キュー アール コード 読み取り 方。 QRコードをスマホで読み込む方法

インスタグラムのQRコードの出し方・読み取り方法

キュー アール コード 読み取り 方

「QRコード」とは まず 「QRコード」がどういった存在なのかについても簡単に触れておきたいと思います。 「QRコード」の意味は 「Quick Response(クイックレスポンス)」に由来していて、 素早い応答やデータのやり取りを目的として開発されたデータコードのことです。 データコードとしては他にも、コンビニやスーパーなどでも使われている 「バーコード」がありますが、 「QRコード」はより多くの情報を取り扱うことができます。 「QRコード」が使われるシーンとしては、 広告などにWebサイトのURL情報を掲載するのに使ったり、 「LINE」などのID交換機能なんかにも使われています。 「QRコード」の読み取り方 では肝心の 「QRコード」を読み取る方法について解説していきたいと思います。 使用している 端末によって若干違いがありますので、順番に確認していきましょう。 iPhoneの場合 まずは iPhoneで「QRコード」を読み取る方法について解説します。 少し前までは、iPhoneには 「QRコード」を読み取る機能が 標準搭載されていませんでした。 ですが現在は、iOSのアップデートによって 標準のカメラ機能を使って「QRコード」を読み取ることができるようになっています。 ただし、 事前に設定をしておく必要がありますので以下の手順で設定を確認しておきましょう。 iPhoneの設定を開く。 「カメラ」をタップする。 「QRコードをスキャン」をオンに切り替える。 これで、標準の 「カメラ」アプリで 「QRコード」を読み取ることができるようになります。 読み取りに成功すると、 画面上部に読み取り結果が表示されますので、タップすれば自動で対象のWebサイトやテキストデータが表示されます。 Androidスマホの場合 Androidスマホを使用している場合、Sonyやシャープなどの国内メーカー製の機種であればほぼ間違いなく 標準機能として「QRコードリーダー」が搭載されています。 ですので特に アプリなどをインストールする必要がないため簡単に読み取ることが可能です。 ただしAndroidスマホの場合はiPhoneと違って機能名や起動手順が統一されているわけではありません。 ですのでそれぞれの機種ごとに使用方法には違いがあるかと思いますが、 基本的には標準の「カメラ」アプリの中に 「QRコードリーダー」や 「Info-eye」などの専用のモードが用意されているはずです。 外部アプリも意外と便利 ご紹介した内容としてはどれもスマホに標準で搭載されている機能を使っての「QRコード」読み取り方法でしたが、もちろん 外部のアプリにも色々とメリットはあります。 例えば 写真として保存してあったり、メールなどの添付ファイルとして受け取った「QRコード」を読み取りたい場合などには専用のアプリを使用する必要があるでしょう。 また、アプリによっては 過去に読み取った「QRコード」のデータをリスト化して記憶する機能がついていたりもするため、好みのアプリを探してみるのもいいかもしれません。 あと意外と便利な豆知識として、 「LINE」の「QRコードリーダー」機能を使う方法があります。 友達登録などにしか使えないと思われがちなんですが、実は 普通の「QRコード」の読み取りにも使用することができるんです。 知識に幅を持たせておくことで臨機応変な対応ができるかもしれませんよ。 まとめ 今回は 「QRコード」の読み取り方について色々と詳しくまとめてみました。 使い方に困っていた方、 「QRコード」って何?って方なんかはぜひ参考にしてください。 この記事の内容が少しでも普段の生活に役立つよう祈っています。

