高崎 経済 大学 附属 高校。 高崎経済大学の出身高校ランキング

令和2年度 主な行事予定

高崎 経済 大学 附属 高校

こんにちは、武田塾高崎校です。 今回は 「高崎経済大学附属高等学校」についての評判や進学実績について書きたいと思います。 地元の人たちからは、 「高経附(たかけいふ)」、 「経附(けいふ)」という愛称で呼ばれている高崎の進学校です。 【目次】• 高経附とはどんなところ?? まず、高経附とはどんな高校なのでしょうか。 高経附の評判 高経附の偏差値をみると、群馬県の高校83校中 22位となっています! をみると賛否両論ありますが、 制服がかわいいという評判もあるようです。 数年前、セブンティーンモデルの方も通っていたことがあったそうです。 高経附のコース コースは 普通コースと 芸術コースがあります。 生徒数は 普通コース:約250人 芸術コース:約30人 文系理系オナーコース(普通コース) 普通コースのに 「文系・理系オナーコース」を1クラスずつ設置しており、大学や企業と連携して様々なことに興味関心を持ってもらい、大学・社会人としての基礎的汎用的な能力を育成することを目的としています。 文系オナークラスでは ディベート大会や 経営セミナーを受けたりすることができ、 理系オナークラスでは 海洋生物実習や JAXA筑波宇宙センター見学などをすることができます。 通常履修する科目のほかにこれらのことをするので、忙しさはあると思いますが貴重な体験をすることができると思います! 高経附の進学実績 以下が 2020年の経附の進学実績(合格者数)になっています。 【国立大学】 北海道大学 1名 筑波大学 2名 横浜国立大学1名 千葉大学 2名 新潟大学 2名 信州大学 5名 埼玉大学 3名 群馬大学 19名 他 【公立大学】 高崎経済大学 27名 群馬県立女子大学 6名 前橋工科大学 8名 都留文科大学 2名 他 【私立大学】 早稲田大学 1名 上智大学 2名 東京理科大学 2名 明治大学 5名 青山学院大学 2名 立教大学 9名 中央大学 7名 法政大学 8名 学習院大学 3名 関西学院大学 2名 立命館大学 1名 他 やはり、内部進学である 高崎経済大学への進学が多いですね。 また、県内国公立の 群馬大学への合格者も多くなっていますね。 私立大学では慶應、早稲田、上智のほかMARCHという難関私立大学への合格者もかなり多いと思います。 また、美術コースがあるため、美大への進学も見受けられます。 個人的な感想としては とても文化的な高校で、 進学にも力を入れている と思いました。 参考: --------------【 無料 受験相談】-------------- 武田塾高崎校では随時、無料受験相談を実施しています。 『逆転合格のカリキュラム』『志望校選び』『成績を上げる方法』『定期テストのこと』どんな内容でも相談を受け付けております。 お電話でのお問い合わせ・受験相談のお申込みは、 下記電話番号からお気軽にご相談ください。 ホームページからのお問い合わせ・受験相談のお申し込みは 下のボタンからお申込み下さい。 tv 大学受験の勉強法といえば武田塾 校舎一覧• 北海道エリア• 東北エリア• 北関東エリア• 東京エリア• 南関東エリア• 甲信越エリア• 北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国エリア• 四国エリア• 九州・沖縄エリア• その他•

次の

【群馬】高崎経済大学附属高等学校の評判・進学実績を紹介!【高校】

高崎 経済 大学 附属 高校

各高校・大学が発表する人数とは異なる場合がございます。 電話番号 027-343-5417 学部 、 概要 高崎経済大学は、群馬県高崎市に本部を置く公立大学です。 通称は「高経大(たかけいだい)」「高経」。 高崎市立短期大学を前身に、1957年に高崎経済大学が誕生しました。 経済学部は、研究者や高度専門職業人の養成を行う大学として評価されています。 キャンパスは高崎の1カ所で、経済学部・地域政策学部が4年間過ごします。 独自の入試形態を持つ大学で、全国主要都市で試験を行い、全国から多くの学生を集めています。 東アジア・東南アジアからの留学生が多いことも特徴の1つです。 2006年より観光政策学科を設け、国公立大学よりも早く新しい試みを実施しました。 新たな挑戦を続ける大学です。

