フェイク。 芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

quiz.interreg4c.euen フェイク 歌詞

フェイク

街ではマスクが入手困難となり、日本の一部には反中感情を強める人もいるようです。 海外では、中国人だけでなくアジア系人種全体に対する人種差別も発生し社会問題となっています。 そして、新型コロナウイルスと同様に広まっているのが「インターネット上にはびこるデマ・フェイクニュース」です。 例えば、以下のようなデマ・フェイクニュースがSNSを中心に拡散しました。 厚生労働省は「手洗い」「消毒」「(拡散防止に)マスク」を推奨• デマ・フェイクニュースはなぜ広まる? 実は、今回のように感染症発生でデマ・フェイクニュースが拡散する事態は珍しいものではありません。 大地震や台風、感染症やテロの発生直後のように 「人々が強い不安を感じる状況」においては、デマ・フェイクニュースが広まりやすいのです。 それではなぜ、老若男女問わず、人々は不正確な情報を信じ(にだまされ)、周りに広めてしまうのでしょうか? 諸説あると思いますが、 「倫理観・正義感」は要因に含まれるでしょう。 すなわち、「この情報を広めれば,世のため人のためになる」「周りの人たちにもこの有用な情報を知らせたい」と考え、急いでシェア・リツイートしてしまう可能性があると思われます。 マスメディアやSNSプラットフォーマーによるデマ対策 デマ・フェイクニュースのまん延を止めようと、マスメディア各社やSNSプラットフォーマーも対策に乗り出しています。 新型コロナウイルスについて情報検索した際、信頼できる情報を最初に表示• 新型コロナウイルスに関して誤った情報や有害なコンテンツの制限• 局内の専門チーム「SoLT」が事実確認(ファクトチェック)を実施 その他のメディア各社、政府官公庁、地方自治体なども、デマ・フェイクニュースを随時否定し、注意喚起を行っています。 しかし、それでもデマ・フェイクニュースが消えないのが現状です。 メディアやSNSプラットフォーマーだけでなく、わたしたち個人も「デマ・フェイクニュースにだまされない」「デマ・フェイクニュースを広めない」ためのリテラシーを持つことが必要不可欠なのです。 デマ・フェイクニュースにだまされない 「デマ・フェイクニュースにだまされない」「デマ・フェイクニュースを広めない」ためには、以下を徹底するのがお勧めです。 公的機関による一次情報かどうか確かめる• 厚生労働省「• 首相官邸「• もちろん、国や公的機関、自治体だけでなく、企業や団体、専門家などから発信されている情報の中にも正確で有用なものは多く存在します。 ただし、 「有名人の投稿であっても、信頼している親友からのリツイートであっても、絶対に鵜呑みにしない。 そして、国や公的機関などのウェブサイトで正確な情報かどうか確かめる」ことが重要です。 皆さんと皆さんの周りの人々がデマ・フェイクニュースにだまされないためにも、ぜひこれを習慣にしてみてください。 デマ・フェイクニュースを広めない デマ・フェイクニュースと聞くと、つい「被害者(=だまされた人)」になることを心配しがちですが、みなさんが「加害者」になる危険性もあることを知っておきましょう。 デマ・フェイクニュースを拡散することは、悪意の有無にかかわらず、罪に問われる可能性があるのです。 例えば、以下の事例は記憶に新しいのではないでしょうか。 発信者は偽計業務妨害で逮捕• 2019年8月 あおり運転殴打事件で犯人の車に同乗していたとのデマを拡散した複数のSNSユーザーに対し、デマ被害者の女性が名誉毀損として損害賠償請求 デマ・フェイクニュースを自ら投稿するのはもちろんですが、第三者が投稿したデマ・フェイクニュースを「シェア」「リツイート」することも「投稿に賛同する表現行為」とみなされた判例もあります。 訴えられてから「自分もだまされていた被害者だ」「よかれと思って拡散した、悪意はなかった」と弁解しても、後の祭りです。 デマ・フェイクニュースを広めないためには 「公的機関による一次情報であるか確認し、確実に正しいと確信できた情報しか広めない」ことです。 これに尽きると思います。 まとめ SNSで「誰かに教えたい!」と心動かされる情報に出合っても、まずは一呼吸置いて「これは本当に信用してよい情報なのか?」と疑いの目を向けましょう。 繰り返しますが、 「公的機関による一次情報かどうか確かめる」「確実に『正しい』と裏が取れた情報しか広めない」ことが大切です。 新型コロナウイルスを「正しく怖がる」ためにも、SNSを安全に活用するためにも、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

