社会 保険 料 月額 表。 年収と所得税・住民税・社会保険料の早見表

社会保険料の月額変更とは?随時改定が必要になるケースや、月額変更届の提出方法を解説

社会 保険 料 月額 表

9〜H18. 3〜H17. 10〜H17. 3〜H16. 4〜H16. 3〜H15. 3〜H14. 1〜H13. 10〜H12. 4〜H12. 3) 標準報酬月額 政府管掌 健康保険料 厚生年金保険料 一 般 坑内員・船員 等級 以上 未満 全額 折半額 全額 折半額 全額 折半額 1 95,000 7,820 3,910 15,962 7,981 17,618 8,809 2 95,000 101,000 8,330 4,165 17,003 8,501 18,767 9,383 3 101,000 107,000 8,840 4,420 18,044 9,022 19,916 9,958 4 107,000 114,000 9,350 4,675 19,085 9,542 21,065 10,532 5 114,000 122,000 10,030 5,015 20,473 10,236 22,597 11,298 6 122,000 130,000 10,710 5,355 21,861 10,930 24,129 12,064 7 130,000 138,000 11,390 5,695 23,249 11,624 25,661 12,830 8 138,000 146,000 12,070 6,035 24,637 12,318 27,193 13,596 9 146,000 155,000 12,750 6,375 26,025 13,012 28,725 14,362 10 155,000 165,000 13,600 6,800 27,760 13,880 30,640 15,320 11 165,000 175,000 14,450 7,225 29,495 14,747 32,555 16,277 12 175,000 185,000 15,300 7,650 31,230 15,615 34,470 17,235 13 185,000 195,000 16,150 8,075 32,965 16,482 36,385 18,192 14 195,000 210,000 17,000 8,500 34,700 17,350 38,300 19,150 15 210,000 230,000 18,700 9,350 38,170 19,085 42,130 21,065 16 230,000 250,000 20,400 10,200 41,640 20,820 45,960 22,980 17 250,000 270,000 22,100 11,050 45,110 22,555 49,790 24,895 18 270,000 290,000 23,800 11,900 48,580 24,290 53,620 26,810 19 290,000 310,000 25,500 12,750 52,050 26,025 57,450 28,725 20 310,000 330,000 27,200 13,600 55,520 27,760 61,280 30,640 21 330,000 350,000 28,900 14,450 58,990 29,495 65,110 32,555 22 350,000 370,000 30,600 15,300 62,460 31,230 68,940 34,470 23 370,000 395,000 32,300 16,150 65,930 32,965 72,770 36,385 24 395,000 425,000 34,850 17,425 71,135 35,567 78,515 39,257 25 425,000 455,000 37,400 18,700 76,340 38,170 84,260 42,130 26 455,000 485,000 39,950 19,975 81,545 40,772 90,005 45,002 27 485,000 515,000 42,500 21,250 86,750 43,375 95,750 47,875 28 515,000 545,000 45,050 22,525 91,955 45,977 101,495 50,747 29 545,000 575,000 47,600 23,800 97,160 48,580 107,240 53,620 30 575,000 605,000 50,150 25,075 102,365 51,182 112,985 56,492 31 605,000 635,000 52,700 26,350 32 635,000 665,000 55,250 27,625 33 665,000 695,000 57,800 28,900 34 695,000 730,000 60,350 30,175 35 730,000 770,000 63,750 31,875 36 770,000 810,000 67,150 33,575 37 810,000 855,000 70,550 35,275 38 855,000 905,000 74,800 37,400 39 905,000 955,000 79,050 39,525 40 955,000 83,300 41,650.