次の

高崎市立高崎経済大学附属高等学校

高崎 経済 大学 附属 高校

高崎市筑縄町にあるアクシブアカデミー北高崎校です。 今回のご紹介高校は高崎経済大学附属高校です! 高崎経済大学附属高校の概要 高崎経済大学附属高校は、1994年に創立されている群馬県高崎市の学校で、高経附や経附の略称で親しまれています。 元々は高崎市立女子高等学校と、高崎経済大学附属高等学校が旧名称で、前者を母体に自主自立と自学自習を校訓に創立されました。 女子校にルーツはあるものの、現在は男女共学の全日制で、普通科を設置する3学期制の高校となっています。 1924年に開校された高崎実践女学校がルーツで、1926年に3年生から4年制に変更したり、1934年に移転を行うなど紆余曲折があります。 また、複数回の改称を経て現在の学校名や運用体制になっていますから、長い歴史の中で時代の変化を受け入れたり、変化に合わせて対応してきたともいえます。 高崎経済大学附属高校の特色 教育目標は社会貢献で、自立的に生きる為の力を育成する、その目標に高崎経済大学附属高校の特色が表れます。 制服は県内で紺色や黒がベースの学校が多い一方で、ベージュとグリーンという、斬新な取り合わせで話題を集めました。 デザインは世界的なデザイナー、コシノジュンコによるもので、現在はオリジナルに若干の改良が加えられています。 2008年からは男子のブレザーがダブルからシングルに変更となり、女子の制服にも変更が見られます。 このように、高崎経済大学附属高校は、常識に囚われず変化を恐れない学校で、独自の教育理念に基づき運営が行われています。 部活動はサッカーや陸上に各種の球技と山岳など、実に種類が豊富で幅広い範囲をカバーします。 一方では文化部も演劇や花と華道に箏曲と、映画や合唱にイラスト同好会まで、とても充実している点が魅力的です。 高崎経済大学附属高校の評判 高崎経済大学附属高校は、自学自習と自主自立が鍛えられる上に、勉強と部活を両立できる点が評価を受けています。 勉強は自習環境が充実していることにより、何時でも集中的に取り組めると評判です。 一方、部活は種類が多く好みで選べるだけでなく、勉強と無理なく両立が行えると好評です。 他にも、自主性を重んじてあまり厳しくしていない校則や、全体的に雰囲気が良好で、いわゆるいじめが少ないのもポイントとなっています。 クラスは団結力が高く、先生と生徒のコミュニケーションは良好で、スムーズに良い関係を築けるのが高評価を得ている理由の1つです。 設備は冷暖房完備で快適なので、年間を通して季節に関係なく勉強に取り組めるのが魅力です。 進学実績や制服に各種のイベントなど、何処を取っても評判が良好なのがこの高崎経済大学附属高校です。 高崎経済大学附属高校に通っている生徒はどんな雰囲気? 高崎経済大学附属高校に通う生徒は、皆精神的に自立していて前向きですし、日々を充実した気持ちで過ごしている傾向です。 クラス全体が明るいことからも、やはり勉強も部活にも打ち込めるこの学校は、多くの生徒にとって非常に魅力的だということが窺えます。 いじめのなさもその1つですし、自己表現ができるチャンスが充実しているからこそ、満足感の高い学校生活が送れるものと思われます。 自主性を重視していることから、行動には当然ながら責任を伴うので、軽はずみな行動を起こす生徒は多くないです。 むしろ、自分で考えて決める考え方が身につく学校ですから、自立していると感じられたり、自分らしく過ごしている雰囲気が強いといえるでしょう。 高崎経済大学附属高校の進学先で多い大学は? 高崎経済大学附属高校は進学実績が豊富で、普通科からは高崎経済大学と群馬大学の合格者が特に多いです。 他にも、地方の国公立大学や中堅の私立大学進学も多い傾向で、東北大学と東京外国語大学や東京芸術大学に、筑波と横浜国立や千葉大学の名前も並びます。 私立大学だと、早稲田と慶應義塾や上智を筆頭に、明治や立教に青山学院、そして法政と中央に立命館大学もあります。 学習院大学の合格者も出しているので、高崎経済大学附属高校の実績は高いですし、部活が充実していることから、音楽大学や体育大学の合格者も少なくないです。 つまり、高崎経済大学附属高校から進める大学は選択肢が多く、より高難度の難関大学を目指すチャンスもあることを意味します。 選択肢が充実しているのは間違いないですが、過去の実績からすると、やはり群馬大学と高崎経済大学が合格者の多い大学となっています。

次の