次の

ディープフェイクテキストが国家の危機を増幅する

フェイク

虚偽の情報でつくられたニュースのこと。 主にネット上で・拡散されるうその記事を指すが、誹謗 ひぼう ・中傷を目的にした個人発信の投稿などを含む場合もある。 2016年の英国・EU離脱の是非を問う国民投票、及び米国・大統領選の投票では、 ソーシャル・ネットワーキング・サービス を通して多くのフェイクニュースが拡散され、投票行動に大きな影響を与えたという批判が出た。 英国の国民投票に関して、EU離脱派が残留派を上回ったが、離脱派が主張していた英国のEUへの週約3億5千万ポンドという負担額が、投票後、半分以下に過ぎないことが分かった。 更に、離脱派の急先鋒ファラージ 英国独立党・党首 が虚偽の数字であることをあっさり認めたことから、離脱賛成に投票した国民からも批判の声が上がった。 米大統領選では、「ローマ法王がトランプ支持を表明した」「ヒラリーが過激派組織IS イスラム国 に武器を供与した」という明らかなうそのニュースも拡散した。 投票日が近づくにつれフェイクニュースの浸透度は高まり、選挙前3カ月余の集計では、発信された大手ニュース記事の上位20位に計736. 7万の 反応・シェア・コメントなど があったのに対し、フェイクニュースの上位20位にはそれを上回る約871. 1万のエンゲージメントがあったという 米バズフィード社。 同年11月には、米国の首都ワシントンで、ネット上のデマを信じた男が武装し、ピザ店を脅迫・襲撃するという事件 ピザ・ゲート事件 も起こっている。 12月には、フェイクニュースをうのみにしたパキスタン国防相が、核兵器の使用を示唆するような投稿をTwitter上に流すという騒動も起こった。 日本国内でも4月、熊本地震の発生直後、動物園のライオンが脱走したという偽情報が別の画像と共に拡散。 いたずら気分で投稿したという男性が偽計業務妨害容疑で逮捕されている。 大迫秀樹 フリー編集者/2017年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説.

次の

フェイク

フェイク

街ではマスクが入手困難となり、日本の一部には反中感情を強める人もいるようです。 海外では、中国人だけでなくアジア系人種全体に対する人種差別も発生し社会問題となっています。 そして、新型コロナウイルスと同様に広まっているのが「インターネット上にはびこるデマ・フェイクニュース」です。 例えば、以下のようなデマ・フェイクニュースがSNSを中心に拡散しました。 厚生労働省は「手洗い」「消毒」「(拡散防止に)マスク」を推奨• デマ・フェイクニュースはなぜ広まる? 実は、今回のように感染症発生でデマ・フェイクニュースが拡散する事態は珍しいものではありません。 大地震や台風、感染症やテロの発生直後のように 「人々が強い不安を感じる状況」においては、デマ・フェイクニュースが広まりやすいのです。 それではなぜ、老若男女問わず、人々は不正確な情報を信じ(にだまされ)、周りに広めてしまうのでしょうか? 諸説あると思いますが、 「倫理観・正義感」は要因に含まれるでしょう。 すなわち、「この情報を広めれば,世のため人のためになる」「周りの人たちにもこの有用な情報を知らせたい」と考え、急いでシェア・リツイートしてしまう可能性があると思われます。 マスメディアやSNSプラットフォーマーによるデマ対策 デマ・フェイクニュースのまん延を止めようと、マスメディア各社やSNSプラットフォーマーも対策に乗り出しています。 新型コロナウイルスについて情報検索した際、信頼できる情報を最初に表示• 新型コロナウイルスに関して誤った情報や有害なコンテンツの制限• 局内の専門チーム「SoLT」が事実確認(ファクトチェック)を実施 その他のメディア各社、政府官公庁、地方自治体なども、デマ・フェイクニュースを随時否定し、注意喚起を行っています。 しかし、それでもデマ・フェイクニュースが消えないのが現状です。 メディアやSNSプラットフォーマーだけでなく、わたしたち個人も「デマ・フェイクニュースにだまされない」「デマ・フェイクニュースを広めない」ためのリテラシーを持つことが必要不可欠なのです。 デマ・フェイクニュースにだまされない 「デマ・フェイクニュースにだまされない」「デマ・フェイクニュースを広めない」ためには、以下を徹底するのがお勧めです。 公的機関による一次情報かどうか確かめる• 厚生労働省「• 首相官邸「• もちろん、国や公的機関、自治体だけでなく、企業や団体、専門家などから発信されている情報の中にも正確で有用なものは多く存在します。 ただし、 「有名人の投稿であっても、信頼している親友からのリツイートであっても、絶対に鵜呑みにしない。 そして、国や公的機関などのウェブサイトで正確な情報かどうか確かめる」ことが重要です。 皆さんと皆さんの周りの人々がデマ・フェイクニュースにだまされないためにも、ぜひこれを習慣にしてみてください。 デマ・フェイクニュースを広めない デマ・フェイクニュースと聞くと、つい「被害者(=だまされた人)」になることを心配しがちですが、みなさんが「加害者」になる危険性もあることを知っておきましょう。 デマ・フェイクニュースを拡散することは、悪意の有無にかかわらず、罪に問われる可能性があるのです。 例えば、以下の事例は記憶に新しいのではないでしょうか。 発信者は偽計業務妨害で逮捕• 2019年8月 あおり運転殴打事件で犯人の車に同乗していたとのデマを拡散した複数のSNSユーザーに対し、デマ被害者の女性が名誉毀損として損害賠償請求 デマ・フェイクニュースを自ら投稿するのはもちろんですが、第三者が投稿したデマ・フェイクニュースを「シェア」「リツイート」することも「投稿に賛同する表現行為」とみなされた判例もあります。 訴えられてから「自分もだまされていた被害者だ」「よかれと思って拡散した、悪意はなかった」と弁解しても、後の祭りです。 デマ・フェイクニュースを広めないためには 「公的機関による一次情報であるか確認し、確実に正しいと確信できた情報しか広めない」ことです。 これに尽きると思います。 まとめ SNSで「誰かに教えたい!」と心動かされる情報に出合っても、まずは一呼吸置いて「これは本当に信用してよい情報なのか?」と疑いの目を向けましょう。 繰り返しますが、 「公的機関による一次情報かどうか確かめる」「確実に『正しい』と裏が取れた情報しか広めない」ことが大切です。 新型コロナウイルスを「正しく怖がる」ためにも、SNSを安全に活用するためにも、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

次の