次の

社会保険料の標準報酬月額とことん解説!簡単計算ツール&お得な裏技

社会 保険 料 月額 表

給与明細に出てくる社会保険料って高いですよねぇ。 特に「厚生年金保険料と健康保険料 +介護保険料 」がめちゃくちゃ高くてびっくりしませんか? おそらく、 多くの人は自分の社会保険料って本当にこれで合っているの?と思っていることでしょう。 そこで今回の記事では、あなたの社会保険料を算出する元になる 「標準報酬月額の考え方」から「標準報酬月額からあなたの社会保険料を求める方法」までを流れにそって図解入りで分かりやすく解説していきたいと思います。 「標準報酬月額及び社会保険料」は給与担当者が計算を間違えることも多いので、知らないうちに保険料が控除されすぎている!なんてこともよく有ります。 正しい計算方法を知っておかないと損をすることもあるので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね! ちなみに標準報酬月額の区分は、健康保険の場合で第1級 58,000円 ~第50級 1,390,000円 に、厚生年金では第1級 88,000円 ~第31級 620,000円 に分けられます。 原則として毎年1回7月に、4月・5月・6月に支払われた給与(報酬)を元に計算されて、当年9月~翌年8月までの厚生年金保険料等の計算に使います。 なお、このように年1回標準報酬月額を決定することを"定時決定"と言います。 () 標準報酬月額の"報酬"に該当するもの・しないもの では、「標準報酬月額」の算定のもとになる"報酬"にはどのようなものが該当するのでしょうか? この点、以下の2つのいずれかを満たすものが報酬とされています。 (ア)被保険者が自己の労働の対償として受けるものであること。 (イ)事業所から経常的かつ実質的に受けるもので、被保険者の通常の生計にあてられるもの。 手取り額ではなく税引前の支給額が"報酬の範囲"となる• 通貨だけでなく現物で支給される給与も"報酬"になる(現物給与の報酬額への換算は該当年度の「」をご参照下さい。 ) 以上をふまえて、「報酬に該当するもの・しないもの」を詳しくまとめた表がこちらです。 適宜参照して下さいね。 (参考:、1項3号など 自分の現在の標準報酬月額(等級)の調べ方 これまでの説明で「標準報酬月額の意味」は分かったと思うので、次は実際に今現在自分の標準報酬月額がいくらなのか?を調べてみましょう。 調べ方は簡単。 「給与明細の厚生年金保険料(又は健康保険料)の金額をチェックして標準報酬月額表に当てはめる」 だけです。 ただし、注意点があります。 以下、実例を見ながら「自分に適用されている標準報酬月額」を調べる方法を見ていきます。 架空の給与明細がこちら。 上記給与明細で必要な情報は以下の3つ。 それがこちら。 今回は厚生年金保険料 25,620円 から標準報酬月額を求めます。 給与明細には自分の負担額のみ表示されるので、該当の数字を探す時は「折半額」のところを見て下さい。 今回であれば、標準報酬月額は280,000円で等級(健康保険:21等級・厚生年金:18等級)という事になります。 自分の標準報酬月額を調べる方法は簡単ですね! 【よく分かる】標準報酬月額と社会保険料の算出方法! 続いて、実際に自分で標準報酬月額及び社会保険料を計算してみましょう。 <<計算の前提>> ・標準報酬月額の決定方法:定時決定 ・勤務地:東京 ・年齢:38歳 ・平成31年4月の報酬:294,000円 ・平成31年5月の報酬:288,000円 ・平成31年6月の報酬:297,200円 上記前提を元にして、標準報酬月額及び社会保険料を算出してみましょう。 今回は報酬の平均が293,066円ですから、上画像の赤枠で囲ったところ「290,000~310,000」に該当し、標準報酬月額は300,000円という事になります。 しかし、今回の事例は38歳で介護保険の被保険者には該当しないため、上画像の「介護保険第2号被保険者に該当しない場合」の列を使用します。 以上で終了です。 お疲れ様でした! なお、今回は社会保険料の中でも「健康保険料と厚生年金保険料」に絞って事例を出しましたが、毎月の給料からは他にも雇用保険料や税金が引かれますね。 自分の手取り額が果たして本当に合っているのか? 完全に計算できるようになりたい方は、「プロが教える給与計算のやり方~社会保険料も税金も計算できるようになる【記事未了】」を参考にして下さいね! 料率からでも社会保険料は計算できる さきほど、標準報酬月額表から厚生年金保険料等を算出する方法を見ましたが、実は標準報酬月額が分かっていれば保険料率をかけるだけで社会保険料を計算することができます。 このように、月額表には%が記載されていますね。 さきほどの事例では標準報酬月額が30万円でしたから、以下のような計算式で求める事が可能です。 詳細は協会けんぽの該当ページを参照して下さい。 転職した以上、転職先で新たに被保険者となるため「資格取得時決定」によって標準報酬月額が決定されます。 まとめ 標準報酬月額という言葉を見ると、なんだか難しそうだなぁという印象を受けてしまいますが、流れに沿って見てみると「意外に簡単では?」という印象を持った人も多いのではないでしょうか。 ポイントは「報酬に該当するもの・しないもの」の判別ができるかどうかです。 当記事の「」とご自身の給与明細を照らし合わせて「自分の報酬額」さえ算出することができれば、標準報酬月額と社会保険料の計算は簡単ですよ。 ぜひ一度やってみて下さいね。

