするにどれも「理解してね!よろしく」という意味なのです。 ・「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり「いただく」と同じ ・「存じる」は「思う」の謙譲語 ・「いただきたく」は謙譲語「いただく」+願望「~たい」 ・「いただければ」は謙譲語「いただく」+可能形+仮定「たら・れば」 「お願い申し上げます=お願い致します」 ところでビジネスシーンでは、 「ご理解くださいますようお願い申し上げます」としても丁寧ではありますが… 「ご理解くださいますよう お願いいたします」「ご理解くださいますよう お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「ご理解くださいますよう 何卒よろしくお願い申し上げます」 頭の片隅にいれておきましょう。 前置きに気づかいのフレーズを! 「ご理解」の前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「誠に恐縮ではございますがご理解〜」 「大変恐縮ではございますがご理解〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「誠に恐れ入りますがご理解〜」 「大変恐れ入りますがご理解〜」 「たびたび恐れ入りますがご理解〜」• お手数=お手間 「誠にお手数お掛けしますがご理解〜」 「大変お手数ではございますがご理解〜」•

次の

「いただきありがとうございました」の例文・「くださり」との違い

ご理解くださりありがとうございます

ふたたび志恩さんへ。 ご返答ありがとうございます。 拝見しました。 トキさん掲示板の有名な古参投稿人で信用できる人は志恩さんだけです。 それで、このようにこだわっているのです。 12169 日時:2020年06月13日 土 19時07分 名前:秋葉原本流オールドマニア 志恩さん。 ご返答、ありがとうございます。 秋葉原本流オールドマニアさん 29310 を拝見しました。 愚論を読んでくださり、ありがとうございます。 愚論への御返答を拝見して、「志恩さんは、理由はともあれ電話等による本部や総裁への抗議を行うつもりはないようだ」と、理解しました。 それで間違いないことと思います。 また、「これは志恩さんのご意見が正しいかもしれない」と思われる点があったので、 私が立てたスレッド 「正体を見た。 トキとかいう管理人が管理している掲示板に投稿している管理人、「志恩」とかいうお婆さんらしい人、「きけ」とかいう論争好みの人、日野という本名かどうか判らない人、「シャンソン」とか「宇野」とかいう人……みな教団が宗教法人法に違反することを歓迎し、地方の教化部が教団本部によって解散させられて教化部職員が路頭に迷うことを喜ぶ人間ばかりである。 」 のタイトルから「志恩とかいうお婆さんらしい人」と「シャンソンとか宇野とかいう人」を削除して、さらに、 「教化部職員が路頭に迷うことを喜ぶ人間ばかりである」を「教化部職員が路頭に迷うことを喜ぶ人間ばかりかもしれない」 に変更しました。 志恩さんがおっしゃるように「大変失礼」であったのならば、その点をお詫びします。 ……ただ、 志恩さんは少し甘いのではありませんか。 >あなたのコメントを拝見しますと、ほとんどが、ご自分のご意見の押し付けのように感じられます。 とか、 >私の場合は、あなたにどんなに、ひどいことを言われようとも、私は、雅宣総裁への、批判は、掲示板上ですることが最善の方法だと思っております。 などと言っておられますが、私と志恩さんとは有利・不利の前提なしで話をしているのです。 もし相手に説得されて「これは文句を言えないようだ」と思ったら自分の考え方を疑うのが当たり前の態度でしょう。 それなのに志恩さんのように相手の意見を「自分の意見の押し付け」「ひどいこと」と非難して自分の考え方を疑わないのは、正々堂々と「より高い真理」を求めて話をするという態度ではありませんよ。 つまり、志恩さんのような態度では、二人とも「より高い真理」に到達することができないのです。 私は志恩さんがそのような勇気のない人だと思いたくありません。 ここはひとつ真剣にご反省ねがいます。 しかし、「トキ掲示板」と「帰りましょう」のアクセスランキングの順番について、私が「志恩さんは本当に直近のランクについておっしゃっている」ということに気づかずに、古い志恩さんの発言を引用したのは迂闊でした。 これはお詫びします。 ところで… トキさん掲示板や「帰りましょう」を見ている人の数はそれなりに多く、なかには「本部へ電話一本ぐらいならば、行ってもよいかもしれない…」と迷っている人もいるだろうと思います。 そういう人たちは、志恩さんのように知名度と信頼感の高い人が「私は行うつもりがないけれども、電話抗議を行いたい人は頑張ってください…」と一言おっしゃってくださると、非常に勇気づけられるのではないかと思うのです。 それで、志恩さんが一回で結構ですので、「電話等による本部や総裁への抗議を行う人は頑張ってください」と発信していただけないでしょうか。 これは「お願い」だから志恩さんが拒否されるのはご自由です。 しかし、トキさん掲示板の古い有名人のなかで一番誠実そうで最も信用できる人は志恩さんなのです。 トキさんは今になっても反論・非難ひとつ下さらない。 日野君とかいう若い人は思い込みの塊である。 「きけ」という命令形の人は、最後はぶちこわしにしてしまう…。 ここでお願いできる古参の有名人は「志恩」さんだけなのです。 迷惑なことかもしれませんが、ひとつご検討をお願いいたします。 秋葉原本流オールドマニア あなたはだーれ? 12171 日時:2020年06月13日 土 20時34分 名前:あなたはだーれ?とかいう人 秋葉原本流オールドマニア様 電話などの行動が大切なのはわかる でも、できない人やできてない人を批判するあまり、失礼な言葉が目に余るのです 諫言は勇気を出してせよとのご持論らしいので、あなたの言葉に対しての私なりに勇気を出して述べる違和感をお聞きください …とかいう管理人 …とかいうお婆さんらしい人 …とかいう論争好みの人 …とか…とかいう人 人さまをそんな風に呼べるあなたはよっぽどお偉い方なのですね 私は他の投稿者を呼ぶ時に様付けやさん付けがごく自然な当たり前の態度だと思ってきました 回答を寄せられた方々はよほど寛大なのですね それから、人には得手不得手があるので、杓子定規に電話することを押し付けるのはどうなのですか? できない人はそんなに非難を浴びなければならないのですか? 文章の方が得意な人や、その中にも手紙派、ネットの達人、千差万別のはずです そのどれもできない事情や環境の人が、ひたすらに深い渾身の祈りを捧げて率先して光明思念を発してくださってるのかもしれません あなたの正論を応援したいのはやまやまですが、高圧的な感じが残念です 言葉は神なり あなたの実相に礼拝合掌します 「あなたはだーれ?とかいう人」さん。 正当で的確なご指摘をくださり、ありがとうございます。 12172 日時:2020年06月13日 土 21時44分 名前:秋葉原本流オールドマニア 「あなたはだーれ?とかいう人」さん 私の實相を礼拝してくださり、ありがとうございます ご意見のなかに「これはもっともだ」と感じる点がありましたので、ご指摘をうけて、 「正体を見た。 トキとかいう管理人が管理している掲示板に投稿している管理人、「きけ」とかいう論争好みの人、日野という本名かどうか判らない人、……みな教団が宗教法人法に違反することを歓迎し、地方の教化部が教団本部によって解散させられて教化部職員が路頭に迷うことを喜ぶ人間ばかりかもしれない。 」 のスレッド名を、 「トキさんが管理している掲示板に投稿している管理人ご本人、「きけ」とかいう論争好みの方、日野という本名かどうか判らない方、……みな教団が宗教法人法に違反することを歓迎し、地方の教化部が教団本部によって解散させられて教化部職員が路頭に迷うことを喜ぶ人間ばかりかもしれません。 」 に変更しました。 さらに投稿本文も「人」を「方」に変更し、「人たち」を「方々」に変更しました。 ご教示、ありがとうございました。 …それにしても、 >電話などの行動が大切なのはわかる >あなたの正論を応援したいのはやまやまですが、高圧的な感じが残念です との、うれしいお言葉、これもありがとうございます。 高圧的な感じは今後も改めるようにしますので、 生長の家が「違法行為を行った宗教」とに後々まで言われつづけるようなことにならないよう、 さらに教区の職員が突然失職するようなことにならないよう、ぜひ、御協力をおねがいします。 媚びることを言うようですが、御協力をいただけるのならば、私は何度でも投稿文を書き改めます。 私が「生長の家」の名誉を守るために本気であることを理解・協力してくだされば、それで十分。 そのほかに何も他意はありません。 …それから、もし「本当に、本尊をトップの独断で変更することが違法なのか」と疑う気持ちがおありならば、県庁の宗教担当課にお尋ねくだされば確認できることと思います。 私は嘘を申しておりません。 この点は、ご理解をお願いもうしあげます。 秋葉原本流オールドマニア 合掌礼拝 志恩さん。 わかりました。 12177 日時:2020年06月14日 日 12時46分 名前:秋葉原本流オールドマニア 志恩さん。 拝見しました。 第二掲示板に次のようなスレがたてられていましたが、私は、全然嬉しくありません。 もう、お返事したのですから、私への呼びかけはご遠慮ください。 総裁に抗議の電話をしたいのなら、あなたが、ご自分でされてください。 しつこいです。 29351 を拝見しました。 そのうえで了解しました。 このあたりが「帰りましょう」と「トキさん掲示板」の分かれ目なのかもしれない…と感じて少し残念なのですが、わかりました。 二度とこの件で志恩さんに呼びかけることはいたしません。 ご気分を悪くさせてすみませんでした。 …なお、29351のすぐ下にある29364記事「自分の都合ばかり」は、私が不満をもって匿名投稿したものではありません。 これだけは志恩さんの疑念を招くと困るので一言…。 今まで、どうもありがとうございました。 秋葉原本流オールドマニア.