次の

スマホでQRコードを読み取る簡単な方法 リーダーアプリ不要【Android/iPhone】

キュー アール コード 読み取り 方

フリーソフトでQRコードが読み書き自在! 右の画像のような図形を駅のポスターや雑誌、Webサイト上などで見かけることはありませんか? この図形、「QRコード」といって、いわばバーコードが進化したもの。 この図形のなかに様々な情報を記録することができます。 携帯電話にも、このQRコード読み取り機能を搭載したものが多く市場に出回っており、長いURLやメールアドレスを入力することなくQRコードを読み取るだけでWebやメール送信が可能になることからその利便性に注目が集まっています。 近ごろでは個人ブログをQRコードでアップしたり、mixiなどSNSサイトの自己紹介欄にメッセージを格納したQRコード画像を掲載するなど、商業やビジネスだけでなく個人のプライベートやエンターテインメントの領域にも応用されてきました。 自分のPCでQRコードを読み書きできる機能は、搭載しておいて損はないといえるでしょう。 QRコードの基礎知識~サイトの本文や自己紹介にも応用可能~ QRコードは横だけでなく縦にも情報が格納できるなど、バーコードに比べて省スペースで多くの情報を格納できる QRコードは、バーコードなどと同じ2次元コードの一種です。 「リーダにとって読み取り易いコード」を主眼にデンソーウェーブ社が開発し、1994年に発表しました。 2004年にJIS(日本工業規格)により標準化され、市場にも急速な普及が進んでいます。 QRコードは、バーコードに比べて小さいスペースで格納できる情報量が多いことや、日本語のかな・漢字文章にも対応可能なこと、汚れや破損があっても誤り訂正機能により復元して読み取りが可能であるなどの点で優れているとされます。 携帯電話でQRコードの読み取り機能を搭載した機種が増えてきたこともあり、ビジネスの現場では駅のポスターや雑誌の連絡先にQRコードが使われるのが一般的でした。 そのQRコードを携帯電話で読み取ると、面倒なURLやメールアドレスの手入力作業を省略して、Webサイトにアクセスしたりメールを送信できるというわけです。 雑誌のアンケートページに掲載されたQRコード。 携帯電話でこのコードを読み取ることにより、Web上のアンケート回答サイトにアクセスすることができる ところが最近になって、このQRコードで個人ブログを更新したり、などSNS ソーシャルネットワーキングサイト)の自己紹介欄にオリジナルのQRコードを掲載するなど、プライベートな楽しみ方のバリエーションが目立つようになってきています。 今後もいろいろな応用が見込める、注目すべき技術といえそうです。 本文がすべてQRコードで書かれた『世界一読み難いBlog』こと QRコード読み取りソフト「Q太郎」 「Q太郎」は、Web上のQRコードを読み取り、内容を解析して表示するフリーソフトです。 前のページで例に挙げた「」の本文QRコードを「Q太郎」で解析して表示したのが下の図です。 コードを解析するための操作が面倒といえばそれまでですが、直接ストレートに文字で書かれたブログを読むよりも、ヒミツを解く面白さが味わえるともいえるでしょう。 QRコードBlog本文を「Q太郎」で解析した結果。 本文が明らかになった QRコード読み取りソフト「Q太郎」のダウンロードとインストール QRコードのある位置まで画像を移動させるには手カーソルを、QRコード部分を範囲指定するには十字カーソルを選択する 「Q太郎」ツールバー部分にある「手カーソル」と「十字カーソル」を使ってQRコード部分を選択します。 「手カーソル」を選択した状態では、「Q太郎」ウィンドウ内ではマウスポインタが手の形になります。 ここで左クリックしたままマウスを動かすと、手があたかも画像を握って動かしているかのように画像が移動します。 こうしてQRコード全体がウィンドウ内に表示されるようにしてください。 次に「十字カーソル」を選び、今度はQRコードに相当する部分を点線の四角で囲みます。 選択し終えると自動的にQRコードの解析がはじまり、解析結果が別ウィンドウで表示されます。 十字カーソルでQRコード部分のみを範囲選択しよう 読み取った結果は、自動的に別ウィンドウが起動して表示される 試しに、に表示されているQRコードを読み取ってみてください。 なんと表示されましたか?正解は、 「フリーウェア・シェアウェアのサイトへようこそ!」 でした。 これで読み取りの仕方はバッチリですね。 いろいろな応用が利くQRコード。 PCでコードを読む機会は滅多にないのが実情ですが、万が一のときのためにこうしたソフトを備えておけば楽しみが広がりますよね。 【関連記事】• 【関連サイト】•

次の

ガラケーで「QRコード」を読み込むには??

キュー アール コード 読み取り 方

インスタグラムは、友達を追加する方法の一つとしてネームタグというものを用意していたが、新たにQRコードでも追加できるように機能が追加されている。 そのQRコードの出し方、読み取り方法を紹介。 関連 シェアする• QRコードの出し方 QRコードの出し方だが、検索メニューとプロフィールのサブメニューから表示させる方法がある。 検索メニューからQRコード表示 画面下部の 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 この画面が表示されたら、画面下部の 自分の表示に戻るをタップ。 するとこのようにQRコードが表示される。 QRコードをタップするとネームタグに切り替わる。 サブメニューからQRコード表示 プロフィール画面の 右上のサブメニューをタップ。 サブメニューが表示されたら QRコードを選択。 するとこのようにQRコードが表示される。 QRコードをタップするとネームタグに切り替わる。 QRコードの読み取り方法 QRコードの読み取り方法だが、近くにいる場合はカメラ機能を使ってQRコードをスキャンし、近くにいない場合でLINEなどで複数の人にスキャンしてもらう方法がある。 カメラでQRコードをスキャン iPhoneの「カメラアプリ」は、QRコードを起動した状態であればQRコードを読み取れるようになっているが、ここではAndroidの場合もあるので、共通の手順を紹介。 まずは、お互いに画面下部の 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 下記画面が表示されたら、下記の操作を行う。 片方の人はこの スキャンモードのまま待つ• もう片方の人は画面下部の 自分の表示に戻るを選択 そしたら、スキャンモードの人がスマホのカメラをもう片方の人のQRコードの上にかざして読み取る。 スキャンが成功するとこのように表示されるので、 フォローするをタップで友だち追加できる。 LINEなどで読み取ってもらう 友達が近くにいない、LINEやメールなどで共有、HPの掲載して登録して貰う場合の手順。 プロフィール画面の 右上のサブメニューをタップ。 サブメニューが表示されたら QRコードを選択。 次は右上の 共有アイコンタップ。 そうするとメールやLINEなどのアプリや「画像を保存(Androidの場合にはGoogleフォトに保存)」というメニューがあるので、適宜、共有したい方法でQRコードの画像を共有する。 共有したら、そのQRコードの画像を端末に保存してもらう。 QRコードを保存してもらった相手に、今度はそのQRコードの画像をスキャンしてもらうので、 検索アイコン、右上の 読み取りアイコンをタップ。 そしたら、 右上のアイコンをタップして、保存したQRコードの画像を選択してもらう。 スキャンが成功するとこのように表示されるので、 フォローするをタップで友だち追加できる。 QRコードのカスタマイズ ネームタグ同様にQRコードも背景画像をカスタマイズできる。 画面をタップで色を変更でき、画面上部の文字タップで種類変更できる。 こちらは絵文字の背景。 セルフィーはインカメラで自分などを撮影して背景にできるが、自分を背景にするとか恥ずかしいので、イラストや背景を撮ったほうがいいだろう。 インスタグラム使い方ガイド 初心者向け基本ガイド• ストーリー使い方ガイド• 裏技・便利な活用方法• その他のエラー・退会など•

次の