次の

社会保険料の標準報酬月額表で簡単に経費削減する方法

社会 保険 料 月額 表

標準報酬月額とは、報酬月額の区分(等級)ごとに設定されている計算用の金額で、4月から6月の3ヶ月間の給与等(通勤手当を含む)の支給額平均に基づいて決定されます。 これを「定時決定」といいます。 定時決定によって算出された標準報酬月額は、その年の9月から翌年の8月まで1年間使用されます。 給与等が大きく変動した場合には「随時改定」など変更のしくみも設けられています。 報酬月額に応じて、厚生年金の場合は31段階、健康保険の場合は50段階の等級に区分されており、それを表にしたものが標準報酬月額等級表です。 実際に支給されている報酬の額と、社会保険料や保険給付の算定に用いられる標準報酬月額とは完全に一致しないという点に注意が必要です。 社会保険料の計算方法• 300%)• 87%)• 79%) 上記の式によって計算された保険料額を、会社と被保険者が折半負担します。 健康保険と厚生年金保険の標準報酬月額と等級ごとの保険料額の一覧表は、から確認することができます。 ) 厚生年金保険料率は9月に、健康保険料率はおおむね3月に料率の見直しが行われますので、給与計算の際には最新のものを確認しておきましょう。 なお、厚生年金保険料率は、平成29年9月分(10月納付分)から18. 3%で固定され、一般と坑内員・船員の区別がなくなっています。 標準報酬月額の算定の基礎となる報酬 標準報酬月額を算定する際の報酬には、基本給のほか、定期的に支払われる交通費(通勤手当)や時間外手当など、会社から受け取る労働の対価となるものについてはすべて計算に含まれます。 ただし、基本給や通勤手当、家族手当などの固定的給与と、時間外手当や休日手当など勤務の状態に応じて発生する非固定的給与は、報酬の大幅な変動による等級変更(随時改定)において取り扱いが異なるため、区分しておく必要があります。 通勤手当については、課税非課税を問わず報酬に含まれます。 また、通貨以外の現物で支給される食事代や社宅・寮費相当額についても、都道府県ごとに決められた金額で換算し、標準報酬月額の計算の対象となります。 ただし、本人から3分の2以上徴収している食費や社宅費の場合、および勤務に必要な作業服などの支給分は、報酬に含まれません。 (参照:) 賞与については、年3回以下支給の場合、1,000円未満を切り捨てた「標準賞与額」に対して別途保険料が徴収されるため、報酬には含まれないこととなっています。 年4回以上支給される賞与の場合には、経常的に支払われる報酬の扱いとなります。 そのほか、報酬に含まれないものは、出張旅費などの立て替え金や、恩恵的に支給される慶弔見舞金、臨時に受け取る大入り袋などがあります。 労災保険の休業補償、傷病手当金などの社会保険給付も報酬の対象外です。 毎年4月から6月の3ヶ月間の報酬の月平均額により、その年の9月1日以降1年間の標準報酬月額が決定されます。 業務の性質上、季節により繁閑の差が激しく、4月から6月の平均による標準報酬月額と、前年の7月から当年の6月までの年間平均による標準報酬月額の間に2等級以上の差が例年生じる場合には、被保険者の同意を得て申し立てることにより、年間平均により手続きを行うことが可能です。 標準報酬月額を計算する際は、報酬支払基礎日数が17日未満(短時間労働者で被保険者になっている人は11日未満)の月を除きましょう。 定時決定は、7月10日までに日本年金機構の各都道府県の事務センターまたは管轄の年金事務所へ「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額算定基礎届」を提出することにより決定されます。 厚生年金基金や企業年金基金、健康保険組合に加入している事業所は、そちらにも決められた様式で届を提出することが必要です。 算定基礎届は、7月1日時点での社会保険加入者全員について届出が必要ですが、6月1日以降に資格を取得した人や、7月からの月額変更に該当する場合は対象外となります。 随時改定(月額変更) 昇給あるいは減給などにより賃金が大幅に増減し、継続した3ヶ月間の月平均額が標準報酬等級にして2等級以上変動した場合には、随時改定が行われ標準報酬月額が改定されます。 ただし、その連続する3ヶ月はいずれも報酬支払基礎日数が17日以上(短時間労働者で被保険者になっている人は11日以上)であることが必要です。 昇給あるいは減給などにより賃金が大幅に増減し、継続した3ヶ月間の月平均額が標準報酬等級にして2等級以上変動した場合には、随時改定が行われ標準報酬月額が改定されます。 ただし、その連続する3ヶ月はいずれも報酬支払基礎日数が17日以上(短時間労働者で被保険者になっている人は11日以上)であることが必要です。 該当する従業員がいるときは、「健康保険・厚生年金保険被保険者報酬月額変更届」の提出が必要です。 産前産後休業終了時改定.

次の