次の

『雑談の一流、二流、三流』 まとめ

ご理解くださりありがとうございます

「教えて くださり~」のほうは、「 あなたが私に教えて くださりありがとうございます」という形で、「相手」の行為に 直接感謝を述べています。 それに対して「教えて いただき~」は、「 私があなたに教えて いただき、(この状況は)ありがたいものです」という形で、「私」が受けた恩恵に対する感謝の念を 間接的に相手に伝えていることになります。 ただし、「教えて いただき~」のほうはおかしな表現だと考える人もいます。 それはどういうことでしょうか。 「くださる」は「くれる」を敬語の形にしたものなので、たとえば友達に対しては次のように言うことができます。 「教えて くださりありがとうございます。 」 一方「いただく」に対応する「もらう」では、同じように言いかえることはできません。 「教えて いただきありがとうございます。 」 このように、もともと「教えて もらって~」とはふつうは言わないのだから「教えて いただき~」も変なのだ、というのがその根拠になっています。 確かに理屈の上ではそうかもしれないのですが、国が示した『敬語の指針』(文化審議会答申、平成19年)でも、「~いただき」のほうを不適切だと感じる人はいるものの「~くださり」「~いただき」の両方とも適切な表現であると示されているのです。 NHK放送文化研究所でアンケートをおこなったところ、〔「~いただき」を使う(「~くださり」は使わない)〕という回答が、やや多くなっていることがわかりました。 また60代以上では、両方使うけれども「~いただき」のほうが感謝の度合いが高いという回答が多く現れました。 全体的な流れとしては、「~いただき」のほうが優勢になりつつあるようです。 ふぅ、今回はややこしかったですね。 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

次の